ベタな大食い・早食いキャラの法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

法則[編集]

トークに、ベタな大食い・早食いキャラの法則に関連する動画があります。
  1. 基本的にグルメとは異なる。
    • 食べ物の味は二の次、とにかく食べまくる。
      • まれに美食家でかつ大食いという財布に優しくないキャラもいる。
    • 行儀作法もお構いなし。
      • 空いた皿や丼は必ず積み上げる。
        • 明らかに本人の座高(身長)では手が届かない位置まで積みあがっているが気にしてはいけない。
      • 食べ終わった後はゴーカイにゲップしたり歯を楊枝でシーシーしたり。
      • 「飲み込んでから話せ!」は定番。
      • 周囲に米粒を飛散させながら飯をかき込む。
      • お口の周りに米粒がべっとり。
        • ペロリと舌なめずりで口周りをお掃除。
    • あまり咀嚼せず、ほぼ丸呑み。
      • むしろ食事シーンが描かれず、テーブルがビフォーアフター。
      • 傍目には料理が瞬間的に消えたように見える。
    • 食通を兼ねている場合は多々ある。
      • その場合は周囲から驚かれる。
      • 「うっめぇぇぇ~~!!」などととにかくオーバーリアクション。
    • 周囲が引く。
      • 最初は喜んでいた店側が「お願いだから帰って下さい」と泣きつく。
  2. プロのフードファイターもいるが、やはり素人・一般人のほうが多い。
    • 部活動などでスポーツをやっているキャラクターの場合、「多く動く」を理由に食べる。
      • そのため、軍人やプロアスリートなんかでも該当キャラは多い。
    • 文字通り人間じゃなかったりすることも。
    • 素人の場合、自分が大食い・早食いだという自覚がほとんどない。
      • 女性キャラにこの傾向が強い。これを兼ねている。
  3. なぜか肥満体はそれほど多くない。むしろ「痩せの大食い」タイプが多い。
    • またはマッチョ型。
    • お子様体型の幼女とかもいるよ。
    • 肥満体の女の子はまずいない。見たいのに……
    • 「肥満型」フードファイターは大抵ヤラレ役である。
      • 真っ赤な顔で大汗をかき、無理やり口に詰め込んで最後はぶっ倒れる。
    • マジレスすると、筋肉質やデブの大食いには限度があり、どうしても腹筋や皮下脂肪で胃の伸縮が制限される。だから本当に恐ろしいのは「胃下垂で一見あまり腹に脂肪や筋肉が無い人」の大食い。
  4. 自分の大好物が出てきたときだけ大食い・早食いになってしまうケースも。
    • 中松警部(美味しんぼ)などがそのタイプ(蕎麦が出てくると人が変わる)。
    • 女性の場合は甘い物で豹変するケースがほとんど。所謂「別腹」。
      • 菓子屋やスーパーの安売りセールで、プリンの大人買いをしたりする。
      • 某青狸もドラ焼きの特売日があると人が変わる。
        • 某筋肉王子も牛丼が絡むと。
    • 野郎は肉(美女に非ず)好きが多い気がする。
  5. 胃袋の容積どころか、自分の体積以上の食物を摂取できる。
    • 別名・ブラックホール胃袋。
  6. エンゲル係数が高すぎて、家族や仲間の台所事情はいつも火の車。
    • 一家全員が大食いの場合もある。
      • そうでないときは保護者・配偶者がプッツンすることもしばしば。
    • 裕福な人に取り入ろうとしたり、もしくは簡単に買収される。
    • そもそも家庭環境が裕福でないことが多い。
  7. 食堂やレストランにその人物がやって来ただけで、店主・店員は戦々恐々。
    • その日1日分の食材を全て1回の食事で消費し尽くされる。
    • ただしギャラリー(他の客)は湧く。ちょっとした町の有名人。
    • 全部食ったら無料(or賞金)のメニューの張り紙に、「ただし○○の挑戦はお断り」と名指しの注意書きがある。
