新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

マンダム

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. う~ん、マンダム
  2. 男性化粧品では資生堂と1,2を争う。
    • かつては「MG5vs丹頂」、今は「UNOvsギャツビー」。
      • 最近では花王(メンズビオレ&ニベアフォーメン)、さらにロート製薬(OXY)まで追撃してきた。
  3. 日本で始めてアメリカの映画俳優を宣伝に引っ張り出した。
    • チャールズ・ブロンソンは初め出演を渋っていた。
      • しかし、社長が土下座して更にヅラまでとって頼み込んだ。
        • それを見て、不覚にも大笑いしてしまったブロンソンが日本以外で放送しないことを条件にOKしたとのこと。
          • 1980年代になり、現在のロゴマークになってからは、ギャッツビーのCMに、ノルウェー出身のアイドル系ロックグループであるa-haを起用したりもした。
  4. 元々の社名は「金鶴香水株式会社」。その後、「丹頂シリーズ」がヒットしたため「丹頂株式会社」商号変更。
    • 一旦はMG5に完全にシェアを奪われるものの、その後上記のCMで「マンダム」が大ブレイクし、社名も「株式会社マンダム」に再変更して現在に至る。
  5. 本来「MANDOM」とは「Man Domain」(男の領域)という意味だったが、女性化粧品事業参入に際し「Human & Freedom」に意味を変更した。
  6. ルシードのCMキャラクターがモックンからキムタクに変わって久しい。
    • ルシードじゃなくギャツビーな。今は松田翔太。
  7. サウンドロゴが「マンダムじゃん」という風に聞こえる。



関連記事