中国地方の城

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

 > 日本の城 > 中国地方

保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。


鳥取[編集]

鳥取城[編集]

現代アートチックな球形の石垣
  1. 羽柴秀吉の干殺しの舞台。
  2. 麓にも二の丸、三の丸、天球丸がある。一見、天球丸が本丸の平山城でも良さそうに見えるが、本丸は山の上の山城。
    • その向かいの山には秀吉が陣を置いた山がある。
  3. 江戸時代、天球丸あたりの石垣が崩れてしまったらしく、対策として石垣の元に丸く石垣を新たに作って抑えた。それを復元してある。
    • 丸く、本当に球形に石垣を積んでいる様は一見すると現代アートチック。
  4. 戦前には鳥取砂丘以上の観光名所だったらしい。
  5. 明治の頃、鳥取県と島根県が合併したとき、一つの県に複数城は要らんと言うことで壊されたらしい。
    • 今になって、鳥取県主導で再建事業が行われているそうな。
    • 津和野~鳥取で城一つで充分って、なんか悲しいなあ。

鹿野城[編集]

  1. 因州鹿野藩1萬石の城だったが、短期間で破却されたらしい。
    • その割に未だに堀と石垣が残ってたりする。
  2. 鳥取池田藩の支藩があった。けど誰も赴任してこなかった。
    • その割に城下町は江戸の末期まで栄えていたのが珍妙。

鬼ヶ城[編集]

  1. 因州の深い山々に抱かれた山里、若桜町の町並みを一望できる山城。
    • いまとなっては人の流れが智頭街道へ移った(国道373号・鳥取道・智頭急行)関係でどうってことはないけど、元は播州街道(播州では因幡街道)沿いの城だったので、今では想像できないほど重要な城だったと思われる。
    • 実際播州から因州へ攻め込んだ猿の戦隊はここを拠点の一つにして鳥取攻めを進めていったとか何とか。
  2. そこそこ石垣が残っている。けど杉が生い茂っている関係で、但馬竹田城みたいに観光地として売り出すことはできなさそう。
    • そこそこ味があるし、名城感は伝わってくるんだが、それでもムリなものはムリな感じがする。ただマニア受けはしそうな感じがする。
    • 実は結構遺構が残っているらしい。木々の生い茂っている関係で気づきにくいだけで。
  3. 若桜駅から、さほど離れていないけど、目立たない。

米子城[編集]

本丸で重なる石垣
  1. 石垣は残る平山城。特に本丸近辺はしっかり石垣が残っている。
  2. 正直、あんまり米子に城下街なイメージはない。
  3. 中海展望台とかいうものがあるが、木が生い茂っていてちっとも展望がきかない。素直に本丸に登ろう。

島根[編集]

松江城[編集]

松江城と松
  1. 通称千鳥城である。
  2. 堀川遊覧船が大ヒット。
    • 高齢者雇用にも一役。
    • 堀の白鳥等は羽の筋を切断手術されてます。サギは飛来。
  3. 堀周辺東側の地上げがやっと成功し、再開発完成間近。
  4. 桜のシーズンは、天守閣下の庭が無料開放。
  5. 名家令嬢と出会いたければ、大茶会の席内スタッフを探せ。
  6. 立てこもり準備の名残で、食用の木の実が多数取れる。
  7. 城内用スリッパがあるが、急勾配階段なので脱げ、ストッキングだと伝線。
  8. 松江地域の経済に貢献している。
  9. この城を囲っている堀は中堀で宍道湖や大橋川は外堀の機能を果たしている。
  10. ヴァン・ヘイレンファン御用達。
  11. 松江城で結婚式を挙げれるようになったが、利用者のほとんどが県外在住者。
  12. 25年位前まで、サルやクジャクがいた。
  13. 現在観光協会などが国宝指定を目指し運動中。
    • HPを見ると「旧国宝→重要文化財」は格下げであるという勘違いをうまく利用しているように思える。
    • 最近、国宝に登録されたようでお祝いムードが漂っている。(2016年)
  14. 駐車料金は300円、登閣料は550円。
    • 姫路城や首里城よりは安価だが・・・。
    • 丸亀城が駐車料金無料、登閣料は200円。宇和島城は駐車料金100円分がプラスされるだけ。そして現存天守ではないとはいえ、松江よりも大規模の熊本城が駐車料金200円、登閣料が500円なのを思うと。
    • その分、現存天守としては比較的大規模。
    • 確かに城内の駐車場だと300円取られてしまうが、県庁や商工会議所など公共施設の駐車場は休みの日なら無料で一般開放されている。どうせ城まで歩いて5分程度なんだし、そっちに駐めて歩けばよいかと。
  15. 城の中に洋館や神社がある。
    興雲閣
    • 神社があるのは大阪城と豊國神社などのようにそれほど珍しいものでもないだろうが、天守閣が現存していて、なおかつそれなりに歴史的価値のある洋館もある城というのは結構珍しい様に思う。
      • この洋館、興雲閣という名前があるそうで、なんでも元々は明治天皇の山陰行幸時の御宿泊のための施設として、松江市が建造したらしい。だから内装もゴージャス。
        • でも肝心の天皇陛下は、諸事情のため、山陰行幸の予定が潰れたため、ついぞ御利用になることはなかったとか。
        • その後は、松江市の迎賓館代わりに使われていたとか。
      • とはいえ、城の中に神主の居る神社があるのは、やっぱり珍しいといえば珍しい気がしなくもない。そりゃ高岡みたいに城跡がそっくりそのまま神社なんてところもあるから一概には言えないけどさ。

