偽郡山の特徴

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. はじめっから大和郡山市と友好都市関係を結ぶ。
    • 本物はそれを裏切って隣の奈良市と結んだ。
  2. 駅前にスモールアイと呼ばれる地下施設がある。
    • 世界一地中深いプラネタリウムで有名。
    • かなり黒字で財政が潤っている。
  3. 福島市より人口が少ない。
    • 街の発達度でも福島市以下。
    • いわき市よりも下で県下3位に甘んじている。
  4. 山形新幹線の始発駅だ。
  5. 宮城県仙台市とは友好的で協定を結んでいる。
  6. よく見ると「氷山」だ。
    • いや、「群山」だ。
    • いやいや、ここは「桑折山」である。
  7. 東口の方が発展している。
  8. 奈良県にある。
  9. 県庁がある。
    • 件名も「郡山県」である。
  10. はやて号が停車する。
  11. 鉄道網が貧弱。
    • ↑はJRについての話で、私鉄が市内の隅々まで路線網を構築している。
  12. 音楽関係の活躍はゼロに等しい。
  13. 磐越新幹線が通っている。
  14. 郡山終点の新幹線は「あさかの」。
  15. 実は東北ではない。
  16. 福島市とは大の仲良し。
  17. 全国有数の金魚の産地だ。
  18. トポス郡山店が現存する。しかも市内では最も集客力が高い商業施設となっている。
    • そもそもトポスに業態転換しておらず、ダイエーのまま。
  19. 帝京大学のキャンパスがある。
  20. 檜枝岐村と逆状態



関連記事