偽大相撲力士の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

横綱・大関経験者[編集]

偽白鵬翔の特徴[編集]

  1. 上戸彩とCM共演した事で目標を達成し、横綱昇進に全く興味がない。
    • 「Fuji Xerox」のCMでは、やはり女性のスカートの中を覗いている。
  2. 優勝記者会見に奥さんを実際に呼び、いちゃいちゃしまくる。
  3. 朝青龍にも正面から正々堂々と向かっていく。
  4. 取組前には汗を拭く。
  5. 怪我したと偽り祖国でサッカーの試合に出場し、2場所出場停止処分をくらう。
  6. 正に鳴り物入りで角界にデビューした過去がある。
  7. 2000年のモロ出し事件の当事者の対戦相手。
  8. 毎場所初日は安定した取り口をとる。
  9. 明徳義塾高校出身。
    • または鵬翔高校出身。
  10. 高砂部屋所属で実は「朝白龍」。
  11. 角界一のヒール力士。
  12. 白鵬なのに色黒だ。
  13. モンゴル人と結婚した。
  14. 弟弟子に黒鵬、赤鵬、青鵬、黄鵬、緑鵬、紫鵬、茶鵬などがいる。

偽鶴竜力三郎の特徴[編集]

  1. 「鶴竜力・三郎」だ。
  2. 同期には「亀虎」という力士がいた。
  3. 横綱昇進直前の2場所で連続優勝した。
  4. 白鵬には滅法強くカモにしているが、大関横綱それぞれ昇進2場所前には連敗した。

偽琴奨菊和弘の特徴[編集]

  1. 押し相撲をとる
  2. 今もブログをやっている
  3. 日馬富士に分が悪い
  4. 中洲でモテモテ
  5. 必殺技はガブピース。
  6. とてつもない酒豪。
    • 結婚披露宴の際には「新郎はとにかく飲みまくりますので驚かないでください」とアナウンスされたほど。
  7. 日本出身力士として久々の優勝を果たしたのは地元九州場所。

偽豪栄道豪太郎の特徴[編集]

  1. 未だに2場所連続で関脇に在位できたことがない。
  2. 白鵬キラーとして知られる。
    • その一方で琴奨菊には極めて分が悪い。
  3. 下の名前も本名ではない。

偽照ノ富士春雄の特徴[編集]

  1. 逸ノ城と特に仲が悪い。
  2. 一般的なモンゴル人力士のイメージ通りの軽量。
  3. しこ名は「しょうのふじ」と読む。
    • あるいは「てりのふじ」。
  4. 幕下十五枚目格付出で初土俵を踏んだ。
  5. カレーライスが大好物。
  6. 清國最後の弟子だった。

偽髙安晃の特徴[編集]

  1. 父親がフィリピン人で母親が日本人。
  2. 当初は本名で取るのが嫌だった。
  3. 初めて相撲に出会ったのは小学生の頃。
  4. 平成生まれの力士で初めて大関になった。
  5. 突き押しがあまり上手くない。

偽栃ノ心剛史の特徴[編集]

  1. 米ジョージア州出身。
  2. スロー出世だが大怪我とは無縁だ。
    • 初優勝が遅かったのはもちろんスロー出世のせい。
  3. 歯科医の資格を持っている。
  4. ワインが大嫌い。
  5. 妻は日本人。

偽貴景勝光信の特徴[編集]

  1. 四股名は親方、おかみさん、「お兄ちゃん」から一文字ずつとった。

最高位関脇以下[編集]

偽安美錦竜児の特徴[編集]

  1. 実は「網錦」。
  2. 常に綺麗な標準語を話している。
  3. 取り分け番付が上位の力士を苦手としている。
    • しかし下位相手に取りこぼす事は無い。
  4. 現役力士でありながらちゃんこ屋を経営している。
  5. 入門前は「青森の竜児」として悪名高かった。
  6. 燃焼系飲料の懸賞がかかる。
  7. インタビューでの言動が控えめ。

偽豊ノ島大樹の特徴[編集]

