偽航空会社の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:各航空会社が起こした墜落事故に関する内容
  • 追加する際はあいうえお順になるようにお願いします。

目次

日系エアライン[編集]

偽スカイネットアジア航空の特徴[編集]

  1. 最初からソラシドエアの名前で運行。
    • 姉妹会社として、東北&北海道の翼・ドレミファエアを持っている。
      • ちなみにドレミファエアの本社は宮城県仙台市にある。
  2. サイバーダイン社が製造した軍用コンピューターだ。

偽スカイマークの特徴[編集]

  1. JR系列。
  2. JTB系列。
  3. TBS系列。
  4. スカイチームに加盟している。
  5. ハイグレードなサービスをウリにしている。
  6. B747-8ICを発注中。
    • あるいはエアバスA380の受け入れにすでに成功している。
  7. 女性CAのスカート丈を短くしたのと同時に、男性クルーのスラックスをショートパンツにした。

偽スターフライヤーの特徴[編集]

  1. 真っ白な機体で有名。
  2. 至る所が白で統一されている。
  3. スターアライアンスに加盟している。
  4. 本拠地は福岡空港。
  5. 出資企業は揚げ物機製造メーカー。
  6. そのマークから、スカイチームの日本の拠点として育てるため、加盟会社が共同で出資した会社だ。

偽全日本空輸の特徴[編集]

偽全日空機
  1. 機体にはひらがなで「ぜんにっくう」と書かれている。
    • もしくは「穴」。
    • 「穴」の部分は日本の職人の手によって透かし彫りになっている。
    • よって機体の圧力を保つのが難しく、技術者も手を妬いている。
  2. 実は1980年代中盤に飛行機事故を起こしている。
    • それが原因でJALにほとんどの客を奪われた。
  3. 英名はAll Nippon Airlinesである。
    • またはZennnikku(略してZNK)である。
    • All-nippon News Networkだ。
      • All Night Nipponだ。
        • Zenn Nippon Kuyuだ。
        • その名の通り国内線は24時間運航だ。
      • というより、テレビ朝日と業務提携。
        • だが創業したのは毎日新聞出身者だ。
    • 略称は×××だ。
  4. 近畿日本鉄道が筆頭株主である。
  5. 「ゆふいんの森」を青一色で染めた「おおわらじ」という列車を走らせたことがある。
  6. 垂直尾翼は穴だらけ。
    • 「肉抜き」らしい。
  7. 公式愛称が「あな」だ。
  8. デジモンジェットで有名。
    • 搭乗記念にデジモンがもらえる。
    • 妖怪ウォッチジェットも所持。
  9. 労働組合が御用組合と反会社系組合に分裂している。
  10. 会社ぐるみでキャビンアテンダントの監視ファイルを持っている。
  11. 所属同盟はワンワールドである。
  12. エコノミークラス症候群防止のため、全機のエコノミークラスのシートピッチを120cmに改修することに決定した。
  13. 富士山静岡空港を重要視し、10路線を設定。一日50便以上乗り入れることを決めている。
  14. 機材はエアバス製で統一。
    • A380も発注中。
      • フラグシップとして欧米路線に投入予定。間違えても他社で導入が流れた機材を尻拭いで購入するなんてことはしない。
    • 本音はトライスターをもっと使いたかったらしい。
  15. 一日中空っぽで、経営破綻間近。
    • 社名の由来は、創業当時のスケジュールが1日中空っぽだったからである。
      • その後勢いに乗り、JALと並ぶ会社に成長したため、「もはや創業期ではない」とANAにした。
  16. グループ会社のエアーネクストはワンワールドに加盟している。
    • 親会社はスカイチームに加盟している。
      • 子会社にはスターアライアンスに入っているものもある。
  17. 2008年まで垂直尾翼に帆船マークを描いた飛行機を飛ばしていた。
    • 2008年からは鶴丸マークを描いた飛行機を飛ばしている。
    • 帆船ではなくヘリコプター。
  18. 社名の割りには日本全国隅々まで航路を持っているわけでもない。
  19. 社員の精神管理がずさん。近年は心まで空っぽになってしまったことによる体調不良が原因の欠航が頻発している。
  20. 現在でも主力業務はヘリコプターによる旅客輸送である。
    • 社名を「日本ヘリコプター輸送」に戻すべきと言う意見もある。
    • ヘリコプターによる路線網を世界中に有している。
  21. 今まで一回もJAROや公正取引委員会に指導を受けた事が無い。
  22. 塗装のセンスを言わせたら何処も敵わない。
    • 過去はともかくそれは偽ではないような…
  23. 実は金日本空輸だった。
    • 全ての機体が金色だ。
      • 結果、銀色の機体で有名なアメリカン航空と"金銀提携"を結び、それが縁でワンワールドへ。
    • 当然ながら本社は名古屋。名鉄と提携してミュースカイにもゴールデンカラー&鯱デザインの車両を……
      • 親分の近鉄に却下された。
  24. 実は大日本空輸だ。
    • 略称はDNA
    • 大日本帝国時代に設立され、そのまま戦後も残った会社。
      • 航空機は日本・ドイツ・イタリア製品しか買わないらしい。
  25. セントレア? あんな不便な空港誰が使うんだ?と言わんばかりに傘下に収めたエアーセントラルの前身・中日本エアラインの拠点・小牧飛行場を独り占めに。
  26. 窓からの景色がきれいと定評がある。
    • 機体軽量化のため窓ガラスを取り外したから。
  27. 日本一給料の高い航空会社である。
  28. 車いす利用者に、とっても優しい会社である。
  29. 飲酒飛行や背面飛びをしたことがない。したとしても隠蔽しない。
  30. 『映画けいおん!』に協力してるのはこちらの会社だ。
  31. 朝日新聞とは何の関係もない。
  32. 格安航空会社には全く興味を示していない。
  33. JALの「SKYWARD」に対抗して機内誌のタイトルを「トワイライトプリンセス」にしてしまう。。
  34. ディズニーとコラボしている。
    • 「ANAと雪の女王」というペイントジェット機を飛ばした。
  35. ANA35便墜落事故1982年に起こした
    • 勿論JAL123便墜落事故発生していない。
    • 明石家さんまが事故死
  36. 国際線定期便は1950年代の頃から既に運航している。
  37. B787やA380の導入はせず、B747を積極的に導入している。
    • A350も積極的に導入している。
  38. かつては国有企業だった。

偽日本アジア航空の特徴[編集]

  1. 日本航空のアジア線ほぼ全てを委託されていた。
    • ただし台湾線は除く。
  2. 日本-台湾以外の便を飛ばしたことはない。
  3. 日本航空と全日空の共同出資。
  4. 2014年時点でも現存している。
  5. マレーシア生まれの格安航空会社だ。

偽日本エアシステムの特徴[編集]

  1. 日本航空を吸収合併。
  2. 3レターは社名変更後も「TDA」だった。
  3. 東証一部上場企業だった。
  4. 一部のA300はレッド&グリーンの塗装で飛んでいた。
  5. 阪急の系列だ。
  6. 奄美群島のネットワークは皆無だが、沖縄のネットワークが充実。
  7. ウィングスアライアンス時代にアライアンスに加盟したため、今も当然スカイチームの主力メンバーだ。
  8. 機体の主要調達先はボーイング社で、ボーイングのコーポレートカラーで塗装された機体をそのまま導入した。
  9. 成田空港から世界中に路線を伸ばす日本一位の巨大航空会社になっていた。
  10. ローカル線なんて運行していない

偽日本航空の特徴[編集]

  1. 全日空より安全な会社だと言われている。
    • もう合ってるような希ガス。
    • ANAより常に経営が安定している。
  2. 航空連合には初期より加盟。もちろんスターアライアンス
  3. 「鶴丸」のマークを変えようという意思はない。
    • 経営再建の象徴として2011年春で鶴丸を廃止。
    • 逆に、旧JASの前身TDA東亜国内航空の気流マークを再び尾翼にあしらった。
  4. 労使紛争でもめる他社を尻目に、シェアを伸ばす。
  5. 名古屋飛行場ではなく、中部国際空港で幅を利かせている。
  6. 飛行機のマークは、旧日本エアシステム(旧東亜国内航空)のプライドとメンツを尊重し、由緒正しい伝統と格式のあるレインボーマークを採用している。
    • レインボーマーク+鶴丸…全然想像出来ないw
  7. 塗装がANA以上にダサい。
    • コスト削減のため、来年から塗装を省略することになった。
    • 塗装省略は2011年に半ば実現……
  8. 実は山梨県で高校を運営しており、甲子園にも出場経験がある。
  9. ボーイング747を断念してコンコルドを導入。それも、ブリティッシュ・エアウェイズとエールフランスの両社が既に退役させたにも拘らず未だに現役。
    • 東京~大阪間で運用している。
    • 羽田~伊丹間、所要30分。
      • 結果、JR東海にリニア開発を断念させた。一方、老朽化しつつあるコンコルドの後継機種の開発に国内の重工業のみならず政府をも巻き込む事に…。
  10. マークはこっちの鶴丸だ。
    • いや亀丸だ。
    • いや歌丸た。
  11. 創○学会員など一人もいない。
  12. 経営危機によるイメージ低下を払拭するため、社名を大日本航空(英:Grand Japan Air Lines、ギャル)に変更した。
  13. アフリカの各都市(ナイロビ・ヨハネスブルク・アクラ・ラゴス)にも就航している。
  14. 2009年12月より期間限定で鶴丸が復活する。
  15. 香川県高松市で讃岐うどんの店を経営している。
  16. 映画「沈まぬ太陽」の協賛企業。
  17. 猿軍団を率いている。
  18. 労働組合は「見ざる」「聞かざる」「言わざる」を徹底し、ストライキの「ス」の字もちらつかせたことはない。
    • 基本的に労使協調路線。それも単一組合である。
  19. 機体番号の前には、ファーストクラスがあるものには「イ」、ビジネスクラスがあるものには「ロ」、エコノミークラスのみの場合は「ハ」の記号が付けられている。
  20. 戸松遥が社長を勤めている。
  21. 大阪~鳥取・倉吉・米子間に高速バスを運行している。
  22. 労務管理がきっちりしていることから、空飛ぶJR東海と呼ばれる。
  23. ポイント・トゥ・ポイントの流れに逆行して未だに747を大量に抱え、更にA380にも手を出し始める。
    • 勿論一番最近導入した機体は747-8。
      • 挙げ句の果てに777Xの導入までも決めた。
  24. 大手旅行会社JTBはこの会社の子会社である。
  25. ポケモンジェットはここに所属してる。
  26. CAの制服は青色が基調だ。
  27. 垂直尾翼には鶴丸ではなくフェニックスが描かれている。
  28. 前身は終戦まで存在した大日本航空
  29. 787のエコノミークラスは他社と同様横9席配列で運航している。
  30. エアバス機は初期の頃から既に導入している。
  31. 格安航空券が非常に安い。

