九州のサービスエリア・パーキングエリア

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本のサービスエリア・パーキングエリア > 九州

Signal off on.gif 広 域 情 報 Signal on off.gif
各都道府県内の新規追加は
路線別かつ起点から順にお願いします。

福岡[編集]

めかりPA[編集]

  1. 上り線(本州方面)限定のパーキングエリア。壇之浦PAと対の関係。
  2. 下関の市街地とゆめタワーを見渡せる。
    • 連休中は、これと関門橋だけを目的にPAを訪れる観光客が殺到し、渋滞を引き起こす。さっさと本州に抜けたい人にとってはいい迷惑である。
    • 壇ノ浦PAも見える。
  3. 漢字表記にすると難読。MicrosoftのIMEでは変換候補に出てこない。

吉志PA[編集]

  1. ふくあんぱん。
    • パン生地にふぐの粉末が入っている。
    • 表面にふぐのイラストが印されていてかわいい。
    • 季節限定の味もあり、なかなか味のバリエーションが豊富。
  2. ふくあんぱんに加えバナナアイス、吉志ラーメン等ここ限定のお土産が多い気がする。

直方PA[編集]

  1. 門司方面のみのPA。
    • 上下線で名前は違えど、鞍手PAと施設はほとんど同じ。
      • そもそもそんなに離れていない。
  2. コンビニのみだが意外と混んでいる。

古賀SA[編集]

  1. 上りは九州最後のSAだからか、九州のお土産が集結している。
    • 試食が豊富。試食だけでお腹いっぱいになれる。
  2. 連休だとだいたい満車。
  3. 上り線は外にエスカレーターがある。
    • ものすごい段差があるわけでもなく、設置された理由は謎。しかも真横に普通の階段がある。
    • エスカレーターをのぼると「ようこそ古賀SAへ」のメッセージに迎えられる。
      • 日本語に加え英語、中国語、さらにはハングルと数ヵ国語表記。

須恵PA[編集]

  1. 本州方面からは手前に福岡ICが、鳥栖方面からは手前に太宰府ICがあるという、福岡市内に向かう県外ドライバーにはあまり使ってもらえないPA。
  2. スマートインターチェンジが併設されてるが、上り線と比べると下り線の出入口はやっつけ仕事感が…
  3. 駐車場が狭い。

広川SA[編集]

  1. 九州で初めてインターチェンジが併設(増設)された休憩施設。フルインターとしては現在も唯一。
  2. 上り線で、とても濃い八女茶のソフトクリームが食べられる。
    • お茶のせんべいがソフトクリームにささっている。
  3. 渋滞情報でよく聞くSAの一つ。

今川PA[編集]

  1. トイレと自販機にスマートインターとバス停があるだけのパーキングエリア。あくまでも、今のところ。
  2. 将来的には売店とガソリンスタンドも設置するらしい。
    • ガソリンスタンドが置かれたら、九州のパーキングエリアでは初設置になる。そう遠くない王司PAにもあるんだけどね。
    • セブンイレブンが置かれることになった。セブンの入居はNEXCO西日本全体でもかなり珍しい(他には山陽道淡河PA上り線と姫路バイパス別所PAくらい)
    • ようやくガソリンスタンドが開設されたけど、8:00~20:00と営業時間が短く利便性が非常に悪い。しかも、別府湾SA~古賀SA・美東SA(王司PAは深夜営業していない。)は距離があるし、せっかくのセルフ式だから24時間にしても良いと思う。
  3. 仮称の「行橋」のほうがピンときそうだけど、「今川」にしたのはスマートインターとの兼ね合いだろうか。
  4. 利用者が増えている事から駐車台数を増やすことが出来ないだろうか?

