京都/丹後

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本近畿 > 京都丹後

京都・丹後

丹後  
福井
丹波 京都
大阪 山城
奈良

丹後地方の噂[編集]

京丹後 伊根    
宮津



天橋立 
宮津
福知山 舞鶴 福井
綾部
  1. 丹後の節句。
    • 丹後博士(ビックリマン博士・本当は反後)。
    • 黒猫の丹後。
      • 原曲はイタリアの童謡。日本で知られているものとは、曲調がまったく違います。
    • 丹後3兄弟
    • オスマン・丹後ん
    • 丹後帳、試験にでる英丹後。
  2. 丹海バス
  3. 「丹前」がなぜないのか一度は考えてしまう。
  4. 丹波郷の所在地だったにもかかわらず、「丹後国」として分離。
    • 丹後細川藩(細川忠興(細川ガラシャが正室)が始祖で細川護熙が子孫)というれっきとした藩がありました。
  5. ちりめん。
    • 織物の方で有名だが海産物の方も売られている。
  6. 山陰の都市部より田舎。
    • 隣県の但馬にも言える。
  7. 「にしがき」というスーパーをみかけまくった。意外に安かった(^^♪
    • 巷の噂では「にしがき」の社長の奥さんはヘリコプターで大阪まで買い物に行ってるってさwww
  8. アクセントは 「た」んご なのに、京都&大阪人からは た「ん」ご と言われて違和感を覚える。
    • 京阪神アクセントではなく、東京式アクセント
      • 近畿地方では奈良県の十津川あたりもそう。
    • 自分は大阪人だが「「た」んご」と呼んでいますが。
  9. 最近「海の京都」をアピールしている。
    • というか、京都府が海に面してるとはあまり思われていない。
      • 実際に廃藩置県当初は京都府ではなかった。
  10. 舞鶴や宮津では良質な煮干しが獲れる。
  11. マニアックな話、同緯度の小浜や豊岡で見られる縦向き信号が京都府内には皆無。なぜだ?
関連項目

舞鶴市の噂[編集]

舞鶴市を参照。

宮津市の噂[編集]

