偽百貨店の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 新しく追加する場合は五十音順になるようにお願いします。

全般[編集]

  1. 本当に百個しか物が無い。
  2. 店内が百花繚乱だ。
    • 冬でも店内は花が咲き乱れている。
  3. 万代と五階百貨店もれっきとした百貨店である。
    • この百貨店も。
    • ド田舎にありがちな「百貨店」と名の付く個人経営の単なるよろず屋も。

各偽百貨店の特徴[編集]

偽伊勢丹の特徴[編集]

  1. 創業の地は三重県伊勢市。
  2. 本店が高田馬場にある。
  3. 京都はやはりよそ者には冷たいので、京都伊勢丹は撤退予定。
    • 逆に小倉伊勢丹は優良店舗だ。
    • JR大阪三越伊勢丹は梅田地区の百貨店でも断トツの売上高を誇り、既存の阪急・阪神・大丸を閉店に追い込んだ。
    • 京都伊勢丹の跡地にはダイエーが出店した。
    • 鳴り物入りで京都駅ビルに出店するも、既存の丸物に負けて撤退を強いられた。
  4. 正月には「もちまき」ならぬ「伊勢海老まき」が各店舗で行われる。
  5. 丸井今井はすんなりと再建に協力してくれた。
  6. ファッションにうとい。
    • 一番の得意分野はデパ地下だ。
  7. 兵庫県伊丹市にも店舗がある。
  8. 子会社の岩田屋が買収していた。(名前は三越岩田屋ホールディングス)
    • 伊勢丹は「岩田屋伊勢丹」となる。本店は熊本。
  9. 紙袋・包装紙が岩田屋のミル姉さん柄の紙袋。ISETANのフォントが1個前のIWaTaYa(今の長崎浜屋)フォント。
  10. 三越に吸収合併された。
  11. 大阪とは永遠に関わらない。
  12. 今も秋葉原に本店がある。
  13. 新宿伊勢丹が岩田屋旧本店みたいに外壁工事されて近代調の外観になっていた。
  14. 神戸や名古屋にも出店予定がある。
  15. 伊勢丹は、名前の通り三重県伊勢市に本店がある。
    • あるいは兵庫県伊丹市に本店がある。

偽井筒屋の特徴[編集]

  1. 親会社はドン・キホーテ。
    • 店舗は続々とディスカウントストアへの業態転換が図られている。
  2. 博多駅の新駅ビルにももちろんメインテナントとして入居している。
  3. コレットは「いつもいつでも」がキャッチコピーである。
    • 季節ごとに外観が様変わりする。
      • 1年経って面倒くさくなったのか「All Seasons」といって誤魔化す。
    • 店舗キャラクターは青紫色のねずみ。
    • クレジット支払いは「わ~いらくち~ん」。
    • 他に「ライムライト」「グルーヴィン」「ヴォルツァ」店もある。
    • 迷走しまくった挙句、「悠久の井筒屋」改革として上記された業態転換が図られるように。
    • マークの通り住友グループだ。
    • 郡山市では「うすい百貨店」という屋号で営業。
  4. 大阪の千林で月賦百貨店を経営している。
  5. 創業者は某映画監督。

偽小田急百貨店の特徴[編集]

  1. 新宿駅では、東口に店舗を構えている。
  2. 東急沿線や京王沿線にも多くの店舗を出店している。
  3. 主力店舗は渋谷店。
  4. シンボルマークのモチーフはウルトラマン。
  5. 関西にも店舗がある。

偽近鉄百貨店の特徴[編集]

  1. ロゴマークはここ数年変更していない。
  2. 閉店間際になると「第三の男」が流れる。
  3. 南海沿線に多数出店している。
  4. 首都圏にも多数出店。
    • 都区内にも店舗がある。
  5. 本店は上本町店。
  6. 難波にも店舗がある。
  7. 名古屋でも堂々と「近鉄百貨店」を名乗っている。
    • しかも名古屋店は日本一の高層ビルに建て替え予定だ。
    • 阿倍野店は現在「近鉄パッセ」となっている。
  8. 東急百貨店と経営統合した。
  9. 親会社は「近江鉄道」である。
  10. 「ちかてつひゃっかてん」と読む。
  11. 今も京都店がある。
    • 買収先に敬意を示して今も「丸物」を名乗っている。
    • 渡辺節設計のビルは今も健在で、重要文化財にも指定されている。
    • JR京都駅の伊勢丹を短期間で閉店に追い込んだ。

偽京王百貨店の特徴[編集]

  1. 親会社と同様に本店を聖蹟桜ヶ丘に移す。
  2. 主力店舗は調布駅前、府中駅前、吉祥寺などである。
  3. 中央線小田急沿線にも多数出店。
  4. 新宿本店は若年層の利用が多い。
  5. 実は慶応百貨店だ。
    • 慶応義塾大学のキャンパス内にも店舗がある。

偽京成百貨店の特徴[編集]

  1. 今も上野に本店がある。
  2. 千葉県の主要都市の殆どに店舗があり、千葉では圧倒的なブランド力を誇る。
    • 一方で水戸店はかなり前に閉鎖した。
  3. 東京ソラマチに出店した。

偽京阪百貨店の特徴[編集]

  1. 本店は梅田
  2. 大阪ではもっとも有名な百貨店だ。
  3. タイガースショップがある。
  4. その名の通り、京都にも進出している。
    • 1号店はアバンティの中にある。
  5. ターゲットは富裕層である。

偽さいか屋の特徴[編集]

  1. よく見たら「さかい屋」だった。
    • 社長は堺屋太一。
  2. 本店はもちろん大阪府堺市にある。
  3. 焼肉屋さかいは子会社。

偽西武百貨店の特徴[編集]

  1. もちろん西武鉄道グループ。
  2. そごうとは敵対関係にある。
  3. 以前は西武百貨店が経営していた西友の店舗があった。
  4. 福井西武の外観はだるまや西武の名残で、だるまを模した建物になっている。
  5. コーポレートカラーはこげ茶。
  6. 主力店舗はつかしん店。
    • 鉄道側のターミナルに位置する池袋店は西武鉄道グループと旧セゾングループの不仲が原因で、長らく低迷が続いている。
      • 気がつけば阪急百貨店に店舗が譲渡されていた。
  7. 得意とする分野は食料品。
  8. 本店は高槻にある。
  9. 新宿にも出店している。
  10. 池袋駅では、西口に店舗を構えている。
  11. そごう共々、京阪神から撤退するなんてありえない。
    • 逆に阪急百貨店の関西以外の店舗を譲り受けた。

偽そごうの特徴[編集]

  1. 経営破綻したことはない。
    • 逆に全店経営破たんした。
  2. 本店は横浜
  3. マークは○に8だ。
    • あるいは宮崎市章だ。
    • 8を横倒しにすると∞に見えるので関ジャニ∞とのコラボが積極的に行われている。
  4. 大丸と経営統合した。
  5. 心斎橋から撤退の予定はない。
    • 心斎橋店の建物は以前のものをそのまま使っている。
    • その上隣の大丸の建物を買収した。
      • そこでは中高年から老人をターゲットとした商品展開をする予定だ。
      • ヴォーリズ設計のレトロな建物もそごうの手で残されることになった。
  6. 阪神タイガースの優勝セールをやっている。
    • 理由は阪神三宮駅の駅ビルのテナントということから。
    • 阪神梅田駅の駅ビルのメインテナントでもある。
  7. 東京ディズニーランドに船で各フロアをめぐる支店を持っている。
  8. かつては「総合百貨店」だった。
    • 「SOGO」が「そごう」と読まれたためにCIした。
  9. ワンマン経営とは無縁。
    • 各店舗に会長専用の豪華な応接室など存在しない。あったとしても会議室レベルの質素な作り、当然会長の「できるだけ質素な作りにしてくれ」という意向を汲んだ結果。
  10. 「そごう」の名は創業者の名字である「十河」からとられたものだ。
    • 一族にはかつて国鉄総裁をしていた人物もいた。
  11. 現在でもからくり時計は稼動している。
    • もちろん、八王子店にもからくり時計は設置されている。
  12. 愛媛県スーパーマーケットを経営している。
  13. 2019年10月に梅田店を除く阪急百貨店の店舗運営を引き継ぐことになった。
    • その結果川西そごうや西宮そごう、博多そごうなどが誕生することになった。
    • 逆に関西以外からは撤退した。
      • 但し徳島店は関西扱いとして残された。
    • 高槻や八尾・つかしんの西武百貨店の運営も引き継いだ。
    • 経営統合したのはH2Oリテイリングだ。
  14. 奈良店は今も現役で、全店舗でもトップの売上を誇っている。
    • 1階の法隆寺夢殿のオブジェや、「皇居」は今も健在。
      • 「皇居」はたまに一般公開も行われている。
    • 奈良店の横にそごう全額負担で近鉄に新駅を建設させた。
      • その駅はそごうのみならず、平城宮跡へのアクセス駅としても機能している。
    • ここのせいでならファミリーの近鉄百貨店を撤退に追い込んだ。
    • 加古川店も現役で、姫路にあったヤマトヤシキも引き継いでいる。
  15. 東北地方に多数出店した。
    • 全ての県庁所在地に店舗がある。
    • 逆に関東への出店は少なかった。
  16. 名古屋や京都・博多にも出店している。
    • 博多は上記の如く阪急からの店名変更で生まれた。