浜田城[編集]

  1. 建物とかは残っていない。何しろ長州征伐で敗北した後、逃げ帰った浜田藩の自らの手によって焼き払われたから。
  2. 石垣とかは残るが、当時と違う位置に置かれてしまった門とか、石垣が崩れて当時はなかったルートで登れるようになっているとか、何とも不遇な扱い。
  3. 「死んでもラッパを離しませんでした」の像がある。(日清戦争中の話しです。)

津和野城[編集]

急峻な山の上に建つ城
津和野城から見た街並み。赤瓦が目立つ。
  1. 山城。山の上にあるので登るのに一苦労、だが、リフトもあるよ。
  2. 尾根沿いに石垣が残る。
  3. 何よりも足下に広がる津和野の街並みが良い。ミニチュアみたい。
  4. 津和野は城下街の風情が良く残っていて良い。当時の武家屋敷や町人屋敷などは門くらいしか残っていないけれど。
  5. 城主は鎌倉時代から関ヶ原後まで居た吉見氏と、その後つかの間居た坂崎氏(宇喜多氏の流れ)、亀井氏(尼子の家臣の流れ)と長期間存在した城にも関わらずたった3氏だけ。でもって中国地方の人ばっかり。
    • 因みに、この亀井氏の嫡流は郵政解散でできた政党に居た両亀井のうち、静かな方の亀井さんである。まあ、静香な方の亀井さんも傍系らしいんだけど。
    • 坂崎氏ってのは一代で断絶になるのだが、その人(坂崎直盛)は宇喜多家を内戦状態にして関ヶ原の戦いで東軍が有利になるようにしてしまった人物。宇喜多家時代から、並の中小大名よりも格上だったらしい。
      • この坂崎直盛という人は大阪夏の陣の時に千姫を助けてタヌキの許しを得て許嫁になりかけたにもかかわらず、その時の火傷を千姫に嫌われたというかわいそうな武将である。
      • しかも、それでもめげずに、千姫と京都のお公家さんとの縁談をまとめて婚約まで取り付けたのに、千姫が坂崎が嫌いなばかりに、それを破談にさせるべく本多忠刻に嫁ぐと急遽決める。
      • それでは、流石に武士の名が廃ると焦った&腹立てた坂崎は怒って、千姫拉致を画策するもバレてタヌキにキレられて改易を食らった可哀想にもほどのある人物である。
  6. ♪城跡から見下ろせば 青く細い川 橋のたもとに造り酒屋のレンガ煙突… さだまさし氏の「案山子」はここが舞台。

岡山[編集]

岡山城[編集]

後楽園のおまけじゃないよ!
  1. 後楽園から見える、漆黒のお城。
    • ってかくと後楽園の付属物・借景みたいだが、こっちが本体で後楽園が付属物なんだから。
    • でも、歴史的価値で見るとどう考えても、こっちがオマケ…… 天守閣にエレベーターは……
    • その色から「烏城(うじょう)」とも称される。
  2. 元々は宇喜多さんのお城。暗殺しまくりの直家さんと、八丈島に流された後も長寿だったお坊ちゃん秀家。
    • 後楽園を造った池田家とどっちが有名なんだろか。
      • どっちが有名どころか、岡山城も後楽園もまとめて池田氏が造ったと思われてるフシがある。(と勘違いしてたのはオレだけか?)
  3. 新幹線からでもかろうじて天守閣が視認できる。
  4. 天守閣の中に食事処がある。

