新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

ベタな駅の法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全般[編集]

  1. 必ずしも地域の真ん中にあるとは限らない。
    • 関西、中部だと私鉄側の方がJRより発展している傾向。特に近鉄。
      • 発展しすぎて駅前の再開発が課題になっていることも。
    • 鉄道での旅客輸送が盛んでない国の場合は地元のタクシー運転手さえ駅の場所を知らないこともある。
  2. 大きな駅だと近くに必ず交番が。
  3. 駐輪場は9割方ある。
    • 当然ながら定期ユーザーの方が駅に近い場所。
    • 逆に駅前に迎えの車がたむろしていることも。

ベタな駅の種類の法則[編集]

政治駅[編集]

政治駅とは、政治家が選挙の票取りの為のごり押しで地元に作らさせた駅。

  1. 地元住民以外の人からいらないといわれる。
    • に挙げられる。
    • 新幹線駅に多い傾向がある
    • 突き詰めれば「自分の使わない駅=いらない」なので、そういう類の駅へのレッテル貼りだったりもする。
  2. 「政治駅」という言い方自体、なんか怪しい
    • 実際のところは複数の土地への配慮や運行上の必要性などによる設置だったりする。
    • 「当時の建設技術の限界」というのも少なくなかった気がする。
  3. 日本国内ではかなり広い範囲で分布している。
  4. 海外では日本以上の強引な事例がありそうな気がする。
  5. 少数派だが、政治駅だと思われていたが今では利用者も多く成功している駅もある。
  6. 新幹線の速達型は通過。
  7. 新幹線の駅の場合、本数は少なく、乗降客も2000人以下。さらに、ほかの在来線と接続していない駅もある。

ターミナル駅[編集]

駅ナカの一例
  1. 最悪でもバスには乗り換えられる。
    • 大都市だと地下鉄に乗り換えられる場合が多い。
  2. 駅前にはロータリーや大規模なバス乗り場がある。
  3. 構内の端の方にある切欠ホームから支線が分岐している。
  4. 駅舎は2階建て以上。
  5. 駅舎が所在する地域や都市のランドマークとして親しまれる。
    • 特に歴史的建築の場合は建て替え時に反対運動が発生する。
  6. 「駅ナカ」として店舗ができる。
  7. 都市の規模によっては方面別に複数ある場合も珍しくない。
  8. ヨーロッパだとドーム屋根。
    • 雨の多い日本だとあんな駅は無理があるな、と大阪駅の件で強く思う。
  9. 周辺は観光客向けの高い店ばかり。
  10. 折り返しや始発・終着列車の多い駅だと周囲に「運転所(電車区・運輸区・列車区の場合も)」や「車掌区」といった運転士や車掌の拠点が設置されることもある。

貨物駅[編集]

  1. たいてい旅客の駅より広い。
    • 東海(旅客用)の四日市駅は、端っこでひっそり営業。近鉄と全く異なる様相である。
  2. 昔は色々な形をした貨車が見られた。
    • 今では多くの国でモータリゼーションやコンテナ輸送への転換のためバラエティに富まなくなった。
  3. 一般の時刻表には出てこない。
  4. だいたい地上駅。
    • 高架の貨物駅だったのは昔の秋葉原くらい。
    • 梶ヶ谷貨物がありますよ。
  5. 駅によっては不夜城のところも。

臨時駅[編集]

  1. 特定の行事の会場や特定の季節だけ賑わう観光地の最寄り駅。
    • 一番短いものでは「年に2日」というケースも。
  2. 設備はあくまで簡易的なもの。
    • ただし博覧会の最寄り駅は例外が多い。
  3. 常設駅に出世することもある。
    • 常磐線のJヴィレッジ駅は同名のサッカー場使用再開に伴い設置、2020年3月に常設化。
    • 高山線の婦中鵜坂駅は路線活性化策として試験的に設置されたが、のちに常設化した。
    • 山陰線の梅小路京都西駅も、緑化フェア梅小路駅の移転・常設化といえる。およそ14年半ぶりの駅設置となった。
  4. 全駅訪問を目指すような鉄道ファンにとっては強敵となる。
  5. 災害や工事などにより一部区間が運転できなくなった場合に運転できる区間の端として設けられる場合もある。

無人駅[編集]