    • 注文が物凄く長くてなかなか終わらず、周囲から視線が集まる。
      • メニューを見て「ここからここまで全部」で注文を済ませるケースもある。
  8. 目の前のお膳に好きなものがあると、真っ先に食べてしまうタイプ。
    • 最後まで楽しみに取っておくなんて絶対に不可能。
    • で、続いて出てくる言葉は「おかわり」。
      • あるいは「それ食べないならちょうだい」と隣の人の皿から略奪。もちろん返事など待たない
      • ダメと言われてお預けになると、この世の終わりのような絶望顔で見つめる。
        • 結局おかわりを差し出されると、この世の春のような顔(or鬼の形相)で食らい付く。
      • こういうキャラが複数人いた場合、オカズの取り合いになる。
        • 最後の一つを取り合っている間に、他の奴にかっさらわれるのは定番ギャグ。
    • 食い物に釣られて、敵の謀略にハマってしまったり…
  9. 漫画の場合、独特な咀嚼の擬音表現がある。
    • 所謂「がつがつ」はデフォだが、時には「がっしゅがっしゅ」なども。
  10. 空腹の限界に達すると、周囲の物や人に噛み付く。
    • 犬や猫に噛み付くこともあり、次に会ったときその犬猫は逃げ出す。
    • 木や草を食べることもある。
    • 探検や遭難をしたとき、通信機をかじって使用不能にしてしまう。
      • 非常用の食糧を食い尽くして仲間から怒られる。場合によっては手足を縛られ口を封じられる。
      • 味方が食料確保のために仕掛けた罠のエサまで食べる。
  11. 帰宅が妙に遅くて家人が探しに行くとき、とりあえず飲食店から探す。
    • カレーやウナギのかば焼きなどの匂いで簡単につられてくる。
  12. 料理の腕前は下手な方が多い。
  13. 中にはカビが生えたものを食べても腹痛にならない人がいる。
    • 通称・鉄の胃袋。
    • そのため、失敗作の処分や怪しい料理の毒見を一手に引き受けさせられる。
      • 但し後者の場合、彼の反応に安心して口にした他の人物が犠牲になることが多々ある。
  14. サメやワニなどに襲われても、逆にそれらを食い殺す。
    • 後には骨だけが残る。
    • 倒した後は骨付き肉をかじっているが、明らかに加熱しているようにしか見えないのにどこにも焚火の後が無いことに突っ込んではいけない。
  15. 食べ終わった後でもすぐに腹が減る。
  16. 主人公がコレの場合も少なくない。
    • 少年だと多いが、高校生以上の年齢になると女性キャラや仲間にシフトする。
  17. 意外と苦手な食べ物が1つか2つあったりする。
  18. 大事なアイテムを持たせると食おうとする。
    • すでに事後の場合もある。
  19. 食った以上出さねばならんが、その件について言及されることはない。
    • 例外がトリコ。1回のアレで15㎏痩せたらしい。
  20. やたらと鼻が利く。特に大好物はどんな遠くからでも、何処に隠していても匂いを嗅ぎつけてくる。
    • バトル漫画ではそれを利用して敵を探るケースもある。
  21. よだれを垂らす。
    • 「やらないからな!」と仲間から取り上げられる。
  22. 食事は凄まじい割にあまり水分摂取の回数が多くない。
    • 大人キャラの場合、酒豪である確率も高い。
  23. 初登場シーンで既に何か食べている。
    • もしくは腹を減らし過ぎて死にかけている。
    • 食事時間でもないのに、何かしら常に持ち歩いて食べている。
      • これはデブ体系の奴が多い。
  24. 性格は基本的に明るい。

何か食べるものない?[編集]

参考キャラ追記制限
このページは単なるキャラ名のみの追記を禁止しています。詳しくは投稿規定を確認してください。むやみなキャラ名の列挙防止にご協力ください。
  • 赤城(艦隊これくしょん -艦これ-)
