ライアンエアー

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. アイルランドLCC(格安航空会社)として高名。
  2. 運賃ゼロ、ってセールをよく実施する。
    • 実際には運賃以外の手荷物手数料、空港使用料、発券手数料等がかかるので費用ゼロ、とはいかない。
    • 過去に誇大広告だと問題視されたことがあるのか、現在では少しは改善されてはいる模様。
  3. 日本におけるこの業界同様、黒い話もよく耳にする。
    • 安かろう…の話になってしまう。
    • 費用をケチる場所は、安全にかかわる箇所であっても例外ではないらしい。
  4. 空港がある場所は、とりあえず何もないところ。
    • フランクフルトの場合、その空港があるところから120km離れた所にある「フランクフルト」を名乗る空港を使っている。かつての新東京空港なんて目ではない。
    • 空港そのものも、費用を節約するためプレハブ小屋みたいな建物をターミナルとして使っていることがある。
    • 正直、空路そのものよりも空港へのアクセスにかかる費用の方が大きい。
    • イタリアは例外。
      • ベネチアからVeniceTreviso、ミラノからMilanBergamo、ローマからCiampinoでは、それぞれの都市のハブ空港マルコポーロ、マルペンサ、フィウミチーニョまでバスでの所要時間は10分程度しか差異がなく、価格もほとんど変わらない。
  5. とうとう、安さを求めて立ち乗り飛行まで検討するようになった。
    • 副操縦士を乗せず一人運航をすることまで考えたようだが、さすがに反発され取りやめに。機長の一人が新聞に寄稿し、「CEOを見習いの客室乗務員にやらせればコストが削減される」と皮肉を言われる始末。
    • その立ち乗りというのはベルトで縛ってつり革をつかまるスタイル。
    • 機内トイレの有料化とか、客室乗務員を訓練して、離着陸時に副操縦士の役目を果たせばいいとか言いたい放題。
  6. ここの社長は、実は、日本の企業の社外顧問だったりする。
    • もちろん、LCCのであるが、そこは今のところ安全面で大きな事件は起きていない。
    • そこの社長、とあるインタビューでJALもANAも、格安航空を設立しても失敗すると言っていたような。
  7. 機内持ち込み可能の手荷物のサイズは最大55 cm x 40 cm x 20 cmであるが、これを超えるリュックや他に紙袋など持ち込んでいる乗客がほとんど。
    • しかしなぜか咎められない。
      • かといって、大荷物を持ち込もうとして咎められた場合には…オプション料金当日で多課金されるか、補償なしの機乗拒否で悲惨なことに…



関連記事