偽日本トランスオーシャン航空の特徴[編集]

  1. 現在も「南西航空」である。
    • 略称から「座る航空」と呼ばれている。
  2. 独立した企業だ。
  3. 本土復帰までYS-11を使えなかった。
  4. 台湾便も飛ばしている。
    • 南西航空時代から那覇―台北便は毎日運航である。
    • 遂に香港と上海にも就航する事になった。
  5. 本土初就航の地は予定通り鹿児島。
  6. よくみたらサウスウェスト航空だった。
  7. トランスオーシャン(大洋を亘って)の名に違わず、那覇からの太平洋横断航路(ロサンゼルス線等)を独自に運航。

偽バニラ・エアの特徴[編集]

  1. 常にけたたましいコマーシャルソングを流しながら、CAの求人を行っている。
    • バ~ニラ♪バニラ高収入~♪
  2. 姉妹会社にチョコミント・エアが存在する。

偽Peach Aviationの特徴[編集]

  1. 日本航空の子会社だ。
  2. 社名から分かるように本拠地は岡山空港。
    • いや福島空港だ。
    • いや神戸空港である。
    • もちろん機体は桃色1色に塗られている。
  3. 使用する機体はB737。
  4. 豪華な設備を売りにしている。
  5. 日本では格安航空会社に対する不安が大きいので就航前に前売券が完売することなどありえない。
  6. マスコットキャラクターはピーチ姫。
  7. JA801Pは故障したことがない。
  8. かつて愛知県小牧市新交通システムを経営していた。
  9. 地上係員はコスプレを着て接客する。
  10. メインの路線は伊丹~羽田間。
  11. 関空のチェックインカウンターは勿論ターミナルビル内にある。
  12. ももいろクローバーZがイメージキャラクターをつとめている。
  13. 実は「Beach Aviation(ビーチ・アビエーション)」で、海岸の砂浜に離着陸している。
    • ハブ空港はプリンセスジュリアナ空港だ。
  14. ハンガリーのウィズエアとは機体の色使いが同じということでコードシェア提携を結んでいる。

偽フジドリームエアラインズ(FDA)の特徴[編集]

  1. ピンク色の機種は女性専用機。
  2. グリーンは有事の際、お茶畑と同化させるためのカモフラージュ。
  3. 親会社はフジテレビだ。
  4. 清水エスパルスのスポンサーをしており、そのために2号機の機体の色は公募にせずにエスパルスのカラーであるオレンジにした。
  5. 名古屋での就航先は勿論セントレア。小牧空港は無視。
  6. 富士山の麓の富士吉田市に本社がある。

偽北海道国際航空(エアドゥ)の特徴[編集]

  1. 北海道各地を拠点として、日本各地への飛行機を運行をしている。
    • 北方領土への路線も運航している。
      • 運行都市は道内空港を除くと、すべて海外の都市だけだ。(北海道国際航空)
  2. 日本航空の不採算ローカル線ばかりか国際線まで請け負っている。
  3. エアバス機材を積極的に導入している。
    • サハリン進出を視野に入れてロシアに媚び売るためか、それとも価格が安いからか、ツポレフも導入。
  4. メインの路線は新千歳~伊丹線。ほかに福岡や那覇、中部空港などには運航しているが唯一東京(羽田)には運航していない。
  5. 日本航空・全日本空輸と並び「三大メガキャリア」と称される。
  6. 経営破たんした経験は無い。
  7. ウクライナの航空会社だ。
    • 札幌〜キエフ便が存在する。
  8. 読み方は「エア・ドー」だ。
    • 村上ショージが社長をやっている「エア、ドゥーン」
  9. 勿論、道知事の要請により丘珠空港にも就航。
  10. マスコットキャラクターは茶色いヒグマだ。
  11. スカイチームに所属し、アエロフロートとコードシェアを行っている。

偽ZIP AIR Tokyoの特徴[編集]

  1. 東京に本社がある。
  2. 全日本空輸の子会社。
    • Jetstar JapanやSpring Japanと同じような外資系航空会社との合弁企業でもある。
  3. 長距離運航可能な機材は1機も持ってない。
    • 全路線が国内線。
  4. カウンターで荷物を預けると圧縮してくれる。
    • 元の荷物に戻す時は解凍が必要。