    • 駆逐艦や軽巡洋艦とは比べ物にならない資源消費に多数の駆け出し提督から妖怪くっちゃね、「一航戦、赤城、寝ます!」等と言われた結果、公式からもネタにされるように…
      • 任務報酬でまだ資源確保がままならない初期に必ず手に入ってしまうためについてしまった悲運のイメージ。
      • 最近は大和型に燃費の悪さを越えられた。…が、それでもイメージは払拭されず。今でもボーキサイトの女王の名は赤城のもの。
        • アニメではメガ盛りのカレーを頬張る横で大和がもっと大量のカレーを食っていた。
      • 実のところ姉妹的位置でステータスも近い加賀のほうが燃費がちょっぴり悪い。でも普通のクールビューティ(天然もあるが)な扱い。
      • 結局のところこの「大食い」のキャラ立ちがないと「何考えてるか分からないただの殺戮戦闘マシーン」だったり「特長が無いのが特徴というスタンダード過ぎる娘」なキャラになってしまうという創作陣の裏事情もある。
  • 秋道チョウジ(NARUTO-ナルト-)
    • 彼の場合、一族揃って大食い。
      • 一応、チャクラを大量に消費する倍化の術を使うから、という後付設定はある。
  • アキラ先輩(紙兎ロペ)
    • 頬袋で食べ物を貯めることができる特技を持つ。小柄の割には意外と大食い。
    • ホットドッグ45本分を貯め込むことができるらしい。
      • ゴム人間かよ。
  • アメリカ(ヘタリア)
    • 会議中にハンバーガーやシェイクを食べたり飲んだりしている。イギリスに注意されても懲りずに食べている。
    • 彼のキャラソンもハンバーガーに関する歌詞が多い。(頭の中がハッピーセット☆)
    • おやつもハンバーガー。しかもセットである。
    • ハンバーガーは味付けを変えてるから飽きないらしい。
    • 教主様もさぞお喜びであろう。
  • 綾崎ハヤテ(ハヤテのごとく!)
    • 普段は生活が生活だけにそんなに食う描写はないが、いざ食べると結構食べる上にどれだけ食べても体脂肪率が5%になったことがない驚異的な体質である。
  • アレン・ウォーカー(D.Gray-man)
    • 「趣味:食事」「好きな異性のタイプ:料理上手」なんて正直なヤツ…。
    • たった一食で7250kcalを接種していた。エクソシストじゃなきゃ死ぬぞ。
  • 井坂深紅郎/ウェザー・ドーパント(仮面ライダーW)
    • ガイアメモリを複数取り込む特異な肉体を維持するために、20人前くらいの食事を平らげる。
  • イネス・ローレンツ(テイルズ オブ ハーツ)
    • 肉体労働者なので食事も多くて当然…なのだが、「カツカレー、シーフードピラフ、ワンタンメンに山盛りポテトサラダ、チーズ盛合わせと太巻き寿司3本。デザートにトマト5つとスイカ一玉。最後の締めには牛乳2リットル一気飲み」が1食分という生活をして全く太らない所を見ると、食ったもんが全部胸に行ってるとしか…。
    • 計算してみたらこれだけで5566kcal、成人女性の3日分だった…。
  • 井上織姫(BLEACH)
    • 「あんなに食べるのになんで太らないんだろう?」「栄養が全部乳に行ってるんでしょ」
  • 井原満(フードファイト)
    • 「俺の胃袋は宇宙だ」
  • インデックス(とある魔術の禁書目録)
    • 映像記憶能力を支えるために糖分が必要なのか、と上条は推測しているが…それを差し引いても食べ過ぎ。決して貧乏な家系ではない上条の財布がいつも氷河期なのはたいていコイツのせい。
  • ウッキーイエロー(サルゲッチュ2)
    • バナナミンZを食らい巨大化した。
  • 越前リョーマ(テニスの王子様)
    • ラーメン大盛数杯を平らげた後に、中華料理数品を平らげた。
  • エドワード・エルリック(鋼の錬金術師)
    • 異世界にいる弟の肉体に栄養を吸われているので、いくら食っても太らず背も伸びない。
      • 1期のアニメではなぜかカツ丼を2杯も食うシーンがあった。アメストリスになぜそんなもんが。
