偽連続テレビ小説の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

偽テレビドラマの特徴 > 連続テレビ小説

目次

全般[編集]

  1. 放送時間は30分。
    • あるいは一時間。
  2. 土曜日には放送されない。
    • 2020年度から土曜日の放送を開始する予定である。
  3. 高齢者には受けが良くない。
    • 基本的に若者がよく見る。
  4. 前期が大阪で後期が東京。
    • 名古屋放送局が制作することもある。
      • 福岡放送局も。
      • 札幌放送局も。
    • なお92年度前半~94年度前半は「前期:東京、後期:大阪」だった。
  5. 再放送が行われていない。
  6. 町おこしには一切使われない。
    • だが、村おこしには使われる。
  7. 現在も放送期間は1作品当たり1年だ。
  8. 日曜日に1週間分をまとめて放送する。
    • さらに年末には1年分をまとめて放送する。
  9. 2010年度から8時30分放送開始になる。
  10. 現在もBSで旧作の再放送が行われている。
    • 2011年度後期をもって打ち切られた。
  11. 低視聴率で打ち切られた作品が存在する。
  12. ほとんどの場合主人公は男性。
  13. 全作品の全放送回が現存している。
  14. 実は「不連続テレビ小説」である。
    • その名の通り、内容が1回ずつ支離滅裂で連続していない。
    • 放送1回毎にタイトルが変わることや、1クールの中に複数のタイトルがあり、それが不規則に放送されることもある。
  15. 基本的に再放送は晩のゴールデンタイムに行う。
  16. タイトルに「ん」が入るとコケるというジンクスがある。
  17. 正式名称は「朝の連続テレビドラマ小説」で、略すと確かに「朝ドラ」になる。
    • あるいは、正式名称が「連続テレビ小説」なので通称「れんてれ」。
  18. NHKのテレビ放送が始まった昭和28年からずっと放送されている。
    • むしろ大河ドラマの放送が始まった昭和38年から放送されている。

1960~70年代の作品[編集]

偽娘と私の特徴[編集]

  1. 後の作品と同じく放送時間は8時15分~30分。
  2. 原作者の名前は「獅子十六」。
  3. 第1回の映像は残っているが最終回は現存せず。

偽たまゆらの特徴[編集]

  1. 竹原市が舞台。
    • アニメはこの作品をリメイクしたものだ。
  2. 全話現存している。
  3. 実は「伊豆の踊子」のタイトルを変えただけだ。

偽おはなはんの特徴[編集]

  1. 連ドラ史上最も影の薄い作品の一つ。
  2. おはなは予定通り森光子が演じた。
  3. 舞台は大津。
  4. 古い作品で現存回数が少ないので再放送などできるわけがない。
  5. 最終回で主人公は死亡してしまう。
  6. お好み焼きを作る話だ。

偽藍より青くの特徴[編集]

  1. 脚本は倉本聰。
  2. 主人公が韓国料理店を夫と経営する話。
  3. 映画が先に公開された。
  4. 主題歌の名前も「藍より青く」だ。
  5. 最終回の映像は現存しているが、初回の映像は残っていない。
  6. 主演は真木よう子。
  7. 語りは最終回まで同じ人が務めた。
  8. 実は「藍より青し」が正しいタイトルだ。

偽鳩子の海の特徴[編集]

  1. 鳩山一族を題材にしたドラマだ。
  2. このドラマから半年間の放送になった。
  3. 子供時代の主人公の演者にとっては黒歴史の作品だ。
  4. よくみたら「鳴子の海」だった。
    • よさこいソーランを題材にしたドラマだ。
  5. 主人公は長崎で原爆に遭う。
  6. 主人公の夫を演じた人物はのちに東宝の社長になった。
  7. 「いとこの海」という姉妹編がある。

偽雲のじゅうたんの特徴[編集]

  1. 主人公が雲のような柔らかさのじゅうたん作りに挑む話。
    • もしくは空にかかわる仕事を目指すのは史実と同じだが、主人公が目指しているのは客室乗務員。
    • もしくは空飛ぶ絨毯に乗って旅する話。
  2. 同時期の朝ドラ同様映像がほとんど残っておらず、全話再放送は厳しいと言われている。
    • 民放で再放送されるなどありえない。

偽いちばん星の特徴[編集]

  1. 主人公はモデルが存在しない架空の人物。
    • モデルになった人物の芸名をそのまま主人公の名前として使うなどありえない。
  2. 主人公の職業は女優だ。
    • むしろ漫才師。
  3. 主演女優交代などない。

偽風見鶏の特徴[編集]

  1. 主人公夫婦が米屋を経営する話。
  2. 主演は荒井由実。
  3. モデルとなった人物も実際に風見鶏の館に住んでいた。
  4. まさか舞台になった市がこのドラマに関する解説板でミスをするなんてありえない。
  5. 風見鶏の館は実写だ。
  6. NHKが放送当時から責任を持って全話の映像を保存していた。
  7. 主人公はフランス人と結婚する。

偽マー姉ちゃんの特徴[編集]

  1. 映像が現存しない回がある。
  2. ヒロインの名前はもちろん「長谷川町子」。
  3. 原作者がカメオ出演している。
  4. 作品の性質上フジテレビ系でも放送された。

1980年代の作品[編集]