  1. 日本三景の天の橋立がある。
    • その天橋立のおかげで、かろうじて市域が繋がっている。
      • しかし後述(04)のように道自体は繋がっているものの、途中には橋があり、地形自体は繋がっていない。
    • 天の橋立があるのに、日本三景の中では一番寂れ、活気のない町である。
      • 他の2つは政令指定都市からのデイトリップでお釣りが来るというアドバンテージがあるから。
        • 一応京都市から車で日帰り可能だが他とは比べ物にならないくらい遠い。
          • 岐阜市から天橋立まで日帰りで行った自分は変態か(しかも道中の福井県でも寄り道しながら)。
      • しかし、俗化度じゃ他の2つに負けない。
  2. 借金が多い。
  3. 市の南部と北部をバスやクルマで行き来するときは、よその市町村を経由しなければならない。
    • 原付なら、天の橋立を突っ切れる。
    • 125CC以下のバイクと緊急車両は通行可。
    • しかも、天橋立のあの松林の道は実は「府道」。
    • 与謝野だな。
    • 市域は2つにちぎれ、天橋立でつながっている。
      • 橋が途切れてるので繋がってません(事実)
  4. 「みっぷる」がある。
    • マインと同様、土日祝および盆正月は満員盛況となる。だって他に行く場所がないんだもん。
    • 福知山が誇る『北近畿最大の流通サービス企業-さとう』が核となるショッピングセンター。
  5. まれにアザラシが漂着する。
    • まれに婆鮫(ウバザメ)5m~8mが網にかかって、カマボコ屋が買っていく。
  6. 「お客様が来なる(きなる)」が丁寧語だと思っている。
    • 丁寧語で間違いではない。
      • 丁寧語というより『敬語』として使われているのでは? つまり、来なる=いらっしゃるの意。
  7. 最近、高速道路が通って移動範囲が広がった。
    • だがETCレーンが使えないのは何とかして欲しい。
      • ついに、待望のETCレーンができました。(2008年9月)
  8. レストランと言うイメージを完全にぶち壊したカルチャーショックのレストランぎょれん、今はあるかわからないが。ナイトスクープに紹介しようとしたけど、何か気まずく投稿しなかった。売り物は寒さに舞うウミネコの景色。
  9. 海洋高校というなんとも無個性な校名の高校がある。
    • 昔は水産高校。
  10. 市の代表駅は宮津駅だが、観光の拠点は天橋立駅だ。
  11. 正反対の方向の京田辺にも同じ名前の地名・駅があるので、府外の人は一瞬区別がつかなくなる。
    • しかも近鉄にも「宮津」行きの電車が運転されている。
  12. 日置地区には、バブルの遺産とも言うべきリゾートマンションが林立。
  13. 「丹後の宮津でピンと出した~」・・・だっけ?
    • そそd(⌒ー⌒) グッ!!
  14. 伊根町を併合するつもりが、頓挫。
    • 旧与謝郡加悦町・野田川町・岩滝町・伊根町との新設合併も頓挫した経緯がある。結局、加悦・野田川・岩滝の3町合併で今の与謝野町誕生。伊根町は単独町制のまま。
  15. 2011年3月のダイヤ改正で大阪発着の特急「文殊」「タンゴエクスプローラー」が廃止。大阪に行くには福知山駅で乗換えが必要になる。
    • 天橋立の観光に影響が出なければいいのだが・・・。
  16. 中心地から天橋立を通り抜けた先の方の宮津市域が与謝郡2町の間に大きな壁となって立ち塞がっているように見える。
  17. 由良はほぼ舞鶴。
    • しかし、どう言われようが宮津市内w
    • そこだけ旧加佐郡だから。
  18. 地味に天橋立の北側は丹後国の一宮と国分寺と国府が揃っていた。
  19. 丹後魚っ知館がある。最寄駅は栗田駅、小さな水族館。
  20. 畳が敷かれている教会がある。
  21. けっこう立派な日本の滝百選があるのにやたら知名度が低い。自然歩道だったかふれあいの道だったかに組み込まれているのに・・・

天橋立[編集]

股のぞきの名所
  1. 銘菓「知恵もち」はたぶん「赤福もち」のデッドコピー(おいしく作って下さい)。
    • 近くの寺で奉られている文殊菩薩からの名前。高速増殖炉もんじゅもここらか名前が来ている。
    • そういえば特急「文殊」ってのもあったな。
  2. '88年のサンライズアニメ鎧伝サムライトルーパーの舞台の一つになりました。
  3. サザエさんのオープニングに出てくる場合がある。
  4. 地上から見ても「だから何?」状態になってしまう。
    • 確かに。まぁ自転車で走る分には気持ちいいよ。レンタサイクルもあったはず。
    • 地形オタなら砂州地形を楽しめるかも。まぁ西側は浸食防止のために護岸が石だったかコンクリだったかで固められてしまっているんだが。
  5. 一応京都府内の名所だが京都市からは恐ろしく遠い。地理的にも文化的にもとても京都とは思えない。
    • 京都駅から天橋立駅までは約123km。同じ距離で岐阜市まで行ける。
      • 同様に高山市も岐阜市から遠い。そしてやはり同じ県だとは思われていない。
    • 宮津からの距離は京都市よりもまだ大阪市のほうが近いらしい(もしかして、一番近い政令指定都市は神戸市かな)。
      • 神戸市まで141km(2:03)大阪市まで151km(2:06)京都市まで113km(2:03)距離に差はあるが、かかる時間はほぼ同じ。
        • 参考記録として鳥取市125km(2:49)敦賀市136km(2:15)高速がない分時間はかかるがほぼ同じ距離。
      • 結局、京都市が一番近いじゃん。
        • 同じ京都府内ということもあり、特急列車も京都駅から出ている。
          • かつては大阪駅からも出ていたが廃止となった。
  6. みんな膝を抱えて立って変な格好してる。股覗きしてみるものだから。
    • しかし知らん人が見たら観光客がみなやっているのは奇異な情景だろうな。
    • 天橋立ビューランドにある股のぞきの説明文にはかなり健康によろしくない見方が書かれている。
      • 「…股をひらき頭を深くさげていると、だんだん頭に血が充血して目が廻るようになり、まさに天橋立が幻想的に紫紺の空につづく…」
  7. 山椒大夫伝説が知られるせいか、水戸黄門において唯一のレ〇〇シーンをという有り難くない題材に使われた。実際お銀も客とっているしかなりな話。
  8. 橋立大丸」という土産物店があるがもちろん大丸とは無関係。でも最初は勘違いしていた。
    • 英文ロゴは結構似ている気がする。
  9. 天橋立の口の部分は廻旋橋という、回転する橋になっている。船が通る時には回転するので一時通行止め。
    • 観光客が回っている橋の写真を撮っている。参考画像は撮れてません。
    • その付近にある大天橋は和風の欄干を持つ橋としてはちょっと異色な青色。
  10. 最近阿蘇海にカキが堆積して問題になっている。
    • 生活排水が流れ込むなどして富栄養化が進んだため。
    • 景観を悪化させるのみならず腐っているので悪臭も問題になっている。当然食用にも適さない。
  11. 景観保護のため松の木に擬態したシャワーが設置されている。
    • 夏には海水浴場がオープンする。
  12. あさりうどんをプッシュしている食堂が多い気がする。

