新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

偽プロ野球選手の特徴/退団外国人選手

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 日本に帰化した選手も含みます。
  • 登録名(原則としてファミリーネーム)の五十音順で節を追加してください。
  • 現役メジャーリーガーとしてプレーしている選手は偽メジャーリーガーの特徴を参照。

目次

あ行[編集]

偽スコット・アッチソンの特徴[編集]

  1. 大学時代テキサスで「クリスちゃん」という女性と付き合っていた。
  2. 城島を軽蔑している。
  3. 当初より中継ぎ要員として期待されていた。
  4. 元、横浜ベイスターズである。

偽アニマル・レスリーの特徴[編集]

  1. ポーカーフェイスで淡々と投げ続け、淡々と抑える。
  2. ネイティヴレヴェルの河内弁操り、「アメリカ系河内人」を自称する。

偽李鍾範の特徴[編集]

  1. 北朝鮮出身のプロ野球選手。
  2. 「韓国のイチロー」の二つ名は元は李炳圭のもので、彼はその2代目だ。
  3. 宣銅烈を毛嫌いしている。

偽李承ヨプの特徴[編集]

  1. 北朝鮮出身のプロ野球選手。
  2. 王貞治の持つ年間ホームランのアジア記録をあと1本のところで逃した。
  3. いまやメジャーリーガー。
  4. 「李承★ 火ヘンに華」などと漢字を誤魔化されたりしない。
  5. 巨人では苗字が気に食わないという理由で、「竹嶋」選手をいじめていた。
  6. 2008年はシーズンを通して活躍。
    • 当然坂本勇人より本塁打は多い。
  7. 北京五輪準決勝の日本戦ではチャンスで岩瀬に三振し韓国は敗退した。
  8. 不動の4番である。

偽李大浩の特徴[編集]

  1. 井出浩という名の日本人だ。

偽李炳圭の特徴[編集]

  1. 北朝鮮出身のプロ野球選手。
  2. アジアシリーズ決勝戦のSK(韓国)戦で4打席連続三振をし、中日のアジア一を逃す戦犯となった。
    • ペナントでは積極的なプレーでファンを魅了するも、ポストシーズンでは怠慢プレーが目立ちファンから非難された。
  3. イ・ビョンホン。
    • 某社のケータイCMに出ていた。
  4. 守備に定評がある。
  5. シーズン末期になると突然活躍する、なんてことは絶対にない。
  6. 元祖「韓国のイチロー」で息子は韓国球界で大活躍。

偽李恵践の特徴[編集]

  1. バッターにぶつけてしまったら、深々と頭を下げて謝る。

偽林昌勇の特徴[編集]

  1. 林昌樹と林昌範は弟だ。
  2. WBCでは韓国を世界一に導いた。
  3. 「はやし まさお」と読む。
  4. イチローを打ち取って以来絶不調だ。
  5. 夏場には異常に強い。

偽ジェフ・ウイリアムスの特徴[編集]

  1. ニュージーランド人だ。
    • 分かりにくいボケだ。
  2. ジェフ千葉のサッカー選手だ。
  3. 松田聖子と付き合っていた。
  4. スライダーが曲がらない。
    • 空振りした球が打者に当たるなんて珍現象は発生しない。
  5. オリンピックに弱い。
    • 全日本に集中打を浴びた。
  6. 左投げ左打ちである。

偽マット・ウィンタースの特徴[編集]

  1. ホームランが少ない。年10本出ればいいほう。
  2. ラッキーセブンではパフォーマンスしない。雨中断時はそそくさとベンチ裏へ。雨中のパフォーマンス?風邪引いたらどーすんだ!誰が責任持ってくれるんだ!が持論。

偽タイロン・ウッズの特徴[編集]

  1. 打席にバットではなくゴルフクラブを持って入る。
    • T.ウッズのTはもちろん虎のことである。
      • 横浜退団後は阪神に移籍。
  2. セーフティーバントを多用する。
    • 落合監督ではなく川相コーチからよくアドバイスをもらっている。
  3. 調子の悪い時に外角に絞ってライトへ流すなんてセコイ事はしない。
  4. 三振するとバットをいたわってあげる。
    • ウッズが三振するたびにベンチにはピカピカのバットが増える。
      • ピカピカバットが増えるのはバット磨きが上手いからである。その腕前を見たスポーツ用品メーカーはバット磨き用具を一式渡した。
  5. 守備に関してはアライバも舌を巻く名手である。
  6. 実は白人だが、炎天下の猛練習で日焼けしている。
  7. 昨年は盗塁王のタイトルを惜しくも逃した。
  8. 巨人戦には物凄く弱い。

偽ブライアン・ウルフの特徴[編集]

