京都市/西京区

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「京都市 西京区」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本近畿京都京都市西京区

京都市・西京区
(京北)


上京
西京 中京
下京

伏見

テーマ別[編集]

西京区の噂[編集]

  1. 地下鉄東西線太字文が延びて来るかどうか。
    • 洛西ニュータウン経由で長岡京まで伸ばす・・・という壮大な計画が一応ある。
    • しかし、京都市交通局の度重なる赤字により、長岡京までの延長計画は絶望的に…。
      • 今の右京区役所の太秦天神川で打ち切りでっしゃろ。
      • その結果、西ニュータウンになりました。
      • 地下鉄を延伸しても利用客は少なそう…。京都駅や京都市の繁華街には通じていないし。洛西ニュータウン住民は阪急の桂駅志向が強いがそちらにも通じていないし。
  2. 五条通の千代原口の渋滞は、どうにもならないと思う。
    • 立体交差点にするらしい。
      • でも中央2車線のみ地下化というケチな仕様。
    • α-STATIONの道路交通情報でおなじみ。
  3. がんばれ、京阪京都交通。
  4. 西京高校は西京区にはない(中京にある)。読み方も「にしきょう」じゃなくて「さいきょう」だ。
    • 「にし」なのか「さい」なのかよくワカランようになる。西京区は「にしぎょうく」だし、洛西ニュータウンの「洛西」は「らくさい」だし。更に、洛西ニュータウンに「ラクセーヌ」なんてSCがあるし・・・。
      • 区名は「にしきょう」でOK
  5. 京都最古の神社は西京区にあるらしい。
    • その神社は「松尾大社」である。ただし、上賀茂・下鴨神社の方が古いという説もある。
      • 自分は松尾大社の隣の月読神社だと聞いたが。
        • 月読神社は松尾大社の摂社。
  6. 「東山」に対して「西山」もあるけど、京都・乙訓・亀岡の人くらいしか知らない。
    • 北摂山地の麓。
  7. 洛西のあたりでは、京都市バス、京阪京都交通、阪急バス、ヤサカバスと4社が走っているので、ひとつのバス停にポールが4つなんてざらにある。
  8. 京都市が東西線の洛西延伸を諦め始めている。代わりにJR桂川駅・阪急洛西口駅から路面電車orモノレールを洛西N.T.桂坂まで作るという話がある。
  9. 西京区内にある唯一のJRの駅が保津峡駅であることはあまり知られていない。東海道本線は素通り。
    • JRのHPみたら、所在地は『亀岡市保津町』になってましたが?
      • 京都市西京区と亀岡市にまたがる駅だからどっちも間違ってない。
        • 以前は西京区だったが、山陰本線の複線化で現在の場所に移設されて駅舎がの所在地が亀岡市になった。昔のJR保津峡駅は現在はトロッコ列車の駅として存続。
          • 一応、「京都市内」駅に属している。
  10. 大原野や大枝は郵便番号の上3桁がなぜか城陽と同じに。
    • 京田辺市もだが「610」。ちなみに「600」・「601」・「610」は京都中央郵便局の番号。
    • 区東部は桂・松尾が「615」(右京局)、嵐山が「616」(京都西局)。
  11. あの大阪府と隣接している。
    • 区内を高槻市営バスが通っている。
    • でも京都市が大阪府に接していることは意外と知られていない。
    • 接している地域の小中学生は、高槻市内へ通学する。特に中学生になると山を降りて市街地まででなくてはならない。
  12. 西京区に合わせて、北区は北京区に、南区は南京区に、東山区は東京区に改称すればいいのに。
    • 「東京区」ができたらネタにされるな。確実に。
      • できるより先に東山区が消えるだろ。
      • 自称湖都の京都の港町が京都市になった時のために残してくれてるんだよ、きっと。
    • 「北京区」「南京区」とすると中国みたいになるので避けられたのだろう。
  13. 嵐山の観光地の大部分は右京区にあるが、阪急嵐山駅は西京区にある。
    • でも地名としてはここが本当の「嵐山」。実は隣の松尾駅も実は嵐山にある。
    • ちょうど渡月橋が右京区と西京区の境界。嵐山公園は西京区にある。
      • 右京区との境界は渡月小橋なので、渡月橋は全部右京区。
  14. 京都霊園の少し手前に京都成章高校がある。
  15. 何気に山科区と同じ「御陵」という地名があるが山科区の方が「みささぎ」と読むのに対し西京区の方は普通に「ごりょう」と読む。
    • 区内には地下鉄東西線の延伸計画があるがもし駅ができるとなれば駅名はどうなるのだろうか?(既に山科区の方に「御陵(みささぎ)」駅があるため)
      • 「ごりょう」が折れるだろうな。「みささぎ」駅改称は京津線が猛反対するだろうし。
  16. 実は大阪市のベッドタウン。実質「大阪府西京市」または「大阪市西京区」といった感じ。
  17. 西京区の市内局番は原則300番台だが、嵐山だけ800番台。
  18. 1976年10月に右京区から分区、2016年は西京区区制40周年。
  19. 区内に西京銀行の支店はない。あれは国道9号終点がある山口県だ。
  20. 小選挙区は右京区や南丹2市1町と同じ4区。