与謝郡の噂[編集]

与謝野町[編集]

  1. 岩滝町、加悦町、野田川町がくっついてできた。
  2. 与謝野鉄幹は、父親が与謝出身だからこんな名字。
    • 与謝野鉄幹・晶子夫妻にあやかって付けられた自治体名だと思われている(実際は地名の方が元祖)。
  3. 町長はJALの元キャビンアテンダント。
  4. クソ田舎なのにローソンが2軒ある。
    • クソ田舎でもローソンくらいあるというのが全国的認識。コンビニがあることに驚くのがクソ田舎の証拠。
    • 都会から来た人にとってはコンビニがあればホッとするので、あったほうがいい。電子マネーも使える。
  5. 夜間になると、そのローソンは地元の糞ガキのたまり場と化す。
    • それは田舎だけじゃなく都会でも同じ。
  6. 実は辺見マリの出身地。
    • 京都市だと聞いたけど?
  7. クアハウスは糞。
    • 子供達には結構娯楽の場みたいだが。
  8. その横のホテルの存在意義がわからない。
    • ビジネスとしての利用は多い
  9. 地蔵峠にはでかい地蔵がいる。
    • それ平治峠。しかも地蔵があるのは京丹後市だ。
  10. 蚊帳ダニ高校の合唱部はなんしかすごい。
    • 実際ウェイト部の方が功績あげてる気が・・・。
      • とりあえず部員全員ムッキムキらしい。
  11. とりあえず蚊帳ダニ弁は気持ち悪い。
  12. 谷に沿って流れる野田川のせいで年中湿度が高い。
  13. おそらく石川バイパス沿道が与謝野町一の繁華街。本屋、カラオケ、パチンコ、飲み屋、レストラン等なんでもあるしね。
    • その周辺はサラ金の店舗数が異常。
    • 信号のタイミングからか、店から道路に車では非常に出づらい。
      • 青が続いたら「雨でも降るんやないか?」なんて言ってみたり。
  14. 合併当時は宮津市も併合する予定だったとか。
  15. ここらのR176沿いに麺屋の「チャクリキ」という店がある。あれ?ここと関連ないよな...?
    • なお、いつからか忘れたが2016年10月現在、毎週水曜日は橋立の「くじからラーメン」の出張店舗となっている模様。「チャクリキ」のラーメンは食えないのでご注意を。
      • そして「くじから」だが、9時からの開店ではない。「くじから」の由来はここの醬油らしい。
  16. 宮津市より人口が多い。

岩滝[編集]