上毛PA[編集]

  1. ここも今川PAと同じくトイレ・自販機にスマートICがあるだけのパーキングエリア。
  2. 上毛スマートインターは中津市街地からの最寄の出入り口だったりする(中津ICはそこそこ離れている)

山田SA[編集]

  1. 大分道のSAの中でここだけ福岡県内にある。
  2. 下り線のSAは、3つしかないPAVARIEの一つ。
    • 「エコエリア 山田」という名称。ソーラーパネルが置いてあるところがエコっぽい。
      • 空調設備やトイレもエコ仕様らしい。
  3. 近くの果樹園のアップルパイが名物。
  4. 下り線ばかり注目されるが、上り線のSAの内装もそこそここだわっている。
    • でもやっぱ、下り線の陰に隠れてしまう。
  5. リニューアルされたとはいえ夜間(22:00~7:00)は全ての施設が閉まってしまう。
    • 但しスタンプは外出ししてあるので、夜間でも押せる(下り線のみ確認)。

佐賀[編集]

基山PA[編集]

  1. 佐賀県内の地名を冠しているので、佐賀の項目に加えてみました。
    • 上下線で所在する市町村が違う所はそこそこあるが、県が違うのはココぐらい。
  2. 高速バス利用者(特にSUNQパスユーザー)にとっては「高速基山」としておなじみ。
    • なので徒歩で上下線の行き来が可能。しかし、一度敷地外に出される上に、屋根が無い。これで乗り換えさせろというのか。
  3. サービスエリアを含めても九州で最大規模ではなかろうか。
    • しかしコンビニ以外は24時間営業ではなく、ガソリンスタンドもないところがパーキングエリアらしさか。
    • 古賀、広川あたりには劣るが、それらに次ぐ三番手かも。
      • 駐車台数やトイレの数は古賀、広川を上回っている。
  4. コーヒーショップがあるが、上下線でブランドが別。上り線がスターバックス、下り線がドトールコーヒー。
    • コンビニとハンバーガーチェーンはどちらも同一ブランド(ローソンとロッテリア)
      • 下りのコンビニに関してはセブンイレブンに転換される模様。
  5. 西日本のPAの中では、昔からSA・PAスタンプがある数少ないPAの一つ。
    • 前まで基山・壇ノ浦・めかりの三ヶ所しかなかった。
    • 現在は有人のところには大抵設置してある。

金立SA[編集]

  1. 下り線にスタバがあることを除けば、普通のサービスエリア。
    • 基山PAのように上り線にタリーズやドトールがあるわけでもない。
  2. 学校が近くにあるらしく、ここから「わかくす号」(佐賀~福岡間のバス)に乗車する生徒を見かけることがある。
  3. 金立メロンパンが有名。
    • 金立メロンパンと言いながら、広川SAなどでも売られている。
  4. 上り線は昭和自動車が運営している。
  5. さすが佐賀市内にあるだけに上下ともスナックコーナーに「シシリアン丼」があるほか、上り線のレストランでは「シシリアンライス」が食べられる。
  6. 土産店の商品が「長崎カステラ」「九十九島せんぺい」など長崎県の物の比率が高い。
    • やはり佐賀だけでは無理があるのか…

多久西PA[編集]

  1. ありたどりを推しているPA。
    • 蜂の家のカレーも推しているよう。サイトでは「カレーと鶏が絶品エリア」と紹介されていた。蜂の家のカレーって長崎の名物だよな…
    • これ二つと嬉野茶、あとはたろめんでこのPAは大体語れる気がする。
  2. 多久聖廟の最寄りPA。多久聖廟まんじゅうは高速道路上だとここ限定販売。
  3. 下り線には和風庭園がある。

川登SA[編集]

  1. 博多かりんとうのキャラ、はーとぅーのグッズがある。なぜ佐賀で博多かりんとうなのかはわからない。
  2. うれしの紅茶ロールが名物。
    • ショッピングコーナーの品ぞろえも嬉野メインな気が。
  3. 焼きも乃公園、という公園がある。
  4. 佐賀県内ではあるが、佐世保バーガーを販売している。
    • いちおう、佐世保市から最も近い休憩施設ではある。

長崎[編集]

大村湾PA[編集]

