ベタなドラッグストアの法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 薬局というより品揃えのいいコンビニ状態。
    • 繁華街の場合、売れ筋は薬より化粧品。
    • 郊外店舗の売れ筋は食品
      • 箱買いなんて当たり前(特に田舎は)
    • 酒・タバコも売ってる。
      • 『薬局なのになぜタバコを売るのか』という疑問は無視される。
        • タバコも古くは薬品として扱われていた、と言ってみる。
    • お菓子の品揃えも結構よかったりする。
    • 「医薬品も扱うスーパーマーケット」といった方がわかりやすいか。
    • カップ麺も大抵扱ってるが、100均あるいはそれ以下の値段で売ってることが多く、あまり高い商品はない。
    • 理由は、本業だけで儲かってしまうかららしい。
  2. マイナーな健康食品の宣伝をしている。
    • テレビで扱われたモノに関する商品はどでかく展開。
  3. 場所によってはスーパーの隣にあったりする。
  4. 繁華街の店頭は八百屋みたいな感じ。
  5. 「ポイント○倍デー」がある。
  6. マツキヨの備え付けテレビで流れている天気予報は全国一律「茨城県つくば市」のポイント予報。
  7. 店内レイアウトはあきらかにスーパーマーケットなのに、レジ周りだけコンビニ風なので、混雑してくるとお客の流れがむちゃくちゃになる。
    • 「お客様がお待ちです。係員はレジまでお願いします」というアナウンスがしょっちゅう。
  8. ダイエット食品の棚と甘味系お菓子の棚が隣り合っている。
  9. 照明は白色蛍光灯。
    • 天井はいわゆる虫食い天井。
  10. 薬品会社のキャラクターの人形が置いてある。
    • 佐藤製薬の「サトちゃん」とか「コーワ製薬」のカエルが主流。
    • タモリの顔写真が描かれたユンケルのパネルが置いてある。大概は1990年にヨットでケガする前の真ん中分けで銀縁のサングラスをしたタモリ。
  11. コカ・コーラ等のドリンクはスーパー並みの価格で販売。でも冷えてない。
  12. 処方箋が対応していないこともある。
    • 法律上「薬局」に分類されるものは処方箋対応できるが、「店舗販売業」に分類されるものは処方箋対応不可
    • 店によっては薬剤師がいないことも。
  13. 高い薬は空箱をレジに持って行く。
    • 万引きされやすいものや大量買いされるとやばい薬も
  14. スーパー程ではないが、オリジナルのBGMが流れる事も。
  15. 放送局と手を組んでセールをやる。
  16. 夜遅くになると「担当者がいない」という理由で買えなくなる薬がある。
    • 主に1類医薬品(薬剤師でないと販売できない)がそれに該当する。
  17. レジ台周辺にオススメ商品を置きすぎて、次の客が買い物カゴを置くスペースがない。
    • 惜しくも置けない。あと5センチあれば置けるのに。



関連記事