  1. 名字のスペルがwolfだ。
  2. 実は高橋由伸の本名。

偽エンジェル・エチェバリアの特徴[編集]

  1. 悪魔。
  2. オバンドーが再加入した後、ライバル心を燃やし打撃が絶好調。
  3. 2004.9.20、ダイエー相手にKYな逆転満塁サヨナラホームランを放つ。
    • SHINJOまで打席が回らず、観客はブーイング。

偽呉昇桓の特徴[編集]

  1. 2002年日韓ワールドカップの韓国代表として大活躍。
  2. 呉市出身

偽ウィルフィン・オビスポの特徴[編集]

  1. 毎日放送されているスポーツニュースのことだ。
  2. 帯広市出身。
    • 帯広市のスポーツ少年団に所属していた。

偽トーマス・オマリーの特徴[編集]

  1. ドジャースのオーナーだった。
  2. 実はトーマス・オマワリという名だ。
  3. 美声。
    • 絶対音感を持つ。歌わせばハズさず、楽器を吹く、弾く、叩くはお手の物。
    • 12球団の球団歌・応援歌を歌ったCDが発売された。
  4. 来日してから引退までずっと阪神一筋。
    • ヤクルトに移籍するなんてもってのほか。
  5. ベタな大阪弁を喋るので「顔はアメリカ。中身は大阪」と言われる。
  6. 引退後は阪神のスカウトとしても成功した。
  7. 口癖は「ハンシンファンハ、サイアクヤー」

偽ラモン・オルティズの特徴[編集]

  1. 2003年に内野手としてオリックスに在籍したことがある。
    • 相手打者の打球を得意のグローブ投げで捕球し、三塁打にしてしまった事も。
  2. 楽天の山崎武司に死球をぶつけ山崎から挑発されても、逆に挑発し返す。
    • 決して、ビビってへっぴり腰になる事はない。
  3. 山崎武の挑発にビビった挙句「日本のプロ野球は猛獣の檻の中だ」という迷言を残しそのまま帰国。
  4. は双子の弟。
  5. 愛称は「ビッグ・パピ」。

偽ローガン・オンドルセクの特徴[編集]

  1. ローガン・オンドゥルセクだ。

か行[編集]

偽アーロン・ガイエルの特徴[編集]

  1. 選球眼が悪く、打率の割に出塁率が低い。
  2. デッドボールが非常に少ない。
  3. ストⅡのキャラクターである。
    • 2D格闘ゲームにおける「待ちキャラ」の代名詞的存在である。
  4. 神宮球場で主催試合がある日は近くの地下鉄の駅の改札口までファンを出迎えに行く。

偽郭源治の特徴[編集]

  1. 光GENJI
    • 登板時はローラースケートで登場。
  2. よく見たら鶉原冶だ。
  3. 極度の高所恐怖症でパラシュート部隊に所属したことはない。
  4. 日本名は「格言児」だ。
  5. 「踊らない守護神」。
  6. 引退後は台湾に帰国した。
  7. 中日ではなく西武に在籍していた。

偽郭泰源の特徴[編集]

  1. 大陸出身の中国人。
  2. スローボーラー
    • ストレートとカーブの速度差で打者をかわす。
    • 星野伸之と競い合っていた。
  3. オリエンタル各駅停車。
  4. 中日に在籍していた。
    • 1988年はストッパーとして活躍し中日の優勝に貢献した。

偽リック・ガトームソンの特徴[編集]

  1. 髪の毛のことは全く気にしていない。
    • ドーピングで引っかかることはない。
      • 引っかかったのは×××のほうだ。
  2. あなたの近所の秋葉原
  3. 米軍出身のプロボクサー。

偽アレックス・カブレラの特徴[編集]

  1. 札幌ドームの屋根にぶつけた認定ホームランは数知れず。
    • そのため、札幌ドームが大好き。
  2. 元日本ハムのミラバルとはマブダチだ。
  3. 日本ハムの木下から三振を喫し、ランダエタの無念を晴らすことができなかった。
  4. ホンダの原チャだ。
    • あるいはトヨタのハッチバック型乗用車だ。
  5. つい最近日本国籍を取得した。
    • 日本人としての名前は「井上カブレラ亜烈久住」。
  6. 春季キャンプは2月1日には必ず来る。

偽ヘクター・カラスコの特徴[編集]

  1. 近鉄の守護神として大塚の穴を埋め切って余りある大活躍。
  2. むしろカラスミだ。
  3. 楽天の非公認マスコットだ。

偽バルビーノ・ガルベスの特徴[編集]

  1. 巨人の守護神。
  2. 審判に球をなげつけるなんてもってのほかだ。
    • 逆に審判からなぜか一方的にキレられてボールを投げつけられた被害者だ。
  3. 牛乳が大好きなのに、CM出演の話が来ないことを嘆いている。
  4. 山崎武司とともに名古屋場所の土俵に立ったことがある。
  5. とにかく温和で謙虚な性格だ。
  6. バッティングはまるで駄目だ

偽金泰均の特徴[編集]

  1. 痩せている。
  2. 金泰 均という名の日本人だ。
  3. 中川家の弟の方。
  4. 妹は少女時代のテヨンだ。

偽金無英の特徴[編集]

  1. 韓国プロ野球から鳴り物入りで入団。
  2. 本当は「金有英」だ。

偽エイドリアン・ギャレットの特徴[編集]

  1. 歌手と兼業していて、歌唱力は当時のチームメイトだった高橋慶彦よりはるかに上だった。
  2. 親族のなかで野球選手は彼自身だけだ。なに、兄弟で日本球界にいたことがあった?ご冗談を……。

偽セス・グライシンガーの特徴[編集]

  1. 超魔神だ。
  2. 研究ノートなんか書かない。
  3. 巨人時代、阿部以外とバッテリーを組むのを拒んでいた。

偽マイク・グリーンウェルの特徴[編集]

  1. 1985年の阪神日本一当時の主力打者。
    • 神様・仏様・グリーンウェル様
  2. 「神のお告げ」なんてもってのほか。
    • 「仏のお告げ」で長い間阪神打線を引っ張ってきた。
  3. 阪神史上最高助っ人。
    • 低年俸で大活躍。
    • 日本でしか活躍できない助っ人タイプ。
    • メジャーではからっきしだった。
  4. 震災で苦しむ兵庫県において、希望の星的存在となり、今まで伝説化している。
  5. 自打球で骨折しても試合に出続けた
    • 自打球で骨折して引退危機に直面するがファンからの期待の声と「野球を続けろという神のお告げ」で奇跡的に復活。復帰後初のお立ち台で「阪神ファンは一番や!」と叫び六甲おろしを熱唱した。
  6. そのカリスマ性から退団後は阪神の新外国人への高い期待の声とともに「グリーンウェルの再来」の呼び声が上がるが、その対象となった選手はほとんどが活躍できず結果的に「バース(暗黒時代を象徴するダメ外人)の再来」と化す。
    • 逆に期待値が低く開幕前に「バースの再来」と酷評された選手はその期待をいい意味で裏切って大活躍する。

偽ライアン・グリンの特徴[編集]

  1. 2007年の交流戦で大ブレーキ、ハムのパリーグ連覇を逃す戦犯となった。
  2. カッカすることはない。
  3. 息子はブサイク。
  4. アニメ・ポケットモンスターの主題歌を歌ったことがある。

偽マーク・クルーンの特徴[編集]

  1. ハエが止まるほど遅い球を投げる。
  2. 栄養のバランスには人一倍気を使う。
  3. 「MOTHER2」に登場する。
    • 調子がいいと「クルルーン」「クルンクルーン」になる。
  4. 義理堅く、YBに骨を埋めるつもりで、移籍はあり得ない。
  5. 自分のグローブは他人に好き勝手に触らせている。
  6. MARK Xの後継車だ。
  7. 火の玉ストレートを投げる。
  8. SKE48チームE所属。

偽ウォーレン・クロマティの特徴[編集]

  1. 魁!クロマティ高校の主人公。
    • パブリシティー権にも寛容。
  2. 史上最悪の助っ人。
    • 4割どころか、2割以上を打ったことがない。
  3. ファンサービスに無頓着。
    • ホームランを打った後に、外野スタンドのファンと万歳をするなんてありえない。
  4. 1987年の日本シリーズは俊敏なプレーで巨人の日本一に貢献。
    • シングルヒットの当たりで1塁走者がホームに生還なんてありえない。
  5. デッドボールを受けて、投手に右ストレートを食らわせるなんてありえない。
  6. 阪神ファンにヤジられてトラブルを起こして退団。
  7. 「黒町 黄連」という日本人だ。
    • 黒松井。
  8. 良く見たらモスビーだった。
  9. 1985.4.17、甲子園でバース、掛布、岡田のホームラン性の当たりをすべてキャッチするという離れ業をみせた。
  10. 色白。
    • 「シロマティ」だ。

偽ボビー・ケッペルの特徴[編集]

  1. よく見たら「ボビー・ペッケル」だ。

偽リッチ・ゴセージの特徴[編集]

  1. ゴセージだけに5セーブ止まり。
  2. 日本でしか活躍できない助っ人タイプ。
  3. 愛称は所属チーム名と同じく「ホーク」だった。

さ行[編集]

偽C.C.Leeの特徴[編集]

  1. よく見たら「C.C.Lemon」だ。

偽ブライアン・シコースキーの特徴[編集]

  1. ヘリコプター会社の御曹司。
  2. 父親はナリタブライアン。
  3. ベンチにはちんたらちんたらと帰るので、遅延行為と見なされ警告を受けることが多い。
  4. 肩の脱臼癖に悩んでいる。
  5. ストレートが凄まじく遅い。130km/h台前半。
  6. 始球式専門のピッチャー。
  7. アンチ関東。
  8. シコーキライー。
    • シコースケート。

偽ドン・ジマーの特徴[編集]

  1. 日本でしか活躍できない助っ人タイプ。
    • コーチとしても無名。
  2. 松井がヤンキースに入団したときも55を譲らなかった。
  3. 決して感情を露にしない。
  4. ペドロ・マルティネスにはたき込まれない。
  5. ファールボールが直撃しない。
    • 翌日「NY」ロゴ入りの軍用ヘルメットを被って笑いを誘わない。

偽スティーブ・シャーリーの特徴[編集]

  1. アッシュフォード学園の生徒だ。

偽デービー・ジョンソンの特徴[編集]

  1. MLBや各国の五輪チームの指導者の実績より、巨人の選手としての活躍が輝かしかった。
  2. 親族に複数、広島の選手を経験している者がいる。

偽ボビー・スケールズの特徴[編集]

  1. 登録名が「透け~るず」だ。
  2. バントが上手く、2番としてさっそく定着。
  3. 愛称は「格さん」。

偽フリオ・ズレータの特徴[編集]

  1. 金村(日本ハム→阪神)からデッドボールを受けても暴力を振るわない。
    • 暴力を振るったのは金村のほうだ。
    • その姿に札幌ドームの日本ハムファンはスタンディングオベーション。
  2. スエズウンガー!カイロファイヤー!

偽ターメル・スレッジの特徴[編集]

  1. スレッジハンマー(大きな金槌)という愛称の通り、岩手県大槌町出身。
  2. 木製バットでなく、金槌を持って打席に立つ。
  3. 焼き肉をダルビッシュにおごってもらおうと要求するなんてもっての外。
  4. クライマックスシリーズでは得点圏のチャンスから福盛、岩隈に三振
  5. ドラゴンクエストVI」でスライム格闘場を経営している。

偽フェルナンド・セギノールの特徴[編集]

  1. 日本シリーズの慣れない守備でファーストミットとバナナを間違えて守備についた。
  2. ユニフォームに「医薬品」と書いてある。
  3. 堅物で気性は激しく、デッドボールで怒り狂ってマウンドに走って乱闘の火種となったことは数知れない。
  4. 実はF1ドライバーだ。
    • 2010年のフェラーリ移籍が内定している。
  5. 小柄。
    • 足のサイズも23.5cm。

偽ディオニス・セサルの特徴[編集]

  1. 二塁手が本職。
  2. 失策の借りは返せない。
    • 失策したあげく好機を潰してそのままメキシコへサヨナラ。
  3. 上層部のゴマをすって一軍入りを果たした。

偽エンジェルベルト・ソトの特徴[編集]

  1. 登板時は天使の輪のような黄色のベルトを付けている。
  2. 実はミスター・ビーンだ。
  3. 実はナカだ。

偽アルフォンソ・ソリアーノの特徴[編集]

  1. カープ時代の実績を大いに評価されてメジャー入りを果たした。

偽宣銅烈の特徴[編集]

  1. 北朝鮮の至宝のエース。
  2. 中日時代のあだ名は「バイキンマン」。
    • クローザーとしてマウンドに上がっては悉く炎上していたため。
  3. 本当はヘテ・タイガース時代の18番が欲しかった。
  4. シ○ナーの吸引歴がある。
  5. どんよりしている。
  6. 反日家でとにかく日本を批判する発言を繰り返すため祖国の右翼から「愛国者」と絶賛された。

た・な行[編集]

偽ショーン・ダグラスの特徴[編集]

  1. マイク・タイソンを倒した。
  2. イチローに弱い。

偽オレステス・デストラーデの特徴[編集]

  1. プエルトリコ出身。
  2. 西武を代表するヒットマン。
  3. 覆面レスラー。
    • 和田アキ子と番組で共演。
  4. ライダーキックが得意。
  5. ヒットを打つと無邪気に大喜びをした。

偽ドミンゴ・グスマンの特徴[編集]

  1. 足がすごい遅い。
  2. 楽天史上最強の救援投手。
  3. 楽天では守護神を任された。
  4. スバルと関係がある。
  5. 投手にもかかわらず連続打席安打の日本記録を持つ。
  6. ニコニコ動画を運営している。

偽ジョナサン・ナナリーの特徴[編集]

  1. ブリタニア皇族だ。

は行[編集]

