衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

偽ソビエト連邦の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

偽ソビエト連邦の特徴[編集]

  1. 今でも存続している。
    • 存在価値があった。
    • もちろん正式名称である。
  2. 資本主義国の元祖。
  3. 格差社会こそ一番だと思っている。
    • しかし言葉とは裏腹に国民には真の平等な生活が実現している。
  4. 国家の英雄はピョートル大帝。
  5. 超高品質の工業製品を作っている。
    • だが兵器の質は恐ろしく悪かった。
  6. 世界中のほとんどの国でちゃんとソビエトと呼ばれている。
    • ロシアなんて言わせない。
    • 正式名称が「ロシア連邦」なので「ロ連」と呼ばれている。
  7. ロシア人しかいない。
  8. スターリンが善政を行った。
    • フルシチョフが大絶賛した。
  9. 人工衛星でアメリカに先を越された。
    • でも、有人月面着陸はソ連が成し遂げた。
  10. 汚職の数は皆無に等しい。
  11. 社民党の主張を実現したかのような平和国家。
    • しかし、当時の社会党からはこれでもかと罵倒され続けていた。
  12. 領土欲皆無。
    • 樺太が東ドイツみたいな傀儡国家に(樺太共和国)
    • 南下なんかしない。
      • 何かへんだ。
    • 世界一領土が狭い。
      • 面積は畳一畳分だ。
  13. 人類の歴史に偉大な足跡を残した。
    • 月面に初めて着陸したが、人工衛星打ち上げや有人宇宙飛行ではことごとくアメリカの後塵を拝している。
  14. 虐げられていた周辺の国々を解放した。
  15. 捕虜に対する取り扱いは人類史上最も恩恵に満ちた素晴らしいもの。
    • あまりに徹底しているため、捕虜になった兵士がソ連での労働を自ら希望した。
  16. 出入国自由。
  17. 中国とやたら仲が良い。
    • アメリカとも妙に親密。
      • でも、第二次世界大戦中は最悪の関係だった。
    • ポーランド、ルーマニアとの関係も良好。
    • 反露国は存在しない。
  18. 国家そのものは「親しみのある国ベストテン」の上位常連だが、国民はと言うと無愛想というか取っつきにくいというかぶっちゃけ嫌な奴ばかり。
  19. 世界一安全性の高く、質の良い原発を製造していることで有名
    • ゆえにチェルノブイリ原発は製造50年以上を経た現在でも現役で稼働している
  20. 略称が「シー・シー・シー・ピー」だ。
  21. カミソリがすぐに錆びて剃れんくなる。
  22. ロシア革命は誰も参加することなく成し遂げた。
    • 0人で成し遂げた。
    • 議会で決まった。
  23. 「バカの広場」が有名だった。
    • 当サイトの聖地である。
      • オフ会はきまってバカの広場。費用は参加者で割り勘。
  24. 「米米CLUB」を結成し、当時の「EC」に応酬した。
    • 日本から徹底的に批判され、ソ連の日本大使館に抗議するデモ隊が手榴弾投げた。
  25. 崩壊のきっかけはサハリンから吹っ飛んだ。
  26. ウォッカが大嫌い。
  27. 交通機関と言えばペレストロイカという雪ぞりだ。
  28. ロシアとウクライナの仲が良い。
    • ウクライナはロシアへのお礼に、クリミア半島をロシアにプレゼントした。
  29. アメリカに勝った。
    • アメリカ国民は豊かな東側諸国の暮らしに憧れており、密入国者が相次いでいる。
      • 密入国者に国籍をあげた。
  30. 大量生産大量消費が尊ばれる。
    • 世界で一番デブが多い。
  31. 崩壊後にレーニンの遺体は燃やされ、ニコライ2世が聖人として祭られた。
  32. ソ連崩壊後にEUに加盟した。
  33. 国歌が暗い。
  34. 国土が南北に長い。
    • 最北端は北極点に、最南端は南極点にまで達する。
    • その反面、東西の幅が狭い。
  35. 何でも3倍。
  36. 「U.S.S.R」は「United States of Soviet Russia」の略称。
  37. 実は日本と陸上で国境を接している。
  38. 実はソビエト連峰だ。
    • 国土のほとんどが山岳地帯である。
  39. 指導者はずっと禿。
    • あるいはずっとフサフサ。
  40. 国土のほぼ全域に高速道路網を張り巡らせた。
    • しかし鉄道整備には全く力を入れなかった。
  41. 1979年にアフガニスタン侵攻を行わなかった。そのため翌年のモスクワオリンピックは日本等にボイコットされずに参加してくれた。
    • アメリカがアフガニスタン侵攻を開始したので必死に止めようとしていた。
  42. 国力でアメリカを圧倒。
  43. 当時としては世界一の小麦の輸出国であった。

偽CIS諸国の特徴[編集]

偽アゼルバイジャンの特徴[編集]

  1. キリスト教国。
  2. ナゴルノ・カラバフをアルメニアに譲りたがっている。
  3. 金を多く産出する。
  4. イランとの関係は最悪。
  5. アルメニアに勝利して、飛び地を繋げてしまっている。

偽アルメニアの特徴[編集]

  1. キリスト教が大嫌い。
    • イスラム原理主義者がかなり多い。
  2. アララト山を領有している。
  3. 自称も「アルメニア」。
  4. 最大の貿易相手国はトルコ。
  5. 国営放送局が本当にジョークばかり放送していた。
    • 名前はもちろん「エレバン放送」。
  6. 首都は「エレキバン」。

偽ウクライナの特徴[編集]

