中谷将大ファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

プロ野球選手ファン > セ・リーグ > 阪神タイガース > 中谷将大

中谷ファンの噂[編集]

スタイルええなぁ
  1. プロ入り当初捕手だったことを忘れられがち。
    • 同じく捕手だった中谷仁と混同されがち。
  2. 掛布二軍監督に「小新庄」と呼ばれただけある走攻守三拍子揃えての活躍に、文字通り新庄2世として期待している。
    • その新庄や西岡と同様、リストバンドの赤色にこだわる。
    • 打つだけじゃないというのは凄く使い易い。当初は原口との競争で一塁に就く事が多かったけれど、やはり身体能力を活かせるのは外野だと思う。
      • サードの練習もしていただけあって、一塁も割と上手い。3-6-3の併殺処理とか見ていて気持ちが良い。
  3. 梅野と同じ高校の先輩後輩であることを知っている。
  4. ようやく現れた生え抜きの和製大砲かとウキウキ。
    • 同じぐらいか、それ以上打ってる選手は他球団にもいるけれど、それらの選手と比べても飛距離に文句がない。広い甲子園でも問題無く左中間に叩き込むし、横浜スタジアムではレフト場外に打球を消して見せた。
    • 打球の質も変わってきた、2017シーズン当初まではHRも含めてライナー的な打球が多かったものの、途中から高く舞い上がる、いかにもHRバッターというような弾道が増えた。特に神宮で打った16号はカメラが追い損ない掛けるぐらい高く上がって、アーティストのそれと言っても過言ではなかった。
  5. ケツに惚れた。
    • ブレイクした2017年の初頭、不調か故障だった高山の代わりに1番レフトに入った中谷を東京ドームのレフトスタンドから間近に見てて、パドックじゃなないけど、スタイルの良さとケツを見てこの選手は絶対来ると思った。
      • 正直ここまで来るとは思わなかった。自分が目を付けた選手が活躍するのは嬉しい反面、どこか手を離れた感というか寂しさもある今日この頃。
  6. アホの子扱いからの急成長が嬉しい。
    • 活躍し始めた当初はHRを打ってもミスをしても笑ってる事が多かった。ただ監督の発言で引き締められたのか、一部ファンからヘラヘラするなと言われた為か、ヒーローインタビューですら真面目にしている事が多くなった。
      • 日々監督の小言というか課題に直面して、打席の中で迷ってるなと思う事も多い。もしかしたら2017年はブレイクしたと同時に人生で1番頭を使ってるシーズンなのかもしれない。
    • 自分も結構長い間野球を見てるけど、こうやって最初少ないチャンスで結果を出して、徐々に使われ出して、ポジション争いをして、段々スタメンで使われるようになって、というプロセスや、今正にプレーヤーとして大きく成長している姿を見るのは案外初めてかもしれない。阪神というのもあるんだろうけど。
  7. 勝負は2018シーズンだと思っている。
    • 高山も北條も原口も嵌ってしまった2年目のジンクス。研究やマークもされるだろうし、本当の勝負は来年(2018年)だと思っている。
    • その前にシーズンオフにメディアへの過剰な露出や、数多あるであろう誘惑に負けないか心配。あと恒例のジンクスがあるのでJoshinのCMには呼ばないでくれと思っている。
  8. うっちーのファンと同様、ホームラン後の「アゴタッチ」を楽しみにする。
    • 特にアゴキャラには見えないけど、平野恵コーチリスペクトなのだろうかと。
  9. いつまでアイヤやねんと思っている。
    • アイヤというのは、新入団の選手や、まだ目立った活躍を見せていない選手に一律で使われる、野手用の汎用テーマ。「かっとばせー○○\アイヤ!/」と合いの手を入れる事からファンの間でアイヤと呼ばれている。
    • 近年は生え抜きスターの渇望感もあってか、シーズン途中でも割とすぐに個人の応援歌が作られていたものの、余りに続かない選手が多く応援団も慎重になっているのか、HR15本以上打ってブレイクを果たした現在でも中谷にはアイヤが用いられている。
    • どうやら今シーズンはもう作られなさそう。作られないからには2018シーズン、よっぽど凝った応援歌を作ってくれるんだろうと、期待している(プレッシャー)。
  10. マー君こと田中将大と1文字違いなので密かに「阪神のマー君」と呼んでいる。
  11. サプライズ指名から予想外に活躍した、ルーキーの大山と併せて『虎のON砲』や!と、右の大砲コンビに胸を躍らせている。
    • まさかこんなに早く、阪神で生え抜きの大砲がモノになり掛けるなんて、誰が予想したかと。それも2人も。采配はともかくこれは金本効果を実感せざるを得ない。



関連記事