新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

偽トヨタ自動車の特徴/車種別/は行

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
偽トヨタ自動車の特徴/車種別

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/偽車種」をご覧ください。

独立済み[編集]

[編集]

偽ハイエースの特徴[編集]

  1. 現在も8人乗りワゴンをラインナップ。
  2. 取り扱い販売店は全国のトヨタ店とトヨペット店。
  3. ハイオク仕様もある。
  4. 未だに5ナンバー車もラインナップしている。
  5. 4WDシステムは今でもパートタイム式である。
  6. トラックをラインナップしたことない。
    • あるいは現在もトラックのラインナップがある。
      • もちろんピックアップトラックもラインナップ。
  7. 派生車に「ハイジョーカー」がある。
    • 「ハイキング」「ハイクイーン」もある。
      • 「ハイキング」はハイカーしか乗れない。
    • 「ハイジャック」もあるが、走行中に乗っ取られてしまう。
  8. 低床・低重心の「ローエース」もある。
  9. 完全に路線バスモデルである。一般向けには販売していない
    • 運転には大型二種免許が必要。
  10. 初代にタラップカーの設定があった。
  11. 100系、200系ハイエースにはトラックも設定されている。
  12. H80系ハイエーストラックにルートバンの設定があった。
  13. チョロQ、トミカ、カーコレクションで製品化されていない。
  14. 社用車には向いていない。

偽ハイエースコミューターの特徴[編集]

  1. ネッツ店向けの兄弟車としてレジアスエースコミューターもある。

偽ハイメディックの特徴[編集]

  1. アルファードをベースにしてる。
    • あるいはエスティマをベースにしてる。
      • もしくはヴェルファイアをベースにしてる。
  2. ハイエースをベースにしてない。
    • しかし、2代目はツーリングハイエースあるいはレジアスをベースにしている。
  3. V6・4Lの1GR-FE搭載車(249PS)のラインナップがある。
    • 5ATと組み合わされる。
  4. よく見たら「パラメディック」だった。
  5. 大阪府でもトヨタ店で取り扱っている。
  6. 低床・低重心の「ローメディック」もある。

偽ハイラックスサーフの特徴[編集]

  1. 大阪以外でもネッツ店で取り扱っている。
  2. ハイラックスは造語ではなくネズミのことである。
  3. よく見たらオイラックスサーフだった。湿疹・かぶれに効くらしい。

偽86の特徴[編集]

  1. 実は「はちじゅうろく」と読むのが正しい。
  2. 富士重工業は一切開発に関わっていない。
  3. 取り扱い販売店はカローラ店とネッツ店のみ。
  4. かっこ悪い
  5. 1986年に登場したため、この名がついた。
  6. 大正時代に作られた蒸気機関車だ。
  7. 4ドアの設定がある。
    • タクシーの設定が当たり前のようにある。
  8. 1から85までは黒歴史。
  9. CMソングは石塚運昇と土屋圭市が歌っている。

偽パッソの特徴[編集]

  1. トヨタ最大。
    • 15人乗り仕様もある。
    • パッソーだけにベース仕様は8人乗り。
    • しかし、iQが出たためトヨタ最大の座を追われてしまう。
  2. トマトを贅沢に使用。
    • シートの中もスポンジ代わりにトマト。
  3. 本革張りシートが標準装備。
  4. ボディカラーは黒のみ。
  5. 実は軽自動車。
  6. ダイハツが設計したなんて断じてありえない。
  7. 4ナンバー車もラインナップ。
  8. 実はこっち
  9. よく見れば「PASCO」だ。
  10. 実はINAXの温水洗浄便座だ。
  11. 車名がいまだに「デュエット」だ。

偽パッソセッテの特徴[編集]

  1. 正式な車名は単に「セッテ」である。
  2. リアドアはスライド式。
  3. ダイハツ製だなんてありえない。
    • もちろんトヨタ独自で生産している。
  4. トヨタ最大なので15人乗りもラインナップ。
  5. ラインナップ整理のためシエンタは即販売終了。
  6. 某ライバル車同様5人乗り仕様もラインナップされている。
    • ついでに2列目シートにキャプテンシートを使用した6人乗り仕様もラインナップされている。
  7. ヴィッツベースなので正式な車名は「ヴィッツセッテ」だ。
    • それゆえにネッツ店で取り扱う。
  8. よく見たらパッソセットだ。
    • パッソを1台買うと、同じものがもう1台付いてくる。
  9. パッソ接点だ。
  10. よく見たらパッソセレステだ。
  11. エコカー減税の対象になっている。
  12. 歴代のトヨタ車でもっとも人気だった車種である。
    • 販売台数不振で元々の後継車になる予定だった、シエンタに吸われてから生産終了になるなんてもってのほか。
  13. マイナーチェンジの実施や一部改良、特別仕様車の投入が積極的に行われていた。
    • 一度もマイナーチェンジの実施や一部改良をしていなかったり、特別仕様車の投入がないなんてもってのほか。

