ルフトハンザドイツ航空

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ルフトハンザの噂[編集]

鶴の尾翼が優雅なJLLHのA340
  1. 機内食がまずいらしい。
  2. ドイツの日航
    • フラッグキャリアの優位性という面では日航とは格段の差があると思う。
  3. 世界一安全なエアライン
    • ニューズウィーク「危なくない航空会社ランキング」第1位
  4. ドイツのフラッグキャリアだが、機体の色は国旗の色でない。
    • ルフトハンザは創立当時から純民営だった事もあるのかも。
  5. 某社の旧塗装と同じく、ツルが描いてある。
    • 某社の鶴より痩せている。
    • しかし優雅には見える。
    • JALの方は「旧塗装」から「新塗装」となりそうです。
  6. 機材はボーイング製・エアバス製の2本立てだがエアバス製の比率が高い。
    • 欧州系の会社は総じてエアバス比率が高い。
      • エアバスの本場ドイツのフラッグシップですしおすし。
  7. 同じスターアライアンスメンバーのシンガポール航空やタイ国際航空とともにA380も発注している。
    • 日本にも就航する予定。
      • 見に行ったが、なぜか機体に北京と書いてあった。
    • ただ、ルフトハンザは747の最新型である747-8旅客型も世界で最初に発注。
      • その一方で大型双発機の保有割合が少ない、発注予定も特にない。
        • 時代には逆らえなかったのか、2013年秋にA340やB744の置き換えでB777-9X、A350-900を大量発注。
  8. 世界でパンナムに次いで2番目にボーイング747を発注した。ヨーロッパでは初。
    • 世界で最初にボーイング737初期型を発注。
  9. 東西分断時代、西ベルリンには乗り入れが認められていなかった。
    • 入ってたのは米英仏の会社で、それらはドイツ相互間の便も設定していた。
      • 一応、西ベルリンは西ドイツ領ではなく米英仏の管理地域とされていたため。
      • 統一の時に「国内便」となる西ベルリン便を各社から引き継ぎ、また東ドイツ国営航空も引き継いだ。
  10. 嘗てコンドル航空というチャーター子会社を持っていたが、現在はトーマスクック傘下となっている。
    • ルフトハンザ傘下時代、黄色い尾翼だった。
    • 台湾にも行っていた。
  11. 小腹がすいたので、「何かない?」ってドイツ人の客室乗務員に聞いたら、
    オニギリ with フィッシュはどう?」と言われた。
    • 持ってきたのは、コンビニで売られてるような、シャケのおにぎりだった。
  12. マイレージプログラム:Miles & More。国際線の最低加算マイル数が500マイルという特徴がある。
  13. スイスインターナショナルエアラインズオーストリア航空・ブリュッセル航空と、ドイツ語が使われている国の代表航空会社を片っ端から傘下に収めている。
    • ヨーロッパでは最大になった。
    • 機内食が多い。オーストリア航空はうまいらしい。
    • ベルギーもドイツ語圏扱いか。まあ確かに東部の一部ではドイツ語話者がいる。
    • 航空業界においてアンシュルスを達成した…どころか全ドイツ語圏統合に王手を掛けている。
      • しかし最後のドイツ語圏(というか極近縁)フラッグシップキャリアのKLMオランダはエールフランス傘下になってしまっているので奪う事はほぼ不可能。
  14. イタリアには「ルフトハンザ・イタリア」というグループ会社を持っている。
    • ミラノのマルペンサを拠点にヨーロッパ各地に飛ばしているが、ドイツへの就航は1便たりともない。
  15. かつては「エアポート・エクスプレス」走らせてた。空港~市街地駅結ぶ列車じゃなくて、短距離で採算性の低い国内路線を飛行機の代わりにチャーター列車でカバーするというもの。
    • 今はICEで「AIRail」サービスを実施している。実はルフトハンザのみならず、提携相手である全日本空輸のドイツ行き航空券を買うと航空券にICEが航空路線扱いでセットになってついてくることが。
  16. 2014年春の羽田再就航と前後して日独路線のルート・機材が迷走状態
    • A380終了でB744復帰、短命に終わった成田~関空~フランクフルト、そして今度はB744終了で羽田へB748就航
      • 成田はその後B744撤収でA340登板・減便と続き、とうとう完全に切り捨てるとアナウンス。成田に飛ばし続けるAF・BAと明暗を分ける結果に。
  17. ANAの盟友。
    • ANAのサイトで、「東京⇔ANAの直行便が飛んでない欧州都市」の検索をかけると、ほぼ必ずと言っていいほど、乗継空港はフランクフルトかミュンヘンで、乗継便はルフトハンザのコードシェア便になる。
      • しまいには日独間までルフトハンザになることもある。

関連項目[編集]




関連記事

スポンサーリンク