ムツゴロウ王国

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. エキノコックス症のために北海道から東京に移転したとか。
  2. おみやげコーナーに動物の肉が売ってあり、虚しい気持ちになれるそうです。
    • ムツゴロウさん推薦の『牛レバーのパテ』とかがあるしね。
  3. 浦安市には松五郎王国がある。
  4. ムツゴロウさんは大麻栽培のエキスパート。
    • かつてカンナビスカップ(アムステルダムで開かれる国際的大麻品評会)で銀賞を獲得した事があるという都市伝説がある。
      • 都市伝説ではなく事実。「ムツゴールド」「ブルーベリー」など、ムツゴロウが創り出した品種もある。
  5. 今や人間のほうがはるかに多い野性の王国。
  6. 東京都八王子市にもムツゴロウ王国発生。
    • 王国崩壊の危機。
    • 八王子ではなく、あきる野市です。
    • しかし北海道を出たせいで経営難に陥り北海道に戻ってきた。
  7. 人間の繁殖技術に定評有り。

国王の噂[編集]

  1. なつかない動物は殺す。
    • 映画『子猫物語』の撮影後、撮影現場の川の下流には大量の猫の死骸が…
  2. 日本で最初に王国を作った人。
  3. ハワイに愛人とその娘を住まわせている。
  4. 動物アレルギー。
    • アレルギーと言うのはアレルゲンが体内物質と結びつき、それが一定量(これは個人差がある)を超えると自覚症状が出る。したがって、動物アレルギーは本当はペット好きに多い。
  5. 実はプロ雀士。本職?
    • 阿佐田哲也とガチでやりあったとか。
    • 家庭用全自動麻雀卓のテレビCMにギラギラしたガウン姿で登場していた事もある。プロ並みの実力はあるらしい。
    • MFCにも登場。
  6. 実は青山在住。ムツゴロウ王国には年2回しか行かないらしい。
    • せめて毎週、あきる野の王国に顔を出していたらあんな悲劇にはならなかった。
  7. 最近はトヨタのミニバンになつかれている。
  8. タモリのモノマネは、本人推薦らしい。
  9. 小説家だったことを知る人はもはや少ない。デビュー作は1969年のSF短編『ゼロの怪物ヌルポ』。
    • 初期にはSF小説を何作か書いている。その後どんべえ物語やムツゴロウの結婚記などドキュメンタリータッチのものにシフトしていったが、当初は北杜夫にあこがれていたという記述もあり、結局何がしたかったのか良くわからない。
  10. 学研映画部勤務経験あり。
    • 写真部に居た人に名前を出して聞いてみたら何も言わずに苦笑いだけ。何があったんだろう?

関連[編集]


スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク