偽佐賀の特徴/市町村

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

<偽佐賀の特徴

偽佐賀の特徴[編集]

  1. 九州の中枢都市で、福岡を田舎とコケにする
    • 福岡と仲良しだ。
  2. 世界遺産に指定される。と同時にオ○エンタルランドが佐賀市の観光開発を表明し第三のディ○ニーテーマパーク構想が発表される。
    • 新パークのテーマは「幕末日本と世界、アジアの奇跡」となる。

偽鳥栖の特徴[編集]

  1. 実は福岡県にある。
  2. 西鉄が通っている。
  3. 鳥栖市に住む条件はバレーのトスができること。
  4. バレーのトスの発祥の地。
  5. JCTがややこしくない。
  6. トリスウイスキーの工場がある。

偽伊万里の特徴[編集]

  1. 今でも県庁所在地である。
  2. 福岡市地下鉄がここまで乗り入れている。

偽吉野ヶ里の特徴[編集]

  1. 町内全域が吉野ケ里遺跡だ。

偽基山の特徴[編集]

  1. 福岡県に属している。
  2. 西鉄が通っているが、JRは通っていない。

偽鹿島の特徴[編集]

  1. 実は「肥前鹿島市」だ。
    • 茨城県鹿島町の市制施行に合わせて改名した。
  2. 鹿島アントラーズの本拠地がある。

偽嬉野の特徴[編集]

  1. 嬉野雅道の出身地だ。
  2. 市内で鹿を見かけた時は「シカでした」と言わなければならない。



関連記事