偽日野自動車の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全般[編集]

  1. 今でも乗用車を生産している。
  2. 日産ディーゼルとバス事業を統合している。
  3. プロフィアと現行セレガにV8エンジンのラインナップがある。
  4. パリ・ダカに参戦しない。
  5. 三菱ふそうとバス事業を統合している。
  6. 乗用車を生産したことない。
  7. 2代目ポンチョは四角をモチーフにしている。
    • もちろんヘッドライト、テールランプ、ウインカーなどは角型である。
  8. 「日野」は創業者の苗字だ。
  9. トヨタ自動車の完全子会社である。
  10. 現在もダブルデッカーを生産している。
  11. 2代目ポンチョには前中扉の設定もある。
  12. メルファとレインボー(中型10.5m)にJ08Eのターボのラインナップがある。
    • 最高出力240PS。
  13. ブルーリボンⅡに9m車のラインナップがある。
  14. 現在もブルーリボンシティにディーゼル車のラインナップがある。
    • 断じてハイブリッド車ではない。
  15. セレガにハイブリッド車のラインナップはない。
  16. 2代目セレガにミドルデッカーの設定がある。
  17. ここ?何それ?
  18. 一部の販売会社ではコロナやマークIIなどのトヨタ車も取り扱っていた。
  19. すでにいすゞ自動車と合併している。
  20. 本社工場の敷地内にはローソンがある。
  21. 三和グループの一員で、三水会・みどり会に加盟。
  22. FFシフトはその名前の通り前輪駆動車専用装備。

車種別編[編集]

  • 現在生産されていない車種について「現在も生産されている」と書くのはご遠慮下さい。偽物なら今からでも生産できるじゃないですか(笑)。

偽グランビューの特徴[編集]

    • 現在は2代目で日野独自で生産している。
    • 次期モデルはエアロキング、もしくはネオプラン・スカイライナーのOEMになると言われている。
  1. スーパーハイデッカー、セミダブルデッカーのラインナップもあった。
  2. ツインターボが付いてなかった。
  3. 正式な車名は「ブルーリボングランビュー」であった。
    • 現行はもちろん「セレガグランビュー」である。

偽コンテッサの特徴[編集]

  1. 駆動方式はFRであった。
  2. コンテッツァだ。
  3. 実はこっち
  4. チョロQHG4に登場しなかった。
  5. グランツーリスモ4にも収録された。

偽コンマースの特徴[編集]

  1. 駆動方式はRRだった。
  2. トラックの設定もあった。
  3. 実はこれ
  4. 正式な車名は「コンテッサコンマース」だった。

偽スーパードルフィンの特徴[編集]

  1. デビュー時より、角目4灯であった。
    • 最終型は丸目4灯だった。
  2. 全車バンパーライトだった。
  3. トミカ・トラック/トレーラーコレクションで製品化されていない。
    • 当然アオシマからプラモデル化されたこともない。
  4. エンブレムは現在の楕円Hマークが付いている。ウイングマークが付いていたことはない。
  5. 単車のカーゴ系・トラクタともにグリルデザインは同じだった。
    • トラクタはハイマウントキャブだった。
  6. ロールーフ車の速度表示灯はルーフにビルトインされており、非常にモダンだった。
  7. テールランプは丸型。
  8. 型式は単車がP‐KF/P‐ZM/P‐TC/P‐KS/P‐KB型で、トラクタがP‐HE/P‐HH型だった。
  9. 助手席側ドアに側方確認窓が装備されていない。
  10. エンジンは基本的に全車直列6気筒インタークーラーターボのみ。
    • 例外的に、オプションでV型12気筒エンジンを搭載することも可能だった。
  11. ハイルーフは設定されていなかった。
    • 国産大型トラックの中で最も最後にハイルーフが追加された。
  12. ISO規格10スタッドホイールを全車標準装備。
  13. 4軸低床のP‐KS型(今でいうFW型)は総輪小径タイヤとなる。
  14. 映画トラック野郎にライバル車として多数出演していた。
  15. 消防車のベース車として使われたことが無い。
  16. 前2軸6×2Fのセミトラクターが存在した。
  17. 旧普通免許で運転可能だった。

偽スーパードルフィンプロフィアの特徴[編集]