偽大丸の特徴[編集]

  1. マークは今も「○に大」。
  2. 藤井大丸と橋立大丸は子会社だ。
    • もちろん都城大丸も子会社だ。
    • この呉服店ももちろん子会社だ。
  3. 本店は梅田。
  4. 高島屋と経営統合した。
  5. 神戸店があるのは神戸市長田区大丸町。
  6. 「大丸さん」という苗字の人が経営している。
    • 博多華丸・大吉が経営に参加している。
  7. 丸大食品は系列会社だ。
    • 新潟にあるイトーヨーカ堂丸大も傘下だ。
  8. 心斎橋からは撤退した。
    • その建物をそごうが買収した。
  9. よく見たら大円だった。
    • 実は高松市でうどん店も経営している。
  10. 出店エリアは関東地方が中心。
  11. 関西の店舗でも「だいまる○○てん(大丸○○店)」と読む。
  12. 「えへへガールズ」なるフロアを展開している。
    • あるいは「わははガールズ」。
  13. この魔法瓶メーカーは系列会社だ。
    • もちろんここで優先的に販売されている。

偽大和の特徴[編集]

  1. 本社は神奈川県大和市だ。
    • なのでもちろん読み方は「やまと」だ。
    • いや、むしろ本社は奈良市
  2. 北陸の地域百貨店として、地震で潰れた福井にもきちんと再建した。
    • 逆に北陸と認められていない新潟になんて1店舗も作っていない。
  3. 阪神百貨店の看板を掲げている。
  4. 火曜日は「スーパー7の市」としてセール実施。

偽高島屋の特徴[編集]

  1. 実は高嶋ファミリーが経営している。
    • 社長はもちろん高島忠夫。
      • 最近は、息子・高嶋政伸の嫁(美元)に経営権を寄越せと訴えられている。
    • 全店ホテル併設。
  2. 親会社は南海電気鉄道
  3. 包装紙の模様は桜。
    • あるいは菊。それも普段のお使い物用にはピンク、慶事には金、弔事には銀の花びらと使い分けている。
  4. 女子店員は全員文金高島田だ。
    • 店員は男女問わず全員高島姓でなければならない。
  5. 本店は京都。
    • いや、横浜だ。
    • あるいは滋賀県高島市。
  6. 「高」の字が普通だ。
  7. 大阪店があるのは梅田。
  8. 「いよてつ高島屋」は最初からそういう名前の百貨店だった。
    • そごうから生き残って流れ着いたわけがない。
  9. 長崎市高島にも店舗がある。
    • かつては軍艦島にも店舗があった。
  10. 大阪店の建物(南海ビルディング)は改装時に取り壊された。
  11. 日本橋にある東別館も全館が売り場になっている。
    • しかも本店を上回る売り上げを誇っている。
    • その中にNMB48の専用劇場もある。
  12. 屋号は創業の地である高島平に由来する。高島平にも当然店舗がある。
  13. 創業者は長野県飯田市の出身である。
  14. 館内で礼をしているこの人形の名前は高島礼子。 
  15. 南海沿線にあるショッピングセンター「CITY」「ショップ南海」も経営している。

偽天満屋の特徴[編集]

  1. 外観が神社。
  2. 強豪のアイスホッケー部を持っている。
  3. 「てんまんや」だ。
  4. 社員がみんな天真爛漫。
  5. マスコットキャラクターはOH!くん。
  6. 両備グループだ。
  7. 大阪にも店舗を持つ。
    • 所在するのはもちろんJR天満駅前。

偽鶴屋百貨店の特徴[編集]

  1. 本店は西宮市にあり、他にも関西を中心に展開している。
  2. 紀州鉄道は関連会社だ。
  3. 横浜にも出店しているが、横浜駅から少し離れたところにあり苦戦している。
  4. 京都で和菓子店を経営している。
  5. 親会社は日本航空

偽東急百貨店の特徴[編集]

  1. 東京・横浜以外に店舗はない。
    • さっぽろ東急百貨店・ながの東急百貨店は閉店している。
    • 主力店舗は二子玉川、自由が丘、横浜駅前、長津田などである。
  2. きたみ東急百貨店は今も営業している。
  3. 東急電鉄との資本関係はない。
  4. 旧白木屋が戦前に展開した西日本の店舗も今なお継続して営業している。
  5. 三越の買収に成功している。

偽東武百貨店の特徴[編集]

  1. 本店は浅草
  2. 主に東武伊勢崎線沿線に出店している。
    • 旗艦店舗は北千住駅前。浅草本店をはるかにしのぐ店舗面積と売り上げを誇る。
  3. 東武鉄道とは資本関係がない。
  4. 系列会社に「東友」というスーパーがある。
    • 北海道の東武スーパーも系列企業である。
  5. 関西にも出店している。
  6. よく見たら「東部百貨店」だった。
  7. パルコはかつてこの会社の系列に属していた。

偽阪急百貨店の特徴[編集]

  1. 阪神百貨店と合併し、社名を「阪急阪神百貨店」に改める。
    • これだけ現実になったんだけどな・・・
  2. 店舗を札幌にも出店する。
    • 徳島にも出店する予定がある。
  3. この会社を傘下におさめる。
  4. 外見は電車と同じく茶色一色。
    • うめだ本店に関しては、現実になりつつある・・・
  5. 閉店間際になると「第三の男」が流れる。
  6. 京都店はJR京都駅前にある。
  7. うめだ本店にタイガースショップがある。
  8. 南海沿線に多数出店。
    • 近鉄沿線に多数出店。
      • 京阪(ry
    • 東京では新宿・渋谷・池袋に出店。
  9. ちなみに本店は埼玉県行田市にある。
  10. 「はんQ百貨店」に改名予定。
    • それを言うならはん⑨(ry
  11. 「高島屋阪急阪神百貨店」に改名予定。
    • 「TH2O百貨店」に改名予定。
  12. 毎日「半休」。
  13. かつては梅田本店の屋上に関西テレビの本社があった。
  14. 最上階にあった大食堂のカレーライスの味は酷くて食えたものじゃなかった。
    • そもそも、カレーライスと呼べるような代物ではなく「コバヤシライス」などと揶揄された。
    • 大食堂ではラーメンが有名だった。
  15. リニューアルで1フロア丸々園芸コーナーになる。
  16. 京阪百貨店と経営統合した。
  17. ロンドンに出店している。
    • それは偽阪急じゃなくてハロ…(ry
  18. 関東で圧倒的なブランド力を誇っている。
  19. 梅田本店はレシートすごろくで陣内智則が目指していたところだ。
  20. 梅田本店の建物は改装後も取り壊されずに残っている。
  21. 関西では、貧乏人が行くイメージのある百貨店だ。
  22. 実は大阪と九州に拠点を置く「阪九百貨店」だ。
    • 博多駅ビルへのオープンでこれは事実になりましたが。
    • 親会社は阪九フェリーである。
  23. 当初から阪急電鉄の子会社だった。
  24. 上京関西人の拠り所、港北ニュータウンの地域一番店である。
  25. うめだ本店にはテナントとしてダイエーが入っている。
    • ビルの建設もダイエーと共同で行った。
  26. うめだ本店の売り上げ低迷が続いている。
    • 大阪駅ビルに出店した三越伊勢丹の後塵を拝した。
      • そのためダイエーに店舗が譲渡された。
  27. うめだ本店は500mを超える日本一の高層ビルだ。
    • もちろん最上階には展望スペースがある。
      • もちろん無料。
    • さらにその上にはタワーがあり、それを合わせた高さは1000mを超える。
    • 百貨店・オフィスはもちろんのことホテルや劇場・美術館・マンションまである複合ビルだ。
      • 阪急電鉄本社もここに入っている。
    • 地下には阪急梅田駅のホームもある。
  28. 丸栄を買収することで名古屋進出を果たした。

