中国地方の寺院

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

参拝スポット > 日本の寺院 > 中国地方

独立項目[編集]

鳥取[編集]

三徳山三佛寺[編集]

  1. あの岩穴にどうやって御堂を投げ入れたのか。
    • その名もずばり投入堂。
      • かつては一般人でも中に入れたが、危険のため現在では立ち入りが禁止されている。
        • 2007年、60年ぶりに一般公募で選ばれた人が投入堂に入った。

長谷寺[編集]

  1. やたらと絵馬が奉納されている。

大山寺[編集]

  1. 天台宗の古刹。

島根[編集]

月照寺[編集]

  1. 松江藩主の内、初代から九代目までの菩提寺。
  2. 山陰一のあじさい寺との呼び声が高いらしい。

岩屋寺[編集]

  • 松江市
  1. 小奇麗な滝があるらしい。
  2. 弘法大師創建の御寺だが、どういう風の吹き回しか行基が彫った薬師三尊像がある。

清水寺[編集]

  1. 山陰では珍しい、というか唯一の三重塔がある。200円払ったら登れる。
    • 雪景色の時が美しいと聞くが、その分行くのは大変ですな。車歯科にような地域故に尚の事。
  2. 境内無料が嬉しい。
    • ただ、オプションで結構チマチマ高い金を取っていくのが腹立たしい。
  3. 厄祓いの寺としても有名。受けたことないから効果は知らんけど。

一畑寺[編集]

  1. 通称一畑薬師
  2. 階段が1200段ちょい。高さにして200m。結構しんどい。
    • それが嫌なら車でそうぞ。健康に良いので歩くも良し、自分の体に気を遣って車で上るも良し。
  3. 無駄に仏像を8400体も飾っている……
  4. 一畑電車の社名の由来にもなった寺。
    • というか、同社の親会社である一畑電鉄の株主である。だからこそ社名に「一畑」が入ってるのだろう。

岡山[編集]

岡山市内の寺[編集]

西大寺[編集]

東区西大寺

  1. 裸祭りで死人を出す。
    • という伝統芸能で有名。
  2. 犀の角を戴いて祀ったので犀戴寺。
    • であったのを、誰かが書き間違えた結果西大寺に変わった。

最上稲荷[編集]

北区高松

  1. 「最上稲荷神社」ではない。
    • れっきとした日蓮宗のお寺であるという事実。でも明治以降も神仏習合をやってもいいと許可が出ていたらしい。
      • 意外に、日蓮宗も神道は肯定してんだな……
      • 愛知県の豊川稲荷も神社ではなく寺である。
    • 「もがみいなり」ではない。
  2. 備中高松の駅の東に、大鳥居があるがそっからでも3km以上あるという事実。
    • 因みに大鳥居の下は踏切なども絡んでよく渋滞する。

龍泉寺[編集]

  1. 最上稲荷を日蓮宗にした張本人という話。
    • もともと天台系だったのに、旗本花房某の圧力で一足先に日蓮宗化した。
    • 最上稲荷を信仰するグループ、最上教の総本山らしい。
  2. 紅葉の時が美しい。

国清寺[編集]

  1. 姫路から岡山入りした池田家が連れてきた臨済宗の寺。
    • そんなわけで結構ええところに寺を持ってる。
  2. わざわざ妙心寺より偉いさんを招いて開いたらしい。そうでもせんと天台、真言、日蓮の3宗派以外が圧倒的に弱かった岡山では意味なかったそうな。

浄土寺[編集]

  1. 孝謙天皇が勅願を出して創建に至ると伝わっているが……
    • 弓削道鏡が裏で糸引いてるのは問題無いとして、和気清麻呂公の縁の地でよくまあそんな大逸れたことを……
  2. 東大寺の中興の祖である重源上人が温泉を開き湯治場を造り、医術を地元民に施していたと伝わっている。
    • 現在、この寺は眼病に霊験あらたかと言われている。
    • 備前大湯屋址というのが裏手の杉林にあるが、それは湯治場の名残。

清泰院[編集]

  1. 岡山市内にある鳥取藩の飛地。
    • 鳥取藩主の菩提寺だったそうだが、財務も警務も一切を鳥取藩が担っていた。
  2. 昔は市街地の結構良い所にあったが、国道2号の工事の関係で市街地の外へ移転している。
    • 税金が払えないほど困窮していたから、という見方もあるらしい。

盛隆寺[編集]

  1. 家族思いの庭瀬領主が建てた妹尾の日蓮宗寺院。
    • 建立の際、元々地元民は真言宗の信者だったのに強制的に改修させられたらしい。家族思いではあっても領民思いではなかったということに相違あるまい。
  2. 日鳳上人が開祖。この辺りは、さすが大旗本だけのことはあると実感。