偽ハリアーの特徴[編集]

  1. セールスポイントは垂直離着陸。
    • よって飛行機のパイロットライセンス所持者のみ運転可能
      • 実は米軍御用達
        • 軍隊向けに、ハリアーIIが開発された。
  2. 運転には約30個のボタン操作が必要。
  3. エンジンをかけると「Welcome to the Fantasy Zone. Get Ready!」と掛け声が出る。
  4. 1ナンバー車もラインナップ。
  5. 4WDのみのラインナップ。
  6. 車名の由来は「針、アッー!」(針が指に刺さったときの痛みを表現)だ。
    • そしてトヨペット店の関係者がマジギレする事態に…。-->
  7. 海外仕様のみロータリーエンジンが搭載されている。
    • ただし、自社にロータリーエンジン製造のための設備がないため、マツダからエンジンの供給を受けている。
  8. ハリアーハイブリッドはジェットエンジンと人力のハイブリッド
  9. 初代前期型から一貫してトヨペット店の専売である。
    • あるいは初代から一貫してトヨペット店と旧ビスタ店の併売である。
      • その影響でクルーガーは当初から一貫してカローラ店の専売となった。
  10. 3代目はカローラ店でも取り扱っている。

偽ヴァンガードの特徴[編集]

  1. カローラ店専売である。
    • 実はネッツ店の裏メニュー。
  2. バックドアは跳ね上げ式である。
  3. V6・3.5L搭載車にも2WDの設定がある。
  4. 実はミニ四駆のバンガードソニック。
    • 競争相手は日産キックス。
      • 組み立てキットとして販売される。
      • もちろん接着剤不要のはめ込み式。
  5. 2代目ハイランダーがベース。
    • 決してRAV4を伸ばしてなんかいない。
  6. ハイブリッド車もラインナップ。
  7. よく聞いたらファンカーゴだ。
  8. カードゲームだ。

偽ファンカーゴの特徴[編集]

  1. バックドアは跳ね上げ式。
  2. 早口のCMなんてもってのほか。
  3. 不携帯空間。
    • テンパータイヤ1本でもう満載。
  4. 4ナンバーの商用バンもラインナップ。
  5. 扇風機が標準装備されている。
    • その代わりエアコンはオプション。
  6. ロータスヨーロッパよりも車高が低い。
  7. フロアシフトである。
  8. TRD チューンのツインターボ仕様がある。
    • フルノーマルで350キロオーバーは朝飯前
  9. よく聞いたらヴァンガードだ。
  10. 3列シートのラインナップがあった。

[編集]

ピクシスシリーズ[編集]

偽ピクシスエポックの特徴[編集]

  1. トヨタなので白ナンバー。
    • 断じて軽自動車ではない。
  2. トヨタ独自で開発・生産。
  3. 正式な車名は単に「エポック」である。
  4. 某玩具メーカーの関係者しか購入できない。

偽ピクシススペースの特徴[編集]

  1. トヨタなので白ナンバー。
    • 断じて軽自動車ではない。
  2. トヨタ独自で開発・生産。
  3. 全国のトヨタ店およびトヨペット店でも取り扱っている。

バン・トラック[編集]

  1. 姉妹車は三菱・ミニキャブだ。
    • もちろんフロントナンバーは右側にある。
    • あるいはスズキ・エブリイ/キャリイである。
  2. 2004年12月発売開始。
  3. 白ナンバーも用意されている。
    • もちろんバンは5人乗り。
  4. 全車レギュラーガソリン使用である。

偽ヴィッツの特徴[編集]

  1. ヴィッツは人が嫌い。
  2. リラックマが居眠り運転。
    • いいえ、CMに出演しているのはたれぱんだです。
    • 中の人はジャン・アレジだ。
    • コリラックマとキイロイトリも出演。
    • 次回CMはカピバラさんを起用予定。
      • と思ったらアナロ熊が起用された。
  3. シートから発熱。
  4. メーターがハンドルの上。
  5. スペルは「VITS」だ。
  6. 次期モデルから「スターレット」と名前を変更予定。
  7. 4ナンバー車もラインナップ。
  8. コンバーチブル仕様がある。
  9. 日本でも「ヤリス」の名称で販売されている。
    • あるいは「エコー」の名称で販売されている。
      • というか全世界的に「ヴィッツ」の名称で販売されている。
  10. RSにも4WDをラインナップ。
    • ただし、1.3Lのみの設定。
  11. 「ビッツ」と書くのが正しい。
  12. 人型パソコン。
  13. かつては4ドアセダンとステーションワゴンの設定があった。
  14. トヨペット店でも取り扱っている。