偽阪神百貨店の特徴[編集]

  1. 阪急百貨店との経営統合に伴い、梅田店は阪急百貨店の別館となった。
  2. 三宮店の規模は梅田店以上だ。
  3. JR尼崎駅前に出店することなどありえない。
    • 尼崎店はもちろん阪神尼崎駅前に出店。
  4. 阪神なんば線開業に伴い難波に新店舗を開店させた。
    • 密かに近畿地方全域制覇を狙ってる。
    • 京都にも出店している。
  5. デパ地下がしょぼい。
    • デパ地下のしょぼさは業界日本一ィィィィ!
      • メインは衣料品で、阪急をはるかに圧倒している。
  6. ジャイアンツショップがある。
  7. 名物はもちろんたこ焼き。
  8. 東京駅八重洲口にでっかくオープン!
    • 東北の「さくら野」を乗っ取って仙台青森弘前にも進出。
      • 「くまもと阪神」は現役の店舗で、今や事実上の本店だ。
  9. 客の上品さは関西随一である。
    • 阪急百貨店よりもはるかに高級だ。
  10. 京都にも出店している。
  11. 2018年に建て替えられた新ビルの意匠が2020年東京五輪のシンボルマークに似ているとして訴えられた。
  12. 建て替えに伴いイオングループ入りした。
  13. 地下のスナックパークにスガキヤ日高屋が入っている。

偽福田屋百貨店の特徴[編集]

  1. 今でも都心型店舗が中心だ。
    • 宇都宮店は今でも市の中心部にある。
    • 郊外型店舗など言語道断。インターパーク店は存在しない。
  2. 今でも真岡店と栃木店が残っている。
  3. 栃木県外にも出店している。
    • なぜか大阪に店舗がある。
  4. 日本百貨店協会に加盟している。
    • 全国百貨店共通商品券を使える。

偽福屋の特徴[編集]

  1. 不動産販売をしている子会社を持っている。
  2. 名前が名前だけに福山市にも店舗を構えている。
  3. 本店は原爆で倒壊したのですべて建て替えを行った。
    • そのため戦前に建てられた部分など存在しない。
  4. 日本最大の服屋で、服しか売っていない。

偽藤井大丸の特徴[編集]

  1. 言うまでもなく大丸の関連会社だ。
    • 逆に、各地に展開する大丸がここの子会社だ。
  2. 本店は札幌市にある。
  3. 大丸に対してここが「小大丸」を名乗る。

偽松屋の特徴[編集]

  1. 某牛丼チェーンを傘下に持つ。
  2. 松坂屋とは兄弟会社だ。
  3. 多店舗展開をしており、都内以外にも店舗がある。

偽松坂屋の特徴[編集]

  1. 本店はボストン
    • ロゴマークは「サイコロとK(通称DICE-K)」だ。
    • あるいは三重県松阪市
  2. よく見ると「松阪屋」だった。
    • ローマ字表記が「MATTSAKAYA」だ。
    • 読み方は「まっつぁかや」。
  3. 発祥は精肉店。
    • ここでは松阪牛以外の肉は売っていない。
  4. 今も大阪で営業している。
    • 最近天満橋から日本橋に移転した。
    • 京都や神戸にも店舗がある。
  5. 名古屋からは完全に撤退した。
    • 名古屋の店は日本一小さな百貨店だった。
  6. 最近そごうと経営統合した。
  7. 「松屋」という通称で呼ばれている。
  8. イメージキャラクターは松坂季実子。
    • ↑のように松阪市に本店があるので、地元出身の西野カナをイメージキャラクターに起用している。
      • もちろんイメージソングも作詞作曲している。
  9. 横浜松坂屋はみなとみらいに移転。
  10. 百貨店の象徴は加藤茶の鼻だ。
  11. このカメラ店を運営している。
    • 全国各地で精肉店も経営している。

偽丸井(マルイ)の特徴[編集]

