レバノン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「レバノン」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア西アジアレバノン

ルーマニア ウクライナ ロシア   カザフ  
ブルガリア   キルギス
ギリシャ   黒海 カフカス カスピ海 トルクメン ウズベク タジク
エーゲ海 トルコ クルド イラン アフガン 中国
北キプロス    シリア イラク パキスタン
キプロス     ペルシア湾
地中海






サウジアラビア  
 
 
バーレーン
エジプト カタール イ ン ド 洋

  UAE
スーダン イエメン オマーン
  1. 首都はベイルート
    • 昔は「中東のパリ」と呼ばれていた美しい都市だったが、今やその面影なし。
      レバノン1967発行記念切手シート・国際観光年・ベイルートの街並み
    • イスラエルのせい。
    • 海岸沿いの道の名前にありそう。「横浜ベイルート」とか。「東京湾ベイルート」とか。
      • 英表記は「Bayroute」ではなく、「Beirut」。
    • いやいや、実際行くと十分中東のパリだよ。
      • 高級車ばかり。物価高い。
    • 1982年のレバノン戦争でイスラエルに首都ベイルートやその他を徹底的に破壊され、難民続出、中東の金融業中心はベイルートからヨルダンの首都アンマンに移行する。
  2. シリアに狙われていた。
    • ただ、フランスがレバノンだけ分ける前はシリアと同じ地域だった。
  3. 国旗の真ん中に木の絵がある。その木の名前は「レバノン杉」
  4. フランス領だった為、現在も意外とフランスとの結びつきが強い。
    • でもなぜか通貨単位は「ポンド」。
      • 「ポンド」は英語。しかしアラビア語でもなぜか「リラ」。
        • 外国人だと必ずフランス語で話しかけられる。
  5. イスラエルに占領されていた南レバノンを力づくで奪い取った猛者。
  6. 中東の国家としてはキリスト教徒がかなり多い国。アラブ人のキリスト教徒はだいたいレバノン人。
    • 国旗に描かれているレバノン杉もキリスト教のシンボル。
    • そのためかイスラム教徒との衝突も少なくない。
    • この国のキリスト教は「マロン派」というマイナーな宗派。一方でイスラム側も「ドルーズ派」というイスラムかどうかも怪しい一派がこの国を本拠地にしている。
  7. 大昔はフェニキアとよばれ、貿易都市としてとても栄えていた。
    • ちなみにここから現在のチュニジアに移民した連中の国がカルタゴ。
  8. テロ組織が選挙に立候補。議席を獲得している。
    • どの政党も大体武装組織を持っているため、「テロ組織」と区別できない。
    • シーヤ派ヒズブッラーは92年にイスラエル軍を撃退して以来宗派を超えて人気。
  9. イスラエルと、2006年8月現在、戦争中である。
    • 「イスラエルはアラブの宿敵」という事でがんばってイスラエルと戦っているが、本当はヒズボラはシリア系の過激派であり、イスラエルが本来眼の敵にしているのもシリア。レバノンとしては本音は「いい加減よそでやってくれ」と思っている。
      • レバノンではどの組織も暴力を振るっているため穏健・過激を区別できない。
      • ヒズブッラー(ヒズボラ)は宗派を超えて人気を拡大しつつあり、大きな政治勢力を形成中。
  10. イスラエルに接しているせいか、国内各地にパレスチナ人難民キャンプがある。
  11. トルコと並んで、異常な程の美人が多い。
    • 「アラブ最上級の美女」と評されるハイファ・ワハビーが有名。ベリーダンスの美人ダンサーにもレバノン人多し。
    • ↑の彼女「刺激が強すぎる」との理由で一部の保守的イスラム層から排斥運動が起こってる。まあこれでは仕方ないかも。
      • ヒズボラ支持を公言してる。
        • 聞いた話によると、イスラエルとの戦争で家族を失ったらしい。ヒズボラ派の集会でも「イスラエルに正義の武力制裁を!」とかなり過激な発言してたりする。
    • アラビア語圏トップ人気女性歌手、ファイルーズやナンシー・アジュラムもレバノン人。
      • ナンシー、もう結婚しちゃったよう・・・・・(泣)
  12. キアヌ・リーブスもレバノン出身
    • 父親が中国系米国人とハワイアンの混血で、母親がイギリス人のレバノン生まれ。
    • 日産のCEOを務めるカルロス・ゴーンはブラジル人だが、親がレバノン人なのでレバノン系ブラジル人。
  13. アラブ諸国中で議会にいる政党が最も多い。とはいえほぼ機能してない。
  14. 大別してアラブ民族主義派とレバノン国民主義派がある。前者は親シリア、後者は反シリア。
    • 最近前者が躍進しつつある。(2009年2月現在)
    • ほとんどの政党・組織が武装組織を持っている。
  15. 多くの住民の教育レベルが異常に高い。英語とフランス語は必ず通じる。
    • 2008年に行ったけれどベイルート中心部と観光地以外では英語はほとんど通じなかったよ
  16. 内戦があったのに経済は中進国並み。
  17. 空耳でおなじみの「Hatten」を歌っている人はこの国の人。
    • 残念ながらお亡くなりになったそうです。ご冥福をお祈りします。
  18. アカデミー外国語賞にノミネートされ、日本でも公開されたイスラエル映画「戦場でワルツを(原題Waltz with Bashir)」は、レバノンでの公開を政府が禁じるも民間人は反発。
  19. フランス語では「Liban」、発音は「リボン」。
  20. 日本赤軍メンバーでアラブの英雄と言われている岡本公三がベイルートに亡命している
  21. 2016年辺りから「レバノン料理」でGoogle検索をすると候補に「墜落」とか「航空事故」が出てくるようになった



関連記事