偽なっちゃんの写真館の特徴[編集]

  1. もちろん「なっちゃん」とはサントリーのあのキャラのことだ。
    • のちにサントリーとタイアップした。
  2. モデルとなった写真館はすでに閉店している。

偽虹を織るの特徴[編集]

  1. 主人公が織物づくりに挑む話。
    • 舞台は京都。
  2. 1970年の朝ドラ「虹」の続編。
    • 主演は南田洋子。
  3. 主人公が入団する劇団は劇団四季。
    • むしろ松竹歌劇団orOSKだ。

偽おしんの特徴[編集]

  1. 連ドラ史上最悪の出来。
    • 現在では黒歴史扱い。
  2. おしんの実父は坂田利夫師匠が演じた。
  3. おしんが小料理屋を始めて、大根めしを売ってボロもうけする話だ。
  4. 脱走兵は女川に潜伏していた。
  5. 関東大震災で夫を失った。
  6. 本当の主役は病魔と闘った隆の里関だった。
  7. 原作は坪内逍遙だ。
  8. 仮面ライダーシンが主役だ。
  9. 海外ではあまり人気がない。
    • 特にイランでは全くと言って良い程人気がない。
    • これが停電で放送できなかったという理由で、暴動が起こる訳などない。
  10. 忍耐とは無縁の物語だった。
  11. 本作の放送期間も半年だ。
  12. ここが舞台だ。

偽ロマンスの特徴[編集]

  1. 栗菓子で成功する話だ。
  2. 小田急に関する話だ。
    • いや、東武だ。
  3. 主役は女性。
  4. 主題歌を歌ったのは広瀬香美。
    • いや、岩崎宏美だ。

偽澪つくしの特徴[編集]

  1. 舞台は調布だ。
    • いや、長府だ。
    • いや、大阪だ。
  2. 銚子電鉄がこの作品にちなんだ列車を走らせたことなどない。
  3. タモリが登場する。
  4. タイトル通り?、大阪市の市章が映っているだけの番組だ。
  5. 惣吉の生還は当初から予定されていた。

偽はね駒の特徴[編集]

  1. 主人公が将棋棋士を目指す話だ。
  2. 舞台は山形県天童市。
  3. 基本的に内容は重々しい。
    • 逆にOPは比較的明るい。
  4. タイトルの読みは「はねこま」だ。
  5. 主人公は仏教系の学校に入る。
    • 般若心経を暗記する。

偽都の風の特徴[編集]

  1. 毎回歌詞付きのテーマ曲が流れていた。
  2. 滋賀県も舞台となった。
  3. 最終回で昭和61年のシーンがあった。
  4. 実は「宮古の風」だ。

偽チョッちゃんの特徴[編集]

  1. 主人公のモデルは黒柳徹子の祖母。
    • むしろ黒柳徹子本人。
      • よって主人公は黒柳徹子が演じている。
  2. 主人公の結婚相手はロックギターを演奏している。

偽青春家族の特徴[編集]

  1. 徳光和夫が登場する。
  2. 作中で描かれた期間は今なお連ドラ史上最長。
  3. タイトルは主人公一家が「青春」(あおはる)という苗字であることにちなむ。

偽和っこの金メダルの特徴[編集]

  1. 主人公がバスケットボールでオリンピックを目指す話。
  2. 読みは主人公の名前に合わせて「かずっこのきんめだる」だ。
    • または「和っ子の金メダル」が表記として正しい。
  3. 主人公は当初予定されていた人物がそのまま演じた。

1990年代の作品[編集]

偽君の名はの特徴[編集]

  1. 原作同様爆発的な人気を博した。
    • 平均視聴率は過去最高を記録。
    • 銭湯が空になってしまうほど人気があった。
  2. ヒロインを演じた鈴木京香がテーマ曲も歌った。
  3. 真知子と春樹が結婚したところで終わっている。
  4. 放送期間は半年。
  5. 何か不幸なことがあると、「ゴルゴムの仕業だ!」と春樹が叫ぶ。
  6. よく見ると「君の縄」だ。
    • いや、「君の」だ。
  7. ブラックサン春樹とシャドームーン勝則が真知子さん争奪戦で人類滅亡を賭した戦いを繰り広げる壮大な特撮ドラマとなる。
  8. ヒロインは鈴木杏樹である。
  9. 劇中で真知子と春樹の精神がたびたび入れ替わる。
  10. 真知子は岐阜の女子高校生、春樹は東京の男子高校生だ。
    • よって青春ドラマ路線だ。

偽ひらりの特徴[編集]

  1. クリントン元アメリカ大統領の妻の半生を描いたドラマだ。
    • タイトルはよく見ると「ひらりー」だ。
  2. テーマ曲は後に舞台となった両国駅の発車メロディに使われた。

偽ぴあのの特徴[編集]

  1. 主演の女優は当時劇団四季所属。
    • これによって劇団四季の人気が上がった。
    • 逆にライバルの宝塚歌劇団はこれによって人気が一時急減した。よって、今も宝塚にとっての禍根である。
  2. 主人公の将来の夢は「ぴあの」だけにピアニストだ。
  3. 童謡が作中で登場するなんてありえない。
  4. 音楽を久石譲が担当するわけがない。
  5. 主題歌を主演女優が歌う予定があったが、歌唱力に問題があったためお蔵入りに。
    • 逆に主演女優はダンスが得意だったため、OPではダンスシーンが取り入れられた。