偽タイ・バンバークレオの特徴[編集]

  1. 秋山、清原とともにアイドルグループを結成していた。

偽ランディ・バースの特徴[編集]

  1. 阪神暗黒時代を象徴する極悪人だ。
    • 神のお告げで帰国。
  2. あだ名は「鬼・悪魔・疫病神」。
    • 息子は病気一つしない代わりに、父親の自分がやたらに病気と怪我が多く、そのたびに欠場しまくった。その為に治療費がウンとかかった。
  3. 本塁打が1桁止まり。
    • その為、敬遠された回数が皆無に等しい。
  4. 痩せ型で髭も無く、カーネル・サンダースとは似ても似つかない。
  5. 車はいつも安全運転。
  6. 登録名はふつうに「バス」だ。
    • 実はスペルも「Bus」だ。
  7. ファンにサインをねだられると放送禁止用語一言で退散させる。
  8. 背番号「44」は活躍できない番号として永遠に封印された(栄誉としての永久欠番とは意味が違う)。
    • 逆永久欠番だね。
  9. 開幕前に期待度の低い新外国人は「バースの再来」と酷評されると逆に成功フラグになる。逆に「グリーンウェル(黄金時代の主力打者で球団史上最高助っ人)の再来」と高い期待をかけられるとry

偽アロンゾ・パウエルの特徴[編集]

  1. 阪神移籍後に活躍した。
    • 中日では全く活躍できなかった。
  2. 一時期100m世界記録を持っていた。
  3. 星野仙一の鉄拳制裁を賞賛していた。

偽ジェレミー・パウエルの特徴[編集]

  1. 合併により別球団とはなったが「バファローズ」一筋。
  2. 金銭への執着心など存在しない。
  3. 楽天の山崎武司とはフレンドリーな関係。
  4. 恩人である王監督のヤフードーム最終試合にもベンチ入り。
  5. アドレスの後ろにつく「jp」とは、彼のことを指している。
  6. 日本郵政のイメージキャラクターになった。
  7. イギリスの某車番組の司会。

偽朴賛浩の特徴[編集]

  1. 長いマイナー生活の末昇格。
    • あるいは韓国のプロ野球を経験している。
  2. 今はマンチェスターにいる。
  3. D.Gray-manのキャラクターだ。

偽ジーン・バッキーの特徴[編集]

  1. 相手チームのコーチと乱闘するなどもってのほか。
  2. 阪神時代は成績が芳しくなかったが、近鉄に移籍してからは大活躍した。
    • ゆえに、外国人投手の通算勝利記録を更新することができた。

偽ネルソン・パヤノの特徴[編集]

  1. 「早野」という日本人だ。
    • 得意技はもちろん「ダジャレ」
  2. 実は政治家だ。
  3. チームメイトのマキシモ・ネルソンとは兄弟だ。

偽ラリー・パリッシュの特徴[編集]

  1. 三振してもベンチで暴れたりはしない。
  2. ワニようなこわい動物など食えるわけない。

偽セドリック・バワーズの特徴[編集]

  1. 日産自動車がネーミングライツを持っていた。
    • 横浜F・マリノスの選手だ。

偽アーロム・バルディリスの特徴[編集]

  1. 阪神、オリックスの入団テストを受けて不合格になったが、DeNAの入団テストに合格して入団。
  2. 宇宙戦士だ。
    • 応援歌を作曲したのは故・羽田健太郎氏。

偽ルイス・ヒメネスの特徴[編集]

  1. か細いお姫様。
  2. シーズンオフはセリエAで活躍中。

偽トラビス・ヒューズの特徴[編集]

  1. 彼がキレるとハマスタの照明が落ちる。

偽エリック・ヒルマンの特徴[編集]

  1. 日本ハムの監督として再来日。
  2. 「小錦の肩に乗せられたようだ」と発言した。
  3. 「シンジラレヘーン」

偽デュアン・ビロウの特徴[編集]

  1. 広尾の由来は、彼が在住していたことから来ている。

偽ブーマー・ウェルズの特徴[編集]

  1. 外国人初の三冠王をバースに先を越された。
    • 規定打席到達者で初の「逆三冠王」(打率・本塁打・打点すべて最下位)を獲得した。
  2. ボキャブラ天国によく出演していた。

偽ブライアン・ファルケンボーグの特徴[編集]

  1. サイボーグだ。

偽セシル・フィルダーの特徴[編集]

  1. 阪神で長い事プレーしていた。
    • 息子も阪神でプレーしている。
  2. 間違っても失踪などしない。
  3. 通販の関係者。
  4. 愛車は「カローラ フィールダー」

偽ホセ・フェルナンデスの特徴[編集]