  • エビス丸(がんばれゴエモン)
    • 帯ひろ志の漫画ではよりそれが顕著に。(チーズバーガー50個とポリバケツに入ったコーラをその場で食べる等。)
  • 大食いマン(とっても!ラッキーマン)
    • その名の通り宇宙一(ラッキーマンの世界で)の大食い、口の中に入れた物を1/100サイズにできる上に、マグマのような胃で何でも消化する。
  • 大空勇馬(電撃戦隊チェンジマン)
    • チェンジマンのフードファイター
  • カービィ(星のカービィ)
    • 毛虫以外であれば何でも食べる。アニメ版では体の中が宇宙であることも分かる。
  • 火神大我(黒子のバスケ)
    • 日本人だが育ちはアメリカ。日本のハンバーガーショップではとても追いつかず、山盛りのハンバーガーをペロリと平らげる。まあ、マッチョだし。
    • 食費を浮かすためにリコが連れて行ったステーキショップでは、チームメイト3人が食い残した「完食すればタダになる4㎏ステーキ」をペロリと平らげた。
  • ガキツキ(忍者戦隊カクレンジャー)
    • 腹部の巨大な口から強力な吸収力で幾つものハンバーガーを食べ、巨大ナイフ・フォークでニンジャイエローも食べてしまおうとした。
  • 神楽(銀魂)
    • 他の夜兎族のキャラも。
    • 銀時曰く「お前と定春(熊ほどもある巨大な犬)の食費で、うちの家計簿は火のタケコプターなんだよ!」
      • 小説版では炊飯器を学校に持って行っていた。
      • 原作でも5合の飯を平らげる、恐竜のようなサイズのワニを骨だけにするなどの描写がある。
  • 桂木弥子(魔人探偵脳噛ネウロ)
    • 20分で食べるとタダになる巨大ラーメンを10分で完食し、それでもお腹がいっぱいにならなかったため向かいのトンカツ屋さんに駆け込む程。通う学校は「学食の美味さ」だけで決めた。
  • カビゴン(ポケットモンスター)
    • 体重460kgに対し、一日の食事量が400kg(おそらくこれが最低量)。
  • 木乃(学園キノ)
    • 食券をちらつかせれば簡単に買収できる。
    • 食事シーンが1行で終わってしまったことも。
  • Q太郎(オバケのQ太郎)
    • ごはん20杯で腹八分目。
  • 許褚/季衣(恋姫†無双)
    • アニメでは自分の座高より高く積まれた饅頭(あれ?孔明が発明したんじゃ…)を軽々食いつくし更におかわりまでねだっていた。
  • 桐崎千棘(ニセコイ)
    • バケツ並みのサイズのポップコーンを軽々食い尽くすほどの大食いな上グルメだが、テーブルマナーはあまり良くない。
  • 桐島カンナ(サクラ大戦)
    • 初登場シーンでは遭難して死にかけていたのでめっちゃ食っていたが、いつものシーンでもめっちゃ食ってる。まあ、彼女は空手家だからしかたないか。
  • キン肉万太郎(キン肉マンⅡ世)
    • カルビ丼を平らげる程。
  • くいしんぼう(王さまと九人のきょうだい)
    • 宮殿の米蔵をカラにしたほどの大飯喰らい。はらいっぱい君以外の兄弟はさぞ不平不満を漏らしたことだろう。
  • クイドーラ(漫画版ザ☆ドラえもんズ)
    • マタドーラ曰く「まずすぎて喰えたもんじゃない」お菓子の城を貪り喰らい、マタドーラとドラニコフまで丸呑みにしてしまった。食えば食うほどデカくなるため、明らかに終盤では身長が10m位になっている。
  • グーラ(ドキドキ!プリキュア)
    • ソファを食らう程
  • くちぱっち(たまごっち!)
    • ハンバーガーやドーナツなどの美味しいものが大好き。
  • くっちー(ねこむすめ道草日記)
    • いつでも腹ぺこの二口女。
  • 熊田一葉(ガールフレンド(仮))
    • 柔道部所属。食べ物のことばかり考えている。牛丼が好物で、部活の後に何杯食べたという話をすることが多い。
  • グラトニー(鋼の錬金術師)
    • 暴食のホムンクルスの為いくら食べても際限がない空腹持ち。岩や金属でも平気で食べるが一番の好物は人肉。
  • 小泉花陽(ラブライブ!)
