ロアッソ熊本

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. アルエット熊本以前はなかったことになってる。
    • ただし、ロッソとしては九州リーグからの参戦であったこと、一部のサッカー雑誌(主にJ'sサッカー)やWikipediaでは創設年がちゃんと1964年(電電公社熊本のサッカー同好会として誕生した年)となっていることなど、実際にそれ以前のことに関してはなかったことには(一応)なっていない。
  2. ユニフォームの白岳はいろんな意味でジュビロの飯田産業と双璧になりうると思う。
    • ただ、お酒のメーカーなので、Jリーグからは「待った」をかけられている。
      • 胸スポンサーは、「お菓子の香梅」に決定。
      • 「武者がえし」・・・勇ましいっちゃあ勇ましい。
      • なんかここと被る。
    • 2009年から酒造メーカーのスポンサー認可。復活するのかな?
      • 復活しました。白岳のロゴが眩しいぜ!
  3. うすた京介氏(漫画家)のおかげで週刊少年ジャンプファンは大体知っている。
    • うすた先生が宣伝していたのはアルエットよ・・・。
      • うすた先生自体は、アルエットが今はロアッソになっていることを知っているのだろうか…。
  4. Jリーグ参入により「ロアッソ熊本」に変更となる。
    • さらに現在は「ヨワッソ熊本」に変更、今後は「ヨワイゾ熊本」に変更の予定もある。
      • J2に入りたてなこともあってか、クラブ全体のビジョンがまだ固まっていないからな。そんなチームさっそくそんな蔑称つけてもあまり意味をなさない気がする。w
        • ただ、同時にJリーグに参入したここより2008、2009年シーズンで順位が劣るというのは…。
          • 2010年は岐阜より順位は上。
            • 2012年は順調にJFL降格圏内につけ大躍進を遂げている、ベテランが怪我をしプロリハビリストになることと、得点を避ける能力に特に秀でている。
              • 2013年は…聞くな。
  5. Jリーグ参入と同時に「ロアッソ君」が誕生。由来となった暴れ馬同様に、カラスコ並みの暴走っぷりの活躍を期待。
    • しかし、ロアッソ君のデビュー戦でここ敗れてしまった。
    • 2013年はここのサポーターに首をもぎ取られた。
  6. アルエットからロッソ(→ロアッソ)に生まれ変わったシーズン(九州リーグ時代)、宣伝効果もあってサポーターが増えた一方、マナーの悪いサポーターも増えてた気がする・・・今はどうなっているのかは知らないが。
    • 2009年シーズン第2節の横浜FC戦、ついに違反者が出たことが明確に…
    • ロアッソのサポーター集団は「ウルトラアルデラス」「インチャーダ」が二大勢力であり、違反者は良くも悪くも過激な応援スタイルを持つ「インチャーダ」のメンバーであった。なお両者の関係は衝突することはないものの、最悪。
  7. 2008年ホーム最終節は観客が20000人を突破した。
    • 何せホーム最終節の相手がサンフレッチェ広島だった。しかも2003年まで広島に在籍していた上村健一選手(現ロアッソのアカデミーコーチ)の現役最終戦で、両サポーターから声援が送られたんだとか。
  8. マーガリン(スザンヌの妹)は熱狂的サポらしい。
  9. 2009年より、胸スポンサーがホーム時は「武者がえし」、アウェー時は「陣太鼓」となった。
  10. 2009年、祝・創設40周年。しかし、“だから何?”的雰囲気である。(他のクラブも大抵そうだが。)
    • 40周年ならここと一緒ですね。
    • 2014年はロアッソ創設10周年として、色々やるらしい。
  11. 地元では結構人気があるらしい。サポの数は九州勢では大分に次ぐ。
  12. 著名な自由契約選手に対するオファーが迅速である。
    • あまりのオファーの早さに戦力外通告の数分前に本人の電話にオファーが来て自らのクビを悟ってしまうという都市伝説ができてしまうほどである
  13. フロント・選手ともにから来た人が多い気がする。
    • 2013年オフにキタジ引退、南雄太移籍で柏色はかなり薄れた気がする。
    • むしろ最近は札幌を退団した選手の再就職先と化しつつある。
  14. 2014年、ついに、ついに、巻誠一郎がロアッソ入り!
  15. toto対象試合になると強い印象がある。




憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事