  1. 現在は三菱ふそうからスーパーグレートのOEM供給を受けている。
  2. CMキャラクターはこの人
  3. ISO規格10スタッドホイールを装備している。
  4. トミカ化されている。
  5. トラック・トレーラーコレクションではいまだに製品化されていない。
  6. 基本的にバンパーライトである。
  7. 高出力エンジン搭載車はハイキャブになる。
  8. V10エンジン車が多い。V8エンジン車はえらく少ない。
  9. 4軸低床のFWは登場時より総輪小径タイヤである。
  10. セミトラクタには国産トラックで最も早い時期に3連エアタンクが付いた。
  11. 登場時より、トラクタ・カーゴ系とも共通のフェイスデザインである。
  12. 元々楕円Hマーク装備だったがマイナーチェンジでウイングマークに変更された。
  13. V12エンジンの設定があった。
  14. 直6エンジンを搭載したことが無い。
  15. 速度表示灯は登場時から無かった。
  16. ハイルーフも無かった。

偽スーパードルフィンプロフィアテラヴィの特徴[編集]

  1. ショートキャブの設定はなかった。
  2. トラクタとカーゴ系でグリルデザインが異なっていた。
  3. トラクタに角マフラーは付いていなかった。
  4. バンパーデザインは初代プロフィア登場時より全く変わっていない。
  5. ウイングマークが標準装備。
  6. 速度表示灯がルーフから突出している。

偽スカニアの特徴[編集]

  1. カーゴトラック、ダンプカー、ミキサー車、タンクローリーの設定がある。

偽セレガの特徴[編集]

  1. 今でもV8エンジンを搭載している。
  2. ハイブリッド車の設定はない。
  3. いすゞがガーラとして販売する事もない。
  4. 現在でもミドルデッカーの設定がある。
  5. 12段プロシフトが選択可能。
    • マイナーチェンジで全車AMTに。
  6. 初代の正式車名は「ブルーリボンセレガ」であった。
  7. 初代の最終型も単に「セレガ」と名乗っていた。
  8. 実はココが生産している5ナンバーサイズのミニバンである。
  9. 事故ったことが1度もない。
  10. 初代にセミダブルデッカーの設定があった。
  11. ミッドシップエンジンの連節バスがある。
  12. 実は後輪が前輪と逆相位に操舵するそうだ。

偽デュトロの特徴[編集]

  1. 車名がいまだにレンジャー2である。
    • デビュー時の車名は「レンジャー2・デュトロ」で、サブネームだったがマイナーチェンジによって「レンジャー2」が外れ、単に「デュトロ」となった。
  2. 1トン系もラインナップ。
    • 後年、ダイナ・トヨエースの逆輸入版としてデュトロにも1t車が追加された。
  3. 実はこれ
  4. キャブデザインはひたすら直線基調で、曲線が全くと言って言いほど無い。
  5. 国内仕様のヘッドライトは角型2灯式である。輸出仕様はネコ目タイプの異型となっている。
  6. ウイングマークが付いている。楕円Hマークを付けたことなど一度もない。
  7. 直列6気筒、V型8気筒ガソリンエンジンの設定がある。
  8. 後輪2軸車(6×2R)、前2軸車(6×2F)もある。
  9. エルフ用のテールランプが付いていたことなんて断じて無い。
  10. 元々フロントウインカーはヘッドライト横にあったが、近年、マイナーチェンジによってコーナーパネル上部に移動した。
  11. ルートバンのボディは200系ハイエースのボディにデュトロのキャブを引っ付けたものである。
  12. 酷くマイナー車で、自家用登録車はおろか日本通運やヤマト運輸にも導入されていない、未知の車種である。
  13. トレーラーヘッドもある。
  14. 平成10年度基準排出ガス75%超過、国土交通大臣非認定車であるため、「超-高排出ガス車」のステッカーが貼られる。
  15. 実は後輪シングルタイヤ仕様は無かった。
  16. 2014年からのCM出演者は吉田鋼太郎と伊原剛志。

偽ブリスカの特徴[編集]

  1. トヨタに販売権を委譲されなかった。
  2. 駆動方式はRRだった。

偽ブルーリボンの特徴[編集]

  1. 9.5mのリーフサスペンション車(RT系)は2000年まで生産された。
    • もちろん平成元年・6年排出ガス規制をクリアした。
  2. 阪急バスにも多く採用された。
  3. ハイブリッドの設定はなかった。
  4. 最後まで富士重工のボディを架装することが可能であった。
  5. 名前の通り車体のカラーは青系統しかない。

偽ブルーリボンⅡの特徴[編集]

  1. 日野独自で生産している。
    • もちろん開発も日野独自である。
      • 当然ボディも日野車体。
  2. 9m車もラインナップ。
  3. ブルーリボンⅠは黒歴史。
  4. CNGノンステップバスもラインナップ。
    • 南海バスにいたりする
  5. 丸目2灯。
  6. 2010年より運転席エアバッグを標準装備。
  7. 2代目もこの名前のままである。

