新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

京都の交通

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

道路交通[編集]

京都の道路交通

鉄道[編集]

  1. 京阪電鉄の鳥羽街道駅は任天堂のためだけに存在する。
    • (株)松風という、義歯等歯科材料の企業もあります。京セラは松風の従業員らが独立し、興した会社です。
      • 鳥羽街道駅南側の踏切とJR奈良線踏切の間の「弁慶食堂」。一見の価値アリ。
        • ファミコン・ディスクシステムのメトロイド制作陣は、ここの出前を食しながら深夜まで開発にあたったという。
    • 潰れない理由は東福寺の有効長が7両までしかないから。高架化すれば潰される。
    • 東福寺に参拝するにも意外と近かったりする。
  2. 京都駅から京阪七条駅まで迷わずに歩いて行ける。
    • その途中に、ついでに新福菜館か第一旭に寄って行ってラーメンを食べる。
    • 学生時代の友人が、京阪→JRの乗り換えで京阪七条駅からJR京都駅まで歩いていると聞いた時、「そんな方法があったんか」と思った。(自分は阪急を使っていたのでわからなかった)
  3. 交通機関がヘボイ&ダサイ&態度が悪い…うわ、やっぱ京都って発展途上県か。
    • へぼいって言うな!これでも日本で初めて路面電車が走ったんだぞ! ・・いまやその時の面影は無いが(いろんな意味で)
      • 路面電車ではないけど嵐電はレトロで雰囲気いいから好きだ。
      • その電車を引き継いだのが現在の京都市バス81号系統である。
    • 県じゃないぞ。府だぞ、府。細かいこと言ってすいません
    • JR、京阪、市交、どこも態度悪いやん。(by大津作)
      • 阪急は?
      • 特に市交地下鉄はひどい。ATS45で50だしても引っかからない。
    • 今時ICカードが市バスなどで使えないってのはね(by今はモバイルSuica使いの京成バスユーザー)。
  4. 市内に張り巡らされた市電が、各社のターミナル駅同士を結んでいたが、市電を取っ払って全部バスにしてしまったため、電車だけで京都市内を移動しようとすると面倒なことになる。
    • 叡山電鉄なんか廃止寸前までいったし……今でも京都駅から阪急・京阪沿線へ行くのは不便。
    • 名古屋や神戸もそんな感じだったが、今は地下鉄(神戸高速含む)で繋ぎ合わせた。京都の場合はその役割の一部が私鉄になっており(鴨東線など)、乗り換えると運賃が高くなるなど不便さが否めない。
      • 特に長距離列車・バスのターミナルである京都駅から京阪や叡山沿線に出るのに東福寺を一度経由しないといけない点など。そのせいで幾ら市内の渋滞が酷くてもバスを使う人が多い。地下鉄が国際会館から岩倉まで繋がってればと思うところ多し。
      • 京都はもともと繋がってた京津線を地下鉄でわざわざ分断してしまうなど交通政策に失策が多いと思う。京都議定書を締結した街とはとても思えぬ有様。遺跡のせいでトンネルが掘れないなら、広島同様軌道を無くすべきではなかった。
  5. 大阪同様,阪急が京都の交通の要となっているのと,他の沿線住民より上品な人が多い。
  6. 京阪、JR、阪急のターミナルが全てバラバラ。特に京阪からJRの乗り換えは不便。
    • 京都駅からJR奈良線で一駅目の東福寺駅が京阪との共同使用駅なので、乗り換えるなら東福寺。行楽シーズンはJRでもPRしている。
      • いや、京都から近鉄に乗って丹波橋で乗り換えならどっちも特急が止まって便利。
        • 中書島方面ならその通りだが、需要が多いのは逆の四条方面。市バスの混雑・渋滞対策でもある。
        • 清水五条駅は特急通過駅なので普通の需要もある。
  7. 東京一極集中でも大阪一極集中でもない、京都一極集中といっていい現象がある。「はるか」や「くろしお」、「スーパーはくと」の京都駅乗り入れ。
    • 挙げ句は、「九州新幹線の「さくら」や「みずほ」を京都まで延ばせ!」なんて意見まで出ている。どこまで我儘なんだよ!
      • 京セラ繋がりで、ビジネス需要が皆無なわけではないんですよ。川内~京都間は空港経由よりも新幹線のほうが便利。
      • 京都駅に西側に折り返せるホームがあったら…と思ったがその場所に近鉄がホテルを建ててしまった。
    • JR東海さえ説得できればなんとかなるかも。在来線だが鳥取発着の「スーパーはくと」や南紀に向かう「くろしお」などは京都発着もあるし。
    • 「はるか」や「くろしお」を引き込んだがために嵯峨野線の本数が増やせない。自分で自分の首を絞めている。
    • 中央新幹線でもそれをやろうとしたが、東海にあっさり無視された模様。線形の都合と基本計画線の尊重。
    • 鉄道だけでなく四国方面からの高速バスも神戸や大阪以外にも京都発着便があるし。
    • 京都は大都市であるだけでなく日本を代表する観光地だし。
  8. 実は京都府内のJR在来線にはごくわずかだが金沢支社の管轄になるエリアがある。
    • 小浜線の東舞鶴~京都・福井府県境がそう。松尾寺駅は京都府内では唯一金沢支社管轄の駅である。東舞鶴駅構内は福知山支社の管轄。
  9. 旧線を使ったトロッコ列車が走っている。
    • かつて宇治川沿いにも機関車が客車をけん引するスタイルでゴトゴト走っていた「電車」があった。

