衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。

ベトナムの交通

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

道路交通編[編集]

  1. 道路を横断するのは常に命がけである。
    • ホンダのカブも、「ホンダ」という名のヤマハも「ホンダ」スズキも至るところに。
    • バイクで南北縦断を試みるのなら、「水曜どうでしょう」を必見。
      • つまり、やめておけと。
      • 逆打ちで縦断したBBCの悪ガキ達の事も忘れないでください。
      • なお、各種ガイドブックにはバイクに乗るのは止めた方が良いとご丁寧に書いてあったりする。
    • ベトナム人曰く、道路は歩いて横断するより、バイクで渡るほうが流れに身を任せられるので安全とのこと。
    • セオム(バイタク)は便利。
      • 乗る前の交渉は不可欠。半額以下から交渉開始。
      • 交渉の成功経験や安全性の問題から旅行者の好みは顕著に割れる。
      • シクロ(人力車)とは間違えない。
        • 札幌とか神戸でも見かける。
        • ジゴロと勘違いしそう。
  2. バスもかなり怖いが、目的地によってはそれしか交通手段がない。一部の劣悪な道路や食べ物の臭いから酔い止め薬は必須。
  3. どうでしょうとTop Gearの縦断企画に映る背景を走る車/バイクを見ると10年の間に自動車が増えたのがわかる。それでも原付が圧倒的だが。

鉄道編[編集]

  1. ハノイ~ホーチミン間に統一鉄道と呼ばれる南北線がある。
    • 以前は70時間以上の所要時間だったが、現在は30時間を切るので「とても」速い。
    • 将来、時速300km(10時間程度になる)の高速鉄道を作る計画だったが、時速200kmのものに変更予定。
  2. 北部の観光地といえばハロン湾で、ハノイから列車でいける。
    • 朝4時発の一本だけ。7時間かかって着いても、ハロン駅には何もなくて驚く。船に乗らなきゃだめ。
  3. 南部にもハロン湾を真似た湖(笑)がある。
    • ホーチミンから列車1時間でビエンホアに行く。ボートで散策。
  4. 中部フエからホイアンを列車で行けば、「世界の車窓から」で有名なハイヴァン峠の絶景が見られる。
  5. ハノイ駅は戦争で破壊されたため、真ん中がコンクリで両側がルネサンス様式という変な駅舎になった。
  6. 中国からの直通列車があるものの実際には国境で乗り換えなければならない。
  7. 統一前までは現在のホーチミン市に路面電車が走っていた。

航空編[編集]

  1. ベトナム航空
    • CAはもちろんアオザイ着用。
    • 日本人CAも綺麗。
    • ビールに氷が入っていることから、すでにベトナムに来た感じがする。
  2. ジェットスター・パシフィック航空
    • オーストラリアの会社だが、パシフィックはベトナムが拠点。
    • 飛行機のデザインもバスもアオザイもすべて橙色。
    • その場で購入の食事は安くてうまい。
  3. ベトジェットエア
    • ベトナムのLCC。
    • CAのセクシーダンスが秀逸(笑)。「Ruc lua mua bikini tren may bay VietJet」で検索。



関連記事