偽オタクの特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 基本的に目立ちたがり。
    • テレビのインタビュー等には自分から進んで答えに行く。
      • わざとらしく「萌えー!」などと叫ぶ。
    • 街中でコスプレをして「ハ○晴○ユカイ」を踊りだす。
      • 勿論イベントなどではなく、単独で…。
  2. 「好きなアニメは?」と尋ねられると「ガンダム」又は「エヴァンゲリオン」と回答。
    • しかし肝心のアニメの内容は殆ど知らない為、「綾波レイって良いですよね」等というオタクっぽい会話でごまかす。
    • 長々と語る事の出来るアニメ作品が皆無。
    • 勿論マイナーなアニメ作品の事など全く知らない。
  3. アニヲタなのか、アイドルヲタなのか、ゲームヲタなのか、何のヲタなのかが話を聞いていてもはっきりしない。
  4. 会話の中で某巨大掲示板用語をやたら使おうとする。
  5. 絵に描いたようなオタクファッションで街へと繰り出す。
    • バンダナ、アニメキャラのプリントされたTシャツ、丸めたポスターを突き刺さしたリュックなどなど。
    • 風呂敷を背負った泥棒みたいな。
  6. コスプレイヤーの頭部に鬼ゾリの後がある。
  7. メガドライブ・PCエンジン?なにそれ?
  8. よく聞いてみたら「汚濁」だった。
  9. 聖地は渋谷だ。



関連記事