  1. 暴力団が多い。
  2. 岩滝町がイーモバイルのエリアになっているのには驚いた。
  3. 大内峠に天橋立を一文字に見えるところ(公園)があるが、いかんせん天橋立との距離がちょっとあって、根元の山からみるより見え方が小さい。
    • 施設は整っているようなので家族連れアウトドアにはよいけど。

野田川[編集]

  1. 野田川駅は町の中心から離れている。
    • 中心部は駅から西南に少し行った四辻地区。かつて加悦鉄道の丹後四辻駅があった。
  2. 何となく合成地名っぽいが、違うようだ(多分町内を南北に流れる川に由来)。
    • しかし昭和の合併で野田川町になる前の旧村に「山村」「石村」があったことが、そのような疑惑を深めている。
  3. 150球1000円の打ちっぱなし場がある。
    • 球拾いをすればもっと安くなる。

加悦[編集]

  1. 「細見」という苗字が異状に多い。
  2. こんな山の中になんと、日本初の電車が保存されている。
    • 加悦広場のN電は元は宝塚ファミリーランドの保存車だったが閉鎖によりこちらに引き取られた。明治村のN電のように動態保存はしていないが、復刻の精度の上ではこちらの方がいい。
      • ひょっとして、「宝塚ファミリーランド→阪急→丹後海陸交通(阪急グループ・丹後地方のバス会社)→加悦SL広場」という流れがあるのだろうか?加悦SL広場の売店には阪急のグッズもあったし。
    • 以前は加悦に鉄道が走っていたが、今はバスしかないので見学には不便である。
  3. ウィルの中にある精肉屋は隠れて美人揃いである。
  4. 丹後ちりめんのふるさと。

伊根町[編集]

  1. なんといっても伝統ある舟屋が自慢の町。
    遊覧船から見れます。
    • NHKの朝の連ドラの舞台にもなったし・・・。
      • 未だにその連ドラのポスターが街の各所に貼られている。
      • 戸田菜穂主演の『ええにょぼ』。ええにょぼとは丹後地方の方言で『美人』を意味するらしい。
        • 同名の酒は2016年時点でも販売中。
    • 湾内めぐりの観光船は、最近重油高騰の煽りでコースが短縮されてしまったらしい。
    • 寅さんの舞台にもなった.マドンナは「いしだあゆみ」さん.
    • ハマちゃん・スーさんの『釣りバカ日誌5』でも伊根町を含む丹後半島が舞台に。
    • マンホールももちろん舟屋のデザイン。
  2. この先の方に幽霊が出ると言われた廃集落があるが(昔毎日放送で放送)、もはや所在は困難だろう。
  3. 日本初となったマグロの蓄養が行われており、「伊根まぐろ」はキロ6000円(300キロ超物で200万円近く)の値が付くブランドマグロの産出地である。
  4. 舟屋のある地区周辺の道路はかなり狭い。
    • 府外からの観光バスがひっきりなしに往来するが、ありゃ通行禁止にすべきだ。
    • 街の作りは昭和(=入ってくるのは一番大きいものでボンネットバス)なんだが、そこにデカイもんが来ると確かに危ないわな。
  5. 路線バスの前を露払いが走る。バスが来まっせー,どいてんかー
  6. 浦島太郎伝説の舞台であるが、周辺では大江山の鬼伝説ほうが有名である。
  7. 浦島神社がある。ここには「玉手箱」があるけど、若い宮司ほど開けたがらない。
    • なんでも、一瞬でジジイになるのは嫌だという巷の噂。
      • 町民(伊根町)は誰が開けるか楽しみにしている。
      • 「玉手箱」を開けた宮司は居ないらしい。

京丹後市の噂[編集]