    • 白いご飯が大好き。
    • 朝ごはんに何杯もご飯を食べたのにもかかわらず午前の授業中に空腹になったことがある。
    • 嫌いな食べ物はなくあらゆる食べ物といった食べ物が好きだが、特に好きな食べ物にもある白いご飯に関しては並々ならぬこだわりがある。
      • 9人の中で一人だけ明らかにご飯の量が違う。鍋敷きサイズのおにぎりを食べていたことおある。
  • 剛田武=ジャイアン(ドラえもん)
    • 「なんでえ、おれでもごはんならいつも10杯食うぞ」
    • 実はジャイ子も大食いで白いご飯が大好物。
  • ゴキラーギン(地球戦隊ファイブマン)
    • 驚異的な素早さと底無しの食欲を誇り、あらゆる食料を食べ尽くす事で多くの星を滅ぼしてきた。
  • ごろたん(おてんきボーイズ)
    • 大の甘い物好きであり、あめたんを泣かして飴を要求したこともある。
  • 西行寺幽々子(東方Project)
    • 始まりは永夜抄のミスティアへの欲目でした。
    • 儚月抄でも月見団子ひとつに熱く語る。
    • 非公式アニメ「夢想夏郷」では自分のアイデンティティが「大食い」であることに言及するほどの始末。
  • 冴羽リョウ(CITY HUNTER)
    • 皿が山盛りになる量の料理を余裕で完食。
  • ザキュラ(海賊戦隊ゴーカイジャー)
    • 地球の食糧を食い尽くして地球人を降伏させる兵糧攻め作戦が使命。
  • サシャ・ブラウス(進撃の巨人)
    • すきあらば盗み食いを始める。
  • サモ・ハッカ(ライブアライブ)
    • 稽古で疲労困憊になっても飯を食べたがる。
    • 最終編で仲間にする際の条件が「一定数の食べ物を与える」というもの。
  • 茂野吾郎(MAJOR)
    • ついていけない者やついてはいけても疲労困憊の者が多い激しい運動をこなした直後に5人前の弁当を20分で涼しい顔して平らげる。
  • 四条貴音(アイドルマスターシリーズ)
    • 大皿2杯分の唐揚げをあっさり完食(大食い番組とかではなく、あずささんとの夕食)。
    • アニメでは殊更強調されており、ラーメン3杯を空けたり、回転寿司で36皿+うどん3杯を一人で食べていたほど。
  • 紫藤める(キラッとプリ☆チャン)
    • 初登場シーンでいきなり行き倒れる。
  • (シトロンの)ハリマロン(ポケットモンスターエックスワイ)
    • 美味しいお菓子に目がなく、故にセレナのマカロンを気に入って独り占めしたことがある。
  • ジュエリー・ボニ―(ONE PIECE)
    • ついたあだ名も大喰らい。
  • 女王蟻(HUNTER×HUNTER)
    • 産卵時には一日に人間数十人を肉団子状にして食らう。
  • 白玉みかん(プリパラ)
    • 「みかんはぁ…おなか空きすぎると、なんかよくわかんなくなっちゃうの…」
  • 不知火半袖(めだかボックス)
    • 登場シーンでは8割がたなんか食ってる『正喰者(しょーじきもの)』。
    • ラーメンが大好物で本人曰く「毎日2リットル」食べている。
    • ラーメンは飲み物と認識している。
  • 白藤杏子(WORKING!!)
