新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

偽駅の特徴/横浜市

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

偽駅の特徴 > 関東 > 神奈川 > 横浜市

あ行[編集]

偽青葉台駅の特徴[編集]

  1. 実は目黒区にある。
    • 駅前にタモリの家がある。
  2. かつては仙台行きの東北新幹線「あおば」が来た。
  3. 駅前に青葉城がある。

偽安善駅の特徴[編集]

  1. 駅名の由来になった人物とはだ。
    • も候補に挙がったが棄権した。
  2. この駅にいれば絶対安全。
    • 防弾仕様の切符がおいてある。
      • 防弾仕様のジュースも売られている。
    • 列車も当然防弾ガラス。
    • 核シェルターがあるのは国会議事堂前じゃなくてココだ。
    • 国会議事堂駅から直通トンネルが掘られている。有事の際はココへ避難せよ。
    • 近くには警察署も警備員の詰所もある。
  3. 駅長はみやぞんとあらぽん。
  4. 駅だ。駅長は何を聞いても「いや、全然。」しか言わない。

偽海芝浦駅の特徴[編集]

  1. 松下電器の工場敷地内にある。
  2. 誰でも降りることが出来る。
  3. 海から程遠い山の中にある。
  4. ホームは地中深いところにある。
  5. 駅周辺では梅がよく作られている。
  6. 東京都芝浦にある。

偽江田駅の特徴[編集]

  1. 「えた」駅と読むから、えたしか利用できない。
    • 駅の作りも他の駅よりショボい。
      • ホームが他駅よりも著しく低い。
        • そのため、乗るにはよじ登らなくてはならない。
    • そのため大半の列車が通過する。
    • 停車しても乗降客がいても容赦なくすぐにドアを閉める。
      • しかも到着前に発車ベルが鳴り終える。
    • 「ひにん」駅もある。
  2. 枝だ。
  3. 社民党(旧:社会党)から目の敵にされている。

か行[編集]

偽神奈川駅の特徴[編集]

  1. 文字通り神奈川県のなかで一番栄えている駅。
    • 隣の駅に圧勝している。
    • 京急を始め、JR、東急、相鉄、地下鉄も乗り入れ。
      • しかし、京浜東北線と横須賀線は通過、しかし横浜線は停車湘南新宿ラインは停車。
        • よって乗り間違えで神奈川駅に行ったり横浜駅に行ったり。
    • 横浜駅は京浜東北線しか停車しない。
    • 便乗して神奈川県庁もこの近くに移転。
  2. 快特停車駅である。
    • 京急Wing号が停車するようになった。
  3. 実は「神奈川」という川の上にある。
  4. 明治5年に日本初の鉄道が開業したときから存在する由緒ある駅だ。

偽金沢文庫駅の特徴[編集]

  1. 駅名通り石川県金沢市にある。
  2. 金沢にちなんだ本がいっぱい置いてある。
    • 加賀藩の歴史について書かれた本が充実している。日本史レポート書くには最適。
  3. 学級文庫と同じで、なくしたら弁償しないといけない。
  4. 口に指を入れて発音したくなる。
  5. 小松文庫駅、能登文庫駅もある。
  6. 駅前には「金沢文庫」という出版社がある。
  7. 駅長はあのセクシー女優。

偽金沢八景駅の特徴[編集]

  1. 駅名通り石川県金沢市にある。
  2. 駅名通り八景島にある。
  3. モノレールは駅に直角に乗り入れているため、乗り換えは極めて便利。
  4. 駅周辺に金沢の名所に似た景色8箇所があることからこの名前が付いた。
  5. 駅周辺は京急グループの総本山となっている。
  6. 小松八景駅、能登八景駅もある。
  7. 上方落語の演目にもなった。
  8. 未だにシーサイドラインは仮駅で営業している。

偽鴨居駅の特徴[編集]

  1. 隣の駅は鴨宮。
    • あるいは敷居駅。
  2. スーパーカムイが停車する。
  3. 主人の息子がF1ドライバーである寿司屋が駅前にある。
  4. ホーム上で鴨南蛮そばが販売されている。
  5. アイヌ語放送がある。

偽関内駅の特徴[編集]

  1. 神奈川県庁の最寄り駅だ。
    • 時刻表の索引地図では二重□で表記。
  2. 誰がどう見ても地下鉄とJRの乗換は分かりやすい。
    • 「分かんない」とは言わせない。
    • 「稚内」と並ぶ。
    • 車掌「次・・・わかんない」。
  3. 駅員は皆常時、ホッシーやホッシーゾ、ホッシーナの着ぐるみを着ている。
    • 2012年以降は、スターマンの着ぐるみを着ている。
  4. 横浜市営地下鉄の1号線と3号線の乗換駅。規格が異なるので直通運転など出来るわけがない。
    • 1号線は架線、3号線はディーゼルだ。
    • 1号線は第三軌条の標準軌、3号線は架空電車線の狭軌。
    • 1号線はリニアモーター式モノレール、3号線は
      • ライバル会社が作った路線のため、壁で2つに区切られている。
      • 幻の関内駅があるという噂もあり。
      • 80周年記念の暁に公開される計画もあり。
  5. 横浜スタジアムの最寄り駅だと気づかない人が多いため、「横浜スタジアム関内」駅に駅名を変更した。
    • 通称「ハマカーン」。
      • 駅名の縁で「リンカーン」のロケがよく行われる。
      • ハマカーンもこの近くに住んでいる。
        • 2012年にハマカーンが 「THE MANZAI」 (フジテレビ系) で優勝したときはプロ野球のリーグ優勝並みに沸いた。
    • 駅名を変更した後も気づかない人が多いため、駅をグラウンド直下に移転した。
  6. 横浜スタジアムはジェット風船飛ばし放題なので、いつもこの駅で列車が遅れる。
  7. 実は「せきうち」と読む。
  8. 「関内庵」と呼ばれる駅舎がある。
  9. 隣に「関外」もある
  10. 実は「せきない」と読む。

偽菊名駅の特徴[編集]

  1. この駅の名前を聞いてはならない。
  2. 横浜線快速は設定当初から停車していた。
  3. 日比谷線はここを越えて本町・中華街まで行く。菊名止まりなんてありえない。
    • それどころか東横特急で運転されていた。↑マジレスすると”元町”。
  4. 菊家駅に改称された。
    • 読みは「きけ」。
  5. 国縫駅と兄弟だ。
    • 上記の駅と並び、野次を飛ばす駅兄弟に入っている。

偽北新横浜駅の特徴[編集]

  1. 開業当初からこの駅名。
  2. 北新横浜」という地名が一般的になったので、将来は「南北新横浜」「東北新横浜」「中北新横浜」「北新横浜美園」などという駅が周辺にできるらしい。
  3. 小机駅が「西北新横浜駅」になるらしい。
  4. むしろ「北横浜駅」に改名。
  5. ブルーラインの駅の中で最も乗降客数が多い。

偽京急東神奈川駅の特徴[編集]

  1. 本当の名前は「東神奈川」。
    • 2020年になって「仲木戸」に改称された。
  2. 快特・特急が停車する。
    • エアポート快特も停車する。でもエアポート急行と普通は通過
      • だが✈マークのないただの急行は全部停車していた。
  3. が駅を管理している。
  4. 横浜線に乗れる。
  5. 木戸さんと仲良くなれる。
  6. ホームは12両編成に対応している。

偽小机駅の特徴[編集]

  1. 駅全体がトリコロール。
  2. ホームは全部机でできている。
    • 小さいものを積み重ねて作ってあるため、かなり頑丈である。
    • しかし強風には耐えられるか…。
  3. 日産スタジアム完成により、駅前が発展し、あっという間に田畑がなくなった。
  4. 当駅始発?。何の事やら。

さ行[編集]

偽桜木町駅の特徴[編集]

  1. 未だに東急東横線の終着駅。
    • みなとみらい線はここから延長される形で建設された。
      • または横浜駅から分岐される形かである。
    • 高架から地下に潜るためジェットコースター並みの急勾配となっており、「バニッシュ」と呼ばれている。
    • 副都心線直通運転開始後もこの駅発着、西武や東武の電車も乗り入れ、この駅から飯能・川越市行きの電車が出ている。
  2. 事故とは無縁だ。
  3. 開業時から「桜木町駅」を名乗っていた。
  4. この駅の近くのランドマークタワーには、ジャンプショップがある。
  5. 周辺は桜の名所である。
  6. この駅のことを歌った歌は売れないというジンクスがある。
  7. 大宮にある。
    • 千葉にもある。
      • 大宮はニューシャトルの駅だ。
  8. 駅構内にバスケットゴールがある。
  9. 名古屋市営地下鉄桜通線の駅だ。
  10. 発車メロディーが、JR1番線が「OK!」、3番線が「Together」、4番線が「ドッチ~ニョ?」、地下鉄1番線がポ●ギアに登録したときの音、2番線が道具を拾ったときの音
  11. 京急本線が通っている。
  12. 駅舎の色は何故か「ピンク」。
  13. 横浜線の列車は全部この駅発着だ。

偽下飯田駅の特徴[編集]

  1. 西隣の駅は飯田駅、さらに西隣の駅は上飯田駅だ。
  2. ゆめが丘駅と直結している。
  3. 駅前がとても栄えている。

偽新横浜駅の特徴[編集]

  1. 北口より南口が栄えている。
  2. 当初からのぞみとひかりが全停車。
    • したがって、安全柵とかホームドアなんて設置されていない。
  3. 自由席を利用する神奈川県民のために当駅始発のひかり号があったが、2008年3月に廃止される。
  4. 横浜線との乗り換えは、広い通路にエスカレータや動く歩道が完備されているので、荷物を持った乗客に喜ばれている。
  5. 横浜」という地名が一般的になったので、将来は「南新横浜」「東新横浜」「中新横浜」「新横浜美園」などとという駅が周辺にできるらしい。
  6. ラーメン臭い。
  7. 横浜線の駅舎は最近新しくなり、京都駅並の大きさとなったが、新幹線の駅舎はまるで無人駅のようなような感じである。
  8. 陸奥横浜駅まで乗り換えなしで1本で行ける。
  9. 駅周辺の治安はおよそ首都圏の駅とは思えないほど良い。
  10. 昔は、隣が相模平塚と品川だったが、両駅は廃止され、小田原と東京が隣になってしまった。
    • 武蔵小杉駅が隣にできたため、東京駅への隣駅の特例運賃がなくなってしまった
  11. 相鉄や東急なんか来るわけがない。

偽センター南駅の特徴[編集]

  1. 常にB29に狙われているため、注意が必要である。
    • でも地下なのでそこまで危険でない。
  2. 「センター東」「センター西」駅も近くにある。
  3. 駅名表記をよく見たら「センター南牟礼豊蔵」と書いてある。
    • あるいは「センター南明奈」と書いてある。
    • さらに別のホームには「センター南こうせつ」と書いてある。
    • さらに別のホームには「センター南克幸」と書いてある。
  4. 甲子園でもアナウンスされる。
    • 「4番・センター・南くん」

偽センター北駅の特徴[編集]

  1. 実は「セソターコヒ」駅。
    • 駅名表記をよく見たら「セソターコヒ村照文」と書いてある。
  2. 山本高広がモノマネをしている。
    • おーだゆーじがぁー、センターにぃー、来たぁーーーーーーーーーーーーー!!!!
  3. 阪急電鉄に乗り換えができる。
  4. センター南とセンター北は方向別複々線なので乗換えが便利すぎる。

た行[編集]

偽たまプラーザ駅の特徴[編集]

  1. 多摩市にある。
  2. ねこ駅長がいる。
  3. 鎌倉ーザである
  4. 駅名の「たま」とは×××の事だ。

偽反町駅の特徴[編集]

  1. 「そりまち」と読む。
    • 駅長はもちろん
      • 横浜フリューゲルスのホームの最寄り駅だった。
    • 発車メロディは「POISON」だ。

偽綱島駅の特徴[編集]

  1. 現在でも「綱島温泉」駅を名乗っている。
    • 駅前には温泉旅館が立ち並んでいる。
    • 首都圏有数の温泉街のため、特急を含む全列車が停車する。
  2. かつて片町線のターミナルがあった。
  3. よく見たら「網島」だった。

偽鶴ヶ峰駅の特徴[編集]

  1. 某社が運営
  2. 鶴が時々現れる
  3. 霧が峰
  4. 敦賀市内にある。

偽鶴見駅の特徴[編集]

  1. 実は大阪市にある。
    • 長堀鶴見緑地線が来ている。
  2. 横須賀線が停車する。京浜東北線快速は通過。
    • 東海道線も停車する。おかげで箱根駅伝の中継所(鶴見、戸塚、平塚、小田原)には全部東海道線が停車するようになってしまった。
    • 大ターミナル駅である。駅拡張に伴い、貨物営業はすべて廃業となった。
    • 2019年以降は相鉄直通列車も停車するようになった。
    • 武蔵野線の旅客列車が来る。
  3. 鶴見線用の中間改札とは何のことやら。
    • ただし乗り換え口にはSuica簡易改札がある。
    • 大回り禁止。
  4. 実は鶴見駅前に鶴見市電が来ていて遠い所は根岸・海老名まで走っている

偽十日市場駅の特徴[編集]

  1. 実は「東海千葉」駅。
    • あるいは「十市場」だ。

偽戸部駅の特徴[編集]

  1. 駅のすぐ近くに「とべ動物園」がある。
  2. 2011年春の時点で、月曜深夜に数学の教室が開かれている。
  3. 同じ日に開業した駅に長野駅などがある。
  4. 「この駅から電車は空を飛べ」と命令される。

な行[編集]

偽中田駅の特徴[編集]

  1. 横浜市長の住処である。
    • 中田英寿も住んでいる。
    • 「自分探しの旅」の始発駅として有名に。
  2. 駅には「中田県一の駅」との看板が立っている。
    • ついでに某在名球団の背番号20のユニフォームもホームに飾ってある。
    • 駅番号は20。
    • 東海地方からの団体臨時列車が年に数回運行されている。
  3. 近隣には北田駅・南田駅・西田駅・東田駅・武蔵田駅・田美園駅もある。
  4. 小松島線が分岐していた。
  5. 漫才師もいる。
    • 武勇伝は数知れず。
    • 駅メロディは「PERFECT HUMAN」だ。
  6. がいた。
  7. 吉本興業を牛耳っていた。
  8. 肩こりによいとされる。
  9. 別名・大教授ビアス駅。
  10. 実は実在してなかった
  11. 2006のワールドカップを最後に廃止され、旅に出た。

偽中山駅の特徴[編集]

  1. 実は台湾にある。
    • この駅から発車する地下鉄で松山までいける。
    • いや、沖縄県にある。設置したのは中山王国だ。
  2. 土日には競馬場に向かう客でごった返す。

偽生麦駅の特徴[編集]

  1. 隣の駅は生米駅。その隣は生卵駅。
    • あの早口言葉はこの3駅から生まれたものである。
      • 京浜急行の車掌は「この先、生麦・生米・生卵の順に各駅に停車いたします。」と噛まずに言えないと失格。
        • 「生首、生ゴミ、山田花子」と言ったら、中込伸によって、島津の行列を横切った英国人のように始末される。
        • 乗客が言えた場合、運賃をタダにする特例がある。
  2. 近所にはサントリーの工場がある。
  3. 外国人は絶対降りてはいけない。降りたら薩摩藩士に始末される。

偽西谷駅の特徴[編集]

  1. 「にしたに」と読む。
  2. 現在は「阪急田園」駅に改称されている。
    • そればかりか近く「阪急」駅に改称される予定だ。
    • よく見たら、「阪急園田」駅だ。
  3. 兵庫県宝塚市にある。
    • 駅前にはかつて西谷バスの本社があった。
  4. ここ始発でJRに直通する電車も運行されている。
  5. 大阪桐蔭高校野球部の監督が駅舎に住んでいる。
  6. 急行停車駅。
    • 逆に特急は通過。

偽能見台駅の特徴[編集]

  1. 「のうみだい」と読む。
    • 年に一度プラットフォームで能が上演される。
  2. 隣接する「金沢文庫」駅を好リリーフ、快速特急も停車。

は行[編集]

偽羽沢横浜国大駅の特徴[編集]

  1. 羽沢駅を名乗っている。
  2. 横浜市内の駅にふさわしく、電車が1時間に10本以上来る。
    • なのに2022年以降は減便される予定だ。
  3. 貨物線と駅舎を共用している。
  4. JRが管理している。
  5. 発車メロディーが「アダルトステーション」だ。
  6. この駅の利用者はアニメを視聴し放題の特典がある。

偽阪東橋駅の特徴[編集]

  1. 「名人・桂歌丸を偲ぶ」という碑(腹黒い人が建立)が建っている(真金町の最寄り)。
  2. 阪西橋駅、阪北橋駅、阪南橋駅もある。
  3. かつて田村正和の父が住んでいた。
  4. 阪とは「大阪」の阪のことで、大阪東部にある。
  5. 坂東英二が駅長を務めている。発車メロディはマジカル頭脳パワーのテーマ曲。