外資系エアライン[編集]

偽アエロフロート航空の特徴[編集]

  1. 機体が新しく、整備が万全で、事故率が低い。
  2. よく見たら「エアロフロート航空」だ。
    • 実は英語だと本当にそう発音する。
  3. 乗継に一日掛かるお客様には漏れなくモスクワ日帰りバスツアーをサービス。勿論、トランジットホテルでも自由にゆっくりしていってねー!
  4. 冷戦時代に対立していたこともあり、いわゆる西側諸国へのネットワークは未だに貧弱。スカイチームへの加盟もその現状を打破するためのものだった。
  5. 未だにロシア製の機材しか使っていない。
  6. 国内線では未だに天下だが、国際線ではS7航空に水を開けられてしまった。

偽アシアナ航空の特徴[編集]

  1. 機材は全てエアバス機。
  2. ANA系列。
  3. 大韓航空より規模が大きい。
  4. 名前通り、アジア路線しか持っていない。
    • 実はエアアジアだ。
  5. 名前通り、全座席の足元に穴が空いていて、搭乗中足湯が楽しめるようになっている。

偽アメリカン航空の特徴[編集]

  1. 国旗カラーの機体で有名。
    • 50個の星は専用の職人が1個1個描いている。
    • 2013年の新塗装で実現しちゃった感が。
  2. アメリカ全土を網羅している。
  3. アメリカのフラッグキャリアだ。
  4. 金ピカな機体で有名。
  5. 成田をハブにハワイ・グアムやアジア各地へ自社機を多数運航

偽アラスカ航空の特徴[編集]

  1. もちろんアラスカ州内に本社がある。
  2. かつての北回り便を彷彿とさせる路線網を持っている。
    • 日本やヨーロッパにも就航。
  3. 大型のエアバス機を多数保有。
  4. 垂直尾翼に顔が描かれているのは現職の社長。

偽アリタリア航空の特徴[編集]

  1. よく塗装やマークを変更している。
  2. 創業は戦前。
  3. 日本国内の支店は佐賀県有田町にある。
  4. バチカンに直接着陸する定期便がある。
  5. 日本でのキャッチコピーは「上から読んでもアリタリア、下から読んでもアリタリア」。
    • 当然、1690年創業で文句なしに世界最古の航空会社だ。
    • 上から読んでも下から読んでもつながりで、山本山と機内食の和食メニューでコラボしている。

偽イラン航空の特徴[編集]

  1. イスラム圏にしか路線がない。
    • むしろアメリカ各地に直行便が多い。
  2. 機内では普通にアルコール飲料がサービスされる。
  3. B767・777を保有。
    • B787の導入も決まっている。
  4. 革命後、マークは国章に変更された。
  5. 日本での乗り入れ都市は大阪。
  6. 655便は欠番だ。
  7. 最新型旅客機を大量に運行している。

偽ヴァージン・アトランティック航空の特徴[編集]

  1. スターアライアンスに加盟している。
  2. コーポレートカラーは青。
  3. ヨーロッパ大陸にも路線がある。
  4. サービスはいたって平凡。
  5. ブリティッシュ・エアウェイズの子会社だ。
    1. そのため日本航空と提携している

偽ヴァリグ・ブラジル航空の特徴[編集]

  1. 現在も南米最大規模の航空会社だ。
    • もちろん日本便も健在。
    • スターアライアンスにもまだ在籍している。
  2. 機材のほとんどがヨーロッパ製。
    • エアバス製の機体を多く導入している。

偽エアアジアの特徴[編集]

  1. 長距離も短距離も同会社が担当。
  2. アジア一の豪華な設備がウリ。
  3. ANAを子会社化。
  4. 日本では関空がハブ。
    • 成田には関空便以外就航せず。
  5. クアラルンプール線は当然郊外の成田に就航。
    • が、その後羽田へ就航し成田を切り捨て
  6. 日本法人はエアアジアグループのドル箱。
    • 日本におけるLCCビジネスを成功させた立役者として知られている。

偽エア・インディアの特徴[編集]

  1. インドらしさが微塵もない。
    • 米国籍の航空会社である。エア・インディア
  2. 機体には全ての連邦公用語で社名が書かれている。
  3. 塗装はターメリックのような黄色が基調。

偽エア・カナダの特徴[編集]

  1. 国営だったことはない。
  2. カナディアン航空買収まで太平洋線はなかった。
    • ゆえに、かつての名称は「カナダ大西洋航空」。
  3. ケベック州への配慮としてフランス製の機材を多く使用していた。
  4. B767という名の超大型グライダーの運航実績はない。

偽エールフランスの特徴[編集]

  1. 超音速旅客機を運航していた事は過去に一度も無い。
    • 採用した機体がTu-144だった。
  2. 機内食がフレンチだと期待したら、フランスパン一本とカフェオレ一杯だけだった。
  3. フランスを応援(エール)する航空会社である。

