偽山口の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 県内全域が広島に向いている。
  2. 下関市よりも山口市の方が知名度、人口で勝っている。
  3. 山口市、下関市が国内有数の政令指定都市。しかも、宇部市周南市防府市岩国市も中核市。
  4. 九州と仲が悪い。
  5. 韓国と、中国へ向かうフェリーが運航されていない。むしろ貿易禁止になっている。
  6. ケーブルテレビの加入率が異常に低い。
    • 県内全域でフジテレビの番組がリアルタイムで見られる。
  7. 新山口駅には全ての新幹線列車が停車する。山陽本線は15分に一本新快速が、30分に一本快速が、5分に一本普通列車が走る。山陰本線、岩徳線、山口線、美祢線、錦川清流鉄道が全部電化、宇部線、小野田線も含めて5分以上待たなくても電車に乗れる。
    • そのおかげで道路整備が非常に悪い。
  8. ういろうは名古屋名物と素直に認める。
  9. 今までに総理大臣が一人も出ていない。
  10. 明治維新にまったく貢献していない。
  11. ガードレールがピンク色
  12. □に入る言葉を答えよ。『山口』
    • 『山田』
  13. ここ数年、殺人事件が起きていない。
  14. 津和野町や益田市がある。
  15. 県庁が防府市にある。
  16. 会津と和解している。
  17. 知事選挙には毎回多数の立候補者がいて、投票率も90%近い。
  18. 県民紙といえば山口新聞。全国紙よりも読まれている。
  19. きらら397は北海道のお米である。



憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事