津山城[編集]

入り組んだ縄張りの上の方
  1. 平山城で石垣が残る。縄張りは江戸時代初期の爛熟期のもの。結構入り組んでいる。
  2. 建物は上部に櫓がある。
    • 城自体は19時頃まで入れたり、良心的だが、櫓に入れるのは16時半だか17時まで。時間差があるので建物も見たい人は要注意。
  3. 城下街も結構 残っていて良い感じ。
  4. 平成になるまでは、石垣しかなかったイメージ。
    • なんせ、エレベータがある城ですから。

鬼ノ城[編集]

古代の山城の風格(を復元)
  1. 桃太郎が攻め入ったという説がある。
    • 鉄道が走っている気配はない。
  2. 吉備王朝の拠点だったという噂だ。
    • それを天智天皇の御代に新羅対策で高句麗・百済式の築城要素を取り入れて魔改造した。
      • こういった事から重要な城であったことは容易に想像がつくが、日本書紀には出てこない。
  3. おそらく日本で最初に武者走りを取り付けた城だったと言われている。
  4. いったいいつの時代にあった城なんだろう?伝説はたくさんあっても正確なところはよくわかってないらしいが…
    • 一説では、廃城になった後、300年くらいしてから、例の魔改造をやったという話。
  5. 初め頃は温羅(うら)という人が住んでいたらしい。上記鬼退治伝説の鬼にあたる人。
    • 朝鮮半島からの渡来人かも。なお、桃太郎にあたるのは吉備津彦さん。
  6. 西門が復元されていてよく目立つ。
    • その周りの層状に締め固めた土の部分も復元されている。
      • そこそこな規模で復元されているので、総社平野からも視認できる。例えば下の備中高松城からでもわかる。
    • 南門、東門、北門は石垣部分と柱の下の方だけの復元などです。
  7. 広い。案内板でのコースタイムでは東西南北の門を一周廻ると1時間半。
    • 足腰の丈夫でない方やお急ぎの方は駐車場から歩いて行って西門とそのそばの角楼(櫓)だけでもよろしいかと。
  8. 山の山頂付近をごっそり城にしている。
    • “すり鉢をひっくり返したような”山容の傾斜の緩やかな部分をごっそり城に。そのヘリの石垣の下は急勾配。
  9. 城の範囲のあちこちに湿地やら川やらがある。壁のところには水門があり、石垣の隙間から水を逃がしている。
    • 歩いていると「第一水門」とかの看板はあるが、どこが水門なんだかわからんかった。おそらくその下の方やったんね。
  10. 周りの山を見渡しても石がむき出しになっているところが多い。石垣の石も簡単に調達できたんだろう。
    • 上記のてっぺん平らな山容といい、水の手の確保といい、石があることといい、山城を造る条件整いすぎ。

備中高松城[編集]

兵どもが夢の跡
  • 所在地:岡山市/北区
  1. のダム建設で有名。
    • いわゆるサルの水攻めでトドメをさされ、その十数年後には廃城になってしまった。
    • そしてその水攻め中に本能寺の変が起こり、サルこと秀吉の中国大返しを始める舞台となる。
    • 城の説明では城兵の命を救うため、切腹した毛利方の城主・清水宗治さんも褒め称えられている。
  2. 現在の地域区分で、ここが何市になるのかが分かりにくい。倉敷?総社?
  3. 花房職秀という武勇に長け仁義に厚き忠信の情を持つとサルに言わしめた男が、最後の城主である。
    • 宇喜多秀家の家臣だったが秀家の為を思って進言したのが仇となって殺されそうになるもサルの助命命令で、助かったために宇喜多氏が流された後に旗本として居城とすることができた。
    • しかも、この花房、自分を殺そうとした宇喜多秀家宛で八丈島へ、毎年、米を送っていた。
  4. 四国の高松城ではありません。間違えないでください。
    • ちなみに近くにはJRの備中高松駅もあります。
    • 高松城も高松駅の真ん前に有る。こんなトコまで似んでも良いのに。
  5. え、ただの公園やん。どこが城跡なん?って感じのところ。
    • 公園の範囲はそこそこ広い。浅い池が広がっていたり、なるほど湿地帯だったんだな、という感じはする。
  6. この城を水攻めにした堤防はほとんど残ってない。1kmばかり南に堤の跡があるが、2、3m程度の盛り土がちょっとあるくらい。周りの土地も土が溜まって相対的に低くなったっぽい。
    • なお盛り土の大部分は明治期に鉄道を造るために削っちゃったとさ。