  1. ハロースクエア時代の高速道路地図に「夕日の綺麗なパーキングエリア」と書かれていた。
    • というわけで、恋人の聖地である。
      • 石畳の中にこっそりとハート形の石が埋め込まれていたりする。
  2. 完全に景観重視の造り。
    • 海がきれいに見える。
  3. 上り線のPAから出るときに逆走しそうになる。
  4. 長崎県内のPAで唯一長崎ちゃんぽんが食べられるところ。
    • 一応お隣の川登SA(佐賀県)でも食べることができる。

木場PA[編集]

  1. 長崎道下り線最後のパーキングエリア。
    • PAのちょっと前に丁寧に注意書きがある。
  2. 2008年末にファミリーマートが開業し、少しおしゃれになった。
    • コンビニ開設前は、ロッテのガムの自販機とかがあった。
    • 夏のスナックコーナーは、冷えたそうめんがあった。

今村PA[編集]

  • 長崎自動車道 大村市
  1. 木場PAとはトンネルを挟んで少々離れている。
  2. 木場PA同様、ファミリーマートがある。
    • 高速道路上のコンビニということもあり、お土産コーナーも設けられている。
      • 有名な長崎土産なら一通り揃っているので、大人数へのお土産ならここで買っていってもいいかも。

熊本[編集]

玉名PA[編集]

  1. 玉名市ではないのに何故玉名なんだ!と言われそうだが、玉名郡にはあるから間違ってはいない。
  2. 近くの道の駅と共同開発したメロンサワータルトケーキが名物。
    • 玉ちーず饅頭も名物。
  3. 上りにはデイリーヤマザキ、下りにはポプラが出店。また、上りには吉野家もある。

北熊本SA[編集]

  1. 「熊本市の北」にあるから北熊本であって、決して「熊本市北区」にあるための名称ではない。
    • 陸上自衛隊の北熊本駐屯地とも離れている。
  2. 宮原SAから高速バス休憩地の座を奪い取った。
  3. おそらく、すいかを販売している(水曜どうでしょうの「対決列島」の地だったことからの推測)
  4. 下り線エリア内にはフラワー園がある。約5000本の花が植えられているらしい。

託麻PA[編集]

  1. トイレと自販機だけのPA。
    • 熊本ICと益城熊本空港ICの間だし、確かにあんまり利用した記憶がない。
    • 門司からきて初めての売店なしPA。
  2. 政令指定都市なのにトイレだけ…。他の地域にこの様な休憩所は存在するのか…。
    • 泉PA(仙台市)…。
    • 由比PA下り…。(静岡市。)
    • そして新潟PA…。

緑川PA[編集]

  1. 熊本が誇る「おべんとうのヒライ」が運営している。
  2. すぐ側(南側の出入口付近)を、県道32号線が跨道橋で越えていた(過去形)
    • 今のところ(2017年5月)、架け直す気配はない。

宮原SA[編集]

  1. 九州産交の本気。
  2. ツアーバス規制でとばっちりを受けたサービスエリア。
    • 福岡から宮崎・鹿児島へ向かう高速バス(フェニックス号・桜島号)がここを休憩地としていたが、2014年を最後に2箇所に増やした結果、宮原SAから北熊本SAに変更されてしまった。
      • もう1か所はえびのPA。
  3. 福岡~宮崎・鹿児島のほぼ中間にあり、山岳地帯(八代~えびの間)のすぐ側にあることから利用価値は高い。
  4. ハロースクエア管轄だった頃に、ここのインフォメーションコーナーの姉ちゃんから手作りのスタンプ帳を貰ったことがある。あの方は元気にしているのだろうか。
  5. トンネルに備えて気合を入れ直す場所&トンネルを抜けてホッと一息つく場所。
  6. 山江SA下りと霧島SA下りのGSが復活するまで鹿児島・宮崎方面への最終GSだった。
    • 他のところと比べてガソリン代が高かったのは気のせいだろうか。
    • 夜間に限れば今も最終GS。
  7. 改装で見間違えるほどきれいになった。
  8. 下りのテナントとしていきなりステーキが出店!SAへの出店は全国初らしい。

坂本PA[編集]