廃止路線[編集]

加悦鉄道[編集]

  1. 大江山のニッケル鉱山の貨物輸送のために存在した。
    • 貨物輸送廃止により大赤字転落が決まり廃止に追い込まれた。
  2. 末期は保存鉄道としての性格が強くなり、旧型客車改造の08系気動車などが走っていた。
  3. 廃止後会社はカヤ興産に社名変更してバス会社となったあと、宮津港運と合併して宮津海陸運輸となった。
  4. 終点の加悦駅は廃止後「加悦SL広場」という保存施設となっている。
    • 現役時代とはやや場所が変わっている。
  5. レイルウェイライターの種村直樹が、国内鉄道全線(当時)を完乗した時の最後の路線。
  6. もともとは丹後ちりめんの輸送が主な目的だったらしい。

愛宕山鉄道[編集]

  1. かつて嵐山と愛宕山を結び人気の観光ルートを形成していた私鉄。
  2. 太平洋戦争の激化により休止され戦後もついに復旧できなかった。
    • 休止された鉄道のトンネルが兵器工場の疎開先に使われていたらしい。
  3. 嵐山-清滝が普通の電車、清滝-愛宕がケーブルカーだった。
    • ケーブルカーの跡地を登山道代わりに使う人もいる模様。
    • 清滝トンネルは鉄道部分の再利用と分かっていれば、あの狭さや心霊スポットもうなずけるはず?
  4. 大覚寺、鳥居本など途中にも人気観光地があったため現存していれば観光路線として結構人気になっていたであろう。
  5. この鉄道の現役時代には愛宕山にホテルやスキー場もあった。
    • しかし鉄道休止により放棄され自然に還ってしまった。

バス[編集]

独立項目
  1. 道が狭く交通渋滞するため、バスは定時に来ず、遅れまくった同じ方向行きのバスが2,3台続けてくる。
    • 京都通はそのとき冷静に、がらがらに空いている後からのバスに乗る。
    • 休日など本数間引いているのじゃないかと邪推する。
      • 最終バスまで、あと3台あるはずだったのに、結局1台も来なかった。
    • 市バスが時間通りに来たら、それは1本遅れのバスだ。
      • 同じ系統3本団子してるの見たことあるぞ。
    • 市バスは、車庫から出てくる始発のバスでさえ、遅延する。
    • 同じ系統のバスを2、3台続けて走らせると、後ろの運転手は楽。だからペアを組んで走るらしい。
    • 俺のお母さんなんか学生時代車庫の次のバス停で待っていてまだ車庫からバスがてていないのに激怒して電話したらしいww
  2. 大原行の京都バスは、何故か途中で運転手が交代する
    • 京都バスはいつも運転手を募集しており、行き先が「教習車」となったバスがよく練習している。その割に採用条件は厳しい。
    • 車庫前を通るため。
  3. 京都交通が京阪京都交通になったことを誰も知らない。
    • バスの色が京阪バスと同じになったが、京阪バスそのものではないので要注意(スルッとKANSAIは使えない)
      • スルッとKANSAI、ついに使えるようになりました。
  4. シーズンには修学旅行生のせいでバスが混んだりするが、もう慣れっこ。
    • ただ10人以上が千円を両替するのはやめて欲しい。回数券か一日券を買えよ!と心の中で憤慨。
      • 1回使用して日付の入った1日乗車券は、日付を見せるだけで下車できますが、それを知らないので1人ずつカードリーダーに通すので、時間がかかってしまいます。運転手によっては日付だけ見せてと連呼していますが、中には表を見せてるやつもおり、なかなかスムーズにはいきません。
        • 整理券車は印字の有無にかかわらず乗降時にカードリーダーに通す必要がある。といっても「まちなか」ではかなり減ったんだよな…。
  5. バス停はタクシーの客待ち所と同義。故に渋滞が頻発。
  6. バスの停留所案内の英語表記は小さすぎだと思う。