  1. 言葉はなぜか名古屋弁風だ
    • がしゃー―とっても、凄く
      • さすが驚嘆語市・・・
    • 浦ごとで微妙にアクセントが変わったりするんだけどね。
    • 京都御所から歩きだと、凡そ、130km程度。御所名古屋市まで歩いて行くと、此方も130km程度。方言周圏論的には間違うてはないわけや。
  2. 市役所所在地は「間人」だが、読めない。
    • 「たいざ」と読む。
    • 市役所所在地は「峰山」では?
      • そう、峰山が市役所所在地です。
  3. 丹後地方限定で強大な勢力を誇る「にしがき」がある。旧久美浜町では、この店に対抗して出店した新しいスーパーが勢力に勝てず、撤退した。
    • ちなみにその数年後、そのスーパーは再び同じ場所で再開し、2007年現在も営業中である。
      • しかし2011年にまた閉店した。
    • しかし2007年7月、そのスーパーの目と鼻の先に「にしがき久美浜店」がオープンした。
      • JA京都のスーパーも存在
    • 与謝野町に大型スーパー進出という話があったものの、圧力をかけてもみ消したとか。
  4. 「京」をつけて京都府内をアピールしようとする姑息な手段。
    • 京都市内からはあまりにも遠い…。京都市内からだと滋賀県の大部分の地域の方が近い。もし丹後が京都府に編入されなかったらこんな市名にはならなかった。
  5. 3郡いっぺんに消滅か…。
    • その3郡の郡域と市域がほとんど一致している。
  6. 2060年の人口を今より3割アップさせるらしい。
    • ちなみに国発表の推計予測の3倍になるんだけど。
  7. 近畿唯一の米軍施設がある。
    • 経ヶ岬通信所。

大宮[編集]

  1. 太川陽介が自慢。実家はつぼりゅう。
  2. 田舎
  3. 年金センター→セントラーレ(セントラーレって何の意味や)
  4. 近年、善王寺の人口が増加しているらしい
  5. 大宮と峰山の境目がわからない。

弥栄[編集]

  1. 細川ガラシャ隠棲の地。
  2. 京都市内にある彌榮自動車とは特に関係はない。
    • 因みに「彌榮」は「弥栄」の旧字体。

丹後[編集]

  1. ここに間人(たいざ)がある。地名の由来も強引なものだった。
    • ほんとは「はしうど」なんだけど、皇后の名前らしい。でも「皇后の名前で呼ぶのはおこがましい」と躊躇してたところ、その皇后がその座から退いた(退座した)んで「たいざ」になった・・・との事。
    • 幻の蟹で有名だな。
    • ここまで京都駅からバス1本で来ることができる。
  2. 近畿地方最北端の経ヶ岬(きょうがみさき)がある。岬の灯台は日本の灯台50選の一つ。
  3. 丹後松島は、あまり有名ではないけど近くへ来たら絶対に行っておきたい名所。
    • 丹後松島の横に、第二丹後松島みたいなのがある。どっちがどっちかいまだによく分からん。

網野[編集]

  1. 野村克也の出身地。
    • だが本人はあまり言いたくないらしい。
      • ノムさんが子供の頃はたいそう貧乏で苦労した上、それがもとで蔑まされていたんだとよ。ところが南海で大活躍して凱旋したら町あげての厚遇っぷりで、その浅ましさに屈折したやり場のない怒りが芽生えたからだと言われている。
    • 高校は網野ではなく峰山。理由は峰山だと汽車に乗って通えるからだそうな。
      • なんとなくノムさんらしいな……
    • 網野中学校に来たときは野球部員に話をしてくれるらしい。
  2. かつて浜詰に「砂丘試験場」があり、4月にはチューリップ祭りが行われ、屋台なども出て賑わっていたが、試験場の廃止に伴い1997年をもって終了した。
    • ちなみに砂丘試験場があった場所は温泉施設となったが、今でも丹後や但馬の一部ガイドマップには「チューリップ園」と記載されている。
  3. 海の埋め立てにより大部分の遠浅だった海は消失。
    • 砂浜から近い所でも急に深くなったりするので気をつけないと溺れる。
    • 道路を挟んだ海の正面は長く連なる墓場である。
  4. 2008年にやっとローソンができた。
    • 2013年にはファミリーマートができた。
  5. 「木津」がある。「木津」という地名は京都府のほぼ北西の端とほぼ南東の端の両方にあるということか。
    • 同様に「宮津」が京都府の南東側に位置する京田辺市にもある。しかも京都駅からは双方の「宮津」行きの列車が出ている。
    • 京丹後市網野町の木津は「きつ」、木津川市の木津は「きづ」。
    • こっちは夕日ヶ浦温泉の最寄りと覚えといたってください。一応、あるんやけどね。木津温泉ってのが……
  6. 琴引浜がある
    • 鳴き砂で有名な白砂青松の景勝地で、全長は1.8キロメートル。国指定の天然記念物・名勝(2007年指定)。

