マツモトキヨシ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
この人たちにとってのマツキヨ
  1. ドラックストアの中では最強。
    • 但し場所によっては苦戦中。関西だとコクミンとダイコクドラッグの方が強い。
    • 一方関東(特に北側)では、カワチ薬品に少々びびっていたりする。
      • 神奈川では「ハックドラッグ」に押され気味。
    • 松戸周辺ではスーパーマーケットもやっている事を忘れずに。
      • スーパーからは撤退しました。
    • くすりの福太郎」も忘れんな。
      • 文化放送でCMで流れてたね。今やツルハと・・・
    • 電子マネーはEdyを先駆けて導入したものの(店舗によっては交通系ICカードやWAONが使える店舗や使えない店舗も)、後になって5種類(Edy、WAON、交通系ICカード、iD、QUICPay)を全店舗に導入したツルハに負け気味か。
    • お膝元である千葉県でも、千葉市以南においてはヤックスに圧倒されていたりする。
  2. 駅前でよく目撃される。
    • 郊外型ばっかりの水戸に現れたのはウン年前のこと。
    • なぜか日立市の大甕駅にあったりする。キヨスクの代わりか?
  3. ウエルシア・ストアーズだっけ?…そんなものは眼中に無い。
  4. 本店が渋谷にあると思われている。
    • CMで某ビルを映されてはそう思えなくないような…
  5. よくCMでやる「ホームセンター・スーパーでは実施されておりません」って意味不明。
    • チラシにも掲載。あの告知は"松戸市民向け"と解釈する。
      • 市川にも、ホームセンターなかったけ?(ついでに、行徳にある富浜店は、昔、スーパーだったが、一回薬専門になって、さらにその後、スーパーが増築された。)
      • 柏でも南部(増尾あたり)にはスーパーがあった(今は知らぬが)。ていうか小金から近いし…
        • オフィシャルサイトの最新情報では、当時スーパーがあった場所(増尾駅から南東方向)は移転または統廃合で消滅し、西口(柏市加賀)に「ドラッグストア」がある。
    • ホームセンター型の店舗でも、医薬品のコーナーはしっかりとある。
  6. その昔、「ベンリー」というベタな名前のコンビニもあった。
  7. ・・・人の名前みたい・・・。
    • というか、創業者の名前そのままである。ここまで安直だと、かえって清々しい。
      • 創業者は松戸市の元市長。あの「すぐやる課」をつくったのは彼。
    • 略すとマツキヨ、またはマツモト
    • 「マツモト」だとどうしてもオウ・・・(ry
    • そもそも選挙対策のために社名を変えたというのはあまり知られていない。
      • ところで、不肖の孫が議員辞職に追い込まれたのは黒歴史化されるのだろうか。
      • ちなみにその前の代で「経営者」系と「政治家」系が分離している。どっかの巨大流通業どっかの政党の幹部みたいに…
  8. ここもご多分に漏れず、"愉快な仲間たち"が増加中(東京のぱぱすなど)。
    • ミドリ薬品が「マツモトキヨシ九州販売」なる身も蓋もない社名に改称していたとは・・・。
  9. 大手なので独自のポイントスキームを持っていたが、dポイントに加盟した。…SMCC繋がりか。



関連記事