偽ブルーリボンシティの特徴[編集]

  1. 言うまでも無くディーゼル車である。
  2. ハイブリッド車の設定はない。
  3. オプションでEEドライブの設定があった。
  4. 新潟交通にも導入していた。
  5. 富士重工のボディ(富士8E)を架装することが可能であった。
    • 西工96MCの架装も可能だった。
      • 事実です。
    • 大型に中型のボディは架装できないだろ……
  6. 正式な車名は単に「ブルーリボン」である。
    • もちろん「ブルーリボンシティ」は通称である。
  7. やはり車体のカラーは青系統しかない。
  8. 都市圏向けの車両しか販売していない
  9. ボディの骨格はブルーリボンと全く別物である。
  10. 前期型は丸目4灯、中期型はバスライトで、後期型は初代プロフィアのヘッドライトを流用したのが特徴。
  11. バス協テール、もしくはアローテールを装着している。

偽プロフィアの特徴[編集]

  1. 現在もV8の設定あり。
  2. 速度灯が付いている。
    • もちろん全車標準装備。
  3. 2003年5月に発売された。
  4. デザインは225系に似ている。
  5. キャブにヘッドライトがある。
  6. 2010年4月以降に生産されたグループはJIS規格8スタッドホイールが装着されている。
  7. ハイキャブの設定は無い。全車ローマウントキャブである。

偽ポンチョの特徴[編集]

  1. エルガミオ7mノンステップの統合車種。
  2. 旧型はエスティマがベース。
    • もしくはアルファードがベース。
    • あるいはハイエースがベース。
    • またはエルグランドがベースであった。
  3. 上記の通り2代目は四角をモチーフにしている。
  4. もちろんワンステップ車もラインナップ。
  5. 前中扉もラインナップ。
  6. ロングボディにも1ドア車をラインナップ。
    • あるいはショートボディに2ドア車をラインナップ。
  7. ヘッドライトはスズキのワゴンRから流用している。
  8. ルーフパネルはりエッセの流用ではなく、専用に設計されたものである。

偽メルファの特徴[編集]

  1. 現在もハイデッカーの設定あり。
  2. A09C搭載の高出力車も設定。
  3. 車名がいまだに「レインボーRR」である。
  4. 現在もFFシフトの設定あり。
  5. いすゞが「ガーラミオ」として販売することはない。
  6. 発売当初から単に「メルファ」と名乗っていた。
  7. 7m車と9m車は同時に発売した。
    • もしくは発売当初から9m車のみのラインナップであった。
  8. 正式な車名は「レインボーメルファ」である。
    • もしくは「リエッセメルファ」である。

偽リエッセの特徴[編集]

  1. 5速AT車をラインナップ。
  2. ワンステップ車の設定がある。
    • ノンステップ車の設定もある。
  3. J08C搭載の高出力車も設定。
  4. FFシフトの設定あり。
    • 実際にあるんだけど・・・
  5. J07C(ノンターボ)搭載車のラインナップがあった。
  6. いすゞが「ジャーニーJ」として販売することはない。
  7. 理恵さんしか運転できない

偽レインボーの特徴[編集]

  1. 現在も全車自社製。
  2. 10.5m車をいすゞがエルガJと販売したことはない。
  3. J05D搭載のハイブリッド車をラインナップ。
  4. エンジン音が静か。
  5. バスヲタから好かれている。
  6. ヘッドライトは一つ目である
  7. 車両名の通りどこかが虹色に塗装されている
  8. 長崎バス虹が丘線で走っている

偽レインボーⅡの特徴[編集]

  1. 日野独自で生産している。
    • もちろん開発も日野独自である。
  2. CNGノンステップバスもラインナップ。
    • 本当っぽい(ちぃばすとかおのみちバスとか)
  3. 未だにモノコックボディ。
  4. 規格型の丸目2灯である。
  5. 2011年より運転席エアバッグを標準装備。
  6. 2代目もこの名前のままである。

偽レンジャーの特徴[編集]

    • 日産ディーゼルにもOEM供給されている。
  1. ハイブリッド車の設定はない。
  2. パリダカと無縁。
  3. スーパー戦隊シリーズに登場している。
  4. 日産ディーゼルのエンジンを搭載している。
  5. カラーバリエーションは赤・青・緑・黄色・ピンクの5色のみ。

偽600の特徴[編集]

  1. 日本国内でも販売されている。



関連記事