  1. 23連続トンネルのうち、肥後トンネルの北側にあるパーキングエリア。
  2. いつの間にか売店がなくなってしまった。
  3. ここの前後はカーブが連続するため、進入・退出がちょっと面倒。

山江SA[編集]

  1. 23連続トンネルの南端にあるサービスエリア。宮原SAと似た位置付け。
  2. 巨大なきじ馬が置かれている。
  3. 上下線ともコンビニ併設。上り線はデイリーヤマザキ、下り線はファミリーマート。
    • 地味にデイリーヤマザキの最南端店舗でもある。
  4. 上り線は肥後トンネルが待ち構えていることもあってか、トンネル設備の解説スペースがある。
  5. 熊本から鹿児島へ向かう高速バス(きりしま号)の休憩地。
  6. 栗饅頭があったり、SAの前で焼き栗を売っていたりと、栗づくしのSA。
    • そもそも、山江村のカントリーサインも栗である。
  7. 一時期ガソリンスタンドを奪われた(休業)が、見事復活した数少ないSA。

大分[編集]

玖珠SA[編集]

  1. とり天定食690円(税込み)がワリとコスパが良いと評判。
    • とり天が6個もついて700円行かないというこの値段は大分では当たり前なんだろうか?
    • 昔はとり天7個に対して650円だったらしいが、まあそれはこの際見なかったことにすることにしよう。
    • ジョイフルのとり天定食が530円(増税前で500円)だったから、大分基準ではちょっと高いかもしれない。元祖を名乗る店は1000円を超えるが。
  2. 食堂のとり天定食以外はとりたてて何もない。ガソリンスタンドもないし、そういう意味では末端路線の田舎のSAという感じがプンプンする。
    • 九州の九州道以外の路線ではそれが普通です。
    • 同じ路線の山田SA(パヴァリエ)と別府湾SA(施設が綺麗)が際立っているせいで相対的にショボく見えるのかも…
  3. 大分の高速道路の中で唯一コンビニが営業している。
  4. 玖珠は童話の里、ということでそれを象徴したモニュメントがある。

由布岳PA[編集]

  1. 山がきれいに見える。
    • トイレのみのPAで人が少なく、結構穴場のスポットかもしれない。
  2. スマートICができるらしい。
    • 出来ました6.5m以上は不可とわざわざPA手前に表示してある。

別府湾SA[編集]

  1. 別府の高台にあり、眼下に見下ろすと素晴らしい別府湾の絶景、という前に目に入るAPU。
  2. そのため、その名もズバリ「高速別府湾・APU」バスストップが併設されている。よって高速道外部からの利用も容易。
    • APUから行こうとすると結構登る。
  3. 大分のテレビ・FMラジオ局の鉄塔(親局)もよく見える。本線上からもよく見える。
    • ワンセグ携帯では愛媛のテレビ局も拾える。
  4. 東九州道とも重複している。そして東九州道としては唯一のサービスエリア。桜島SA?知らん。
    • そして唯一まともに売店・レストラン・ガソリンスタンドが揃っているサービスエリア。
    • 日本語版ウィキペディアの「別府湾サービスエリア」からいつの間にか「東九州道」に関する記述が全て除去されていたが、かなり不親切だと思う。
    • 2018年8月に日出JCT~大分米良IC間が大分道から東九州道に変更されたので、「大分道のSA」から「東九州道のSA」に変身した。
  5. いちおう上下線で別になっているが、徒歩で行き来が可能。でもちょっと距離がある。
    • 遊歩道の途中に展望スペースがある。ここは夜景もきれいらしい。
      • 別府市街地が見渡せ、ここからの風景は上り線ハイウェイスタンプの図柄にもなっている。天気のいい日には四国まで見えるとか。
  6. スマートインターも併設しているが存在意義がいまいちわからない。APUに用事がある人くらいしか使わないと思う。
  7. 売店で竹田名物の姫だるまが飾られているが、なぜか高崎のだるまと一緒。どこかでみたことがある構図・・・
    だ、だるま一家・・・
    • 別府湾SAで姫だるまが販売されているわけではない。
  8. タイムヒルズカレーが名物。持ち帰り用も売られている。
  9. レストランの建物は新潟から移設した古民家を利用している。
    • SA内に蕎麦と丼の専門店もある。こちらは岐阜から移設した古民家を利用している。

