ベトナム戦争

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Wikipedia.JPG
ウィキペディア認定
このページはウィキペディアっぽいです。サイト趣旨に沿った形に編集するか、ウィキペディアに書いてください。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。本件に関する詳細はトークページを参照してください。
保護検討中
このページは、現在保護が検討されています。詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。
トークに、ベトナム戦争に関連する動画があります。
  1. 1960年~1975年にかけての戦争。
  2. アメリカが北爆に使った爆弾の量は太平洋戦争での日本本土への爆撃の量を圧倒的に上回る。
  3. 枯れ葉剤を利用したため多くの人が後遺症に苦しんだ。
    • この戦争で取材に駆け回ったジャーナリストで病気によって早死にした人が多いのもこれのせいではないかと言われている。
  4. 韓国の国技のせいで滅茶苦茶迷惑をかけた。よってベトナム人は嫌韓となってしまった。
    • アメリカは悪い事もしたが、良い事もしたので親米になった。このあたりは太平洋戦争後の日本と事情が似ている。
    • 現在は韓流ドラマや電化製品のおかげでかなりイメージが向上してきたとか。
  5. AK-47の汎用性が、M-16の実用性の低さが立証されてしまった。
  6. ベトナム戦争って、冷戦だよね?
    • 構図としては冷戦の一環だったが暑いベトナムで火炎を放つナパーム弾などを用いて行われた相当温度の高い戦いだった。
  7. 数多くの文学と映画の名作を生み出したが、20世紀の終焉とともに賞味期限が切れてしまった。
  8. ベトナムは資本主義社会を潰した事に非常に後悔しているらしい。
    • だから今では市場経済をとり、かつての天敵であるアメリカからの投資や観光客を歓迎。
      • 亡命者の帰国も外貨目当てで大歓迎。
  9. 現在の戦争と比べると結構自由に取材できた模様。
    • ただし取材したものが放送されるかどうかは別だった。
    • 日本人ジャーナリストはベトコンの解放区を取材するためにわざとベトコンに捕まっていた。
  10. 当時アメリカ国籍で兵役の対象年齢だった高見山は「体重オーバー」とみなされベトナム行きを免れた。
  11. アメリカ軍将兵の慰問のためプレイメイトがやって来たこともある。
  12. ベトコンはトラップ満載の地下トンネルを司令部などに使っていた。
    • さらにトンネルがベトナム人用の小さめのサイズだったため大柄なアメリカ兵は活動しづらかったらしい。
  13. この戦争の取材を通しベトナム人の伴侶を得たジャーナリストもいる。
  14. 敗れた南ベトナムの亡命政権も一応あるが現在何をしているかさっぱり分からない。



関連記事