偽エジプト航空の特徴[編集]

  1. 機体に描かれた顔の主はツタンカーメン。
    • 機体にはメジェド様が描かれている。
  2. イスラエル便も「エジプト航空」の名義で運航している。
  3. 日本便は現在も東南アジア経由。
  4. 本社ビルは勿論ピラミッド。
  5. エジプトに近づいてくると「何を言っているのかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった…」と言うような、不可思議な現象が体験できる。
    • ファースト・クラスの客に酒とキャビアをサービスするように、CAが脚を拾って持ってきてくれるサービスがある。
    • エジプト領空内に入る前に墜落する。

偽エバー航空の特徴[編集]

  1. キャビンアテンダントは全員眼帯や包帯をしている。
    • それもそのはず、毎日のように事故を起こしているからだ。
    • それに社名の由来は脱出(Evacuation)のEvaだからな。
    • シンクロ率が100%を超えないと発進できない。
      • たまに、暴走を起こして墜落する。
    • 管制塔には、手を組んで座ったまま何もしない、眼鏡をかけたヒゲのおっさんがいる。
    • 目的地に到着する際の機内アナウンスで、CAから「次回の搭乗でもサービス、サービス♡」と言ってくれる。
      • 機内アナウンスで、機長が「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ…」と口走るので、乗客は気が気でない。
    • お客に「あんた馬鹿ァ!?」と怒鳴りつけるCAもいる。
    • 宇多田ヒカルがテーマソングを歌っている。
      • 『beautiful world』ではなく、何故か『traveling』であったりする。
  2. サンリオの子会社だ。
  3. 日本も漢字文化圏なので台湾同様「長栄航空」と呼ばせている。

偽エミレーツ航空の特徴[編集]

  1. 行動が至って常識的
    • 新型機を大量に発注するなんてことは絶対にしない。
    • 同業者からの評判は「無難すぎて面白みがない奴」。
  2. 現在でもB747を旅客用に使っている。
  3. 日系航空会社ではANAと提携している。
  4. A380なんて導入していない。
    • 777も当然導入しない。逆に787やA350を積極的に導入し、ポイント・トゥ・ポイントの流れに対応している。

偽エル・アル航空の特徴[編集]

  1. 安全対策は極めてお粗末。
  2. イスラム諸国への便が多い。
    • しかしエジプトとトルコには就航していない。
  3. すでに関西空港への定期便の運航を開始している。
  4. 正式な表記は「LR航空」。
    • 「L⇔R航空」

偽オーストリア航空の特徴[編集]

  1. 拠点空港はシドニー国際空港。
  2. 垂直尾翼のマークをよーく見てみると、カンガルーのマークになっている。
    • 親会社のルフトハンザがスターアライアンスであるにも関わらず、ワンワールドに加盟している。
      • 日本発着便では、日本航空とコードシェアを行っている。
  3. ウィーン国際空港の空港使用料が高いからと言って、最寄りのブラチスラヴァ空港(スロバキア)をハブ空港にしている。

偽オリンピック航空の特徴[編集]

  1. IOCの公式スポンサー。
  2. 垂直尾翼のロゴはもちろん五輪。
  3. 過去のオリンピック開催地全ての最寄空港に就航している。
  4. かつてYS-11を使っていた関係でMRJの導入も決まっている。
  5. 予定通りスターアライアンス会員だったエーゲ海航空を吸収合併し、代わりにスターアライアンスに加盟。

偽ガルーダ航空の特徴[編集]

  1. 世界でも有数の安全な航空会社とされ、特にヨーロッパでの評価が高い。
    • 未だにEU乗り入れが禁止されている。
  2. ジェットガルーダを旅客機として使っている。
  3. グループ会社として、ガルーダ航空とインドネシア航空と二つの航空会社を持ち合わせている。
  4. ポケモンのガルーラがマスコットキャラだ。

偽カンタス航空の特徴[編集]

  1. 事故を立て続けに起こす世界一危険な航空会社だ。
  2. 尾翼にはコアラの絵が描いてある。
  3. Spirit of Austria と機体に書いてある。
  4. よく見るとカンザス航空だった。
    • もちろん、本社はアメリカのカンザス州にある。
  5. かつてライバルだったアンセット・オーストラリア航空同様、社名のカンタスは創始者の苗字だ。
  6. 日本では西濃運輸として物流事業も展開。

偽キャセイパシフィック航空の特徴[編集]

  1. 香港ドラゴン航空の子会社。
  2. かつてはDC-10を使っていた。
  3. 香港が中国に復帰した際に台湾路線を廃止した。
    • 香港が中国に復帰した際に本社を英国に移転した。
  4. フジテレビが筆頭株主。2レターコードのCXもフジテレビの略称から取った。

偽KLMオランダ航空の特徴[編集]

偽KLMオランダ航空
  1. 国旗カラーの機体で有名。
  2. ミッフィージェットを運航。女性客には搭乗時にチューリップの花をプレゼント。
  3. チューリップつながりで、富山-アムステルダム線も運航中。
  4. 機体をよく見てみると「KOREAN AIR」の文字が塗りつぶされており、垂直尾翼にも太極図が描かれていた痕が見える。
    • ロゴマークも王冠マークの下に「KLM」ではなく「KAL」と書かれている。

