ヤンマー

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
ヤン坊マー坊
  1. ♪燃える男の~、赤いトラクタ~♪」。
    • だから、どこかの農機具店の看板もまっかっか。
  2. 旧名「ヤンマーディーゼル」。
  3. Jリーグセレッソ大阪の親会社。
    • 日本リーグ時代には釜本邦茂を輩出。
      • ネルソン吉村さんや現・椅子男のことも忘れないでください。
  4. 田舎では農機具メーカーのイメージが強いが、建機や船舶も製造。
    • ヤン坊マー坊天気予報』のCMソングでも歌われている。
      • 「僕の名前は…君と僕とでヤンマーだ(この部分に幻の歌詞)小さなものから大きなものまで…」
        • 天気予報中のインストゥルメンタルは幻の歌詞の部分を含む。
        • 昔は製品が実写で出ていたしな・・・。
    • 建設現場で見かけるのはKOBECコマツ製ばかりなので、案外レアだったりする。
    • 農業機械ではクボタに及ばないが、船舶エンジンではかなりのシェアがある。日本の漁業はヤンマーが支えてると言っても過言ではない。
      • 「おらぁやっぱりヤンマーがええな!」という決め台詞も懐かしい。
      • 元々は、ヤンマーのエンジンを積んだ漁船が、海難事故にあってその事で文句をつけられたことがもとで、天気予報をやるようになったらしい。だから船舶を連想するのは正しいことなのかもしれない。
    • 天気予報の歌詞の、幻の部分はこういうもの「農家の未来はみなヤンマー、漁船のエンジンみなヤンマー、ディーゼル発電ディーゼルポンプ、建設工事もみなヤンマー」
      • 「農家の機械は~」かと...
    • 実は、ヤンマーのお膝元の地方では、ヤン坊マー坊天気予報は、見ることができない。2001年頃に提供を打ち切ったらしい。
  5. ヤマハ発動機とは仲がいいらしい。
    • かつては二輪車用ロータリーエンジンを共同開発。
      • RZ201の商品化に成功していたら、ロータリーのディーゼル化&自社商品化も考えていたらしい。
    • 現在は小型船舶の船体の共同開発を進めている。
      • 小型船舶ではスズキとも提携中。
  6. アニメ『MADLAX』の謎のフレーズでもおなじみ。
  7. 株式はいまだに非上場である。
  8. ヤン坊マー坊天気予報を放送している局の系列は、意外にもバラバラ。
    • でも、大体の局がニュースとかに内包されている。
      • キー局でも長い事日テレで放送していたが、打ち切られて半年後テレ朝でやるようになった。しかしそれも3年くらいで打ち切られた。今は関東・関西では放送していない模様。
        • 長年放送していたヤン坊マー坊天気予報だったが、2014年3月をもって半世紀以上の歴史に幕。
  9. タイマレーシア等の東南アジア諸国において絶大な知名度をもつ。
    • それらの国でヤンマーの農業用のポンプや漁船用ディーゼルエンジン等は、抜群の信頼性と耐久性で「日本製高性能機械」の代名詞。
  10. 昭和時代、ディーゼルエンジン搭載の軽トラックを発売したがパワー不足でほとんど売れなかった。
    • ポニー」ね。グロス9psじゃ仕方がないか。
  11. ヰセキとは昔からのガチライバル関係だが、現在一部の農業機械でOEM製品があったりする。
  12. 何気に防衛庁納入の製品が結構あり、軍需産業企業としてあなどれない存在。
  13. 企業向けSNSのヤマーは、てっきり系列企業かと思っていたが、実は全然違う会社だった。
    • 英語名もYanmarとYammerで酷似しているし、商標権侵害で告訴してもいいレベルだと思う。
    • やっぱり、かつてイトメンがヤンマーラーメンを売り出したときに告訴して負けたのがトラウマになってるのかも。
トークに、ヤンマーに関連する動画があります。



関連記事