  1. 守備をそつなくこなすが、打撃はいまいち。
  2. 今後日本ハムとソフトバンクでもプレーする予定。
  3. 通称「マヨ」は、大のマヨラーであることから。

偽ラルフ・ブライアントの特徴[編集]

  1. 中日一筋。
  2. ホームランバッターというよりはヒットマンで三振も少ない。
    • 実は四球王でもある。選球眼の良さで知らぬファンは居ない。
  3. 東京ドームで場外本塁打を放った。
  4. 北海道新冠町生まれだ。
  5. 用具は大切にする方だ。
  6. あまりの人気ぶりから早くもキャラクター化され、今でもランク王国で見られる。
  7. 父子揃ってNBAで活躍。
    • 父は日本で指揮を執っている。
  8. 兄はミハエル。
  9. 現在は日本テレビのアナウンサーとして「高校生クイズ」「NEWS ZERO」などで活躍中。
  10. 「48時間」「ビバリーヒルズ・コップ」などに出演。
  11. 引退後は成田家に婿に入った。

偽マーティ・ブラウンの特徴[編集]

  1. 現役時代にも退場経験がある。
  2. 現役時代から不真面目で、すぐ手抜きする。対戦成績の悪いチームと当たる時は仮病を使う。帰国時に吐いたセリフは「日本のヤキュウは大した事ないね。アメリカのベースボールがやっぱり一番さ」
  3. 監督時代にまで真面目で通っていて、抗議も紳士的に行っていた。

偽クレイグ・ブラゼルの特徴[編集]

  1. ブラジル出身だ。
  2. 置物だ
  3. 牛丼は大嫌い。
  4. 西武で成功した事に味を占め、一旦アメリカで調整してから阪神に入団した。

偽フリオ・フランコの特徴[編集]

  1. 2005年に千葉ロッテに復帰した。
  2. 30目前で引退した。
  3. 間違っても観客席にバットを放り投げるという行為はしない。
  4. 「神のお告げ」を信じない。

偽トニ・ブランコの特徴[編集]

  1. 白人だ。
    • 「白いブランコ」の異名を持つ。
  2. そろばん片手に「What's your name?」。
    • ざんすざんす、さいざんす
    • レディース!ア~ンジェントルメン!おとっつぁんア~ンドおっかさん
  3. ナゴヤドームで初めてとなる場外HRをぶっ放った。
  4. 中日を代表する地雷外国人選手
  5. シーソーだ
    • 滑り台だ
  6. タイニーブロンコだ
  7. 神様は信じていない。

偽ロベルト・ペタジーニの特徴[編集]

  1. 義理の息子の「ペタジーニ・ジュニア」がヤクルトに在籍していた。
  2. 奥さんは20歳年下。
  3. 外野を普通に守れる。
  4. ヤクルト時代はラミレスと仲良し。

偽ベニー・アグバヤニの特徴[編集]

  1. 本名は「友利結」だ。
  2. 「プッシュ、プッシュ」が信条だ。
  3. ハワイが米国50番目の州だから背番号「50」なんてベタなことはしない。
    • たまたま50番しかあいていなかったからだ。
      • 本当は50番以外の空き番がよかったけど、球団に説得されてシブシブつけている。
  4. ケビン・ミラーと引き換えに中日に入団した。
  5. バレンタインがメッツの監督だった頃、ヤンキースの四番だった。
  6. 代表曲は「サンライズ」、「Dreamland」など。
  7. 内藤大助を投げ飛ばした。
  8. 体つきに似合わず、サーフィンが非常にうまい。ハワイでの大会では毎年優勝。自宅の豪邸は野球ではなくサーフィンで稼いだ金で建てた。

偽ライアン・ボーグルソンの特徴[編集]

  1. 読売ジャイアンツをへてデトロイト・タイガースで活躍。

偽ボブ・ホーナーの特徴[編集]

  1. 青鬼。
  2. ヒットマンでホームランは0本。
  3. 日本で長期間プレーし大リーグには戻らなかった。
    • その割にCMは1本もなかった。

偽メル・ホールの特徴[編集]

  1. 愛甲から「史上最高のプロ野球選手」と評された。
    • DHで試合出場の時に自分の出番が無い間、ゲームするなんてもってのほか。
    • 同じチームメイトの助っ人外国人をパシリにしていじめるなんてあり得ない。
      • むしろご飯をおごってあげたりと気前がよかった。
        • そのチームメイトからは「ホールはいい奴だった、今どうしてるんだろうか。」と語っていた。
  2. メジャー時代はさっぱりだったが、日本に来てから頭角を現した。
  3. 守備時にはきちんと帽子をつけていた。
    • むしろ打席に立つ時にはヘルメットをつけず、帽子のままだった。
  4. 応援歌はもちろん自社製品のロッテのお菓子のCM。
  5. もちろん前科無し。
  6. 引退後に性犯罪者から襲われていた少女を救って全米から賞賛され、米大統領から表彰された。