  1. 都市部だとほとんど無い。
    • 名鉄みたいに無人駅システムで集中管理しているところもあるにはあるけど。
      • JR東海だとバーがない簡易改札だったり。
      • とはいえ、集中管理システムで、自動券売機と自動改札のみの駅も増加中。
      • 近年は都心部も含め、経費節減で早朝・夜間無人はザラ。
        • 大抵の場合、駅員が帰ると券売機が使えないので乗車駅証明書発行機が置いてある。
    • ICカード専用入場、出場機でおなじみ。
  2. 基本的に駅舎は無くホームだけ。
    • あったとしてもそれこそ待合室程度。
    • 駅舎があるところは、元有人駅とか。
      • 駅舎があっても朽ち果てている。
      • カーテンやシャッターで閉められている出札窓口を見ると寂しくなる。
    • 駅舎の代わりに貨車を使っている駅も。
  3. 中に町の観光案内所があったりする。表面上は有人駅。
  4. 申し訳ない程度に自動券売機。
    • 駅の近くの商店で切符を売っていたりすることも。
      • 近年の合理化の流れで、自動改札を通れないきっぷを販売することは減りつつある。
    • 乗車券の発売がなく整理券制の駅も多い。
    • 合理化が進むと、発駅証明書発行機と改札機と精算機だけというケースも。
  5. 路面電車の駅は一部の例外を除きだいたいこれ。
    • 厳密には路面電車は多くが停留所。

新駅[編集]

  1. 名前が少しキラキラ。
    • ひらがなと漢字の混合とか。
      • JR西日本の路線だと「JR○○駅」も多い。
  2. バリアフリー重視の構造。
  3. 駅舎が周囲の同規模の駅と比べて凝っている。
    • 地域の陳情&負担で作られた場合、逆に清々しいまでに簡素な作りであることも。
  4. 最近は開業当初は臨時駅のように1つ先の駅までの運賃を取られることがある。

ベタな駅の構造の法則[編集]

橋上駅[編集]

  1. 都市部で地上を走っている路線に新駅を作る場合はたいてい土地がないのでこの方法がとられることが多い。
  2. 駅舎が北口と南口を結ぶ自由通路にもなっている。
  3. 日本では駅舎内の店舗などが充実していることもよくある。
  4. 高齢者や障害者などへの配慮としてエレベーターが設置されている。
    • 近年は地上駅のバリアフリー化として、このタイプが採用される場合が多い。作りやすいからか。
  5. 改築してこうなった場合、もともとどちら側に旧駅舎があったかは街の発展具合で一目瞭然。
  6. 「はしがみえき」じゃない

高架駅[編集]

  1. モノレールや新交通システムの駅は基本的にこれ。
    • 高速鉄道の専用区間にも多い気がする。
  2. 郷土色を出すのは難しい。
    • 設計上は「名産の○○をイメージした意匠」「名所の××にちなんだ装飾」とされていても言われないと分からなくなっている場合もある。
    • 隣駅と連続して立体化するとどちらも似た雰囲気になったり…。
      • ホームの柱の色などを特定の色のモチーフにする事により差別化を図る。
    • しょうがないので(?)駅のコンコースなどに郷土にちなんだものをたくさん置く。
    • ちゃんと駅名標を見ないと自分がどの駅にいるのか分かりにくくなる。
  3. 場所によっては絶景を眺められることも。
    • ただ大都市圏の場合は周囲に住宅やビルが建て込んでいるので広告などで目隠しをすることが多い。
  4. 工事中はホームの移動が頻繁に。
    • それに伴い駅も迷宮のように。

地下駅[編集]

  1. 特別な事情がない限りホームは改札より1階下。
    • これに慣れてしまっているせいか、改札のほうがホームより下にある場合は大体の人が困惑する事になる。
  2. 駅のイメージカラーなどに従った装飾がある。
  3. 旧共産圏の場合はやたらと深い。
    • 防空壕や核シェルターとしての使用も想定している。
      • 日本にも「戦時中の防空壕を流用した」などの都市伝説がある駅が幾らかある。
    • シャンデリアがあったり。
  4. 将来の路線延長や増結に備えた準備がされていることもある。
    • それが生かされた例は御堂筋線くらいか。後は大抵増結されず。
  5. 廃止された後も階段やホームなどが残っている。
  6. 一回トンネルが出来た後に駅を追加する場合は相対式ホームしか作れない。
  7. 地上にある道が狭いと二層式ホームになる。
  8. 乗換駅にある乗り換え用の通路は迷路みたいになっている。
    • そして無駄に長かったりする。
  9. 基本的に新路線ほど深い位置にある。
  10. 出入口はビルなどと一体化している。
    • 交差点を挟んで4つくらいの出入口があることが多い。
  11. 地下鉄の場合は基本的に駅舎はない。
    • 私鉄やJRだと地下化などの理由で駅舎が新しく建てられたりする場所が結構ある。
    • もよりのバス停も××駅前が通にあるだけという感じ。
      • 駅前でみるようなロータリーは有り得ない。
    • 直結のバスターミナルが駅舎に見えなくもない。

