新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

偽トヨタ自動車の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
経過観察
このページは、テーマがサイト趣旨に沿っていないか、もしくは荒らされやすいと考えられるため経過観察中です。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。
ただしテーマについての設立趣旨や投稿者間の管理方法のあり方によっては観察対象外とします。
本件に関するご意見などはトークページへお願いします。

全般の特徴[編集]

  1. 100点主義が貫かれ、どの車種もグレードにより性能や機能が特化されている。
  2. エンスージアストたちから絶大な支持を受けている。
    • 反対に、「動けばいいや」的なユーザーには取っ付き難いラインナップばかり。
    • 故障が多いという批判に対して「手入れさえしっかりしていれば故障はしない」というのがオーナーの口癖。
  3. 故障して修理に出してもディーラーで対処できない。
  4. ボディーのマークがフロントウィングのロゴだ
  5. 軽自動車ばっかり作っている
    • 或いは、軽自動車から大型トラック・バスまでトヨタブランドで揃えるフルライン・メーカー。
  6. F1の運営のすばらしさに、アンチトヨタからも絶賛の声があがった。
    • 仮設スタンドからのレースの見やすさは一生忘れらない最高の思い出になった。
    • 適格な価格の飲食売店、待たずに利用できるトイレ、何もかもがすばらしい。
    • 往復の交通事情は全く問題なし。
    • 鈴鹿なんかで開催しないで、未来永劫こっちでいいのではとの声が各所からあがる。
    • マシン開発においても積極的に他チームに技術協力している。
    • レースに対する姿勢は終始フェアで、欧米からも好感を持って受け入れられている
      • 福澤幸雄がテスト走行中に事故死したときも積極的に警察の捜査に協力した。
      • WRCでは勝敗よりもレース内容を尊重して、他チームよりも小型のリストリクターを装着してエンジンパワーを抑えた。
  7. セダン系にスペック過剰なモデルがない。2.5Lターボ/280PSのクラウンやマークIIなんて作ったこともない
    • ドリ車ベースとして人気が出ることもない。
  8. 各車ごとパーツを作っているので今までにリコールを出したことがない。
  9. 「豊田自動車」では世界と戦えないと言うことで地名の挙母をとって「挙母自動車」としたが、いまいち流行らなかったため、カタカナのコロモをとってに「コロモ自動車」となった。
    • または、当初「挙母自動車」だったが、地名の豊田をとって「豊田(とよだ)自動車」となった。
  10. 今でもトヨタビスタ店は営業中である。
  11. 実はサザエさんのスポンサーである。
  12. 日本で「サイオン」ブランドを展開している。
  13. ポルシェを傘下におさめる。
  14. エンジン設計に定評があり、100%自社設計・自社生産である。
    • ヤマハ発動機や日野自動車にも供給。
  15. 環境保護に熱心。
    • 物を大事に使い続けることこそがエコロジーであると推奨している。
      • 「まだ使えるけど~エコ替え~」とかあり得ないと思っている。
        • でも「エロ替え」は大好き。
  16. 現在もスポーツ800と2000GTを生産してる。
  17. 下請けに対しては仏様のように優しい。
  18. パナソニックのとの関係が非常に悪い。
    • 富士通テンとの関係も非常に悪い。
      • KDDIとの関係も(ry
        • ということでトヨタグループ関係者の携帯はドコモかソフトバンクのどっちか。
        • 当然G-BOOKの通信モジュールもW-CDMA方式が採用されている。
          • G-BOOK mX用通信モジュールはHSDPA対応にアップグレードされた。
        • トヨタオリジナル携帯「TiMO」は、ドコモとソフトバンクによる争奪戦の末にソフトバンクから販売。
        • もちろんレクサス携帯もソフトバンクから発売。
  19. 社員が不祥事を起こしても、ちゃんと幹部の人間がテレビで謝罪。
    • 誤魔化すなどもっての外だ。
  20. 東海テレビメ~テレとの関係が非常に悪い。
  21. 三菱自動車の子会社である
  22. マツダとはテレマティクス分野での提携のみならず、互いの車種をOEM供給しあう関係まで発展した。
  23. 三菱とのテレマティクス提携が凍結されることなどありえない。
    • それどころか、やはり互いの車種をOEM供給しあうことになる。
  24. 硬式野球部のエース(元センバツ優勝投手)と主砲(元東京六大学三冠王)は共にドラフト指名を受けながらプロ入りを拒否した。
    • もちろん彼らは落合某(博満ではない)率いるクリス×××ーズとは何のかかわりもない。
  25. 本社は東京都日野市
    • もちろん本社前にはJR中央線豊田駅がある。
  26. 販売チャネルはすべて統合され、1つの販売店ですべてのトヨタ車を購入することができる。
    • ただしこれに伴い現行車種のラインナップを整理し、廃止される車種もいくつか出てしまう。
    • ついでに言うと、レクサスは従来通り専用販売店にて販売される。
  27. 富士重工業を子会社化した。
  28. 現在もAE86を生産している。
    • 駆動方式はもちろんFR。
    • そのかわり、4A-GはSOHCに劣化して回らない糞エンジンと叩かれる。
  29. リセールバリューの悪さは異常だ。
    • 他社ディーラーでの下取り査定額が安値になることが多く、結局またトヨタ車へ代替する羽目になってしまう。
    • このようにトヨタ車から永遠に抜け出せなくなる現象が「トヨタ地獄」という呼び名で揶揄されている。
    • トヨタ車のリピーターが多い理由として、一部ではこのトヨタ地獄が原因といわれている。
  30. 旧第一勧銀グループだ。
  31. 自由民主党との関係が非常に悪い。
    • 更に労組にいたっては民主党も(ry
  32. トヨタL&Fは現在でもトヨタ自動車の一部門である。
  33. マリン事業に参入していない。
  34. こども店長?なにそれ?
    • むしろこども社長だ。
      • F1チームの監督には「こども監督」が任命された。
        • 撤退の理由として、一説にはこども監督の采配の悪さが原因といわれている。
    • 経営者が挙母一族で上記9.になる。
  35. 当然のことながら創業家一族の苗字も「とよた」と読む。
    • 豊田エリーも創業家一族だ。
  36. 24時間テレビに協賛している。
  37. ルーマニアの自動車メーカー「ダチア」の親会社でもある。
  38. 現在の本社は大阪府大阪市にある。
    • 現実の東京での日産と同様に、名古屋での知名度は失われている。