    • 相馬が計算した所、一日で成人女性の一週間分のカロリーを取っていることが発覚した。
  • 鈴木フグオとその家族(浦安鉄筋家族)
    • あまりによく食べるため、つられて周りの人も食べてしまう。フグオを大沢木家で預かったらいつの間にやら家族全員が丸々と太った。
    • 暑い時期になると、食事がオールアイスになる。
  • 須藤晶穂(イリヤの空、UFOの夏)
    • あらかじめ食事を取ったうえで、バケツのような超大盛りラーメン、枕のような巨大餃子、ふざけているとしか思えない量の中華丼を完食し切った。
  • セイバー(Fate/stay night)
    • 「シロウ、おかわりをお願いします」モキュモキュ
    • 念のために書いておくと、サーヴァントは食事をする必要がない
      • 一応士郎がマスターとして未熟だから食事による魔力節約という理由はあるんだぜ…一応は。
    • 「アッ補給地点だ!セイバー、喰って回復しろ!」「そういうのなら大得意です!」
  • ゼブラ(トリコ)
    • 希少な食材を食いすぎて逮捕された。450万キロカロリーもの熱エネルギーを体内に蓄積できる。
  • 千石冠 (スロウスタート)
    • 高校生で身長138cmと極端に小柄だが、学校に重箱を持って来るほどの大食い。ただし食べる速度は遅い。
  • ゾロリ、イシシ、ノシシ(かいけつゾロリ)
    • 当然フードファイトネタもある。
      • その次の巻は「やせるぜ!ダイエット大作戦」
    • 直径3メートルほどのたこ焼きを3人で協力し、1分ほどで食い尽くした。
  • 孫悟空(ドラゴンボール)
    • 他、サイヤ人の血を引く皆さん
    • クリリンもよく喰うがサイヤ人にはかなわん。
  • 大間仁(ハイスクール奇面組)
    • 腹が減ってると瓶入りの七味唐辛子すら夢中で食べたり、相手が食べ物に見えてしまうほど。
  • 高野聖也(喰いタン)
    • 漫画界最強の大食い男。彼の前では他のキャラがかわいく見えてくる。
      • いや…それでも「人間」のキャラクターである以上最強はねーよ。上のカービィにとか大食いで勝てるのかよ。
    • 法則1の食通を兼ねるキャラの典型。味覚は卓越しているが、マズいと言いながらも結局食いまくる。
  • 高橋千秋(SKET DANCE)
    • 口に含む前に食品が消滅するほどの食事速度。ボッスン曰く「そんなにたくさん食べられるのは、キャプテンとクジラくらい」。
  • タロー(動物のおしゃべり)
    • 肉類が大好きな「食欲魔犬」。体重は50kgで少々肥満気味である(標準体重は35~48kg)。
  • 月城雪兎(カードキャプターさくら)
    • 実は大食いなのもちゃんとした理由がある。
  • ドーラキルケ(恐竜戦隊ジュウレンジャー)
    • 強烈な食欲で食べ物を喰らい尽くし、ジュウレンジャーの武器も飲み込んでしまった。
  • トドロキ(仮面ライダー響鬼)
    • 鬼の面々で食べるために用意された弁当を一人で完食しそうになった。鍛えてますから。
  • トリコ(トリコ)
    • 依頼された食材まで食べてしまう問題児。
    • 恐竜のようにデカい怪物の肉も、次のコマでは骨だけに…。
    • ゲーム『グルメサバイバル』ではやっつけたモンスターをその場でポイッと食べてしまえるが、その単位がなんと「kg(キログラム)」。いろいろとおかしい。
  • 長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
    • おまけにウワバミ。
  • ニージョ(ともだち8にん)
    • ただし、人参やピーマンと言ったお野菜は苦手。
  • ニブルス=タフィー(トムとジェリー)
    • 幼いネズミであるが、いつもお腹を空かせており、七面鳥の丸焼きを一瞬で骨に変える・チーズを丸呑みする・ミルクを一滴残さず飲み干すなど。ロウソクにまでかじりついたこともあった。
    • 実はトムとスパイクも飼い主の家計を赤字にするほどの大食いだったりする。
  • ネイキッド・スネーク(メタルギアソリッド3 -Snake Eater-)
    • 食料は現地調達
    • 毒キノコだろうが食ったら美味いかもしれない。そして致死毒だろうが腹を壊すだけで済む。
  • ネコヤミーとその宿主の男性(仮面ライダーオーズ)