倉敷市内の寺[編集]

蓮台寺[編集]

  1. 三大権現の一つらしい。
  2. 戦後暫くは、由加神社と一体で運営していた神仏習合の珍しい寺だったが……
    • 由加神社が独立していったのと同時に、正面切って非難合戦をしだす始末。参道では左右から宣伝合戦をやりあう始末。
      • 御寺へ行って味わうこのギスギス感…… 何なんでしょうね。

玉島円通寺[編集]

  1. 玉島の古刹。
  2. 良寛さんが修行した。
  3. 屋根の反り具合がいい感じ。

安養寺[編集]

  1. 倉敷の北の方にある寺で倉敷七福神の一つ。毘沙門天を祀っている。
  2. 徐福所縁の地らしく、それ故朝原千坊と呼ばれる仏教シティーがあったらしいが、合戦で大半が燃やされ、唯一残った運の良いお寺。
    • 火事除けとかの方が霊験ありそうですけどね、不老不死なんぞよりも。
  3. 美しい花々が咲く寺としても有名。

五流尊瀧院[編集]

  • 浅原
  1. 役行者がなんとなくでやって来て御神体を置いたのがスタート。
  2. なぜか、大久保利通が紀尾井坂で殺された時に乗っていた馬車を所蔵している。
  3. 三重塔がある。
    • そればっかりに目が行きかねんが、実は後鳥羽上皇の御骨入の石造宝塔という国の重文があるのは秘密。
  4. どうでもいいけど、この寺のある林地区。倉敷市内でも有数の治安の悪いエリアだったりする。

その他の寺[編集]

備中国分寺[編集]

吉備路唯一の五重塔
  1. 観光ガイドでは備中国分寺跡となっているが、今でもお寺としてやっている。
    • 実は、一度寂れた廃寺を江戸期に再興したため、こうなったとか。
  2. 吉備地方唯一の五重塔で有名。のどかな田園風景の中に建っているその姿は、日本の里山の原風景と言った趣あり。
    • 夕日をバックにした五重塔の写真などは人気がある。
      • 梅やコスモスの時期も見もの。
    • 昔は、中に入って、塔を登ることもできたらしい。
  3. ちょっと、東へ行くと備中国分尼寺跡がある。こっちは、ほんとに跡地。礎石が残っているだけ。
  4. 拝観料は取っていない。そして、賽銭箱も置いていない……
    • 唯一受けているのは、文化財保護目的の寄附金入れ。御賽銭だと思って入れてあげてください。
  5. 寺の中に観光案内所兼売店兼お休み処があったりする。普通、外に置くもんなんじゃ……

宝福寺[編集]

宝福寺三重塔
  1. 雪舟が最初に修行した御寺らしい。
    • 然し乍ら、度重なる戦乱のため、雪舟の頃からのもので今も残っているのは、三重塔だけだったりする。
  2. 嘗ては勅願寺の天台宗の寺だったが、寂れた挙句禅宗に持ってかれた。確か臨済宗。
  3. 入山料、拝観料など一切取っていない。
    • それどころか、御賽銭も受け取ってらっしゃらないらしく、御本堂を見ても賽銭箱がなかった。
  4. 橋龍の墓がある。

嫁いらず観音院[編集]

  1. 言わずと知れた縁壊しの仏様。
  2. 名前だけ聞いたら女性団体が怒ってきそうな寺院。
    • 本当は、嫁さんを苦労させるなということなんだそうだが……
      • いわゆるピンコロ、ピンピンコロリで死んで、介護やなんやで嫁さんの世話にならんで済むように、って話ですな。
  3. でっかい石像がある。なに像やったかな……

八塔寺[編集]

  1. 寺内で宗教戦争をやった後、真言と天台に分裂。
    • 天台系は八塔寺の名を維持し、真言系は自分たちが制圧していた寺内の坊を新しい寺にすることで独立し、独立。
  2. 備前、作州、播州の境にあったので色々と面倒も多かったと聞く。
  3. 山の上ののどかな山里と想像してください。
    • その風景の良さから過去に何度かドラマロケ地になっている。

餘慶寺[編集]

  1. 海に近いけど山寺。ちなみに古刹。
    • 平安時代の仏像なんかを結構所蔵してらっしゃるようで……
    • 古いから仕方ないと言われたらそれまでだが、名前を何度も変えている。
  2. 源平合戦で燃え、応仁の乱でも被災している。絶対、厄払いしたほうがええ。
    • その割に栄えまくって伽藍の数だけで言えば、県内トップ。

