偽山梨の特徴/市町村

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

偽甲府市の特徴[編集]

  1. 日本の法律はまずここで公布される。

偽大月市の特徴[編集]

  1. 秩父を敵視している。
  2. 大槻ケンヂで新たに町おこしをするために「大槻市」への改名を考えている。
  3. 大月みやこの出身地だ。
    • 大月楽器店の本店もあった。

偽山梨市の特徴[編集]

  1. もちろん県庁所在地である。
  2. 市の木も市の花ももちろんヤマナシである。

偽中央市の特徴[編集]

  1. 日本の面積はここがちょうど中央。
  2. 左寄りの人も右寄りの人も市に入れない。入れるのは中道の人だけ。

偽南アルプス市の特徴[編集]

  1. 市役所が南アルプスの北岳の頂上だ。
    • なので山開きされていないと市役所には入れない。旧櫛形町にあるのはあくまで支所。
  2. 現在も鉄道が通っている。
    • 「南アルプス」という特急が走る。

偽甲州市の特徴[編集]

  1. 住んでいる人はみんな口臭が激しい。

偽北杜市の特徴[編集]

  1. 小淵沢町には市役所がある。
  2. かつて北杜夫が住んでいたことがある。

偽上野原市の特徴[編集]

  1. 実は群馬県の自治体。
    • 市名の読みも当然「こうずけはら」。
    • あるいは三重県の自治体。

偽笛吹市の特徴[編集]

  1. 誰も踊らない。
  2. 読み方は当然「うすい」。

偽市川三郷町の特徴[編集]

  1. 武蔵野線が通っている。
    • 東京外環道・国道298号・江戸川も通っている。
  2. 人口63万人の巨大な町。

偽忍野村の特徴[編集]

  1. 海が八つもあるので、七つの海を持つ地球全体より広い。



関連記事