ミクロネシア連邦

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「ミクロネシア連邦」を検索

ご当地の噂 - 世界オセアニアミクロネシアミクロネシア連邦

小笠原  

北マリアナ
サイパン
グアム マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
パラオ ナウル キリバス
  1. 大きさ1μの世界最小の国。
    • 小ではない。
      • ランゲルハンス島が最小。しかも本当にミクロの島。
        • それ島じゃないw
        • 膵臓じゃないかwww
    • 海の面積はとても広いのだが・・・
  2. 人口12万人。
  3. 首都はパリキール。
  4. 地球温暖化が心配。
  5. ちまきのことを「ベントー」と呼ぶ。
  6. 集落対抗の「ウンドーカイ」というイベントがある。
  7. 犬の丸焼きはご馳走という文化がある。
    • ウミガメとその卵もご馳走だそうだ。
  8. パラオもここの一員になりかけたが、早々に離脱して独立の道を歩んだ。
    • パラオの決断は正解だったと思う。
    • スペイン領だった頃はグアム北マリアナマーシャル諸島も含まれていた。
      • その後、米西戦争の結果、グアムが米領になって離脱。独立の過程で北マリアナが米領に残留、さらにパラオとマーシャルが分離独立して今の領土になった。
      • 現在は、ポンペイ(旧ポナペ、ポンペイとは別)、チューク(旧名トラック)、ヤップ、コスラエの4諸島が構成国。
        ミクロネシア連邦1984年発行記念切手・郵便業務開始・構成国の4島
  9. パラオと同じく日系大統領を輩出(現職のマニー・モリ氏。祖父が四国出身。)。
    • 初代大統領のトシオ・ナカヤマ氏も日系人。ペルーのフジモリ大統領より早い1979年選出は、世界初の日系大統領である。
  10. 戦前は日本の委任統治領下でかなり景気が良かったらしい。ちなみにトラック諸島(現在はチョーク諸島)は、連合艦隊の一大根拠地であった。
    • 普通はチュークという。
    • 今でも当時の電柱が道端に並んでいる。もちろん朽ちていて電気は通っていない。
    • 沈んだ日本の船舶や航空機をダイビングやスノーケリングで見ることができる。
  11. 今もなお石貨が流通している島がある。
  12. 支配国の変遷が激しい。スペイン領→ドイツ領→日本領→米領→独立



関連記事

スポンサーリンク