    • カザリの入れたコアメダルで暴走し、多国籍料理店の食材を丸ごと食いつくし更に仕出し弁当の輸送車やスーパーを襲って食いまくり、挙句の果てにはオーズからまで「やめろ! それ以上喰ったら死ぬぞ!」と言われていた。
  • 野口(QP)
    • 晩飯にカツ丼大盛りをメインに汁物替わりにチャーシューメン、焼き鳥、デザートのケーキを完食。みんなで飲みに行ったときには「このブタ喰いまくりやがって、いくら払ったと思ってやがる!」と言われる始末。
  • 野村幸子(浦安鉄筋家族)
    • フグオの上を行く大食いだが、本人に自覚は全くなし。1クラス分の給食を食べきる相手と戦って勝つほど。
  • 則巻ガジラ(Dr.スランプ)
    • 長い年月で自己増殖し続け、いずれは地球そのものを食らい尽くす生物兵器。
  • パックマン(パックマン)
    • ドット、パワードット、フルーツなどを食べている。
    • パワードットを食べるとイジケになったブリンキー、インキー、ピンキー、クライドというモンスターも食べることが出来る。
  • バニカ・コンチータ(悪食娘コンチータ)
    • この世の美食を極めた末「究極にして至高の悪食」を求め、人間1人を1回の食事で痕跡さえ残さず食い尽くすまでになった。
  • バラハングリー(超力戦隊オーレンジャー)
    • 何でも噛み砕いて食べてしまう強靭な顎と牙を持つ。またとんでもない食欲と大酒飲みで、寿司100人前を平らげてしまうばかりか机や電話等の周りの物を見境無く食べていく。
  • ハラペコモンガー(太陽戦隊サンバルカン)
    • 異常な程の食欲を有し、バルパンサーを釜茹でにして食べようとした。
  • 範馬家の皆様(バキシリーズ)
    • 父親:牛を仕留めて一人で食い切る。テーブルマナーは以外にも良い。
    • 長男:子豚の丸焼きを10秒で完食。骨も残さずムシャムシャ。
    • 次男:体育会系なので何かにつけて食ってるシーンは多いし、その量も凄まじい。ただ父や兄に比べると地味。
  • ビスケット・オリバ(バキシリーズ)
    • 毎日の食事は10万キロカロリー。ただし体脂肪率は5%未満の筋肉ダルマ。
    • 悪党に腹をショットガンで撃ちぬかれても、ステーキを食べまくってたちまち回復。
  • 日暮熟睡男(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
    • 4年ぶんの食事を1日でするだけ。ただし4年分と言いつつ、実は一般人の数ヶ月分程度しか食ってないので逆に小食とも言える。長く見積もっても2年程度で餓死する。
  • 貧保耐三(おぼっちゃまくん)
    • 貧乏生活のため食い意地が張っている。
    • 茶魔が用意したとてつもなくスケールのでかいメニューを見て柿野たちが驚く中、一人でむさぼりつくシーンが何度も見られる。
  • ブースカ(快獣ブースカ)
    • ラーメンマニア。「たったの30杯」と評すほどたくさん食べる。
  • プーニー(モンハン日記 ぎりぎりアイルー村)
    • 食欲の塊のアイルー。食べるためにはどんな苦労もいとわない。
  • 福富しんべヱ(忍たま乱太郎)
    • ワカメ以外は何でも食べる。
  • 豚神(ワンパンマン)
    • 怪人を丸ごと食い殺してしまう能力のおかげでS級ヒーローにのし上がったデブ。
    • 20分で完食したらタダになるラーメンを数秒で食い尽くした。
  • フタガワラ(侍戦隊シンケンジャー)
    • 両手が口になっていて、文字通り手当たり次第に何でも食べる。二の目(巨大化後)になるとそれまでに食べた栄養によって両腕を身の丈を超えた頑強な鬼瓦へと変貌させる。
  • ポートガス・D・エース(ONE PIECE)
    • 皿が山積みになるほど食う。しかし食べながら突然寝てしまうので周囲からは心配される。
  • ボガール(ウルトラマンメビウス)
    • 自分と同サイズの怪獣を軽々食べる。
    • 漫画版では、身長60mにもかかわらず惑星一つを跡形もなく食い尽くしていた。間違いなく、創作史上最強の大食いキャラ。(変異ベムスターやバキューモンはでかすぎるので除外)
  • ホロ(狼と香辛料)
    • ひとりで子豚の丸焼きを平らげるほど。しかも美食家で舌が肥えている。さらに大酒飲み。
  • 緑川なお(スマイルプリキュア!)