大分松岡PA[編集]

  1. トイレと自販機だけのパーキングエリア。
  2. ここから宮崎方面へ南下すると、次の純粋なSA・PA(ここ重要)まで約150kmも離れている。
    • 実際には、無料区間(佐伯IC~延岡南IC)にはICの側にかまえインターパークと道の駅北川はゆまがあるし、佐伯ICで降りれば隣にセブンイレブンがある。
      • とはいえ、大分松岡PA~佐伯IC間は38kmある。それで休憩施設なしというのはきつい。
        • しかも大分県内の東九州道は意外と混むし、事故渋滞の常連区間だったりする。

弥生PA[編集]

  1. 佐伯ICの約3km北への設置計画があるものの、佐伯IC~延岡南IC間が無料区間になっちゃったので凍結されている休憩施設。
    • 一旦下道に降りるという手間を惜しまなければ、佐伯ICの隣にセブン、数分走らせたらモール(コスモタウン)や道の駅やよいもあるし・・・。

宮崎[編集]

川南PA[編集]

  1. 延岡~宮崎西間の約90km間で唯一のパーキングエリア。
    • 都城から北上してきて宮崎PAを過ぎたところにある「川南PA 40km」の看板を見たときの絶望感といえば・・・。
    • 大分から南下してきた場合は、道の駅北川はゆまからここまで65kmもある。延岡南IC(有料区間の始点)からでも45km。
  2. 下り線(宮崎方面)に施設を作っておいて上り線からも利用させる構造。
    • いちおう上り線の用地も確保されている。
  3. トイレが明らかにキャパシティ不足な気がする。
    • トイレの外観がいかにも売店っぽい。
    • 2015年7月に増設されたようです。
  4. 売店もある。
    • こちらはコンテナがそのまま使われている感がある。
    • 沿線のイラストマップが壁に描かれているが、日向~都農間が開通する前から繋がっている画になっていた。
    • 休日には露店もいくつか出てくる。
    • 2017年現在は木曜定休。
  5. NEXCO西日本の冊子では何故か「売店なし(トイレと自販機だけ)」という扱いにされている。
    • 2017年の冊子では、売店ありの扱いに変更されている。
  6. ここもガソリンスタンドを設置するらしい。延岡~霧島SA間で100kmはあるからまあね・・・。
    • 2017年9月末に宇佐美(出光興産)が進出。セルフで20時閉鎖だがないよりはマシ。
  7. 川南PAとは別に、川南町主体で物販施設を整備する構想がある。川南PAの隣接地に建設し、一般道からでも利用できる構造にするとか。
    • 「駐車場とトイレがNECXO、物販施設は地元自治体が整備」という形式の休憩施設は、他に福島県の南相馬鹿島SA(セデッテかしま)がある。上下線集約、一般道からも利用可能なところもそっくり。

宮崎PA[編集]

  1. トイレと自販機だけのPA。県庁所在地にあるというのに。
    • それでも東九州道はPA自体が少ないので貴重。
    • 秋田道の太平山PA(秋田市)や北陸道の流杉PA(富山市)など、県庁所在地なのにトイレと自販機のみのPAは意外とあったりする。
      • そういわれたら九州だけでも託麻(熊本市)や大分松岡、清武(宮崎市)もそうなんだけど、ずばり県庁所在地名を名乗るPAでトイレと自販機のみなのはここくらいじゃ…。
        • 新潟PA…(たぶん交通量のせいだけど)

えびのPA[編集]