偽高麗航空の特徴[編集]

  1. なぜか国際的に評判がいい。
    • 特に安全性の評判は世界随一。
    • 世界初の「六つ星エアライン」の栄誉に輝く。
  2. エアバスも使っている。
    • なぜかボーイングも積極的に導入。
      • 挙句の果てにMRJの導入まで決めている。
  3. 垂直尾翼には金日成の顔が描かれている。
  4. 大韓民国の航空会社。
    • 格安航空会社として人気を博している。
  5. 日本路線がある。
    • 機内食のメインディッシュは勿論、北朝鮮産の松茸をたっぷり使った松茸ご飯。
    • 新潟空港との路線が結ばれている。
  6. 朝鮮半島の大手二社がスカイチームスターアライアンスに入っているため、対抗上ワンワールドに加盟。
    • 平壌をハブとして世界各地へ就航。ワンワールド各社の朝鮮半島におけるハブ空港になっている。

偽サウスウエスト航空の特徴[編集]

日本に出没した偽物
  1. 従業員が超保守的。
  2. 国際線を運航している。
  3. 実はノースウエスト航空だ。
    • 潰れてアメリカン航空と合併した。
    • いや、南西航空だ。
  4. 全席指定。
  5. 機内で柿ピーを配っている。
  6. 使用機種はエアバスA320で統一している。

偽サベナ・ベルギー航空の特徴[編集]

  1. 機体の塗装は国旗と似た色。
  2. 韓国や中国にも飛んでいた。
    • 一方アフリカ線はあまり大した規模ではなかった。
  3. 豊富な国内線のおかげで経営破綻など全く考えられない。

偽ジェットスターの特徴[編集]

  1. 今でもセントレアに乗り入れている。
  2. ボーイング機を導入。
    • 導入されてました。(B787に関空からケアンズで乗った)
  3. 横にSpirit of Australiaと書かれている。
    • 日本の国内線用機材にもなぜか書かれている。
  4. 子会社にオーストラリア国内短距離線専門の「プロペラスター」がある。
  5. カンタスとは無縁、それどころか犬猿の仲
  6. 実はエアライドマシンのジェットスターだ。
  7. 機体は真っ白。銀色?気持ちわる!

偽春秋航空の特徴[編集]

  1. 本拠地は北京だ。
  2. 成田空港や羽田空港にも乗り入れている。
    • ただし、成田は中国本土からの国際線しか乗り入れない
  3. 羽田をハブに日本資本で国内線を運航中
  4. 夏休みが終わると、三月まで欠航する。
  5. 英語名を直訳しても「春秋航空」。

偽シンガポール航空の特徴[編集]

  1. 導入した機体を壊れるまで使い続ける。
    • そもそも中古しか購入しない。
  2. 機内サービスが貧弱なことで悪名高い。
  3. 国内線がある。

偽スイスインターナショナルエアラインズの特徴[編集]

  1. 胴体の色は真っ赤。
    • 何か事故が起きると、色が瞬時に反転し、赤十字機に早変わり。
    • イスラム圏向け専用機では尾翼の十字が三日月になっている。
  2. ルフトハンザを傘下に収めている。
  3. 本拠地は首都のベルン。
  4. 昔からずっとこの社名だ。
  5. 国民皆兵のお国柄、キャビンアテンダントもハイジャッカーを丸腰で撃退できる訓練をしている。

偽スカンジナビア航空の特徴[編集]

  1. フィンランドも経営に関与している。
  2. 日本でのCMキャラクターは同じ略称のサザンオールスターズ。
  3. 実は今も北極回り便を飛ばしている。
  4. ムーミンがイメージキャラクターになっている。

偽スクートの特徴[編集]

  1. シンガポール航空とは何の関係もない。
  2. 日本にはまだ乗り入れを行っていない。
    • あるいは、シンガポールまで直行便を飛ばしてくれる。

偽大韓航空の特徴[編集]

  1. 撃墜されたり、爆破されたことはない。
    • むしろ追尾してきたソ連戦闘機を撃墜した。
    • 戦闘機を越える性能を持つ機材で運行している。
    • パイロットの訓練用フライトシミュレータに「撃墜しようとするするMiG-23Pから逃げる」「むしろMiG-23Pを撃墜する」がある。
  2. 日韓線の機内食はホカホカでおいしい。
    • 米国線の機内食のビビンパは激マズ。
  3. CAが賢い。
    • 「紅茶をください」と頼んだら、ちゃんと「紅茶」が出てくる。
      • 間違っても「緑茶」は出さない。
  4. 「大韓違い航空」「コリアンエラー」などという悪口は聞かれない。
  5. 着陸が普通で、恐怖感がない。
  6. CAのヘアアクセが地味というか、ない。
  7. 日本には成田空港しか就航していない。
  8. 機内では、朝鮮語と英語しか通用しない。日本語不可。
  9. ソウル~平壌など、北朝鮮への便が多くて便利である。
  10. スター・アライアンスに加盟している。
  11. 機内では免税のキムチが販売されている。
  12. 機内の気温は低く設定されている。
    • 耐寒航空。
  13. 従業員は大ベテランばかり。随所でいぶし銀の職人芸が味わえる。
    • 退官航空。
      • ただし機材も大ベテラン。
  14. 搭乗後、タイトルを取れるとスポーツ選手の間で有名になる。
    • 戴冠航空。
  15. 現在も英語名は「Korean Air Lines」。
  16. 大阪に本社を持つ航空会社だ。
    • 大阪航空(Daihan Air)
  17. 副社長自ら、乗客にマカダミアナッツを配るサービスがある。
    • 日本路線では節分の日に、機内でマカダミアナッツが投げつけられる。