    • 1日3杯はデフォルト。
  • 宮子(ひだまりスケッチ)
    • 万年金欠の原因は間違いなく食費。
  • 結(セキレイ)
    • 「十人前をペロリだもんなあ」(←これが毎回である)
  • モーちゃん/奥田三吉 (ズッコケ三人組シリーズ)
    • 小学六年生ながら1日の摂取カロリーは7000kcal超え。
      • 数時間でケーキを38個平らげたことも(さすがにお腹を壊したが、翌日に復活)。
  • 百草みのり(もぐささん)
    • 本人は大食いなところを気付かれるのが非常に嫌いなため、様々な箇所に食べ物を隠しながら食べる「ステルス食い」が得意。
      • 腹の中では常に轟音を立てている。
  • もぐもぐ(こんなこいるかな)
    • 特にドーナツやアイス、ケーキなどのお菓子。
  • 森本泉(デジモンフロンティア)
    • カレーを平らげる程。
  • モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)
    • 「お菓子は10tあったはずだが!?」「10t全部食った!!」
      • マグロを数分で丸ごと食べ尽くす、ほどの巨体の猪を仕留めて丸焼きにして食べる、部屋の入口よりも大きな肉を完食するなどそういったエピソードには枚挙に暇がない。初期設定では数食抜けば餓死する設定だったらしい。
    • 最近では寝過してその分食事できないのが悔しいせいか(なぜか1日5食計算)、寝ながら食事できる術を身に着けた。
  • 矢澤にこ(ラブライブ!)
    • フライドポテトを食い盗んだことがある。
    • 甘いものが大好きな反面、辛いものは苦手らしい。
  • やまのふじ(はなかっぱ)
    • はなかっぱが回転寿司のお店を開いた時は何皿もの寿司を食べていた。
  • 夢原のぞみ(Yes!プリキュア5)
    • 5のプリキュア連中は全員大食らい。こまちだけは大食いシーンがなかった気もするが、あの子は悪食・・・・・・。
  • 夢水清志郎(名探偵夢水清志郎事件ノート)
    • 亜衣達の修学旅行に同行した際には、生徒が蕎麦打ち体験で作ったわんこそばを全て食べ尽くしていた。
  • ヨッシー(スーパーマリオくん)
    • 敵キャラを食らう。
  • リナ・インバース他(スレイヤーズ)
    • 「メニューの上から下まで!」がデフォ。
      • たった一回の食事で店が廃業したこともある(「汝その名はスイートポテト」参照)。
  • リフジン・トオル(空想科学読本シリーズ)
    • 成人男性の10倍のパワーを持つサイボーグ。とうぜん成人男性の10倍食べる。
      • 原作者からは「どう見ても50人前は食っとるぞ」と突っ込まれていた。
      • 30分に1回のペースでドカ食いを行い、朝起きた時には餓死寸前になる始末。「仮名ライダー殺すに毒薬いらず、睡眠薬一本あればよい」とまで言われた。
    • 老化してからは食欲も一般人に毛が生えた程度になった。代わりに同僚のウーターマンが3万5千t分焼肉を食べるなどの暴挙に出だした。
  • 両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
    • 中川が最初に挙げた長所がこれ。他に何か無かったのか。
    • 学習漫画では5人前のカレーと6人前のカツ丼を平らげた後、マリアが作った重箱入りの弁当を(最後は嫌々ながらも)完食していた。
  • リン・パオ(銀河英雄伝説)
    • 昼食を食べた際にはデザートにパイとクリームティーを追加注文して平らげる事があれば、朝食ではラム酒入りのマーマレードをたっぷり塗ったメルバトースト6枚を平らげて、参謀長であるユースフ・トパロウルに呆れられる事があった。
  • リン・ヤオ(鋼の錬金術師)
    • 部下のフーとランファンも該当。
  • ルールー・アムール(HUGっと!プリキュア)
    • 主人公側についてからなぜかめちゃくちゃ食べるように。
  • レキ(緋弾のアリア)
    • 普段はカロリーメイトばかり食べており、大食いという印象はないが、30分以内に完食したらタダになる5,000円の巨大ラーメンを約10分で平らげたことがある。
  • ワリオ(マリオシリーズ)
    • 朝食「牛乳3リットル、フランスパン3個、生卵6個を一気飲み。味のアクセントにチーズを少々」、昼食「ホットドッグ10個食べた後にライスカレーを3杯」、夕食「レバニラ10皿にクレープを10個、そしてスタミナ源である大量のニンニク」。そして本人曰く「まだ食べたりない。」とのこと。
      • アプリで計算してみたら1万5000kcal、成人男性5人分だった。これで足りないてお前。



関連記事