新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

偽バレーボール選手の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 新規に選手を加える場合、項目別に50音順でお願い致します。

6人制バレー・女子[編集]

現役選手[編集]

偽ケニア・カルカセスの特徴[編集]

  1. ケニア人
  2. 日本食で食べられたのは茶碗蒸しだけだった。

偽木村沙織の特徴[編集]

  1. 現在は仙台ベルフィーユに所属。
  2. 貧乳。

偽栗原恵の特徴[編集]

  1. あだ名は「栗原人」(くりげんじん)。
  2. 共に「カナメグ」と呼ばれている大山加奈は生き別れの双子。
  3. 兄はジャパンでも活躍したラガーマン。
  4. 女子プロレスラーの栗原あゆみは双子の姉妹。
  5. 宮城県栗原市出身。

偽高橋みゆきの特徴[編集]

  1. 日本人離れした大型アタッカー。
    • 技術の無さを有り余る身長とパワーで補っている。
    • ニックネームは『ギ』。
      • 心技体の「技」を鍛える様につけられた。
  2. コービー・ブライアントのファン。
  3. 柳本監督には「日本で一番ヘタだが、一番練習する選手」と称された。
  4. 精神的に常に安定していてプレイにも影響しない(ムラがない)。
  5. 実はプロバスケットボール選手。
    • WNBAも経験している。

偽竹下佳江の特徴[編集]

  1. 日本人離れした大型セッター。
    • 体は大きいが闘争心が弱く、キャプテンシーも無い。
  2. 世界最凶最恐セッター。
  3. 高橋みゆきとは犬猿の仲でトスを故意に上げない。
    • 平行トスも2秒台と実戦で使えない。
  4. ここの局アナ。
  5. 祖父は元首相だ。

偽多治見麻子の特徴[編集]

  1. 多治見市の出身。
  2. 経験が浅く、試合展開に呑まれる。

偽ハン・ユミ(韓有美)の特徴[編集]

  1. 在日だ。
    • 登録名は山田有美。
    • 出身は千歳烏山。

引退選手[編集]

偽大林素子の特徴[編集]

  1. 持ち歌「デカモニ。あっち向いてホイ!」がミリオンセラーを記録。
  2. 巨大な森林から生まれた半導体の名前だ。
  3. 右利き。
  4. 現役時代はブルマーを拒んだ。
  5. 引退まで日立一筋。
    • できちゃった結婚で引退し、現在二児の母。
  6. モータースポーツが大嫌い。
  7. 大手ゼネコンの創業者一族の一人だ。

偽白井貴子の特徴[編集]

  1. 引退後、シンガーソングライターに転身した。
  2. 父は白井義男。

偽中田久美の特徴[編集]

  1. ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得し歌手デビューした。
  2. 朝青龍をバレーボールに誘い、例の騒動の火種を作った。
  3. 引退後も現役選手には非常に甘い。
    • 女子代表のアテネオリンピック出場が決まった際はテレビで選手と一緒に大はしゃぎ。
    • あまりの浮かれっぷりのため、後で後輩の大林にたしなめられた。
  4. 兄は元横浜市長。

偽堀江陽子(ヨーコ・ゼッターランド)の特徴[編集]

  1. 純粋な日本人だ。
    • 大阪市西区出身だ。
  2. 弟は元IT企業の社長。
  3. 格さんとは泥沼訴訟合戦の末に離婚。
  4. ダジャレが好きな自称時代劇評論家。
  5. 義父はHBKことショーン・マイケルズ。

6人制バレー・男子[編集]

偽大竹秀之の特徴[編集]

  1. 日本バレー史上最小選手。
  2. 元ストロー級世界チャンピオン。

偽川合俊一の特徴[編集]

  1. 本当に×××だ。
  2. 読売グループと対立関係にある。
    • 逆に中日グループとの関係は良好。
  3. 実は「合俊一」だった。

偽ジルベルト・ゴドイフィリョの特徴[編集]

  1. ブラジルの恥と呼ばれている。
  2. 大麻とは無縁。

偽篠田歩の特徴[編集]

  1. 『しのだあゆみ』と読む。
    • 女性だ。
  2. 妻はアブちゃん。
  3. AKB48の篠田麻里子は妹。

偽猫田勝敏の特徴[編集]

  1. ユニフォームの胸部には常に「猫魂」の文字が書かれていた。
    • 「ニャー!」という掛け声で得意技を繰り出す。
    • 他にも「ラッセラ、ラッセラ」「ポーツマス!ポーツマス!」など。
  2. 松平氏の指導の下、裏技ならぬ裏声を習得。
  3. 1980年のモスクワ五輪に日本代表として出場し現役引退。
  4. 「夕鶴」の与ひょう役で知られる俳優・桑山正一の死が話題になる陰でひっそりと逝去。

ビーチバレー[編集]

偽浅尾美和の特徴[編集]

  1. 兄は中日ドラゴンズ浅尾拓也
    • 父は帝拳ジムのプロボクサーだった浅尾和信
      • ↑↑の理由により、中日グループとは友好的な関係にある。
  2. AV女優の浅尾リカは双子の妹。
  3. CM出演に際し、契約社を裏切ってまで同業他社のCMに鞍替えすることを徹底的に嫌う。
  4. グラビア写真集を出すなんてもってのほか。
  5. 浜田M功と仲が悪い。

偽朝日健太郎の特徴[編集]

  1. 朝日新聞創業者の子孫だ。
  2. 「朝日」だけにテレビ朝日系列以外のテレビ番組には出ることができない。
    • 例えば毎日放送の番組の場合だったら「毎日健太郎」に、日本テレビ系列の番組だったら「読売健太郎」に改名する。
    • 新聞も朝日新聞以外に出ることはない。
  3. 三重県朝日町出身。

偽浦田聖子の特徴[編集]

  1. 実は松田聖子のそっくりものまね芸人。
  2. 6人制時代に旧日本リーグのVリーグ化に反対し、除名同然でビーチに転向。
  3. ミュージカル「ミス・サイゴン」オーディションに応募、見事合格しヒロイン「キム」役の座を射止める。
    • レミゼのエポニーヌでもお馴染み。
  4. オールスター感謝祭では何一つ目立つことなく終わった。

偽佐伯美香の特徴[編集]

  1. 「出産後の女性にとってビーチバレーは危険なスポーツ」が信条。
  2. 6人制全日本時代、バボちゃんとのプロレスごっこで体育館内を沸かせた。
    • もちろんバボちゃんの顔面に容赦なく蹴りを入れていた。
  3. 2008年にAKB48入りした。
    • が、1年で卒業。
  4. 大分県佐伯市出身。

偽菅山かおるの特徴[編集]

  1. ビーチバレーボーラーらしい色黒。
  2. 実は日体大のサッカー選手だった。



関連記事