[編集]

偽プラッツの特徴[編集]

  1. 実はコレ
  2. エンジンは1Lと1.3Lの2種類のみだった。
  3. 最後までネッツ店でも取り扱っていた。

偽プリウスの特徴[編集]

  1. ディーゼル車。
    • 重油でも走行可能。
      • もちろん灯油でも。
        • むしろ原油だ。
  2. 環境のことを本当に考えている人が乗っている。
    • 実は製造時にCO2が大量に出る等ということは絶対にない。
  3. 走行音がやかましい。
    • しかし、そのやかましさがマニアの心を打つ。
      • その後「やかまし過ぎて歩行者に迷惑だ」というクレームがあり、ハイブリッド車や電気自動車に静音装置の装着が義務付けられた。
  4. 実はプルバック式。
  5. LPG車もラインナップしている。
  6. 不人気で値下げした。
  7. タコメーター(回転速度計)が付いている。
    • もちろん標準装備されている。
  8. 非ハイブリッド車の設定もある。
  9. 光合成し、CO2を吸収して動力にする。
    • 放置しても1年で土に帰る
  10. 助手席の人が付属のペダルで電力を生み出し、動力とする。
  11. 教習車もラインナップ。
  12. 初代から一貫してトヨタの全販売チャネルで取り扱われている。
    • あるいは現在もトヨタ店のみで販売されている。
  13. 壊滅的に売れておらず、即納可能なほど在庫が有り余っている。
    • もちろん2009年の販売台数は下の方で、恐らく年間で100台も売れていない。
  14. 某動画投稿サイトで車両接近通報装置のPVがネタにされることはなかった。
  15. 災害時に役立つよう、付属品で手回し式の発電機がついている。
    • 手回し充電1時間で100m走れる。

初代[編集]

  1. ボディは3ナンバーだ。
  2. 5ドアだ。

2代目[編集]

  1. 初代と同様5ナンバーだった。
  2. ハイオク仕様のラインナップもあった。
  3. 登録台数が少なかった。

偽プリウスαの特徴[編集]

  1. 車名は全世界共通である。
  2. 車両接近通報装置は標準装備されず、オプション設定となる。
  3. 偽プリウス同様、とにかくやかましい。

偽プリウスEXの特徴[編集]

  1. よく見たらプリウス×××だ。
  2. 当然のことながら上級仕様である。
  3. 3代目同様、トヨタの全販売チャネルで取り扱う。

偽ブリザードの特徴[編集]

  1. エンジンはダイハツ製であった。
  2. 1997年まで生産された。
  3. 車内ではディアブロやウオークラフトというゲームがプレイできる。
  4. カーステレオは松任谷由実のブリザードしか聴けない。

偽ブレイドの特徴[編集]

  1. おとなしい子供向け。
  2. がCMに出演している。
    • いや、某吸血鬼ハンターの方がいいのでは?
    • オンドゥル語でのナビゲーション機能つき。
      • 派生車種には「ギャレン」「レンゲル」「カリス」がある。
        • 初代の「クウガ」から数えて5代目で、「ファイズ」の後継車だ。
          • 後継車は「響鬼」で、後に「カブト」「電王」「キバ」「ディケイド」とモデルチェンジごとに車名が変わる。
            • 2009年11月現在では「ダブル」の名称で販売されている。
              • 「電王」は今でも人気で、ときおり再生産される。
  3. ドアノブにはメッキ処理をしており、高級感をかもし出している。
  4. 2000ccモデルもラインナップ。
  5. アメリカにてサイオンブランドで販売されている。
  6. 2012年にモデルチェンジした。

偽ブレビスの特徴[編集]

  1. 現在はV6・2.5L(215PS)とV6・3.5L(280PS)を搭載している。
  2. V8・4Lの設定もあった。
  3. 実はこれ
  4. ブレイド発売に伴いプログレともども生産を打ち切られた。
  5. 某社の男性用化粧品だ。

偽プレミオの特徴[編集]

  1. 5MTの設定あり。
  2. ディーラーオプションでエアロパーツが用意されている。
  3. 5ドアハッチバックもラインナップ。
  4. 車名が未だに「コロナ」である。
  5. 3ナンバーサイズである。
  6. タクシー仕様車の設定もある。
  7. 実はこれ
  8. 初代後期型のCMソングはジリオラ・チンクェッティの「夢見る想い」だった。
  9. タイヤはブリジストン・プレイズ(PZ-1)が標準装備される。

