偽茨城の特徴/市町村

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

偽茨城の特徴

偽水戸の特徴[編集]

  1. 中核市である。
    • それどころか、政令指定都市になっている。
  2. 名物はギョーザ。
  3. 海に面している。
  4. 常磐新幹線が通っており、停車駅もある。
  5. 県内で最も入学難易度が高い国立大学がある。
  6. 市内に近鉄大阪線がある。
  7. 彦根とは今でも犬猿の仲。

偽つくばの特徴[編集]

  1. 実は筑波市だ。
  2. 水戸より人口が多い。
  3. 平成の大合併で誕生した。
  4. 水戸とつくばを結ぶ鉄道がある。
  5. JR常磐線が市内を通っている。
  6. 県内で一二を争うほど人口減少が著しい。

偽古河の特徴[編集]

  1. 東北新幹線が停車する。同路線の「ふるかわえき」はここにある。
  2. 埼玉県に属している。
  3. 栃木県野木町を編入した。

偽結城の特徴[編集]

  1. 栃木県小山市に編入された。

偽常総の特徴[編集]

  1. 合併後も水海道市のままだ。
  2. 江戸時代は「豊田藩」だった。
  3. 常総学院高校の所在地だ。

偽五霞の特徴[編集]

  1. 埼玉県幸手市に編入された。

偽東海の特徴[編集]

  1. 東海地方にある。
    • 東海地震の地震防災対策強化地域に指定されている。
    • それも愛知県に。東海市とは、両方とも地熱発電所があり、友好都市。
  2. 火力発電所がある。
  3. 東海大学の本部はもちろんここにある。
  4. すでに市制を施行し、「東海市」になっている。
  5. 「トンへむら」と読む。
    • 日本名は「日本海村」。

偽笠間の特徴[編集]

  1. 合併後の市名は友部市
  2. 新市役所は旧笠間市に設置。
  3. 市内には「壽山」という山があり、「北の富士」の通称で親しまれている。

偽神栖の特徴[編集]

  1. 鉄道の旅客駅がある。
  2. 原子力発電所で有名。

偽波崎の特徴[編集]

  1. 千葉県銚子市に編入された。

偽筑西の特徴[編集]

  1. 下館市が周辺自治体を編入してできた。
    • なので市名は下館市のまま。
  2. 結城市と仲が良い。
  3. 実は福岡県にある。
    • 筑紫の西の方にあるという意味だ。

偽ひたちなかの特徴[編集]

  1. 勝田市が那珂湊市を編入してできた自治体。そのため、今でも勝田市を名乗っている。
  2. 常陸那珂市と表記するのが正しい。
  3. ひたち海浜公園は民営施設。
    • 常陸海浜公園」が正式名称。

偽日立の特徴[編集]

  1. 今でも水戸やつくばより人口が多い。
  2. 日立製作所の本社はもちろんここにある。
    • 「日立市」という市名も日立製作所に由来している。
    • 日立製の電車ももちろんここで製造されている。

偽鹿嶋の特徴[編集]

  1. 実は佐賀県の自治体である。
    • もしくは区別するために常陸鹿島市に改称した。
  2. 市を代表するサッカーチームは「鹿アントラーズ」。

偽常陸大宮の特徴[編集]

  1. 隣に常陸浦和市常陸与野市がある。
    • 合併して常陸さいたま市になった。
      • さらに常陸岩槻市も存在し、これを編入した。
  2. 東北・上越・長野(北陸)の各新幹線が停車する交通の要所。

偽坂東の特徴[編集]

  1. 板東英二の出身地。
  2. 名物はゆで卵だ。
  3. 某ファミリーレストランの本社がある。

偽つくばみらいの特徴[編集]

  1. 筑波未来市と表記するのが正しい。
    • いや、「つくばみい市」。

偽かすみがうらの特徴[編集]

  1. 霞ヶ浦市
  2. 実は東京都にある。
    • 中央省庁が集中している。

偽守谷の特徴[編集]

  1. 昔ながらの田舎町のまま。
  2. 実は大阪府の自治体だ。

偽北茨城の特徴[編集]

  1. 東茨城郡の自治体で、水戸市の北に隣接している。
    • むしろ東茨城郡から分離して北茨城郡を設置した。



関連記事