備中松山城[編集]

雨にけむる山城の石垣
  1. 四国の松山城ではありません。間違えないで(ry
  2. 麓から山頂の天守まで歩くのは、まるでハイキング、ちょっとした登山である。
    • 江戸時代の城主も「あんな山の上から何かあるたびに麓の城下町まで下りたり登ったりしてられねーぜw」ってなことで、城下町に屋敷を作って住んでたんだとか。
      • 今の高校のところ。
    • 上の駐車場から半分くらいまではあんまり史跡っぽいものがなくめげる。が、最後の方の石垣等は立派。
  3. 山の上にあったためか明治以降は放置状態で荒れ果て、野生の猿の棲み家になってたらしい。
    • さすがに昭和初期に天守が修復され、その後平成になって本丸御門など大規模に復元された。
  4. 実は、石垣がどれか一個抜けると一気に崩壊するらしい。
    • なので、地すべり対策と同様の工事を何回もしているらしい。
    • 地盤の動きの計測もハイテク機器を用いて行われている。

下津井城[編集]

  1. 下津井瀬戸を見下ろす崖の上に立つ城だった。
    • 現在でも、石垣が残っているが、それ以外は何もない。
    • 多分、沿岸警備などの点でも大事だったんだろうな。向かいの櫃石島は、もう、讃岐だし、嘗ては六口島もそうだったので。
      • それに、この辺は、帰属争いをバンバンやってたみたいだし。
  2. 藤戸の辺りのお寺に、門だけ移築したらしい。
    • 今も残ってるんだとよ。

広島[編集]

広島城[編集]

  1. 毛利氏によって建てられる。毛利氏の本拠だった。
    • と、いうイメージが強いが毛利元就の孫の輝元が建てたので、元就公とはゆかりはありません。
  2. 福島正則が改易された原因。
    • 台風だかで崩れた石垣の補修を幕府に届けてなかったのを咎められたとか。一説には届けていたけど通じてなかった説も。
  3. 板張りの茶色っぽい城。
  4. 原爆で倒壊した天守閣の部材は薪などに再利用された。
  5. 日清戦争の際には大本営が置かれた。
    • 現在その名残は建物跡の基礎と石碑くらい。
  6. 石垣の一部が原爆の熱線で焦げている。
  7. 別名「鯉城」。
    • 広島では企業名などでおなじみ。
    • なにより広島東洋カープの名前の由来である。広島県民およびカープファンなら常識。

福山城[編集]

