ポケットモンスター

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生物としての「ポケモン」[編集]

  1. モンスターボールが発明される前はなんと呼ばれていたのだろうか?
    • 昔は「ぼんぐり」という木の実に手を加えてポケモンを捕まえていたらしいが・・・
      • 劇場版4作目でユキナリが旧式のボールを使ってた(開閉機構が釦じゃなくて螺子式)。
        • 劇場版第12作では「魔獣」と呼ばれていたはず…
      • 「ぼんぐりに入る獣(けもの)」→「ぼんけも」とか
    • 普通に「モンスター」では?
  2. 関東・関西・九州・北海道で500種もいるから、日本全体で800種から1000種ほどいるかもしれない。
    • さらに世界中、そして宇宙・・・もう限りない数になるのだろうか。
      • ある意味リアルっていうか
  3. 1999年まで♂♀の区別が無かった。
    • 性別はあるけど、メスを想像したくないポケモンも多数。
      • 中には「この外見で♂かよ!」と言いたくなる奴もいる。
        • もちろん「この外見で♀かよ!」と言い(ry
    • ニドランは以前から♂♀の区別があった。
      • すなわち実質的にニドリーノ・ニドリーナ・ニドキング・ニドクインにも♂♀の区別はあった。
      • オーキドいわくニドラン系の性別による図鑑No.分けを金銀の時に変えようと思ったが、混乱が生じることを恐れて変えなかったらしい。
  4. ポケモンで「進化」と称しているものは、生物学的には「変態」である。
    • そもそも、なぜあんな感じに進化するのだろう。ハッサムなんて、手がハサミっぽくて、危ないのに。
    • 「進化」=「変態」だとしても進化前と進化後では違う生物のように扱われている気が…。出世魚か?
    • 「しんかのいし」の「進化」って一体…。ましてや通信交換で…。
    • 生命活動に合理的でない進化(=変態)はむしろ突然変異体的なアレではなかろうか。野生でいないヤツとか進化にギミックのいるヤツとかが該当しそう。
  5. 名前の一部が鳴き声になっている。
    • アニメから入ったファンは、ゲームのポケモンの鳴き声を聞いてがっかりする。
      • アニメ見て、ピカチュウバージョンやった私は、金バージョンのピカチュウの声聞いて、がっくり。後はポッチャマとか・・・
        • ヒードランの泣き声がピィカチューと聞こえるのは気のせいだろうか…
      • 逆にゲームから入ったファンはアニメのポケモンの鳴き声が単純すぎて腹が立つ。
    • 生物的にはアニメの鳴き声よりまだゲームの電子音のほうがリアルではないかと。
    • サンダースは「わんわん」と鳴いた回があった。
  6. 英語のスラングで×××の意味。
    • あくまで「pocket」。ビッグマグナムは違います。
  7. ポケモンの名前がついた地名がある。(ハッサムコノハナなど)
    • そういえば、キマワリと言う昆虫がいる。
    • 山奥の方だしかなり地味だけど、北海道には オクタン(奥譚)なんて地名もあったりする。
  8. 質量保存の法則をことごとく無視している。
    • ギラティナなんてフォルムですら変わる。
  9. 色違いのパターンが固定されている。
  10. パッチールは模様のパターンが無数にあるが、生物学的には他のポケモンもそうあるべきである。
    • 本当はそうなのだが、金銀の頃から無視される設定となった。アニメではわずかにフシギダネやゲストポケモンの一部に生きている。また模様だけでなく色も若干変わっている。

関連項目[編集]

ポケットモンスターシリーズ
本編 赤緑 金銀 RS DP BW XY SM
派生作品 ポケスタ・バトレボ コロシアム・XD ダンジョン ノブナガ GO
アニメ 時代別 / 劇場版
生物として 種類別1234567 / タイプ別
ファンの噂 ポケスペファン
ベタの法則 ゲームアニメ
もしwiki 歴史のif:ゲーム作品別)・アニメ / もしも借箱
偽モノの特徴 全般 種類別



関連記事