  1. 第2次大戦の敗戦によりソ連の領土とされた。
  2. 現在はロシアとの統合を熱望している。
  3. かつてとてつもなく不細工な女性首相がいた。
  4. 国土のほとんどが不毛の地。
    • 穀倉地帯である南ロシアに侵攻したが、ロシアの国力によって追い返されてしまった。
  5. 反日反米反EUでロシアと大の仲良し。
    • ボルシチをロシア料理と認めている。
    • クリミア問題も解決している。
      • クリミア半島全体がウクライナ領。
  6. 原発事故はもってのほか。
  7. 先日、ロシア領クリミアを占領(奪還)した。
  8. 現在も人口は増加してる。
  9. 親烏派がロシアの一部を占拠している。
    • ロシア側からはウクライナ政府が後方支援しているのではと疑われている。

偽ウズベキスタンの特徴[編集]

  1. サマルカンドが首都。
  2. 極めて民主的な政治を行っている。
  3. 対日感情が悪すぎる。
    • かつて首都を襲った大地震で日本人捕虜が作った建物だけ崩れたため。
  4. 独立当初から隣国を通らなくても鉄道で国内を移動できた。
  5. 料理はどれもあっさりして食べやすい。
  6. イスラームの戒律が非常に厳しい。
    • そのため、豚肉を食べることが禁じられている。

偽カザフスタンの特徴[編集]

  1. サッカーでもアジアに属する。
    • 独立当初はヨーロッパに属していた。
  2. アメリカのロケット打ち上げ場がある。
  3. 昔から首都はアスタナ。
  4. アラル海による陸地の浸食が大きな問題になっている。

偽キルギスの特徴[編集]

  1. 原語でも「キルギス」と発音される。
  2. 正式国名は今も「キルギスタン」。
  3. アカエフ元大統領は辞めた後も大人気。
  4. ロシア語は全く通じない。
  5. 東トルキスタンを領有している。

偽ジョージアの特徴[編集]

  1. レーニンと琴欧洲の故郷。
  2. 南オセチアとアブハジアの独立を快く許した。
  3. ウイスキーの名産地。
  4. ボスだ。
    • ルーツだ。
  5. 現在でも日本では「グルジア」と呼ばれている。

偽タジキスタンの特徴[編集]

  1. 農業立国。
    • 農地には事欠かない。
  2. ビンラディンが逃亡していた。
  3. 魚介類の消費が多い。
  4. 国旗に王冠が描かれているのは王制だから。

偽トルクメニスタンの特徴[編集]

  1. 国旗はとても書きやすい。
  2. 大統領がメロン嫌いだったのでメロンの栽培が禁止された。
  3. 大統領の地位は世襲。
  4. 物価がとにかく高い。
  5. アメリカに空爆されたことがある。
  6. かつての大統領は自己中心的な典型的な独裁者だった。

偽ベラルーシの特徴[編集]

  1. 世界で最も民主的な国の一つ。
  2. アメリカ・EUが大好き。
  3. 国旗にまだ鎌とハンマーが入ったまま。

偽モルドバの特徴[編集]

  1. ルーマニアとの関係は最悪。
  2. 沿ドニエストルの独立を快諾した。
    • 本当はガガウスも独立させたかった。
  3. 「恋のマイアミ」という歌で知られる。

偽ロシアの特徴[編集]

  1. 国土がやけに狭い。
  2. すでに日本との間に平和条約を結んでいる。
  3. パルナスが進出していた。
  4. ラテン文字を使う。
  5. 昔からずっとアメリカに頭が上がらない。
  6. 熱帯雨林に覆われている。
    • 気候は熱帯性で、バナナ、パイナップル、サトウキビなとが主産品。
  7. 酒を飲む国民は極めて少ない。
  8. ソ連崩壊後に王政復古が実現した。
  9. 死刑を廃止する気はない。
  10. 国民のほとんどがカトリックの信者。
  11. 人口増加率が高い。
    • 21世紀に入っても年間2%以上人口が増加してる。
  12. 極端な親日国家。
    • 北方領土、千島列島、南樺太を日本に返還した。
  13. ウクライナ、ポーランド、チェコ、ハンガリー、ルーマニア、バルト三国、フィンランド、グルジア、中国と大の仲良し。
    • トルコとも大の仲良し。
    • アフガニスタンとも(ry
    • 逆にモンゴルとは犬猿の仲。
    • 中央アジア諸国、インドとも犬猿の仲。
  14. 経済制裁を受けてない。
    • ウクライナからクリミアを奪わなかった。
    • ウクライナからドネツク州、ルガンスク州を編入しようとは考えない。
    • 旅客機撃墜はもってのほか。
    • 逆に日本に樺太を、中国に外満州を、アメリカにベーリング・アリューシャン列島西部を、フィンランドにサンクトペテルブルク一帯を奪われた。
  15. 嘘をつかないプーチン大統領。
  16. 国技は野球。
    • サッカーは不人気。
  17. マヨネーズの1人当たりの消費量は世界最下位。
    • 代わりにケチャップが人気。
  18. メドベージェフの大統領在任期間が長かった。
  19. かつては小麦の輸出国だったが、現在は輸入国である。
  20. 石油や天然ガスは全く取れない。
  21. 現在でもサミットの参加国である。
    • 参加するようになったのはソ連時代から。
  22. 一般的にアジアの国とみなされている。
  23. くまのプーちんが大統領をやっている。

偽モスクワの特徴[編集]

  1. ロシア帝国時代は首都だったがソ連成立と同時にレニングラードに遷都して今では首都ではない。
  2. 第二次大戦でドイツに占領された。
  3. 2020年のオリンピック開催都市だ。



関連記事