  1. 九州道では最も歴史の浅いパーキングエリア。
    • 敷地内に九州道全通の碑がある。
  2. 眺望は抜群。加久藤盆地と霧島山を眼下に望むロケーション。
    • 鉄道の世界では日本三大車窓に該当する区間でもある。
  3. 上り線は加久藤トンネルの目前にある。そのためか、トンネルに関する展示がある。
    • 山江SAの二番煎じだとか言ってはいけない。
  4. ループ橋が見える。
  5. 宮原SAから高速バス休憩地の座を奪い取った。

霧島SA[編集]

  1. 宮崎交通の関連企業が運営している。
    • そして宮崎~鹿児島間の高速バス「はまゆう号」がここで休憩・・・うん。
  2. 霧島市ではないのに、何故霧島SAだと言われそうだが、霧島市が発足する20年以上前からこの名前。霧島山の麓にあるから間違ってもいない。
  3. ガソリンスタンドが一度なくなったが「延岡から鹿児島まで1箇所もないのはひどい!」ということで、復活した。
    • それでも別府湾から霧島まではGS無し。無料区間を通るからガソリンには困らないと思うけど。
  4. 一応全て揃っているSAだが、規模はやや小さめ。
  5. 土産店の方がスナックコーナーより閉店時間が早い。
    • そのため、上記「はまゆう号」の夜の便に乗ると、休憩時に車内に持ち込める食糧が調達できない…

山之口SA[編集]

  1. 駐車場が無駄に広い、売店だけのサービスエリア。
    • その売店や食堂も中規模程度のPAに負けるくらい小さい。悲しい・・・
  2. メロンパンの歌が延々と流れている。
    • 「メロンパ~ンにメロンははいってない♪」
      • このメロディーがやけに頭に染みつく。訪れてから一年以上経つのにたまに急に頭の中で流れ出すことがある。
  3. すぐ側に国道269号が通っているので、そこから山之口SAへのスマートインターチェンジが新設される。山之口だけでなく、三股町や都城市南部(梅北町とか)、大隅方面の人にとっては重宝されるかもしれない(都城市街地を突っ切らないで高速が使えるようになるので)。
    • R269青井岳越えをスルーする目的(山之口SIC~田野ICのみの利用)だけでも使えそう。
    • 2016年度開通予定で、2016年6月時点で取り付け道路はほぼ完成しているが、開通日時は公表されていない。やっぱり年度末、2017年3月になるのかな。
    • 2016年9月末に開通した。構造的にはスマートインターとSA施設の同時利用が出来そうな感じはするが、出来ないらしい。
      • もっとも、すぐ近く(車で1、2分の場所)にセブンイレブンとローソン、ガソリンスタンドがあるため、SA施設が利用できなくても休憩に困ることははない。
      • 施設の手前に出口、奥に入口があることで、進入後のSA施設利用(とその逆)は「逆走」扱いになってしまうせいで「できません」、ということだそうだ。
        • …高速道路の区域外に駐車場(おそらく従業員向け)があるそうなので、そこに停めればいいのかも?
  4. ワンセグ携帯で鹿児島のテレビ局が映る、最東北端の地域でもある。そんな使い方をする人はいないと思うが、鹿児島は民放4局(宮崎は2局)なので、車中泊することがあれば参考に。
  5. 山之口SA自体には給油所はないが、上記のとおり、下道で2分ほどの場所にはある。
    • せっかくスマートインターが開通したことだし、ここでも給油のための途中乗降を認めて欲しいものである。
  6. スマートインターが完成した記念(?)で、弥五郎どんと人形浄瑠璃(いずれも山之口の伝統芸能)のからくり時計が設置されている。

清武PA[編集]

  1. 上下線の間に料金所がある。そして宮崎IC(宮崎道の終点)はすぐ近くにある。存在意義がいまいちわからない。
    • せめて清武JCTの西なら、まだ利用価値はあったかもしれない。
    • 一ツ葉有料道路と連続する、と考えたら、距離的にはちょうど良い場所ではある。
  2. 清武PAのすぐ側に県道27号線が通っている。ここにインターチェンジがあれば…と、加納に用事がある者としては思ってしまう。

一ツ葉PA[編集]