長福寺[編集]

  1. 現存する物では岡山県最古の木造建築物である三重塔が目玉。
    • 歴史的価値は十分にあるんで重文指定。
  2. 公共交通だと岡山から湯郷温泉方面行のバスで何時間もかけて行かねばならない。不便。
  3. 鑑真和尚が開基らしい。その後栄えまくって坊の数が65に達したらしいが……
    • 大きくなりすぎると内部抗争がぼっ発するのは御仏に仕える身でも変わらんのだなと……

誕生寺[編集]

  1. 法然聖人誕生の地。
  2. 開基はあの熊谷次郎直実。
  3. 銀杏の樹が名物。とにかく横へ横へと伸びている。
    • 裏返すと、秋は……臭い……

普門寺[編集]

  1. 花の山寺として知られる。
    • 紫陽花、石楠花、夕菅など様々な花が季節ごとに咲くが、一番は紅葉だったりする。花やないし……

山口[編集]

瑠璃光寺[編集]

国宝です
  1. 五重塔が素晴らしい。小京都のイメージに合う。
    • 日本三名塔の一つ。もち国宝。
    • 基本的に和様でまとめ、五重塔では珍しい檜皮葺、上階ほど極端に細く短くなる構成で、非常に優美に見える。
    • 間近で地上階を見ると天井が高く意外と質実剛健な作りで、やっぱり室町時代の建物なんだなとわかる。
  2. 拝観無料の有難いお寺。
    • かつて有料化を検討したらしいが、裏口があまりに多いため料金所を置くコストのほうがでかくなると試算が出て、やめたとか。
    • 資料館は300円で有料。古代から現代までの日本中に残る五重塔を、派手な模型で丁寧に解説してくれる。ただ、瑠璃光寺伝来の文物展示は殆ど無いか、あっても複製。

常栄寺[編集]

庭園
  • 山口市
  1. 雪舟寺と言ったほうが通りがいい。
  2. 雪舟が整備したと伝わる庭園が今でも残っている。

周防国分寺[編集]

  1. 奈良時代の官立寺院。創建当初の伽藍が今も残っている。
  2. ほとんど全域拝観無料が嬉しい。有料なのは金堂内のみ。
    • 金堂内には平安初期の仏像がゴロゴロと…… 見といて損はない。

阿弥陀寺[編集]

  • 防府市
  1. 東大寺防府支店と言える存在。
  2. ここの名物はなんといってもあじさい。毎年6月だけ拝観料を取りやがる。
    • 「一体どんだけあんだよ。」と言いたくなるほど数多くのあじさいが咲き乱れる。多すぎて、何処を向いてもほぼ100%視界の何処かにあじさいが居る感じ。

般若寺[編集]

  1. 用明天皇の恋人の菩提寺。
    • 恋人と言いつつ、飛鳥から300km以上離れた所に菩提寺を置いているのが怪しい(ゲス顔)。

東行庵[編集]

  1. 高杉晋作の愛人が尼僧となって始めた庵。
    • 東行の由来は、西行に対抗してこう名乗った晋作より。
    • 高杉晋作の墓があるのはここ。
  2. 庭が結構いい感じ。
  3. 近所(菊川・埴生)の小学生の定番遠足スポット。どちらからも峠を越えないといけない。

功山寺[編集]

  • 下関市
  1. 高杉晋作決起の地
    • 長州藩内で起きた最後の戦争の始まり。にしても、佐幕派が制圧されるや晋作殿、晋作殿と言って持ち上げた藩主って……
  2. 秋の山門、春の法堂
    • この2つは本当に絵になる。ちなみに、秋は紅葉、春は桜ね。

覚苑寺[編集]

  • 下関市
  1. 狩野派の狩野芳崖の像がある。
    • 狩野家の菩提寺らしいよ。
      • ネットのおかげで像のことも多少は知られるようになったが、かつては殆ど知られていなかったらしい。
    • 乃木将軍の像もある。
  2. 和同開珎を鋳造していた国内に六ヶ所しかない鋳銭所の1つ、長門鋳銭所が在った場所でもある。
    • それに因んだ焼窯、和銅窯がある。

東光寺[編集]

  1. 萩の黄檗宗のお寺。毛利家の菩提寺だったりする。
  2. 春夏秋冬、時期を合わせば、それなりに楽しめる。
    • ちなみに、一番はやはり紅葉の時期らしい。
  3. 寺籍だけで見たら下関からの移転だったりする。でもその下関の寺は廃寺だった……
    • 宛ら、現代の宗教法人格売買に似ている。



関連記事