ラトビア

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「ラトビア」を検索

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ東欧ラトビア

旧ソビエト社会主義共和国連邦
ラップランド ロシア

フィンランド
バルト海 バルト
三国
エストニア
ラトビア
リトアニア
ポーランド ベラルーシ
スロバキア ウクライナ
ハンガリー
ルーマニア モルドバ 沿ド クリム


カザフ
黒海 アブハズ 北オセ チェチェン ダグ
ブルガリア ジョー 南オセ ジア アゼリー トルクメン

ラトビアの噂[編集]

  1. 首都はリガ。
    • リガの旧市街は世界遺産に登録されたほど素晴らしい街並み。東欧の旧市街は一見の価値あり
      • でもリガの市街地のほとんどはドイツ人が作ってたり・・・
      • ドイツ人の観光客が山のように押し寄せている。
    • リガはセックスツーリズムが有名で「バルトのバンコク」と形容される。
  2. ソビエト社会主義共和国連邦から独立。
    • ソ連に加入する前(実質は併合だが)も独立国だった。なので2008年で建国90年ということになる。
      ラトビア2008年発行記念切手・建国90年
  3. バルト三国のひとつ。
  4. 人口減少時代に1990年代から突入。
  5. 第二次世界大戦における東部戦線の激戦地。ドイツ軍北方軍集団100万が、終戦まで包囲されていた。
  6. 2005.05.07 ブッシュ大統領が、リガで、「ヤルタ会談」での合意の意義を否定した。
    • 「バカでまぬけのブッシュ」さんとしては、想定外の演説であった。
  7. ソルジェニーツインから蛇蝎の如く嫌われている。国民総チェキストなんて言ってる。
  8. 以前、法律によりラトビア国籍を持つためにはラトビア語が必修されることになったためロシア系住民のほとんどを追い出すことに成功した。
    • おかげで国連でも問題にされかけたが、現在はアメリカの子分なのでむりやり見逃してもらった。
      • どちらかというと、相手がロシアというアメリカや西欧諸国から白い目で見られがちの国だから見逃してもらった。
    • ロシア系は追い出されてはいない。ラトビア国籍が与えられていないだけ。リガではロシア語が現在もなお最も通用する言語である。
      • 英語も若い人を中心にかなり通用。
        • 語学試験にパスしたロシア系(半分弱)はラトビア国籍が与えられている。
      • ラトビア国籍どころかロシア国籍も無いので、ラトビア語が話せない在ラトビアロシア人は無国籍状態。
    • ロシア系住民にはロシア大使館がロシアのパスポートをちゃんと発行している。
      • そのためロシアへの渡航にビザは不要(ラトビア人は必要)。
  9. 通貨はラト。かわいい。
    • 2014年からユーロになるそうです。
  10. 精密機器工業が盛ん。
  11. エストニアとは犬猿の仲。リトアニアを慕っている。
  12. ドイツの影響が強く、ラトビア料理にはドイツの影響を受けたものが比較的多い。
    • サッカー元ドイツ代表GKのオリバー・カーンの祖父はラトビア人。
    • ザワークラウトはその例の一つ。
    • ドイツ騎士団の支配を受けた土地ですから。
  13. 旧ソ連一の魚食国家と言われ、魚料理が多い。
  14. 最近はデスクトップマスコットとしてシーランドと喋っている。
  15. 実は日本と超仲が良い



関連記事

スポンサーリンク