偽春よ、来いの特徴[編集]

  1. 主役が交代するなんてありえない。
  2. 主題歌は中島みゆきが歌った。
  3. 放送期間は半年だった。
  4. 実は「波留よ、来い」だ。

偽ひまわりの特徴[編集]

  1. 従来の連ドラの伝統を強く意識した作りになっていた。
  2. ヒロインを演じた女優はその後あまり活躍できていない。
  3. 気象衛星の開発スタッフが重要人物として出てくる。
  4. ヒロインは司法書士試験をやっとのことで受かった。

偽ふたりっ子の特徴[編集]

  1. 少女時代のヒロインを演じた役者は双子ではない。
    • 成人してから再びヒロインを演じることなともちろんない。
  2. 将棋と無縁だ。
    • 囲碁に縁がある。

偽あぐりの特徴[編集]

  1. 鈴木亜久里の半生を描いたドラマ。
  2. ヒロインは農業を営んでいる
  3. ヒロインは何でも賛同する性格だ。

偽すずらんの特徴[編集]

  1. 明日萌駅は実在の駅だ。
    • むしろドラマでも「恵比島駅」だ。
  2. 映画化されていない。
    • それでも続編が制作された。
  3. ドラマ中で神戸電鉄が頻繁に登場する。
    • 舞台は恵比須駅。
      • もしくは前橋市千代田町。
  4. 出てくる蒸気機関車はD51型498号機と高崎の旧客だ。
    • 大井川鐵道のC11型227号機だ。
  5. 主役は鈴木蘭々。
  6. 実は「鉄道員」のタイトルを変えただけの作品だ。

偽あすかの特徴[編集]

  1. ヒロインが洋菓子職人を目指す話。
  2. 時代設定は題名通り飛鳥時代だ。
  3. 主題歌はASKAが担当した。
  4. いすゞがスポンサーだった。

2000年代の作品[編集]

偽私の青空の特徴[編集]

  1. ヒロインと相手は最終回で入籍した。
  2. 劇中の下北弁は極めて正確。
  3. 続編制作の予定があったが結局お蔵入りに。
    • 原因はヒロインを演じた女優の猛反対。

偽オードリーの特徴[編集]

  1. ブレイク前の某芸人が出演。
  2. ヒロインが劇中で結婚した。
  3. 舞台は滋賀県大津市

偽ちゅらさんの特徴[編集]

  1. 近年では最も影の薄い作品だ。
    • 続編制作などありえない。
  2. 沖縄出身者が出てこない。
  3. 「紅芋マン」が人気を集めた。
  4. 「ちゅら」の3作目。
  5. 主演は広末涼子で、米倉涼子と篠原涼子も出演する。
  6. よくみたらちゅるやさんだった。
    • 「ちゅらん」だ。
  7. 沖縄が舞台なので、当然大阪放送局の制作だ。

偽ほんまもんの特徴[編集]

  1. 野際陽子は本当に頭を丸めた姿で出る。
  2. ヒロインの父親が癌にかかるが奇跡的に回復する。
  3. スピンオフで「まがいもん」がオンエアされる。
    • さらに「ぱちもん」もオンエアされる。

偽さくらの特徴[編集]

  1. 舞台は千葉県だ。
    • いや長崎と佐世保だ。
      • さらに熊本と鹿児島が加わる。
    • あれ?葛飾柴又じゃ…、
    • あるいは鹿児島。
    • 名古屋鉄道名古屋本線桜駅だ。
      • 近鉄湯の山線桜駅も登場する。
  2. 視聴率の水増しが発覚した。
  3. ヒロインを演じた役者は本当に日系人だ。
    • 純然たるアメリカ英語のネイティブスピーカーだ。
  4. 続編が制作された。
  5. 放送順を間違えたことなどない。
  6. NHKだけに、実はカードキャプターさくらを実写化したものだ。
  7. ヒロインは菅野美穂。
  8. 撮影舞台は千葉県佐倉市

偽まんてんの特徴[編集]

  1. ヒロインは種子島出身という設定。
  2. 主人公は空手をやっている。
  3. 大塚範一司会の生放送のクイズ番組。
  4. ヒロインは宮前真樹。
  5. 主役が宇宙に旅立つ前に話が終わる。

偽こころの特徴[編集]

  1. 原作:夏目漱石。
  2. 波田陽区が出演した。
  3. 「もーれつア太郎」のスピンオフドラマで、主役は「ココロのボス」
  4. ここたま第一作目をヒロイン目線で描いた実写ドラマ。
  5. 新潟県中越地震を描いた続編が制作された。

偽てるてる家族の特徴[編集]

  1. ヒロインは一人っ子。
  2. 最後まで喫茶店「シャトー」がメインだった。
  3. 無理やり平成まで引き延ばした。
  4. 父と三女による続編が、2011年に大河コントとして製作された。
    • 安西家による続編も、2018年から2019年にかけて放送されている。
  5. とっくの昔に完全版のDVDは発売済み。
  6. 劇中で歌う訳などない。

偽天花の特徴[編集]

  1. 「連ドラ史上最高傑作」との呼び声が高い。
    • もちろん続編が制作された。
  2. 仙台での評判がいい。

偽わかばの特徴[編集]