  1. 身長はかなり高い。
  2. 新弟子検査の第二受検は受けていない。
  3. 出稽古に来た朝青龍を病院送りにした。
  4. 平幕で14勝1敗した翌場所三役に昇進した。

偽栃煌山雄一郎の特徴[編集]

  1. 吊られた姿から北の富士に「鮟鱇」と呼ばれた。
  2. 久々の日本人力士の幕内での優勝者となった。
  3. 高校は県外の高校に進学した。

偽富士東和佳の特徴[編集]

  1. 本名は「足立」でも出身地は渋谷区。
  2. 小食。
  3. 静岡県立富士東高校出身だ。
  4. 実は女性だった。

偽遠藤聖大の特徴[編集]

  1. 実は本名は「遠藤」ではない。
  2. 初土俵時から髷を結っている。
  3. あまりのスピード出世のためファンもまだ少ない。
  4. 大のゲーマー。
  5. よく見ると「円藤」だった。
    • もしくは「豌豆」。
  6. 角界きってのNo.1ブサイク力士である。
  7. 実は長州小力である。

偽舛ノ山大晴の特徴[編集]

  1. 千葉県生まれだが生後すぐフィリピンに引っ越した。
  2. 長丁場にならないと力を出せない。
  3. 唯物論者。
    • 霊などいるわけがないと公言している。
  4. 実家が床屋。

偽明瀬山光彦の特徴[編集]

  1. 体が硬く酷評されている。
    • 「タイルに鎹」と揶揄される。
  2. 中学横綱に輝いた。
  3. 各段優勝がない。
  4. 幕内格行司も兼ねており、取り組みが終わるとすぐさま装束を身に着ける。

偽逸ノ城駿の特徴[編集]

  1. ウランバートル出身の都会っ子。
  2. 明らかに小兵の部類に入る。
  3. 高校卒業後すぐ入門した。
  4. 四股名は「いつのじょう」と読む。
  5. 新入幕の場所で2勝13敗と大きく負け越した。
    • それでも白鵬には勝っている。

偽魁聖一郎の特徴[編集]

  1. 放駒部屋→芝田山部屋の「さきがけ・せいいちろう」だ。
  2. 元野球少年。
  3. 苗字を何度か変えた。
    • 「鈴木」や「原」だった時期もある。
  4. 平幕下位では目立たないが、上位に来ると大暴れする。

偽佐田の海貴士の特徴[編集]

  1. 大阪府堺市出身。
  2. 出羽海部屋所属。
  3. 新入幕の会見に記者が一人も来なかった。
  4. 15戦全敗を経験した。

偽御嶽海久司の特徴[編集]

  1. 読みは「おんたけうみ」だ。
  2. 岐阜県出身。
  3. 角界でも有数の絵のうまさを誇る。
  4. 周囲が心配することがあるほどの稽古熱心。
  5. 母はウズベキスタン出身。

偽宇良和輝の特徴[編集]

  1. とにかく体が硬い。
    • それに伴い技の数も少ない。
  2. ボクシングの経験がある。
  3. 京都府の出身で大阪の高校に在学していた。
  4. 一場所で複数回居反りを決めるのが普通。
  5. ロシア人の血が入っている。
    • 四股名はロシア語で万歳を意味する「ウラー」からとった。

偽玉鷲一朗の特徴[編集]

  1. 新三役までの場所数は外国出身力士で最も少ない。
  2. 手先がかなり不器用。
  3. 大関陥落寸前の琴奨菊を倒すことがどうしてもできなかった。
  4. 四つ相撲が得意だ。

偽阿武咲奎也の特徴[編集]

  1. 四股名は「あぶのさき」と読む。
  2. 貴景勝とは犬猿の仲。
  3. この人を引き技で倒すことはとにかく困難。
  4. 角界有数の音痴として知られている。

偽妙義龍泰成の特徴[編集]

  1. 群馬県出身。
    • 四股名は妙義山にちなむ。
  2. 豪栄道と同期入門だった。

関連項目[編集]




関連記事