車種別[編集]

偽トヨタ博物館の特徴[編集]

  1. もちろん豊田市にある。
    • もしくは名古屋市にある。
  2. トヨタ車のみの展示。
    • 新型車しか展示していない。
    • 展示車輌も販売している。
  3. お姉さんは無愛想だ。
    • 生身の人間ではなく、トヨタが開発したロボットですから。
    • ラッパ以外にホラも吹く。
  4. ディーラーの一角を間借りして、申し訳程度の展示。
  5. 近くにリニア新幹線の駅がある。
    • もちろんリニア新幹線が通っている。
  6. 2009年には「こども館長」が任命される。

ディーラー別編[編集]

偽トヨタ店の特徴[編集]

  1. トヨタの全車両を取り扱っている。
  2. 東京都以外でもハイエースを取り扱っている。
    • もちろんマークXも取り扱っている。
  3. 47ディーラーである。

偽トヨペット店の特徴[編集]

  1. 正式には「トヨタペット店」である。
  2. その名の通り犬や猫などのペットも販売している。
  3. 大阪府以外でもコースターを取り扱っている。
    • 東京都以外でもクラウンを取り扱っている。
  4. 47ディーラーである。
  5. 最後までレジアスを扱っていた。
  6. 現在もistを取り扱っている。
    • このため、ラクティスは取り扱っていない。
  7. ヴァンガードは取り扱っていない。
  8. ヴィッツも取り扱っている。

偽トヨタカローラ店の特徴[編集]

  1. その名の通りカローラシリーズのみ取り扱っている。
  2. いまだに「トヨタディーゼル店」である。
  3. 現在もRAV4を取り扱っている。
  4. 2012年からアベンシスを取り扱っている。
  5. 2013年からハリアーも取り扱っている。
  6. オーリスも取り扱っている。

偽トヨタビスタ店の特徴[編集]

  1. 上記の通り沖縄県にもあった。
  2. ハイエースは取り扱っていなかった。
    • 最後までハイエースを扱っていた。
  3. クレスタではなくチェイサーを販売していた。
    • クレスタはトヨタオート店で販売していた。
  4. 現在でも存在する。
  5. 1989年から1999年までスターレットも取り扱っていた。
  6. ランドクルーザープラドは取り扱っていなかった。

偽ネッツ店の特徴[編集]

  1. スペルは「Nets」である。
  2. いまだに「ネッツトヨタ店」である。
    • あるいは「トヨタオート店」である。
  3. 大阪府以外でもハイラックスサーフを取り扱っている。
  4. インターネット販売部門のことである。
  5. 現在もプロボックスやシエンタを取り扱っている。
    • そして旧ビスタ店時代から継続してランドクルーザープラドも取り扱っている。
  6. 最後までプラッツを取り扱っており、現在はベルタやラクティスも取り扱っている。
  7. 最後までクルーガーを販売しており、現在はヴァンガードも販売している。

関連ページ[編集]




関連記事