  1. ヒロインの下の名前はひらがな表記が正しい。
  2. 日南市の油津地区が主な舞台の一つ。
  3. 第1回は阪神・淡路大震災のシーンから始まる。
  4. 後半でヒロインの父が実は生きていたことが判明する。
    • 木之下俊介は震災で記憶をなくした父親そのものだった。
  5. 舞台版のキャストはドラマと全く異なる。
  6. ヒロインが自動車免許を取る話だ。

偽ファイトの特徴[編集]

  1. 主題歌は中島みゆきが歌った。
    • あるいは森高千里。
  2. 原作:柴田亜美
  3. 怪獣プロレス番組「ウルトラファイト」がNHKによりウルトラシリーズ以外のキャラクターも交えて復活した。よって”ウルトラ”がタイトルから外れた。
  4. 実は喧嘩ドラマだ。

偽風のハルカの特徴[編集]

  1. 主演:綾瀬はるか。
  2. 舞台は関西空港がある泉佐野市と京都市。
  3. ハルカが湯布院に戻ってきたのはそよかぜツーリストを解雇されたから。

偽純情きらりの特徴[編集]

  1. ヒロインがアヒルを飼っていた。
    • しかもアヒルが突然幕末の将軍様の姿に…
  2. この作品も無理やり平成まで引き延ばした。
  3. 主演:久住小春
    • 次女役は米倉涼子

偽芋たこなんきんの特徴[編集]

  1. すでにDVD化された。
  2. 最終回で平成19年まで引き延ばすことなどしない。
  3. 「なんきん」とは中国の都市のことだ。
    • なので某歴史的事件が…
  4. 芋とは田舎臭いこと、たこはアホバカ系罵倒語、なんきんは南京虫のこと。
    • あるいはおっさんの大好物。
    • タイトルの由来が攻撃的だ。

偽どんど晴れの特徴[編集]

  1. ヒロインの実家は東京都内だ。
  2. 作品中に貧乏神が登場。
  3. 実は「どんと晴れ」だ。
    • むしろ「Don't 晴れ」だ。
      • 「doesn't晴れ」「didn't晴れ」もある。
    • いや、「どんと張れ」で使い捨てカイロの話だ。
  4. テーマソングは「ローザ・ルクセンブルグ」が歌った。
  5. どんど焼きについて描いた作品だ。

偽ちりとてちんの特徴[編集]

  1. 本物の落語家が出てこない。
  2. ヒロインが江戸落語の修業に励む話だ。
  3. 主題歌を歌ったのは五木ひろしだ。
  4. なぜか現アメリカ大統領が登場。
  5. マジレンジャーが登場。
  6. NHK福岡放送局製作。
  7. 舞台は南米チリだ。
  8. ヒロイン達一家は大阪から小浜に引っ越してきた。

偽瞳の特徴[編集]

  1. TEAM NACSのメンバーがレギュラー出演。
  2. 岸辺シロー、堺正章がヒロインの父親の友達役としてゲスト出演。
  3. この人が主題歌を歌った。
  4. 実は「仁美」だ。

偽だんだんの特徴[編集]

  1. ヒロインが最後まで歌手として活躍する。
  2. ヒロインの父親は元プロレスラー。
  3. 主人公はザ・たっち。
    • あるいはまえだまえだ。
    • もしくは斎藤祥太・慶太。

偽つばさの特徴[編集]

  1. ケーブルテレビを題材にした作品だ。
  2. 母親はしっかりしているが娘(ヒロイン)が放浪癖の持ち主だ。
  3. もちろん舞台は山形県だ。
    • 新幹線が頻繁に出てくる。
    • 提供:でん六。
  4. ボーイフレンドがJリーグに入団したことが縁で、Jリーグ中継放送を製作することに。ゴールしたときは「イェ~~~~~ッス!」と絶叫する。
  5. 益若つばさの半生を描いたドラマだ。
    • 真琴つばさだろ?
  6. よく見れば「つば」だ。
  7. 「キャプテン翼」の大空翼が主役だ。

偽ウェルかめの特徴[編集]

  1. 作品に「美波町」という固有名詞が出てこない。
    • もっぱら「日和佐」が用いられる。
    • 「南町」も出てくる。
  2. 吉本興業所属の芸能人が登場しない。
  3. 仮面ライダーディケイドの世界とリンクし、キバとイクサが登場する。
    • 紅音也が登場し、一平とのやり取りがある。
  4. オープニングに「かめっ太くん」のかわりに「ベガッ太さん」が登場する。
    • よって舞台は仙台だ。
  5. オープニングの映像の「かめっ太くん」が着ぐるみで実写
  6. 平均視聴率80%を超える快挙を果たした。
  7. 主演:西野カナ。
  8. 主題歌:およげ!たいやきくん。
  9. よく見たら「ウェルこめ」だ。

2010年代の作品[編集]

偽ゲゲゲの女房の特徴[編集]

