リムーザン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「リムーザン」を検索
イギリス 北海 オランダ

フランス NPC ベルギー ルクセン
BR BN HN PI CA LO AL

西
PL CE ÎF BO FC スイス
PC LI AU RA イタリア
AQ MP LR PACA モナコ
バスク   アン   地中海
スペイン CO

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ西欧フランスリムーザン


リムーザンの噂[編集]

  1. ド田舎。
    • 手付かずの自然が残されている。なだらかな山地に深く刻まれた渓谷が特徴の地形。
    • 目立った産業もなく(金になるという意味で)フランス1、2を争う低所得のため、都市部へ人口が流出している。
    • まぁ当然だけど土地が安い。パリの100分の1とか掃いて捨てるほどある。
  2. 産業は農業がメインで特に酪農。牛や羊の飼育が盛ん。山地で土地がやせており耕作には不向き。
  3. トリュフの本場。
  4. 「リムジン」の名前の由来ってここ?
    • あってる。リムジンのフォルムが、リムーザンの羊飼いが着てた黒くて長いマントに似てたかららしいよ。

町の噂[編集]

リモージュ[編集]

  1. リムーザン地域圏の首府。人口13万人の景観の美しい街。
  2. 地名の由来はアクイタニア人のレモウィケス族から。
  3. 窯業の町。磁器のリモージュ焼が名産品。
    • 18世紀末、リムーザン地方で磁器の原料となるカオリンが発見され、グレル兄弟が窯元を開いたのが起源。
    • 窯業つながりで愛知県瀬戸市と姉妹都市。

オービュソン[編集]

  1. タペストリーで知られる、人口7000人ほどの小さな町。
    • 16世紀より町の産業として発達。タペストリーの見本市や博物館もある。
    • じゅうたんがパッと見、絵画に見えるほどの精巧さ。



関連記事