偽沖縄ぬ特徴/市町村

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

偽那覇ぬ特徴[編集]

  1. すでに政令指定都市になっている。
  2. 懸垂式モノレールが走っている。
    • もちろん毎年黒字。
  3. 人が少ない。
  4. 人々はタクシーではなくて路面電車を使う。
  5. 沖縄本島最南端にある。
  6. 交通渋滞と無縁。
  7. マラソン大会が行われない。
  8. 祭りがない。
  9. 那覇県にある。
  10. 高速道路(沖縄自動車道)が通っている。
  11. 面積は沖縄本島の3分の1を占める。
  12. 現在も市主催で成人式を行っている。
    • 中学校で成人式するのはもってのほか。
  13. 成人式騒ぎと無縁。
  14. 人口が年々減少して過疎化が進んでいる。
    • もちろん深刻な問題になっている。
  15. 田舎だ。
  16. 寝台特急「なは」の終着駅がある。
  17. 空港がない。
  18. 首里駅と首里城の間に琉球大学がある。
  19. 泊大橋から飛び降りる儀式がある。
  20. 本州の左上にある。

偽豊見城ぬ特徴[編集]

  1. 未だに豊見城村である。
    • 町を一日以上経験している。
  2. 国道329号線が通ってない。
  3. 「とみしろ」と読む。
    • むしろ「とよみじょう」。
  4. 東陽バスが乗り入れている。
  5. 実は那覇市豊見城区である。

偽宜野湾ぬ特徴[編集]

  1. よく見たら宜野座だ。
  2. 市内にコミュニティバスが走っている。
  3. 普天間基地など存在しない。

偽宮古島ぬ特徴[編集]

  1. 岩手県にある。
  2. 大阪市営地下鉄谷町線が通っている。
  3. 正式には「琉球宮古市」である。
    • あるいは「琉球宮古島市」である。
      • あっちの市を口説き倒して市名を「陸前宮古市」に改名させ、こっちが「宮古市」になった。

偽南城ぬ特徴[編集]

  1. 市内に警察署がある。
  2. 那覇バスが乗り入れている。
  3. 市域は旧佐敷町・旧玉城村・旧知念村・旧与那原町の区域である。
    • 大里村は合併に参加しなかった。

偽石垣ぬ特徴[編集]

  1. よく見たら「大垣」だ。
    • もちろん岐阜県にある。
  2. 「石垣ダッシュ」なる現象がよく見られる。
  3. 市内の建物は全て石垣で建てられている。
  4. 石垣食品の本社がある。
  5. 日本最西端の自治体だ。

偽中城ぬ特徴[編集]

  1. 北中城村と仲良し。
  2. 琉球バス交通が乗り入れている。

偽西原ぬ特徴[編集]

  1. 琉球バス交通が乗り入れている。
  2. 沖縄自動車道の西原ICがある。
    • 本当にそうらしい。

偽名護ぬ特徴[編集]

  1. 名護屋城が市内にある。
  2. 佐賀県にある。
  3. 市内に海洋博公園がある。
  4. 実は沖縄県の県庁所在地である。
  5. 市内に沖縄自動車道の名護ICがある。
    • 許田ICはない。
    • 名護東道路はこのICには繋がらない。
  6. 沖縄本島の最北端にある。

偽読谷ぬ特徴[編集]

  1. 日本一人口が少ない村である。
  2. 琉球村がある。

偽嘉手納ぬ特徴[編集]

  1. 町内の米軍施設の範囲は小さい。
    • というか町内に米軍基地など存在しない。
    • 嘉手納基地も存在しない。

偽北大東ぬ特徴[編集]

  1. 港の岸壁付近の波は激しくない。
    • その為、クレーンで船と陸を行き来しない。
  2. 南大東島と同じく、沖縄本島からの移住民が形成した島なので、文化的にも沖縄本島に近い。
    • なのに東京都だ。

偽南大東ぬ特徴[編集]

  1. 八丈島系住民がいない。
  2. 沖大東島も行政区画としている。
    • 無許可立ち入りが可能である。



関連記事