偽日吉駅の特徴[編集]

  1. 東横特急が停車する。
    • しかし通勤特急は通過する。
  2. 早稲田大学と東海大学付属の最寄り駅である。
  3. 山陰本線との乗換駅である。
  4. 千成り瓢箪で有名。
  5. 猫駆除ができる。

偽星川駅の特徴[編集]

  1. 2010年からアナウンスはこの人になった。
  2. 名前はせいせんと言う。
  3. 当駅を高架化する予定はない。
      • 地下化された。

ま~わ行[編集]

偽元町・中華街駅の特徴[編集]

  1. 兵庫県神戸市中央区にある。
  2. 東武線南栗橋・久喜まで直通列車がある。
    • むしろ会津田島まで直通運転している。

偽矢向駅の特徴[編集]

  1. 夜行列車が発着している。
  2. 南武線で唯一の川崎市に所在する駅。

偽山手駅の特徴[編集]

  1. 神奈川県唯一の山手線の駅。
    • もちろん名称も「やまのてえき」。昔は「やまてえき」だったが、山手線の読み方見直しの際に改められた。
    • 周辺には「やまのてかもつえき」「さいきょうえき」「しょうなんしんじゅくえき」など駅がたくさんある。
  2. 観光客で常時賑わっている。
  3. 近くには海手駅もある。
    • もちろん山足駅もある。
      • 海足駅もあり。
  4. 近くに神奈川県庁があるので、「県庁前」に改称した。

偽横浜駅の特徴[編集]

  1. 東海道新幹線が乗り入れている。
  2. 東海道線通勤快速・京急ウイング号が停車する。
    • しかし寝台特急は通過。
    • 根岸線も通過。
    • ウィング号とモーニング・ウィング号は停車するが、2018年運転開始のホリデー・ウィングは通過。
  3. 横浜線の起点駅である。
    • 京浜東北線は横浜線経由で乗り入れる。
    • 横浜線全列車が隣の桜木町発着。京浜東北線は基本的に東神奈川発着で横浜へは乗換えを強いられる。新横浜へは地下鉄より便利。
  4. 横浜市役所に直結している。
  5. 東急は未だに狭いホーム・高架線でJR等を乗り越えていく。
    • その後新線の開業に伴って、廃止になった。
      • しかし新ホームは旧ホームより狭くなった。
  6. JRは東京駅より利用者が少ない。
  7. 工事はとっくに終わった。
    • 工事の進み方は信じられないくらい速かった。
    • 今後大規模開発をする構想はない。
    • 既に完成されているので、手を加えるところがない。
  8. 地下通路は単純明快なので迷う心配はない。
  9. 実の正体は「道の駅よこはま」。
  10. 1872年開業。
    • 開業から一度も移転したことがない。
  11. 縦浜駅もある。
    • 旧横浜駅もある。
      • 横山駅、縦山駅もある。
  12. 実は青森県にある。
    • 奥羽本線にも乗り入れる。
      • そのため電車は交流電車か交直両用電車かだ。
        • むしろ気動車しかこない。
  13. 東急が全て管理している。
  14. 横浜駅へ向かおうとしたものの、間違えて舞浜駅に着いてしまう。
  15. 相鉄を除き、全路線で当駅での折り返しが中心である。そのため、ホーム数が利用者に比べて異常に多く、ラッシュ時でも閑散としている
    • JRが10面20線、東急・MM線が3面6線、京急は本線の3面6線に加えて羽田空港行き専用ホームが1面ある。
  16. 西武の車両は絶対に来ない。
    • 東武の車両は来るが、本線系の車両である。
  17. 横浜駅東口の地下街「ポルタ」は京都駅北側の地下街「ポルタ」と同じ会社が経営している。それだけでなく、横浜駅のポルタと京都駅のポルタは地下街でつながっている。
  18. 横浜流星が名誉駅長。
神奈川の駅
横浜市青葉区・緑区/港北区・都筑区/鶴見区・神奈川区/西区・中区/磯子区・金沢区
川崎市多摩区・麻生区 | 相模原・県央 | 鎌倉・三浦 | 湘南 | 足柄 | 偽モノ(横浜市)



関連記事