偽ヒラム・ボカチカの特徴[編集]

  1. 地下街の防火活動が本職だ。
  2. 実は名前の響きだけで契約した。
  3. アルゼンチンのプロサッカークラブと関係がある。

偽マイカ・ホフパワーの特徴[編集]

  1. 軟体動物。
    • マダコ・ホフパワーだ。
  2. ファミリーネームのスペルがHoffpower
  3. 本業は保父で、アルバイトで野球をやっている。
  4. 実は下の名前はキラ・カアイフエだ。

ま・や行[編集]

偽マット・マートンの特徴[編集]

  1. きわめて傲慢で不真面目。
    • ダッグアウトの中でマンガを描いてたりしている。
  2. 相手の研究などをろくすっぽしないため、全く打てず。
  3. そのために阪神ファンからは蛇蝎のごとく嫌われている。
  4. 実は中国のおまるだ。
  5. 能見篤史を称賛し、ファインプレーを見せた。
  6. 美しい黒髪が特徴だ。

偽チャーリー・マニエルの特徴[編集]

  1. 剣道の面を模したヘルメットをかぶっていた。
  2. 引退後は日本球界でコーチ・監督を務めた。

偽ドミンゴ・マルティネスの特徴[編集]

  1. 長距離打者というより、むしろ巧打者タイプの助っ人。
  2. やせ型で俊足の上、守備もピカイチだった。
    • 投手陣から「レフトとは言わずむしろセンターで守らせてほしい」と言われるほど評された。
  3. 西武退団の理由は契約に折り合いがつかなかったから。
    • そして巨人入団時は西武以上の破格の待遇だった。

偽ライアン・マルハーンの特徴[編集]

  1. 7のつく日は大活躍。
  2. 本名は「ライアン・マルハーン・ニチロー」だ。

偽ダン・ミセリの特徴[編集]

  1. 巨人で大活躍。
  2. 巨人軍史上最悪の助っ人外国人』と言われたことはない。
    • 巨人を解雇された日に浅草観光をするということはしない。
    • 浅草観光する時はシーズン終了後、帰国前日だ。
      • ついでに日本の著名な観光地を一通り巡り、満足して帰って行った。
        • 「巨人軍史上最高の助っ人外国人」だ。
  3. ホークスの若きストッパーとして期待されていたが、ここ数年伸び悩んでいる。
  4. 刺身などと一緒についている。

偽ランディ・メッセンジャーの特徴[編集]

  1. とても背が低い。かつて同僚だった平野恵一かそれ以下か。
  2. 三振が全く取れない。
  3. スタミナがなく毎回70球程度で降板してしまう。最低10日は登板間隔をあけなくてはならない。
  4. プライドはなく毎回開幕投手を能見に譲る。
  5. もちろんオーストラリアパース州の衆議院議員である。
  6. メッセンジャー黒田とはそっくりで良く街中で間違えられる。
  7. ジロリアン。ヤサイは必ずマシマシにする。
  8. 家系ラーメン好きが高じてベイスターズに移籍した。
  9. FacebookのMessengerというアプリを愛用している。
  10. 本業は自転車便だ。

偽ルイス・メンドーサの特徴[編集]

  1. 登録名が「面倒さ」

偽フアン・モリーヨの特徴[編集]

  1. 盛岡出身。
  2. 球が遅い。

ら・わ行[編集]

偽ジム・ラフィーバーの特徴[編集]

  1. シドニー五輪で米国代表の監督を務め、金メダルに導いた。

偽アレックス・ラミレスの特徴[編集]

  1. 奥さんは年下。
    • 自分の実の娘の友達と再婚した。
  2. 三振するとパフォーマンスを披露する。
    • 1年目は「どうもすみません。」だった。
    • 最新のネタより昭和の芸人のネタを流用する。
  3. ボストン・レッドソックスの4番。
    • ロサンゼルス・ドジャースに移籍
  4. セリーグ初のシーズン200本塁打を達成した。
  5. 浦和レッズ所属。
    • 名古屋グランパスに移籍
  6. ボールをじっくり見るタイプで、打率の低い割に出塁率は高い。
  7. 守備の名手でレフトの守備は球界一。
  8. AKB48のメンバー。

偽グレッグ・ラロッカの特徴[編集]

  1. よけるのがうまくて死球はあり得ない。
  2. オリックスが来日初球団。
  3. コンバット越前の戦友。
  4. 髪が長い。
  5. 故障が少ない。
  6. 焼き肉なんか大嫌いだ

偽アダム・リグスの特徴[編集]

