偽バス事業者の特徴/中国・四国

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 新設項目は都道府県別でお願いします

鳥取[編集]

偽日本交通の特徴[編集]

  1. 社名の通り、日本全国に路線網を展開している。
    • もちろん日本一の規模を誇るバス会社だ。
  2. ここは同じ会社だ。
    • 地元のバス会社を東京の「日本交通」が買収して経営再建した。
  3. 大阪~鳥取間の輸送ではJR・智頭急行の「スーパーはくと」を圧倒している。
  4. 全国に「ホテル日交」を展開している。
  5. 日本交通だけにかつては政府が半数の株式を保有していた。
  6. Wikipediaでこの会社の記事に大嘘が書き込まれたことはない。
  7. 日ノ丸自動車とは昔から仲がいい。
  8. 戦前から鳥取県内の路線バスを掌握している。

偽日ノ丸自動車の特徴[編集]

  1. 東京の日の丸自動車興業は関連会社だ。
    • 日本交通同様、東京の企業の傘下で経営再建した。
  2. 鳥取・倉吉・米子~京阪神に高速バスを運行している。
  3. バスの車体には日の丸が大きく描かれている。
  4. 戦後に日本交通が独占していた鳥取県内の路線バスに後発で殴り込んだ。

島根[編集]

偽石見交通の特徴[編集]

  1. 未だにボンネットバスが主力で内装もお粗末だ。
  2. 「益田シエー」だ。
    • 浜田(ry
    • 江津(ry
  3. 車両はすべて日野製
  4. 親会社は阪急電鉄だ。

岡山[編集]

偽井笠鉄道の特徴[編集]

  1. 今でも近鉄グループの一員だ。
  2. 実は「如何様鉄道」だ。
    • それゆえにイカサマ車両が多い。
  3. 社名の通り、現在も鉄道事業を行っている。

偽宇野自動車の特徴[編集]

  1. 日本最低の事業者だ
    • 日本一高いキロ当たり運賃
    • 日本一運転士の態度が悪い
  2. 車両のカラーリングは暖色系だ
  3. バリアフリー率100%
  4. 天満屋バスセンターに乗り入れている
  5. 東京・神田に専用のバスターミナルを持つ。
    • 名古屋の名鉄バスセンターにも勝るとも劣らない。
  6. 発車時に「ルビーの指環」が流れる。
  7. 社名の由来はもちろん玉野市の宇野だ。
    • もちろんJR宇野駅前にも乗り入れている。
  8. 自社でトラック・バスを製造している。

偽下津井電鉄の特徴[編集]

  1. 現在でも鉄道事業をやっている。
  2. 阪急とは特に関係がない。
  3. 「したつい」電鉄だ。

偽両備バスの特徴[編集]

  1. 社長がバス業界に興味が無い
    • 中国バスを買収していない。
    • むしろここのバス会社を買収した。
  2. 三菱のバスなんていない
    • 車両は日野といすゞが主だ。
  3. 今でも鉄道線がある
    • 社名は「西大寺鉄道バス」だ
  4. 名鉄岐阜市内・揖斐・谷汲・美濃町線と鹿島鉄道の経営を引き継いだ。
  5. ここは関連会社だ。
  6. 「両備」という社名の通り、備前・備中・備後に路線を展開している。
    • 広島県内にもエリアが広がっている。
  7. 松江市でも路線を展開している。
  8. 緑のバスを黒字路線のみに走らせている。

偽中鉄バスの特徴[編集]

  1. 「なかてつバス」と読む。
  2. 下津井、井笠などと同じく自社鉄道路線の廃止によりバス専業になった。

広島[編集]

偽呉市交通局の特徴[編集]

  1. 毎年多額の黒字を計上している。
    • 広電に事業譲渡することなどありえない。
    • というか広電から路線以上を受ける。
  2. 福山や三原へ行く路線がある。
  3. マークの真ん中にある文字は「呉」。
  4. 平成合併以前の市域にしか路線網がない。
  5. 塗装は赤が基調。
  6. 路面電車も持っている。

偽鞆鉄道の特徴[編集]

  1. 岡山県内でも路線バスを運行している。
  2. 「崖の上のポニョ」塗装のバスが存在している。
  3. 鉄道線の廃線跡をバス専用道路として使っていた。
  4. 近年になって社名を「トモテツバス」に変更した。

偽広島交通の特徴[編集]

  1. 本社は安佐南区にある。
  2. 安芸高田市にも路線がある。
  3. 「広子さん」というマスコットが大人気。
  4. 英文社名が「Hiroshima Transportation」である。

偽広島バスの特徴[編集]

  1. 広島電鉄のバス部門が分割された会社だ。
  2. 佐伯区にも路線がある。
  3. 今も帝産グループの傘下。
  4. 戦前に設立された。
  5. 「赤バス」という別名は会社がずっと赤字に苦しんでいることにちなむ。
    • 100円で乗れるコミュニティバスを各地に運行していたため赤字が拡大した。

偽広電バスの特徴[編集]

  1. 「広島電気軌道」時代から路線バスを運行していた。
  2. 「緑バス」という愛称で親しまれている。
  3. 「西部警察」の劇中で爆破された。
  4. 広島県全域で路線バス事業を行っている。
  5. 現在も東京行の高速バス路線がある。
    • 名古屋行の路線もあり、かつてJRバスグループとダブルトラックになったが勝利した。
  6. 路面電車を運行する「広島電鉄」とは本当に別会社だ。
  7. 高陽へも路線を持っている。

偽本四バス開発の特徴[編集]

  1. 本社は神戸市

山口[編集]

偽岩国市交通局の特徴[編集]

  1. かつて路面電車を運行していた。
  2. PASPYが使用できる。
  3. 岩国市内全域に路線がある。
    • しかし和木町には走っていない。

偽サンデン交通の特徴[編集]

  1. 親会社は山陽電鉄である。
    • サンデンはもちろん山陽電気鉄道の略。
    • それゆえに兵庫県にもバス路線を持っている。
    • もちろん本社は兵庫県神戸市にある。

徳島[編集]

偽四国交通の特徴[編集]

  1. その社名の通り、四国全域に路線網を展開する大手バス会社だ。
  2. 本社は高松市
  3. 徳島バスの親会社だ。

偽徳島バスの特徴[編集]

  1. 上記の通り、親会社は四国交通だ。
  2. 南海電鉄とは無関係。
  3. 徳之島を走っている。
  4. 全路線でEdyが使用できる。
  5. 略称は「島バス」。

香川[編集]

偽ことでんバスの特徴[編集]

  1. 高松琴平電気鉄道がバス部門を分社化した際に誕生した会社である。
  2. 社名変更したことは一度もない。
  3. 親会社の倒産に巻き込まれてなんかいない。

偽琴参バスの特徴[編集]

  1. 琴平参宮電鉄が鉄道廃止後に社名変更した会社である。
    • 経営危機になったことなんかない。
  2. 香川県西部全域に多くの路線を展開している。
  3. かつて香川県内から首都圏などへツアーバスを運行していたが、2013年8月以降高速路線バスに移行した。
偽鉄道事業者・バス事業者の特徴
鉄道事業者: 北海道・東北/関東/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州
バス事業者: 北海道・東北/関東/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州



関連記事