駅のそばです。
  1. 意外と徳川さんには重要視されていたようで、この城の主は松平家とか水野家のように、元を正せば家康の親戚筋(母方)に当たる家か前の老中の子供などが多い。
    • 水野さんが入った時は既に一国一城令が出ていたにもかかわらず、新規築城を許された珍しい城であった。
    • 備前以西のエリアの幕府備蓄米の統括管理も担っていたらしい。対馬で大火事があった時もここから救援米が出されたとか。
    • 勤皇派で恭順の意思を示してあったにも関わらず、幕末に新政府軍に攻めこまれたのは、毛利の徳川への恨みの捌け口にされたかららしい。
      • この時は、家老が機転を利かせて広島藩主の子供を跡目に据えて、御家だけは助けてもらったとか。
    • おかげで江戸時代には地方にしてはありえないくらい水道網が発達していたらしい。神田や赤穂と並んで三大上水と呼ばれていたとか何とか。尾張の御用水の立場はどうなる?
  2. 福山大空襲の影響で残された遺構は少ないが、残っているものはどれも歴史と風格あるものである。
    伏見櫓
    • 伏見櫓は、元々伏見城にあったものである。
      • 伏見櫓は2代将軍秀忠公からの貰い物。秀忠の下賜品の中で、一番高級な品なんじゃなかろうか?
      • 地味だけど丸亀城とか宇和島城の天守閣とかよりも贅沢な感じがする。
      • ところでこの櫓を新幹線ホーム以外から撮影しようと思ったらどこから撮るのが一番ベストなんだろうか。情報をお持ちの方はぶら下げコメよろ。
    • 筋鉄御門も伏見城からの移築である。
      筋鉄御門
      • と盛んに謳われているが、近年はそれはガセネタであると見るのが一般的な歴史学者の見解らしい。でも福山市民は、あくまで伏見城から移築されたものと信じて疑わない。どっちにしたって重要な文化財であることには変わりないのにね。
      • なんだかんだ言っても結構な風格が漂う。頑丈そうな門の雰囲気が非常によろしい。
  3. 模擬天守はエレベーターこそ無いものの近代的な内装で、単なる博物館と化している。
    • もとの天守は、台座のサイズは岡山城や広島城より小さかったものの、最上段のサイズはソイツらよりもデカかったらしい。
    • この模擬天守。東側から見ると石垣もあって風格のある感じがするが、南側から見るとどことなくちゃちい感じがするのは気のせいだろうか?
  4. 表面は結構、硬い雰囲気が出ているが、裏側は、守りがめちゃくちゃ甘そう。
    • 神辺側からなら容易に攻め入れそうな雰囲気さえ有る。
  5. おそらく日本で最も新幹線の駅に近い城。
    • ただし三原城や長岡城のような駅が城跡にあるケースを除外した場合。
      • 三原駅って、そんなことやってたの。なんちゅう文化財破壊。
      • 除外しなくても問題なし。それを言ってしまえば、福山城三の丸跡地の真上に立つのがJR福山駅であるという屁理屈も成り立つ。
  6. 映画「転校生」に、デートスポットとして出てくる。
    • あの映画、尾道が舞台なのに尾道城は出てこないんだよね……
  7. 天守閣は、確かに美しいが、それを見終わったら帰りしなには是非、湯殿の前の小庭を見ていってください。
    御湯殿(復元)
    • 近代的な博物館を見たために失われたあなたの古への想いが少し取り返せるかも。
    • まじめに書くと小奇麗な前庭と、伏見城から来た湯殿が、小奇麗で、単に私が天守閣よりも好きなだけのことなんだが。
    • 実は戦時中空襲で焼けたため今あるのは復元物。元々あったのは国宝だった。
  8. 新幹線の高架用の鉄筋コンクリートの柱が見事に石垣を突き破っている場所があったりする。
    • そもそもそれ以前に、在来線の府中行きホームが堀の跡地の真上だしなあ。本丸が残っただけでもマシと思うべきなんだろう……

鞆城[編集]

  1. 室町幕府のラストエンペラー・足利義昭公が落ち延びてきた城。
  2. 小高い岡の上にある公園という感じ。資料館もあるよ。
  3. 石垣とかは残ってなかったはず。石垣に使われてた石は転がっているけど。

三原城[編集]

  1. 村上水軍と親戚だった小早川隆景が造っただけのことはあり、水を意識した造りである。
    • 満潮になると城が浮く。
    • 干潮でもある程度のサイズの船なら入って来られる様になっている。
      • これは、川の水を引き入れて繋いだりしていたからなせる技である。
        • ところが、後にこれが仇となる。(後述)
    • 隆景は、秀吉の命で筑前を所領にした後も、この城を気に入っていたらしい。家督を秀秋に譲った後は、ここへ隠居して再び造成に精を出した。
    • その後、福島、浅野と広島藩の物になるが、必ずといっていいほど、重鎮が常駐していた。
      • この時代には三原支藩3万石が置かれたが、3万石には不釣り合いな城と言われまくったらしい。
      • しかも、なぜか、外様の城にもかかわらず一国一城令の影響を受けていないという謎がある。
  2. 明治維新後は、中国地方の拠点として帝国海軍が常駐して糸崎とともに軍都化しようとしたが、前述した沼田川のせいで御破算になる。
    • 川の堆積作用で、軍艦が使い物にならなくなると踏んだかららしい。
    • 結局最後は、城の石垣の石を一個単位で売るなどの究極の競売にかかり、隆景以下、数多くの武将に愛された、三原城はその生涯を終えた。
      • 膳所城みたいなコトしてたんだな。
  3. 新幹線が天守台を貫いていることで有名だが、新幹線ができる前ですら、雑草に覆われたまま放置されていた状態だったらしい。

吉田郡山城[編集]

  1. 毛利元就の城として有名。
    • 町全体で毛利押し。
    • こんな田舎の山城から中国地方の覇者になった元就はやっぱり凄いわ・・・。
  2. 広島バスセンターか横川駅から吉田営業所行きのバスで行くのが一番ラク。1時間半かかるけど。
  3. 山城なためけっこう登る。
    • 通は下の方はそれなりに整備されているが、本丸付近は手をつかないと昇り降りできない場所が幾つかある。