明星観光バス[編集]

  1. オープントップバスを使用した定期観光バスを京都市内で運行している。
  2. 自社サイトの貸切バスの車両ラインナップを「エアロエースショート」だの「セレガR」だのマニアにしか通じねえ車種名で紹介してて吹いたw

ケイルック[編集]

  1. 京都まちづくり交通研究所からの委託により、京都駅~らくなん進都「京都らくなんエクスプレス」を運行している。
  2. 近年走る様になった京大お墨付きの「hoop(京大病院循環)」は京大快速(市バス・京都バス共同運行)と乗り場で棲み分けてるらしい。(もちろん、WAONも使える。)

山一サービス[編集]

  1. 新高速バス(元ツアーバス)「アミー号」の関西~東京便を運行している。
  2. 本社はど田舎にある。
    • 「アミー号」に篠山口発着の便があるのはそのため。確かにイナサンをちょっと北に走れば車庫に着けるし。
      • 但し篠山口での利用はネットから直接予約できず、神戸発着で予約後別途電話で申し込む必要がある。

プリンセスライン[編集]

  • 旧社名…京都急行バス
京を走る京急のレトロバス
女学生専用ではございません
  1. 「京急バス」を名乗っていたが、あっちの京急とは何の関係もない。
    • しかも赤色のバスがあるので更にややこしい。
      • つーか営業区域が離れているのでややこしくない。神戸には違う会社なのに同じ名前のバスが乗り入れる。
    • 元はセレモニー観光という会社で、寝屋川市に本社を構えているらしい。
    • なんでこんなややこしい名前にしたのやら・・・
    • 名前は京浜急行バスとかぶり。カラーは長崎県営バスとかぶり。かぶりかぶりな会社
      • カラーは近場の神戸交通振興とも被ってる。
      • 大阪市の赤バスとも。従って「赤バス」は京阪神全てにある。
    • 外観のデザインがコカコーラみたい。
  2. プリンセスライン(↑に書いてあった赤いバス)以外に営業している節がない。
    • そのプリンセスラインも、京都市内を走ってるが、誰をターゲットにしてるのやら・・・
      • 外から見たらいつもガラガラ。
      • 京都女子大学の女学生です。だから男性は乗りにくい・・・。
        • そんなわけで「誰でも乗れますよ」と脇に書いてある。
    • バスの外観を見るとコカコーラを思い出す。
    • いつの間にか社名までこれに変わっていた。
  3. ついに本家の京急からクレームが来て社名を変更するようだ。
    • 新社名は「京都急行バス」。
    • こんなページ書いてあっそー的な態度してたのは何だったんだ・・・
  4. 2009年7月現在、「京急バス」でググるとあっちの京急の公式サイトが最初にヒットする。
    • 今ググったら5ページ目にようやく個人ブログが出てきた。
  5. 障子をはめたバスが一般路線で運用されているらしい
  6. たとえ前を走る同じ行き先の市バスが満員でもこのバスだけはガラガラ
    • 京都市民からすれば、市バスと京阪系列以外は路線バスと思っていないうえ、敬老乗車証や一日乗車券が使えない事業者に用は無い。
  7. 京急バスは一台もいないが長崎の赤バスには居る
  8. 刀剣乱舞とコラボしたのに公式ホームページ以外で全く宣伝していなかった。何のためのコラボなのか。
  9. 元社長がシャブ中で捕まったことがある。



関連記事