  • 一ツ葉有料道路(北線) 宮崎市
  1. 宮崎県道路公社のホームページで確認できる名称を見出しにしました。
  2. 施設は上り(海側)のみにある。
    • 下り側は駐車場だけ。歩道橋で渡る。
  3. 一ツ葉有料道路は原付も通行可能な一般道だが、PAの構造は高速道路そのものだったりする。
  4. 周りは海と松林、シェラトン(シーガイア)しかない。
  5. 2020年2月末(予定)の無料化後の動向は不明。

鹿児島[編集]

溝辺PA[編集]

  1. 下り線はトイレだけになってしまった。
    • 鹿児島ドリーム広島号(夜行バス)はここで休憩する。朝食を買える訳でも無いし、どうやら単なる時間調節のようだ。
      • 食料・飲み物は事前に広島市街か宮島SAで買っておいたほうがよさそうだ。
  2. 桜島の形を模したメロンパンが名物。

桜島SA[編集]

  1. いわさきグループの本気(?)
    • 上り線は林田グループの店舗だったが、その林田グループがいわさきに吸収されてしまった。
  2. 鹿児島市でも無いのに何故桜島SAなんだと言われそうだが、九州道では数少ない桜島を見渡せる場所にあり、決して詐称ではない。
    • 桜島をバックに記念撮影もできる。
  3. 1993年の水害で使えなくなったことがある。
  4. 姶良市の市街地に近いのでスマートインターチェンジが新設される予定。
    • 姶良市街地から見れば姶良ICよりはるかに立地がいい。
  5. 下り線はかつてガソリンスタンドがあったが、リーマン以降の不景気で不採算として一時休業。
  6. 垂水フェリーのうどんと同じものが食べられるらしい。
  7. 九州道最南端の休憩所。溝辺PAは売店が上り線にしかないので、下り線は鹿児島県内で唯一の有人休憩所でもある。
    • ここの下り線側に寄るといよいよ鹿児島まで来た、という感じがする。
    • 下り線施設の少し前に「最後の休憩施設です」との案内板がある。

大隅PA(計画のみ)[編集]

  1. JH時代に計画されていた休憩施設。
    • 現在の曽於弥五郎IC~末吉財部IC間に整備される予定だった以上の情報がない。
  2. 末吉財部IC以南が新直轄区間(≒無料区間)となったことで、幻の存在となってしまった。
    • 道の駅野方あらさのが代替とはなるが、20キロほど南に離れている。

国分PA[編集]

  1. 末吉財部IC~国分IC間の急坂をそこそこ下った辺りにあるパーキングエリア。トイレと自販機のみ。
  2. 田の神さあがいる。
  3. 次の休憩施設(下りは桜島SAか溝辺PA、上りは道の駅野方あらさの)までそこそこ距離があるせいか、意外と利用されている。
  4. 休憩用のあずまやが上野原遺跡を意識したのか、竪穴住居風のデザイン。

沖縄[編集]

伊芸SA[編集]

ザ・沖縄
  1. 沖縄唯一のSA。
    • 沖縄道の距離故、SA・PAがそれぞれ一つしかないのでそうなるのも仕方がない。
  2. 上りも下りも沖縄建築をイメージしたような外観になっている。観光客対策?
    • レストランでもソーキそばを食べることが出来たが、良くも悪くもいつものSA・PAの食堂と言う感じだった。
  3. レストランは全席オーシャンビューだとか。
  4. かつてはガソリンスタンドもあるなど、正真正銘のサービスエリアだった。

中城PA[編集]

  1. 沖縄県唯一のPA
    • 日本最南端で最西端のSA・PAでもある。
  2. PAにしてはそこそこ大きい
  3. 上り線には高速道路4000km開通記念碑がある。

関連項目[編集]

 0  高速道路・都市高速 ∞km
-1  IC・JCT ○km
関東(千葉神奈川) 甲信越・北陸 東海 近畿 中国 九州
-2  SA・PA !km
東北 関東 甲信越・北陸 東海 近畿 中国 九州
 関連項目 ?km
ハイウェイラジオ ETC 高速隊 料金収受員



関連記事