山口[編集]

岩国城[編集]

偽天守閣
  1. 観光パンフなんかで、錦帯橋のバックに写っているお城がこれ。
    • 写真では橋の後ろにそれなりに大きく写っているが、実際に見ると意外と遠くて小さい。あの手の写真は結構引いて取っているはず。
    • 天守閣復元の際には麓からの見栄えを重視して本来の位置から若干ずらした。
      • そのため現在の天守閣のそばにもう一つ天守台がある。
    • 昭和期の再建らしく、岩落としは付いてるものの銃眼が小窓のよう。まあ、7年しか存在しなかった城の銃眼がどうだったかなんて分からないだろうけど。
  2. 山城。山の上に天守閣。ロープウェイで登れます。
  3. ここに入った吉川家が支藩(半独立状態)になれたのは明治維新よりも後に明治天皇の御声がかかってからのことである。
  4. 案内板が極めて不案内。実を言うと錦帯橋の近くの吉香公園から城の直ぐ側まで直登するルートもあるのに、何故か案内板ではそのルートの存在が抹消されている。恐らくその目的はロープウェーへの誘導。
    • 紅葉谷経由という無駄に遠回りで時間のかかる林道コースのみは流石に舗装路だからというのもあるのだろうか? きちんと案内が出ていたりする。
      • 朝は地元の方のウォーキングコースである。
    • 因みに直登するルートを下ってみたところ、そこそこ急斜面ではあるものの城から吉香公園まで12分で下りられた。ある程度歩き慣れた人は是非このルートでどーぞ。
    • いやいや、案内板に載せないのは妥当。あまりにも山道過ぎて全く万人向けでは無い上に、夏場には蜂も出るらしいし。
  5. 錦帯橋からロープウェイまでは観光地が集まっている。
    • 岩国徴古館は無料。2016年からは、事実上最後の岩国領主・吉川経幹を中心に、幕末の岩国情勢を若本規夫氏がいつもの巻き舌で解説してくれる映像が流れている。
    • 土産物屋だけじゃなくて、一応 昔の武家屋敷のあとや神社などがある。
  6. 麓の吉香公園に石垣っぽい感じの台があったりするが、歴史的なものではなく、オブジェだったりするので注意(景観に配慮してああいうものになったと思われる)。
  7. 天守閣は下層よりも上層の方が大きく張り出している部分のある南蛮造り。2ヶ所くびれているのだけれど、左上の写真を見ればわかるかな?
  8. 上記にもあるが、関ヶ原後に建てられたが天守閣は完成後7年だけで廃城。なのに日本百名城に登録されている。高岡城も同様だが。

萩城[編集]

城下町の方が有名かも
  1. 平山城。麓にも山頂にも石垣が残る。
    • 山頂は2、30分くらい登るので、あんまり人が来ないかも。
  2. 山の上の本丸には石垣に使うために割ろうとしたくさび跡のある石が残っている。
  3. 入場料を取られるが、出入り口が2つあり、通り抜けが出来るように自転車はそのまま入って良い。
    • 入場料を取られずに済む裏口があるような気がするのだが…
  4. 城下街も街並みや武家屋敷、商人の屋敷が残されていって良い。
    • 曰く、江戸時代の地図がだいたいそのまま使えるほど残されているのだとか。
      • 江戸時代の地図を使って町歩きをするイベントも行われている。
    • 変わったところといえば、市内へ入ってくる国道と県道くらいなもんらしい。
    • 城下町には夏みかんの木がたくさん植わっている。最近(かな?)山口県土産に使われるようになっている夏みかんは元々この城下町で武家が植えていたのが発祥とか。

且山城[編集]

  1. 一つは、大内義長の最期の地と言って良い山城。
    • 結構な山の中に石垣がぽつりとあるだけ。
  2. もう一つは、その近所にある幕末の城。
    • 通称勝山御殿。御殿にしては、立派すぎる規模。

高嶺城[編集]

  1. 所在地:山口市
  2. 山口県庁の裏山にある。
    • 場所を考えると、跡地に城郭風スーパー銭湯でも建てりゃ、湯田温泉のいいお湯を堪能しながら戦国浪漫とやらに浸れそうだ。
  3. 大内義長の築城。
  4. 完成前に攻められたので、本来の実力を発揮せず陥落。
    • 立地条件としては絶妙なのが惜しまれる。
    • でも、大内輝弘の乱の時は、大内輝弘を撃退している。



関連記事