  1. シンボルマークは今でも○に「井」だ。
  2. 丸井今井は子会社だ。
  3. 大阪市営バス井高野営業所だ。
  4. どこの店舗の形も「丸い」。
  5. 百貨店でなくエアガンメーカーだ。
  6. 某三姉妹が関係している。
  7. 日本百貨店協会に加盟している。
  8. 金融業で稼いでいるはずがない。
  9. IMALUをイメージキャラクターに起用する。
  10. 岡山県や新潟県で子会社がスーパーマーケットを営んでいる。

偽丸井今井の特徴[編集]

  1. 「丸井百貨店」と「今井百貨店」が合併してできた。
    • いや、元々が「今井」百貨店で東京の丸井の系列下に入った。

偽丸栄の特徴[編集]

  1. 名古屋で最も規模の大きい百貨店だ。
  2. シンボルマークは○にA。
  3. ダイエーグループだ。
  4. 鹿児島県奄美市でフェリー会社を経営している。
    • 尼崎市の市バスも運行受託している。もちろん○Aマーク入り。
  5. 片仮名表記は「マルエー」だ。
  6. 石川県スーパーマーケットを経営している。
  7. 電話一本でお米を配達してくれる。
  8. 大阪や東京にも出店している。
  9. よく見たら「角栄」だ。

偽三越の特徴[編集]

  1. 実は平成時代創業。
    • 誕生してまだ10年にも満たない。
  2. 旧住友財閥系である。
    • 三井住友銀行誕生にあやかって三越住越百貨店に改称。
    • 断じて三井財閥の源流ではない。
  3. 銀座の三越店は実に未来的なデザインである。
  4. 「三越」なので、ロゴは△の中に「越」。
  5. 包装紙は白地に青の水玉。
  6. 責任をもって商品を発送できない。
  7. 数年前、都営大江戸線の駅名に「三越前」が採用された。
  8. 入り口には「らくだ」の像がある。
    • あるいは信楽焼のたぬきの置物がある。
  9. 店内では「レディス4」の映像がエンドレスで流されている。
  10. 昨年、オリエンタル中村に買収されたが、名古屋地区以外はトップシークレット。
  11. 品揃えは大衆的で、品質よりも価格志向。
  12. 大元は越前屋。
    • それがあってか、越前屋俵太が株主に名を連ねている。
  13. ペルシャ秘宝展にはお宝が続々登場する。
  14. 大阪強化策として、スーパー玉出との合併を考えている。
  15. 在名球団から敵視されている球団の優勝セールを行ったため、名古屋からの撤退を余儀なくされた。
  16. 社訓は「越越越」。
  17. 当時最大手の「二越」があったため「三越」にした。
  18. 「高島屋」に乗っ取られた。
  19. 越前越中越後に出店している。
    • 今は3つのうち越後にしかないので、「一越」に改名予定だ。
  20. 大阪駅の駅ビルへの出店に際しては堂々と「三越」を名乗っている。伊勢丹の力を借りるわけない。
  21. 京都にも出店している。
  22. 実は「三超」が正しい。
  23. 東日本よりも西日本で強いブランド力を持っている。
  24. 相撲ヅョイナヌのテナントとして予定通り登場。

偽山形屋の特徴[編集]

  1. やまたや。
  2. 本店は天文館通電停の目の前にある。
    • もしくは山形県にある。
  3. 北海道物産展の売り上げは本店が日本一であるのはもちろん、宮崎山形屋も2位である。
  4. 宮崎山形屋は、山形屋宮崎店の扱いだ。
    • きりしま国分山形屋は、山形屋国分(略
  5. 都城山形屋や鹿屋山形屋もある。
  6. スターバックスの鹿児島1号店は、ここの本店のテナントとして出店した。

偽ヤマトヤシキの特徴[編集]

  1. 店舗は文字通り屋敷だ。
    • 実はお化け屋敷だ。
  2. 親会社はヤマト運輸
  3. 高島屋は子会社。
  4. 本店は神戸で、全国に支店を持つ。
    • いや、むしろ本社はヤマトつながりで奈良だ。
  5. 以前は加古川にも店舗があったが、現在はそごうに売却されている。
  6. この野球選手の屋敷が店内にある。
  7. 姫路から撤退するはずはない。



関連記事