偽プログレの特徴[編集]

  1. 全長は4,700mm、全幅は1,800mmである。
  2. V8・4Lの設定もあった。
  3. 直4・2Lの設定もあった。
  4. CM曲はもちろんプログレッシブ・ロックの名曲群である。
    • なぜかプロコル・ハルムの「青い影」まで…。
  5. ブレイド発売に伴いブレビスともども生産を打ち切られた。
  6. 「プログレス」と読む。
    • スペルは「PROGLE」が正しい。

偽プロナードの特徴[編集]

  1. メイドインジャパン。
  2. アメリカでは著しく不人気。
    • 逆に日本では著しく大人気。
  3. トヨペット店にて販売されていた。
  4. 日本でも「アバロン」の名称で販売されていた。
    • 「プロナード」の名称で販売するのはもってのほか。
  5. よく見れば「プロムナード」だった。
  6. 乗っているのは職業的OTAKUだけだ。

偽プロボックスの特徴[編集]

  1. 5ナンバーワゴンの設定はない。
  2. 実は「アマボックス」。
  3. ピックアップトラックのラインナップがある。
    • 言うまでもなく4ナンバー。
  4. 教習車もラインナップ。
  5. 暴走族、DQNに大人気。
  6. 現在でもネッツ店にて購入可能。
  7. 4ドアセダンもラインナップ。
    • もちろん5ナンバーである。
  8. CMが制作されたことがない。

[編集]

偽ベルタの特徴[編集]

  1. 車名がいまだに「プラッツ」である。
  2. 取り扱い販売店はトヨタ店とトヨペット店。
    • あるいはネッツ店の専売車種。
    • もしくはここで限定販売された。
      • なので1992年3月に発売された。
      • 同時期に発売されたアスコットイノーバに対抗した。
        • そのためマークⅡと同じ2500ccをラインナップ。
        • 歌い文句は勿論、プラス200ccの余裕!!
  3. 1500cc搭載車もラインナップ。
  4. 実はこっち
  5. ステーションワゴンもラインナップされている。
  6. ウェルキャブもラインナップ。
  7. リベルタだ。

偽ヴェルファイアの特徴[編集]

  1. その大衆車は弱い。
  2. 外観デザインがアルファードとまるっきり同じ。
    • 違うのはエンブレムだけ。
  3. ここで限定販売されている。
  4. 消防署に納入されている。
    • 当然消防車仕様もラインナップされている。
  5. 「ベルファイア」と書くのが正しい。
  6. よく見たら「ウェルファイア」だ。
    • 福祉車両のみのラインナップ。
  7. ハイブリッド車もラインナップされている。
  8. 海上保安庁に納入する場合は車名が「ヴェルウオーター」となる。

偽ヴェロッサの特徴[編集]

  1. 発売当初からネッツ店で取り扱っている。
  2. 発売以来、絶大な人気を得ている。
  3. 実はこっち
  4. ボディ、吸排気系など工場出荷状態でチューンされている純正チューンドカー。
    • 断じて広報チューンではない。
  5. ステーションワゴン仕様もラインナップ。


偽ヴェンザの特徴[編集]

  1. 日本国内でも販売されている。
  2. 実は某社の風邪薬だ。

[編集]

偽ヴォクシーの特徴[編集]

  1. 中高年層をターゲットにしている。
  2. 水平対向エンジンを搭載している。
    • 断じて兄弟車のノアには水平対向エンジンを搭載してない。
    • よって車名は「ヴォクサー」に変更される予定。
  3. ボディは全車3ナンバーサイズである。
  4. 母になろう。
    • 母と娘の女旅である。
  5. 4ナンバーの商用バン仕様もラインナップ。
  6. CMのキャッチフレーズは「とうちゃんかっこいい」。
    • 「女旅しようぜ」
  7. ォクシー」だ。
  8. 実はマツダが生産していた中型トラックだ。
  9. カトリックの教会には売れない。プロテスタントの教会には積極的に売る。

偽ヴォルツの特徴[編集]

  1. 逆輸入車だなんて金輪際ありえない。
  2. 見た目とは裏腹に、悪路走破性は本格的。
  3. 発売以来バカ売れ。
  4. 実はココのビールだ。

偽ポルテの特徴[編集]

  1. 両方とも観音開きのヒンジドア。
  2. 床が高く、しかも車高が低い。
  3. 成約者にはもれなくここから出ている同名のお菓子が貰える。
  4. 4WDモデルに限って「クワトロポルテ」の名称で販売されている。



関連記事