久美浜[編集]

久美浜の街並み
  1. 20年ほど前の8月9日の千日会のかぶと山中腹の大文字点火時に火災になり「大文字」が「犬文字」になった。翌年は念のため電気による大文字になった。
  2. タレント浜田翔子は久美浜高校卒。
    • 出身地自体も久美浜。
    • 中退だよ。
  3. 元県庁所在地
    • その版図は丹後、但馬、丹波の一部、播州北部、美作と今ではありえんほどの規模とちぐはぐっぷりだったとか。すぐに消えたけど。
      • 元々の久美浜の幕府直轄地とか近所の藩領などの入り交じりっぷりがぐちゃぐちゃだったっぽい。
  4. 舞鶴や宮津よりも豊岡の方が近い。
    • というよりここが京都府内とはとても信じられない。
  5. 久美浜1町で熊野郡を形成していたが、うまい具合に「久美浜町域=旧来の熊野郡域」でもあった。
  6. 実は日本標準子午線が町内を通っている。ということは明石市の真北にあたる。
  7. 但東とを行き来するトンネルは「たんたんトンネル」。
  8. 知名度こそなく、規模も小さいが中心部には古い街並みもなくはない。
    • 昔は陣屋もあったそうで。今は小学校になっている。
    • 天然の良港だったためにこうなった。
  9. 中心部に食事処はほぼない。喫茶店を除き唯一といって良いくらいの食事処としてうどん屋は あったりなかったり。いや、うどん屋の店名が「あったりなかったり」。
  10. 小天橋という砂州がある。天橋立があるので目立たないけれど、山陰ジオパークの一つ。
    • コレが、久美浜の由来みたい。
  11. 久美浜湾の形が「久」の字になっているのは恐らく偶然。
    • 湾と言うよりも湖に見える気がするのは気のせいだろう。淡水、汽水ではないらしいし。
    • 久美浜湾と網野の離湖の形が似ているのは単なる偶然??
  12. 京都駅からの距離は160km以上ある。この距離は名古屋駅へ行くよりも遠くその先の大府駅へ行くのに相当する。
  13. 久美浜温泉では予約でカニが食える。

峰山[編集]

  1. 盆正月は峰山のマインは満員盛況
    • マインとエールの境目が分からない
    • マイン=mine=峰(山) って由来から名前変えただけかと。
    • てっきり峰山は鉱山街だと思ってた・・・。
  2. 野村克也監督の出身校の峰山高校がある。
    • なんで、網野高校へ行かなんだかは、網野の方を見たってや。
  3. 1級建築士、姉歯設計のホテルがある。
  4. 実は丹波郷はここにあったそうな…。
  5. パチンコのマルハンの創業地である。京丹後のマルハンは、かなり近い距離に2つもある同業者としのぎあってる。
    • 創業者の韓昌祐は名誉町民である
  6. 峰山のGEOから始まる大宮町方面の312号線はロードサイド店舗が集まる京丹後市のメインストリートである。
    • 昔は国道178号線だった。
  7. 峰山の金毘羅神社の池に沢山の亀が生息している。
  8. 京極の殿様の城下町。
  9. 日本一短い商店街がある。
    • 「日本一短い商店街」は大阪の肥後橋商店街もアピールしているが果たしてどちらが短いのか気になるところ。
  10. イタリアン食うなら「あみけん」しかない。安くて美味いが、いつも混んでるのは他に選択肢がないから。



関連記事