  1. 8時15分放送開始。
  2. 完全なるノンフィクションだ。
  3. ヒロインの悩みは背の低さだ。
  4. 妖怪がレギュラー出演している。
  5. 水木夫妻はまったく関係ない。単に鬼太郎にインスパイアされただけのタイトルだ。
    • もしくは水木一郎のことを描いた作品だ。
  6. 映画版でも連ドラ版と同じ役者が水木夫妻を演じた。
  7. 前作よりもさらに低い平均視聴率を記録してしまった。
  8. オープニングテーマは喜多郎による作曲。
  9. ヒロインは松嶋菜々子。
    • 「ひまわり」以来2度目の朝ドラ主演だ。

偽てっぱんの特徴[編集]

  1. ヒロインはとにかく陰気な性格。
  2. 重要な役割を果たす楽器はトロンボーンだ。
    • いやクラリネットだ。
    • バイオリンかもしれない。
    • スチールドラムだったりして……。
  3. ヒロインの実母は健在。
    • あるいは両親とも亡くないっている。
  4. かつて途中降板した元ヒロインを養母役として起用することなどない。
  5. 尾道で仕事を見つけられなかったヒロインが三原や福山で仕事を探す場面がある。
  6. 「おのみっちゃん」のメニューにもんじゃ焼きがある。
    • たい焼きもある。
      • 主題歌:およげ!たいやきくん。

偽おひさまの特徴[編集]

  1. ヒロイン役はオーディションで決めた。
  2. エキストラの人までひとりひとり役名を事細かく表示するので、オープニングはやたら長い。
  3. 実生活で母と息子の間柄である俳優が、そのまま母と息子の間柄の役で出演することはない。
  4. 安曇野のそば屋も「丸庵」という屋号を使っている。
  5. 「おほしさま」「おつきさま」もある。

偽カーネーションの特徴[編集]

  1. ウルトラ怪獣「カネゴン」が主役だ。
  2. カーネル・サンダースが主役だ。
    • あるいは清原和博が主役。
  3. 洋品店の娘が着物デザイナーを目指す話。
  4. 大正時代の岸和田のシーンは実際に岸和田市内で撮影された。
  5. 松田惠は経理係ではなく、鑑識係としてオハラ洋装店に加わった。
  6. 舞台は大阪の北摂地域。
  7. 主題歌を歌うのは浜崎あゆみ。
    • いや木村カエラ。
    • いやSMAP。
    • 一時期EXILEが歌っていた。
  8. ヒロインは小野真弓。
    • 子役は鈴木福と本田望結。
  9. 好評だったのでフジテレビの月9でリメイクされることが決まった。
    • いや日本テレビ系列で土曜日の夜9時に放送されている。
  10. 脚本:渡辺えり。
    • 脚本:藤川桂介。
    • 脚本:けらえいこ。
  11. NHK仙台放送局制作。
    • あるいは名古屋放送局制作。
    • 広島放送局だろ?
  12. ナレーションが佐藤賢治。
    • ナレーションが真地勇志。
    • ナレーションが石塚運昇。
    • 銀河万丈だろ?
  13. 主人公は渡辺真知子。
    • あるいは加藤夏希。
    • もしくは石田ひかり。
    • または真矢みき。
    • 大島麻衣かもしれない。
    • 綾瀬はるかかも。
  14. 劇用車はトヨタ・ヴァンガードかホンダ・CR-V。
  15. 提供:トヨタ自動車、エステー、サントリー、メナード化粧品、NTTドコモ、P&G。
  16. かつて藤山一郎氏がこの花を歌ったことで話題になった。
  17. 田中みな実による番組案内が行われた。
  18. 安岡家の親戚が東京に住んでいて、泰造と勘助の葬儀に、幸吉と和子が叔父夫婦として参列している。
主題歌
  1. オープニングテーマはAKB48「フライングゲット」。
    • または「上からマリコ」。
  2. 歌詞が表示される。

偽梅ちゃん先生の特徴[編集]

  1. 「ど根性ガエル」の梅さんが、寿司職人から医者に転身する作品だ。
    • もしくは津田梅子の人生を描いた物語だ。
  2. 舞台は梅田
  3. 実は「楳ちゃん先生」だった。
    • 楳図かずおの生涯を描いた作品だ。
    • よく見ると「ちゃん先生」だ。
    • うめ先生」だ。
  4. 主人公はAKB48梅田彩佳
    • しかもアイドルから教師に転身する作品だ。
      • 実は『AKBINGO!』の企画だ。
    • もしくはアイドルと教師を掛け持ちしている。
      • 『さばドル』のスピンオフ作品だ。
  5. 姉・松子を演じるのは、マツコ・デラックスだ。
  6. 父・建造を演じるのは、高橋克典だ。
  7. お隣の安岡家が営んでいるのは美容室だ。
  8. 主人公の職業が看護婦。
    • むしろ教師だ。

偽純と愛の特徴[編集]

  1. ヒロインが「愛」でその相手が「純」。
  2. 大阪市都島区も舞台になる。
  3. 時代設定は1970~80年代。
  4. ナレーションは愛が務める。
  5. サブタイトルガスベテカタカナダ。
  6. 大正区は初期の放送から出てきた。
  7. カイザーに乗っ取られたのは、『オオサキプラザホテル』ではなく『里や』。
  8. 剛が仮面ライダーオーズに変身するシーンがある。
  9. 『カイザーオオサキプラザ大阪』は、純が退社した後に火災で全焼した。
  10. ストーリーは底抜けに明るい。
    • まさにサクセスストーリーを地で行くような展開。
  11. 本放送終了時点で続編の制作が決まっている。
  12. タイトルの通り純愛ドラマだ。