半地下駅[編集]

  1. ホームは地上よりも下にあるが、上は蓋がされておらず青空が見える。
    • 地下駅よりも浅い位置にあることが多い。
  2. 「掘割式」とも呼ばれる。
  3. ホームから見ると一見橋上駅にも見える。
    • 但し改札を出ると周囲の地面と同一平面になっている。
  4. どちらかと言えばニュータウンの駅に多いような気がする。

ベタな駅設備の法則[編集]

ホーム[編集]

  1. 普通の駅なら1面1~2線か2面2線のどちらか。
    • ターミナルだったり追い越し設備があるとホームの数も増える。
  2. 最低でも自販機、ベンチ、売店のいずれか1つは必ず置かれている。
    • ゴミ箱については“テロ防止”を名目に設置数が減らされ、コスト削減を行っている。
  3. その駅の発車時刻を示す時刻表と路線図が掲示されている。
  4. 上の方に車両の停止案内。鉄にしか理解不能。
    • ヨーロッパでは停止案内があまり当てにならないらしい。
    • レール周りに設置されている停目を見て判断することもできる。
  5. 世界的に見ると日本のJRのものは高さがある部類に入る。
  6. 新幹線が停まる駅では、新幹線ホームの番線表記は在来線が1桁で完結していても11番線から始まる事が多い。
  7. JR北・東・海は「線」、西・四・九は「のりば」。
    • ただし北海道は「線」と「のりば」が混在している。
    • 余談だがJR東日本の一部の駅では「ホーム」と言っている所があるらしい。
  8. 東武・東急・京王・京成・京阪・阪神は「線」。
    • なぜか東武東上線池袋駅は「ホーム」。
  9. 西武・小田急は「ホーム」。
  10. 近鉄・南海は「のりば」。
    • 近鉄の場合「線」と呼ぶ駅があるらしい。
  11. 阪急は「号線」。
  12. かつて特急等が止まったことがある駅は現在の実状問わずホームが長く、比較的新しい駅はホームが最低限の長さしかないことが多い。
  13. 大きな駅だとホーム上に「駅事務室」や「乗務員乗継詰所」と書かれた建物がある。
  14. 「黄色い線」か「白線」。しかし、最近は「黄色い点字ブロック」という。

改札[編集]

  1. 地域によってはまだまだ有人改札が健在。
    • 改札に人が立ってはさみで切符を切る会社もある。
      • 近年ははさみよりスタンパーが多い。
        • 列車の時間が近くないと改札を開けない地域も。
    • 自動改札はあっても扉がない簡易型という場合もある。
  2. 無人駅だと存在すらしない場合がある。
    • それでもICカードの乗客専用の簡易リーダーがある事がある。
    • バスみたいに車内の運賃箱で精算or車掌に切符を渡すが多いと思う。
  3. 自動改札は片方からしか入れないものと両方から入れるものの2つがある。
    • 後者で両方から人が入ってくると気まずい気分になる。
  4. 子供料金の切符を入れると鳥のさえずりのような音が鳴る。
  5. ICカード専用改札機も増えてきた。
    • が、気付かずに入ってきた切符ユーザーによって列が詰まる。
      • 逆にIC非対応の改札機に入ってしまい、列を詰まらせるICカードユーザーも。
  6. 1つだけ車椅子対応の広幅タイプがある。
    • 荷物が多い場合にもありがたい。
    • 場所によっては別通路となっている場合もある。
  7. 信用乗車方式を採用している国では基本的に「駅の改札」は存在しない。
  8. 国によっては手荷物検査が行われることもある。
  9. ローカル線だとただの「きっぷうりば」なだけの駅もある。
  10. 旅行や割引きっぷのパンフレットが置いてある。

駅ビル[編集]