  1. よく滑る。
    • 「アダム・グリス」だ。
  2. 2008年シーズンより、韓国・斗山からスワローズに入団。
  3. 第一使徒・第二使徒

偽リック・ショートの特徴[編集]

  1. その名字どおり、遊撃手が本職だ。
  2. 守備の人であり、打率は非常に低い。

偽オマール・リナレスの特徴[編集]

  1. キューバ時代は国の面汚しと非難されていた。
  2. 2004年の日本シリーズにおいて巧みな走攻守で西武を圧倒、ドラゴンズを50年ぶりの日本一に導き、優良助っ人の名を欲しいままにする。
    • ドラゴンズファンにとって神同然。永遠に語り継がれるべき最高助っ人。
  3. 走者時の牽制球に対するリタッチは芸術品で、アウトになる時はほとんどない。
  4. キューバ帰国後は名スカウトとして優良な選手を日本球界に次々と送り込み、そのほとんどが成功している。

偽林威助の特徴[編集]

  1. 「はやし いすけ」と読む。
    • 違う、林はリンって読むんだ!バカ!!「リン イスケ」だ
  2. 2007年に大ブレーキを起こした。
    • 長打は出ない、三振の山。
  3. 日本へは阪神に入団が決まって初めて来た。
  4. 高校野球は3年間プレーした。
  5. 守備は非常にうまい。
  6. 怪我しにくい。
    • 当然、台湾代表としてオリンピック予選にも出場した。
    • 2008年の開幕にも間に合った。
      • 早く帰ってきて…

偽トッド・リンデンの特徴[編集]

  1. 野村監督の退任を一番惜しんでいた。
  2. 実は「林田」という日本人だ。

偽ランディ・ルイーズの特徴[編集]

  1. 髪が桃色掛かったブロンドだ。
  2. とともに姫を助けに行くこともある。

偽コルビー・ルイスの特徴[編集]

  1. ツンデレヒロイン。
    • 齊藤悠葵をバカ犬と呼んでいる。
  2. 菓子メーカーだ。
    • 広島地区限定で、彼の写真入りかっぱえびせんが出る。
  3. ゴルビーだ。

偽エクトル・ルナの特徴[編集]

  1. 名言「月に向かって打て!」は彼の言葉。
  2. かつて「美少女戦士セーラームーン」に登場したことがある。
  3. 中川翔子の愛猫だ。

偽呂明賜の特徴[編集]

  1. 大陸出身の中国人。
  2. 桑田ではなく、清原にそっくり。
  3. アジアのピストル。
    • ヒットマンで、ホームランは0。
  4. 外国人枠に阻まれ、一軍での出場は無かった。
  5. 織田哲郎。
  6. 前世はカニ。

偽タフィ・ローズの特徴[編集]

  1. 審判への抗議や死球に対する報復行為とは無縁の紳士。
  2. 近鉄在籍時代日本語を覚えようとも喋ろうともしなかった。
  3. オリックスの入団テストを受けたとき、「野球に対する情熱と野球に関するすべてのものがなくなった」と言ってそのまま帰国した。
    • 横浜の日本一に大きく貢献した。
    • そりゃロバーt(ry
  4. 巨人時代、単車で球場へ来ようとして怒られたりしない。
    • 巨人時代には「ジャイアンツ、ダイスキ」宣言した。
  5. 近鉄時代の選手別応援歌がそのままオリックスのチャンスのテーマとして使われている。
  6. 特技はEF81型での牽引。
  7. スペルはもちろん「ROSE」。
    • 実は「LOSE」だ。
      • あまりにも縁起が悪いので強制的に「ROSE」に変えさせられた。

偽ロバート・ローズの特徴[編集]

  1. スペルが「RHODES」。
  2. ロッテでも活躍。
  3. 横浜ファンの「ハッスル ロバート GO!GO!GO!」の応援歌で有名。
  4. ホームランは多いが打率は低い「ホームランか三振」タイプの打者。

関連項目[編集]

偽プロ野球の特徴
セントラル・リーグ パシフィック・リーグ

偽東京ヤクルトスワローズ 偽中日ドラゴンズ 偽広島東洋カープ 偽阪神タイガース 偽横浜DeNAベイスターズ 偽読売ジャイアンツ

偽オリックス・バファローズ 偽北海道日本ハムファイターズ 偽千葉ロッテマリーンズ 偽東北楽天ゴールデンイーグルス 偽福岡ソフトバンクホークス 偽埼玉西武ライオンズ

現役選手:偽セ・リーグ選手 | 偽パ・リーグ選手
引退選手:あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行~
偽退団外国人選手 | 偽審判 | 偽マスコット
偽野球場偽甲子園 | 偽ナゴヤドーム



関連記事