偽あまちゃんの特徴[編集]

  1. 赤塚不二夫の漫画「ナマちゃん」が原作だ。
  2. ヒロインを演じるのは能世あんな
  3. 舞台となる都市は「岩手県久慈市」と実名で登場。
    • 三陸鉄道も変名になっていない。
    • あるいは兵庫県尼崎市が舞台。
      • よってダウンタウンも出演する。
      • 熱狂的な阪神ファンも登場する。
      • モデルは尼子騒兵衛。
    • 北陸鉄道も登場する。
  4. ヒロインが尼を目指す話。
  5. ヒロインの母親役は中山美穂。
  6. 「しんちゃん」という弟がいる。
    • さらにその下に妹がいて、名前はもちろん「ひまわり」だ。
  7. ヒロインは何事も「考えが甘い」。
  8. 「じぇじぇじぇ!」とはJRのことである。
    • JR尼崎駅で鉄道マニアが電車を見た時に発する言葉である。
  9. 出てくる芸能人は全員変名。
  10. あまりにも高視聴率だったので、今後放送期間が延長されることが決定した。
    • 最終的には放送期間20年を超えるロングランドラマになる予定。
      • 2020年の放送では東京五輪も舞台になる。
      • ヒロインは毎年変わる。
        • 将来的には最初のヒロインが母親役で出てくるサプライズもあるかも。
    • フジテレビの月9でもリメイクが決定した。
    • むしろ連ドラ史上最低の視聴率を記録しており、早くも黒歴史化している。
  11. 関東よりも関西の方が視聴率が高かった。
  12. 多くのNHKの番組が劇中に実名で登場した。
  13. 作中で東日本大震災により犠牲になる主要人物がいる。
    • むしろ作中では東日本大震災が発生しておらず、何事もなく物語が続いていく。
  14. 三陸鉄道全線復旧記念としてBSプレミアムで全話放送された。主演の不祥事?何それ。

偽ごちそうさんの特徴[編集]

  1. 大阪生まれの女性が東京へ嫁ぐ物語。
  2. ヒロインはオーディションで決まった。
  3. 作品の性質にもかかわらず食事シーンが少ない。
  4. 時代設定は終戦直後から平成。
  5. ヒロインは成長してタイムスクープ社のナビゲーターになる。
  6. 西門家の子どもの名前はそれぞれ「和歌女」(わかめ)「多良男」(たらお)「活男」(かつお)。
  7. 大阪市交通局が御堂筋線にこのドラマのラッピング電車を走らせた。
  8. 銀座線の建設エピソードが描かれる。早川徳次や五島慶太も登場する。
  9. 悠太郎たちの母親が死後、かまどの火となり、トラおばあちゃんのぬか床に大声で喧嘩を売ったり、め以子の作る料理に火加減によるイタズラをしたりしたあげく、西門家のガス工事の妨害までする。
  10. 西門夫妻を演じた杏と東出昌大が本放送中に入籍した。
    • 祝言のシーンとして、二人の結婚披露宴を中継した。
  11. BSプレミアムでのアンコール放送は通常どおりとくに予告もなく開始された。
    • 放送開始前に特番を組むなどもちろんない。
  12. ヒロインは「めんま」というあだ名で呼ばれている。

偽花子とアンの特徴[編集]

  1. 主人公は山田花子が演じる。
  2. 「花子」とは「トイレの花子さん」のことである。
  3. 「アン」とは「an」のことだ。
    • よってインテリジェンスの創業者の人生を描いた物語だ。
    • 前作のヒロインが連続で出演する。
    • あるいはマガジンハウスが「Hanako」と「an.an」を創刊するまでの経緯を描いた話だ。
  4. レギュラー陣には外国人が出てくる。
  5. このドラマのナレーションのモノマネをした笑点メンバーはもちろん舞台となった山梨県出身の三遊亭小遊三。
  6. 漫画家の山田花子の生涯を描いた物語だ。
  7. ヒロインが日の出女子大学校へ勉強会に出るシーンがある。

偽マッサンの特徴[編集]

  1. スコットランド人の男性と結婚した日本人女性の生涯を描いている。
    • そのため作品のほとんどがスコットランドで撮影されている。
  2. 実話が元なので主人公などは全て実名。
  3. テーマ曲が「麦の唄」なのにオープニングに麦が一切出てこない。
  4. ヒロインを演じた役者はもちろんイギリス人。
  5. 主題歌はさだまさしが唄う。
  6. マッサンがガオシルバーに変身する。
  7. BBCスコットランドが制作したドラマをNHK大阪放送局が買い取り、台詞を全て日本語に吹き替えて放送している。
  8. マッサンのタイトル通りさだまさしの半生を描いたドラマだ。
  9. 実はカレーを作る話だ。
  10. 実は日清食品の企業史がテーマである。
  11. ヒロインを務めた女優の名前は「ダイアナ」だ。
    • または「カミラ」だ。

偽まれの特徴[編集]