  1. 大きなターミナル駅だと鉄道会社の百貨店、中規模だとスーパーなどが入っている。
    • 前者だと地下駅の方が多い気がしなくもない。
  2. 同じ鉄道事業者だと、どうしても名前が似てくる。
    • 統一された名称で「施設愛称+駅名」という事も。

駅舎[編集]

  1. たまに物凄く古い駅舎が残っている。
    • 建て替えになると間違いなく味気ない駅舎に。
      • 高架化や無人化などの理由が多い。
      • 建て替えに反対→移設や復元で妥協というケースも多い。
  2. この駅の昔の役割が今も残っていることも。
    • 石炭運搬だとか移転前のターミナルだとか。
  3. 中国では駅名を表示したやたらと大きな看板が乗っているのをよく見る。
    • ロシアでは「Вокзал(駅)」としか書かれていない(駅名がない)駅もある。

売店[編集]

  1. 鉄道事業者の子会社が運営。
    • その事業者のICカードが使用可能。
    • 最近はコンビニに丸投げする例も。
  2. 特急が停車するホームにだけあるということも。
  3. 駅弁が充実していたりしていなかったりする。
  4. 撤退して跡地に自動販売機だけぽつんと。

発車案内[編集]

  1. 最近の流行りはLED式。
    • フルカラーにしていない事業者も多い。種別が少ないところだと。
    • 液晶表示は少数派。昼間見づらいからか。
      • 東京メトロにて増殖中。
    • パタパタが残っていると嬉しい。
      • 行灯式は流石に…。
      • 近鉄河内長野駅ではフィルム式のものが40年あまり使用されていたが、2020年1月をもってついに引退。
        • 昼間は準急・大阪阿部野橋行きばかりのため動作頻度も少なく、昭和から令和まで持ち堪えられたのだろうか。
  2. 両数とドア案内の表示。
    • ドア数が混在している場所だと必須。記号や色で判別していたり。
    • 特急・快速系の列車の場合、停車駅の案内もある。
  3. CTCと連動するようになり、列車の遅れや走行位置を告知することも増えた。

駅名標[編集]

  1. 設置数は規模によって違う。
  2. 統一されているかされていないかは事業者次第。
    • 南海のようにあまり無頓着な例も。
  3. LEDライト式のものもお金がある事業者は。
  4. 近年になって複数言語で表記されるケースが多くなってきた。
  5. ヨーロッパのものはアジアと比べて簡潔に見える。
  6. アルファベット表記で日本語の翻訳はされない(動物園は「Zoo」にはされないetc.)。
    • ただし「○○空港駅」だけは「Airport Terminal」と翻訳される。
    • 元の駅名がカタカナならそのまま(「Nagareyama central park」とか)。

駅ナンバリング[編集]

  1. 基本的にアルファベット+数字。
    • アルファベットはその路線名から来ている。
      • 路線の愛称名やその路線の始発or終着駅の名前からということもある。
      • アルファベットは地下鉄だと一文字、それ以外は二文字が多い。
  2. 駅放送では流れない。
    • 京都の地下鉄なら流れている。
    • 大阪でも。関東でも東京メトロやJR山手線など、放送でアナウンスする場所が増えている。
  3. 起点から終点まで割り振られている。
  4. 乗換駅では複数割り振られている。
  5. JRではあまり見ない。
    • 北海道四国だけ。
      • 北海道はすべての路線に割り振られていないしねぇ。
    • と思ったら東日本が首都圏で始めた。
    • 西日本も近畿エリアで始める。
  6. 新駅ができたら番号をずらすのだろうか。
    • 予め新駅設置を見越して空けてあるところもある。
    • 「XX-1」と枝番になったところもある。
      • 高速道路みたいw
  7. 地下鉄以外ではあまり見なかったが、2010年代になってやたら流行っている。
    • あまり意味の無さそうな所まで。
    • 観光庁からお達しが来ているらしい。
  8. なぜか欧米ではあまり見かけない。
    • アルファベット表記は地名であれば少し言語が異なっても読めるからだと思われる。

駅スタンプ[編集]

  1. 駅周辺の名所や駅の特徴などがデザインされている。
  2. JRの駅の場合は国鉄時代に作られたものが残っていることもある。
  3. イベント限定のものも存在する。
  4. 図版にエラーがあるとその道の愛好者の間で騒ぎになる。
    • 訂正前に押したものは後にレア物扱いされる。
  5. 台湾にも存在するらしい。

関連項目[編集]




関連記事