[編集]

桂駅東口
  1. 桂に特急が止まるようになって嬉しい。
    • そのせいか選挙の時に西口と東口で違う政党が演説してる状態が発生。
  2. ブラマヨ小杉は桂出身だそうだが、相方に「毛がないくせに、『カツラ(桂)』に実家がある。」とネタにされる。
    • 「そんな~。将来「カツラ」かぶりますよ~」
  3. 阪急沿線の為、町の雰囲気が一寸いい感じなので人気あり。
    • 阪急色が非常に濃く、それゆえ住民も京都市民である意識が非常に低く、北摂のほうに親近感が強い。むしろ京都市民ということに恥ずかしささえ感じる。
    • 桂は阪急文化圏に属しており、京都市内の風習とは全く違う。住民は梅田や宝塚、三宮、北摂志向がきつい。
    • 乙訓地区もこの傾向にあるような気がする。
    • 京都人の住みたい町(駅)ランキングでは常に1位だったが、平成26年度は阪急梅田駅が1位だった。
  4. ローソンのCMでも桂駅が使われたよなぁ。(華原朋美の駄洒落シリーズ)
  5. 桂坂中央は、京都タワーまで一望できる住宅地である。本当にここも京都なの?と思いたくなる。
    • あそこの高級住宅街か。
  6. 小太郎ではない。
  7. ヒナギクでもない。
  8. 特急停車駅であり、利用客も多い割には駅周辺に大きな商業施設がない。
    • 特急が停まる前は、西口にニチイが勢い良く頑張っていたんだけどなぁ。
      • 9号線沿いに西友がある。
  9. 京大桂キャンパスの不便さは半端ない。
  10. 阪急が開通した当時、東口にはダンスホールがあった(NTTの北向かい)。西口は牧場が広がっていた。
  11. 陸上自衛隊の桂駐屯地がある。
  12. 「国際日本文化研究センター」という大学の共同研究施設がある。名前だけ聞くとテレフォンショッピングの「日本文化センター」みたいにもみえる。
    • 桂坂の方。
  13. 桂に特急が停車したのは21世紀最初のダイヤ改正(2001年3月24日)。
  14. 意外にも9号線の老ノ坂トンネルを越えた亀岡市民の利用者がいたりする。しかし、実は老ノ坂峠の手前で亀岡市に入る(市外局番は亀岡0771ではなく京都075)。

松尾[編集]

  1. 松尾〇〇町なんてのがたくさんある。
    • しかしどこにも阪急松尾駅はない。
    • 嵐山にあるからだ。
    • でも松尾大社は松尾の駅前にある。
    • 松尾駅は2013年に松尾大社駅に改称予定。
  2. 松尾〇〇町の住民は、上桂のほうが近い。

大原野[編集]

  1. 無論三千院とかがあるわけではない。
    • なぜか簡裁の管轄が向日に。
    • 京都市中心部から見ると大原とはちょうど正反対の方角にあたる。
  2. 日本史で大原女というのが出てくるが、あれはここの女性である。
    • 左京区の大原じゃなくって?三千院で有名な方の大原。
      • 失敬。完全に勘違いしてました。すんません。こっちは、薪ではなくて狩猟の盛んな地でしたね。
  3. 大原野神社は紅葉の穴場スポットである。
    • 善峰寺も。
  4. 出灰地区は、高槻市立樫田小学校の校区である。
    • 川も芥川になって淀川に注ぐ。
    • ここへは、小塩山を越えていかねばならない。
      • 北摂山地を横断する府道733号柚原向日線しかない。柚原は亀岡市国道423号沿いの地名。
    • 高槻市内側にも出灰地区という。
      • なお、ここは、高槻であっても旧摂津国ではなく丹波国であり、ややこしい。
    • そんなところであっても、京都市内側は旧国分は山城国に当たるらしい。
      • 市外局番は、府道6号枚方亀岡線沿いの出灰は072-688だが、府道733号沿いの外畑は075-33*。
  5. 竹がものすごく多い。
  6. 洛西ニュータウンも一部がこの大原野にかかっている。
  7. 大物俳優の○方弘○が住んでいた。

西京区の見所[編集]

  • 桂離宮
  • 苔寺
  • 鈴虫寺
  • 松尾神社
  • 嵐山(右京区と跨る)
  • 西京まち美化事務所の覚せい剤



関連記事