  1. ヒロインを演じる女優が主題歌の作曲を行った。
    • 実は「さわやか3組」のアレンジだ。
  2. その名の通りモルディブの首都が後半の舞台になる。
  3. 津村家が能登に引っ越してきた理由は母が輪島の出身だったから。
  4. 父親はとにかくしっかりしているがヒロインは全く現実を見る気がない。
  5. オープニングに開業したばかりの北陸新幹線が出てくる。
    • しかし、本編では一切出てこない。
  6. ナレーションの声がアンパンマンそのものだ。
  7. 津村家の父は謎の髭面男に拉致されて度々不在になる。
  8. 2007年の能登半島地震が作品の大きな転機になる。
    • 東日本大震災のシーンもある。
  9. ヒロインの父は堅実に倹しく暮らすことを望んでいるが、意に反しやることなすこと大成功で大金持ちである。
  10. ヒロインは和菓子職人を目指している。
  11. ヒロインの母親役は松嶋菜々子。
    • 美容師の小原マキ役は桐谷美玲。
  12. ナレーションが能登麻美子だ(能登だけに)。
  13. 実は「ほまれ」だ。
    • 澤穂希の半生を描いた作品だ。

偽あさが来たの特徴[編集]

  1. 描かれる時代は全て明治維新より後。
    • 江戸時代?大河ドラマじゃあるまいし…。
  2. ヒロインを演じるのもAKB48のメンバー。
    • ヒロイン姉妹の実家や嫁ぎ先の女中、炭坑夫の奥様方の役には、NMB48,HKT48のメンバーまで動員される。
  3. 今井家のシーンの撮影には実際に江戸時代に建てられた商家の建物が使われている。
  4. 幕末が舞台ということで多くの実在した志士が物語に登場する。
    • だが五代友厚だけ存在が消されている。
    • 大久保利通、大隈重信などは変名で登場した。
    • なぜか中川小十郎だけは実名だった。
  5. BGMにはもっぱら和楽器が使われる。
  6. Eテレで平日朝6:55から7:00まで放送されている。
    • 主題歌は真心ブラザーズが歌っている。
  7. ヒロインは大阪の商家の娘で東京女子大の創設者。
  8. ヒロインはとても淑やかで、礼儀作法などの習得に熱心、学問になど興味もなかった。
  9. 関東地方での平均視聴率は史上最低記録を更新してしまった。
  10. ヒロインの最期もはっきりと描かれた。
  11. 「朝が来る」はこのドラマのスピンオフだ。
  12. 日の出女子大学校の家政学部には「グレーテルのかまど」が設置され、初代校長がそこで欧米料理の特別実習を行うというシーンがあった。
  13. 正式な表記は「が来た」だ。
    • 自宅に麻生太郎元総理がやってくる話だ。
      • いや、麻原尊師がやってくる話だ。
  14. 元ネタの人物と親交があった村岡花子も劇中に出てくる。
  15. 続編に「ひるが来た」「よるが来た」がある。

偽とと姉ちゃんの特徴[編集]

  1. 東京の浜松町が主な舞台。
  2. タイトルから分かるように魚市場で働く女性が主人公。
  3. ヒロインの名前が「とと」。
  4. 宇多田ヒカルが歌うテーマ曲は放映前からたびたび放送されていた。
  5. サッカーくじが重要な役割を果たす。
  6. 主演は有村架純。
    • あるいは前田敦子。
  7. 戦後も青柳商店関係者がしばしば登場した。
    • 一方森田屋関係者や星野さんは終戦以降一度も姿を見せなかった。
    • また、一方、父親の生前の勤務先の関係者が、戦後になって、ヒロインの一家や会社を頻繁に出入りするようになった。
  8. 花山伊佐次は元ネタの人物同様にずっとおかっぱ頭だった。
  9. ナレーションは父・竹蔵。
  10. 平塚らいてうは前作に引き続き大島優子が演じた。
  11. ヒロインがトドの飼育員を目指す話だ。

偽べっぴんさんの特徴[編集]

  1. マツダ・ファミリアの開発に貢献した人物の生涯を描いたドラマ。
  2. ヒロインの元ネタの人物も花にちなんだ名前の持ち主。
  3. 京都の北野地区が主なロケ地として使われている。
  4. 大急百貨店の大島社長と側近の小山さんのコンビを演じるのは、オール阪神・巨人である。
  5. 最終週で阪神淡路大震災が描かれた。
  6. 大急百貨店の食料品売り場において、ヒロインとその親族、果てはその関係者が営む服飾会社の売り子たちが、休憩時間を使ってインスタントラーメンを買う列に並ぶ場面が出ている。
  7. ヒロインが化粧品会社を経営する話だ。

偽ひよっこの特徴[編集]

  1. 前数作と同様にヒロインは実在の人物がモデル。
  2. 東京で生まれ育った主人公が茨城の農村へ行き農業を始める話。
  3. ヒロインは中学卒業後に上京する。
  4. タイトルの通りオープニングでひよこが歩いている。
  5. ナレーション:松野明美。
  6. よく見るとタイトルが「ひょっとこ」だった。
    • 主人公:烏川耕一
      • いや、「ひょっこりはん」だ。
  7. 当初の予定より描かれた期間は長かった。
  8. 乃木坂46の白石麻衣が出演した。
  9. みね子ではなく谷田部と呼ばれる。
  10. 最終回で実が記憶を取り戻す。
  11. 「ひよっこ2」ではみね子と秀俊の間に子どもが生まれている。
    • 家族で大阪万博に行くシーンもある。

