偽いわきの特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. いわき市がチンチクリンだ。
    • しかも、市名は漢字市名の磐城市のままだ。
  2. 合併前は日本一面積が小さい市だった。人口密度は日本一高かった。
  3. 福島市郡山市を見下す。
  4. 何もかも平と小名浜に集中している。
    • 他の地区は衰退しかけている。
    • しかも後者は「オナ浜」になった。
  5. 日本初のひらがなの市。
  6. かつては「岩木」と表記した。近くに岩木山もある。(本当は青森県)
  7. よく見たら岩鬼だ。
  8. 実は「岩岸」と書く。
  9. 今でも常磐炭鉱がある。
  10. 山に囲まれている内陸都市だ。
  11. 茨城県の都市である。
  12. 東北新幹線東北本線が通っている。
  13. 茨城県との合併で北茨城市になろうとしている。
  14. 市の代表駅は現時点でも平駅
  15. 浜通り一の田舎だ。
    • 浜通り一の僻地だ。
  16. 福島臨海鉄道は今でも人で賑わっている。
    • いわき駅まで乗り入れている。
  17. 鹿児島でバスを走らせている。
  18. なぜかロマンスカーが来る。
  19. 県庁所在地である。
  20. 伊東美咲は名誉市民だ。
  21. 近鉄南大阪線が市内を通っている。
  22. 市長は井脇ノブ子である。
  23. 平成の大合併で誕生した市だ。
  24. 在京キー局の正式な放送エリアに入っている。
  25. 常磐ハワイアンセンターは見事に大コケ。今でも市民の間では黒歴史なり笑い物なりになっている。
  26. 豪雪で埋まった。



関連記事