衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

モントリオール

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「モントリオール」を検索

ご当地の噂 - 世界北アメリカカナダケベックモントリオール

  1. カナダ第2の都市。経済の中心地の地位をトロントと争う。
  2. ケベック州をはじめとするフランス語圏の中心都市。
    • 川中島に発展した地域。つまりモントリオール島である。周りはセントローレンス川とオタワ川に囲まれている。
    • 「北米のパリ」と言われている。
  3. 「モントリオール」は英語読み。フランス読みは「モンレアル」。「モン」は「山」、「レアル」は英語のリアル、というのは嘘で、スペイン語の「レアル・マドリード」の「レアル」と同じで「王の」を意味する。旧ドイツ領(現ロシア領)東プロイセンの「ケーニヒスベルク」とは意味が同じになる。
    • わかっちゃいるんだけど、日本語で発音するときは頭の中で「モントリ・オール」と区切っている。
      • 別におかしくはない。英語でも拍の切り方はMon-tre-alになっている。(フランス語ならMont-ré-al)
    • 「レアル」というのは英語で「ロイヤル」のこと。
    • 語源となっている山の名前は Mont-Royal。島の中心にあり、一応山と名前がついているが丘と言ってもいいくらいの高さ。Mont-Royal周辺は公園になっていて、設計者はNYセントラルパークの設計もした人。
  4. 英語を母語とする住民は18%(近年移民が多いため低下)だが、フランス語系住民の57%、他の言語を母語とする住民の70%は英語を使いこなせる。英語を話す住民は比較的オンタリオ寄りの西部に固まって住むので、市内の地下鉄に乗って西から東に進むと、だんだん英語が聞こえなくなっていくのがわかる。
    • 英語を使えなきゃ首都にも人口最大の都市にも行けないしね。
      • オタワの場合1/3がフランス系なのでフランス語はかなり通じると思う、もっともその先では×××だろうけど。
  5. 2005年の世界水泳が行われたところ。
  6. スター・トレックのジェームス・タイベリアス・カーク役のウィリアム・シャトナーの故郷。
  7. 1976年のオリンピック開催地。
  8. 東京の首都高に負けず、狭くわかりにくいモントリオール高速。
  9. 寒すぎて地下都市を建設中。
    • 地下街は何でもそろっており、買い物はほとんど事足りる。しかし祝日はどこも営業していないのでほぼゴーストタウン。
  10. 冬は街を歩く人のほとんどがスキーウェアを着ている。しかし地下街に入ると冬でも長袖一枚で事足りる。
    • それに引き換え夏は半裸で街を歩いている人もいる。
  11. 某業界が騒然となった大事件が起こったことも。
    • そこまで伏せられるとわからんて。
  12. NHLチーム・カナディアンズは最多優勝を誇る名門チームで、同じく名門チームであるトロント・メイプルリーフスとの試合はリーガ・エスパニョーラでいうところのレアル・マドリードFCバルセロナに匹敵するほどの人気カード。
  13. 毎年6月頃にF1カナダグランプリが開催される。サーキットまでのアクセスはかなり良いらしい。



関連記事