偽チャイナエアラインの特徴[編集]

  1. 中華人民共和国の航空会社。
  2. 航空事故を起こした回数は皆無。
    • チャイナエアラインが航空事故はハレー彗星来るのと同じ位珍しい。
    • それでも支那エアラインだとか揶揄されている。
  3. 格安航空券でも同一路線で一番高い路線。
  4. 機内食は専らラーメン。
  5. スカイチームへの加盟が決定した。
    • いや、スカイチームを脱退、ワンワールドに加盟した。

偽中国国際航空の特徴[編集]

  1. 社名の通り路線は国際線のみ。
  2. 英語名は「China Airline」。
  3. 未だにロシア製の機体ばかり使っている。

偽中国東方航空の特徴[編集]

  1. 法律により中国より西にある国・地域へは就航できないことになっている。
  2. 東証一部上場企業。
  3. 垂直尾翼の燕のマークが上を向いている。
    • 機体から「中國東方航空」の文字を消して、マレーシアに就航している。
  4. 日本向けに東方Projectのキャラクターを使った宣伝を行っている。
    • MU⑨便は勿論チルノジェット。機内食後のデザートは勿論スイカバー。

偽中国南方航空の特徴[編集]

  1. 通称は本拠地の広東省にちなみ「粤航」。
  2. 実は華南の一ローカル会社でしかない。
    • 国際線など飛ばせるわけがない。
  3. 垂直尾翼のロゴは現地のマニアの俗称通り白菜である。
  4. 新型機の導入がやけに遅い。
  5. 中国地方の南側(岡山、広島)に拠点を持つ日本のローカル線である。

偽ティーウェイ航空の特徴[編集]

  1. エーウェイ航空からエスウェイ航空まで黒歴史。
  2. LCCなのに航空券の運賃が高い。
  3. 機内で出される紅茶に定評あり。

偽デルタ航空の特徴[編集]

  1. 何回も倒産した。
    • 2度あることは3度あった。
    • アルファ航空、ベータ航空、ガンマ航空は黒歴史。
  2. 結局ノースウエスト航空に吸収されてデルタブランドは星になりましたとさ。
  3. 「デルタ」の部分はギリシャ文字で表記される。
  4. 米国陸軍の特殊部隊が運営する航空会社である。
    • チャック・ノリスがCMをしている。

偽ニュージーランド航空の特徴[編集]

  1. 垂直尾翼に国旗をあしらっている。
  2. 成田開港前から日本に乗り入れていた。
  3. 南極への定期便がある。
    • 東西方向ではなく、南北方向の世界一周航路、つまりニュージーランド→南極→アフリカ→欧州→北極→東京→東南アジア→ニュージーランドと言う航路を持つ。
  4. 機内安全ビデオが世界一つまらないと評されている。

偽ノースウエスト航空の特徴[編集]

  1. ノースベストだ。
    • 「ノースワースト」という悪口はありえない。
      • むしろ「ノースワースト航空」が、正式な会社名である。
    • 実はサウスウエスト航空だ。
    • サウスイースト航空もある。
  2. 目的地にきちんと着陸する。
    • 成田行の便が、間違って新千歳空港に降りるなんてことはありえない。
  3. JR並にスケジュール通りに運航する。
    • 二桁時間遅れはともかく、一分遅れすらありえない。
    • 事故率が低い。
    • そのため、BAY-FMのエアラインアップデーツになかなか登場しない。
  4. そもそもCIカラーと垂直尾翼が赤色ではない。
  5. ロゴマークが'emu▲だ。
  6. ノースバストとノースヒップという系列会社がある。
  7. National Wrestling Alliance。
  8. ウィングスアライアンスがかつてスカイチームを飲み込んだ関係で、デルタ航空が吸収され、ブランド消滅の憂き目に。
  9. 格安航空券が日本航空並みに高い。
  10. 国内提携会社がないせいかマイレージサービスに妙味がなく、日本人は誰も入会しない。
  11. デルタ航空を吸収し、パンナムに次ぐ規模の航空会社となった。
  12. KLMオランダ航空と提携を結んだ当時の CM 通り、アムステルダム便は米国入りすると自動的にKLM塗装からNWA塗装に変わるようになっていた。