偽わろてんかの特徴[編集]

  1. 吉本新喜劇並みにギャグ満載だ。
  2. ヒロインは貧しいが常に笑いの絶えない一家に生まれた。
  3. ヒロイン役もテーマ曲を歌う歌手も吉本所属。
    • メインキャストもほとんど吉本芸人ばかり。
  4. ヒロインの夫は亡くなった後、全く登場しなかった。
  5. 一部の有名芸人は実名で登場。

偽半分、青い。の特徴[編集]

  1. 正しくは「半分青い」だ。
    • 伝統ある朝ドラのタイトルに句読点を入れるなどまず考えられない。
    • いいや、「HalfBlue」だ。
      • 「半分、赤い。」
    • タイトルの文字色が藍色と紫色の2色構成だ。
    • ヒロインが半分車酔いしかけているという意味だ。
  2. ヒロインは病気で片目の視力を失う。
    • その影響で常に眼帯を付けている。
  3. 実在する漫画家がモデルになっている。
    • もちろん最後まで漫画家の夢は諦めない。
  4. 聴覚障碍者向けに字幕放送がデフォルトである。
  5. ヒロインの名前がやけに古風。
  6. 梟町の最寄り駅は実際にモデルとなった岩村町の駅で撮影された。
  7. 岐阜が舞台の作品なので東日本大震災など出てくるわけがない。
  8. 最終回は本放送と同じ2018年のシーンで終わっている。
    • 晴が臨終するシーンがある。
  9. ブッチャーの小学生時代の習い事が、ピアノで、当然家には、ご先祖さまのひとりとして、西園寺公麿先生が写っている白黒写真が飾られている。
  10. この電車が頻繁に登場する。
  11. ヒロインは永野芽郁ではなく広瀬すずである。

偽まんぷくの特徴[編集]

  1. もちろん本作もテーマ曲を担当する歌手はこれまでの作品で起用されていない人物だ。
  2. ヒロインの小学生時代から話が始まる。
    • あるいは演じる女優同様に生まれたばかりの子どもがいる状態から。
  3. ラスト5秒では視聴者から寄せられたラーメンの写真が紹介される。
  4. 主演女優は元ネタの人物と親戚関係にある。
  5. 語りの人物は放送時点ですでに成人になっている。
  6. ヒロインはつりビットのメンバーだ。
    • しかもオーディションで起用された。
  7. ヒロインとその相手役が、起用決定当初から、リアルで夫婦同士である。
  8. モデルの会社は東洋水産。
    • 日清製粉だ。
      • えっ、日清オイリオじゃないの?
      • あるいは日清医療食品。
      • 従って皇后様も登場する。
  9. 舞台は黄檗宗萬福寺。
  10. ヒロインの相手役が作った即席ラーメン研究所に、ときどき近所のパン屋さんの娘たちが遊びにやってくる。
  11. もちろんカップヌードルヒットのきっかけになった「あさま山荘事件」のシーンも登場した。
  12. 最終回は主人公が亡くなるシーン。
    • よって「日清ラ王」の開発もドラマの内容に含まれる。
    • 「スペースラム」の開発も出てくる。
  13. 日清食品の協力がクレジットに明記されている。
    • 「まんぷく食品」の本社ビルも実際の日清食品本社にCG加工を加えたもの。
  14. 萬平は元ネタ通り台湾出身である。
    • 作中では福子と萬平の前妻との絡みも描かれている。
    • 源の母親は福子ではない。
  15. 忠彦さん(克子姉ちゃんの旦那様)を演じるのは、向井理である。

偽なつぞらの特徴[編集]

  1. 東京出身の主人公が北海道に嫁ぐ話。
    • 嫁ぎ先の牧場を大きく育てる話だ。
  2. タイトルは元からひらがな表記だ。
  3. アニメとは全く関係がない。
    • もちろんOPは実写。
    • むしろ本編含め全てアニメだ。
  4. ヒロインは成長して北三陸の海女になる。
  5. 旧作のヒロイン経験者は出さない方針。
  6. ヒロインは広瀬すずではなく永野芽郁である。
  7. なつの娘の名前は「そら」。
  8. 劇中でヒロインが制作に関わった作品はすべて実在のもの。
  9. 『なっちゃん』の続編である
  10. 実はこれの実写版だ。

偽スカーレットの特徴[編集]

  1. 本作から週5日放送になる。
  2. BK制作の過去数作と同じように本作のヒロインの実家も裕福。
    • 信楽一番の窯元の娘だ。
  3. 某シューティングゲームの吸血鬼姉妹が出てくる。
    • 某漫画の鎧の女魔道士も出てくる。
  4. 陶芸家神山清子の生涯をかなり忠実に再現した物語。
  5. ナレーションは信楽焼の狸の精霊という設定。
  6. ラッピング車両はこの会社が運行した。
    • ドラマの内容も名鉄の歴史で、パノラマカーの設計秘話がメインだ。
      • よって、NHK名古屋放送局が制作を担当した。
  7. ヒロインは新垣結衣。
連続テレビ小説
作品別:1980年代以前1990年代2000年代
2010年代前半2010年代後半2020年代
ファンの噂 偽モノの特徴 ベタの法則
もしwiki:民放制作だったら アニメだったら
大ヒットしていなかったら 大ヒットしていたら



関連記事