偽ハワイアン航空の特徴[編集]

  1. 機内でハワイアンがBGMとして流される。
  2. アロハ航空に吸収合併された。
  3. 本社があるのはハワイ州ではない。
  4. 羽合温泉へのアクセスとして米子に就航している。
  5. 20世紀中に日本便の運航を開始した。

偽パンアメリカン航空の特徴[編集]

  1. 現在でもアメリカ最大級の航空会社だ。
  2. 日本にはアイマスジャンボを飛ばしている。何故なら、よく見ると、パンナムではなくバンナムだからだ。
  3. 本業はパン製造である。
    • 機内食も自社製のパンである。
    • ほんのり甘いのがウリ。
  4. メットライフにビルごと買収された。
    • このため、西武ドームは「パンナムドーム」となった。

偽フィリピン航空の特徴[編集]

  1. 本社はマニラ市内にある。
  2. 仙台や広島にも乗り入れ。
  3. ヨーロッパ便もある。
    • もうすでに本当のことになってしまいましたが・・・・・。
  4. 戦後に設立された会社だ。
  5. 現在の塗装では胴体に赤と青の帯が入っている。

偽フィンランド航空の特徴[編集]

  1. 世界で最も事故の多い航空会社の一つ。
  2. 垂直尾翼の模様は国旗だ。
    • 機体のデザインは白地に赤十字だ。
  3. ムーミン谷への唯一の航空路線を運航している。
  4. かつてはB747を使っていた。
  5. 英語名は「Air Finland」。
  6. 日欧間の所要時間が一番長いばかりか、ヴァンタア空港での乗り継ぎでは何処へ行くにも一泊必要なので、ビジネスマンからは相手にされていない。
  7. サンタさんが、トナカイに引っ張らせたソリに乗客を乗せて運行している

偽ブリティッシュ・エアウェイズの特徴[編集]

  1. コンコルドしか保有していない。
    • うるさすぎてヒースローから追い出された。
  2. 航空連合反対の立場を貫いており、ライバル他社が提携を発表すると機体に反論メッセージを刻み込む。
  3. 社長がレコード屋がやってる航空会社のアッパークラスの酷さにぶち切れて、自社のサービスを飛躍的に向上させ、その結果今ではシンガポール航空と世界一の人気エアラインの座を毎年競っている。
  4. ファーストクラスは廃止され、「霊柩クラス」として発売。
  5. 20世紀末まで、国内線とヨーロッパ内短距離線しか持っていなかったため、長距離専門のヴァージン・アトランティック航空と良好な関係を築いていた。
  6. 機体におねーちゃんの絵が描いてある。

偽南アフリカ航空の特徴[編集]

  1. まだアフリカ諸国に乗り入れられない。
  2. かつて成田空港に乗り入れていた。
  3. 胴体は派手な色だが垂直尾翼は白一色。

偽ユナイテッド航空の特徴[編集]

  1. 初期から多くの国際線を運航していた。
    • ヨーロッパ線は戦前から、日本線は1950年代前半からと長距離国際線でも老舗である。
  2. かつてはダグラスと密接な関係にあった。
  3. コンチネンタル航空との合併後も「フライングU」のマークを使っている。
  4. 機材の整備は万全なので出発後戻ってくるなんてありえない。
  5. 機内食が地上の三つ星レストランかと思うほど旨い。

偽ライアンエアーの特徴[編集]

  1. かつてのMGMグランドエアをもしのぐ豪華路線の航空会社として知られる。
  2. 立ち乗りや有料トイレを実際に導入した。
  3. アジアへの路線拡大を計画中。
    • インドネシアのラインエアーとの業務提携で、東南アジアにも進出。
  4. 従業員の待遇の良さに定評あり。
  5. ピンクの甲冑を着た、ヒゲのおっさんがCAをやっている。
    • 青い色したクラゲのような生物が、たまにホイミをかけてくれる。
    • 定刻通りに到着すると、レベルアップのファンファーレが流れる。
  6. 定時運航率の良さに定評がある。

偽ライオン・エアの特徴[編集]

  1. 搭乗手続きから手荷物受取まで、空の旅を見つめるエアライン。
  2. 実は既にインドネシアのフラッグキャリアだ。
    • なので国外会社は作らず、国外も自社でカバーする。

偽ルフトハンザドイツ航空の特徴[編集]

  1. 国旗カラーの機体で有名。
  2. 流布とは犯罪。
    • にメッセージを送っていた。
  3. 東ドイツの会社だ。
    • ドイツ分割後に西ドイツ側のルフトハンザは本家とみなされず、結局西ドイツはインターフルクとして事業を行なってきたが、東西ドイツ統合を機に吸収されてしまった。
  4. 空中装甲騎士団の一部分。
  5. 冷戦期に西ベルリンへの路線を運航していた。
  6. 戦時中はルフトハンザ・ナチス航空として、鉤十字が尾翼に描かれていた。
  7. 鶴は鶴でも鶴丸がシンボルマークだ。
  8. 世界最古の航空会社であり、その起源は中世に遡る。



関連記事