利用者:I.T.Revolution

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

非常勤管理者です。

独り言[編集]

  • あれからもう2週間?早いもので、無事『emotion』ツアーが終了したところで、事後レビューというか一口メモ。
    1. Ambitious map
      • 確かにサビでぴょんぴょん跳びたいとは言いましたが、あそこまで跳ばされるとは想定外。いつもスタイリッシュな自分が、帰りは足腰キてガニ股で帰るというね。ちょっとトラウマというかイップスにならないかと、冒頭のフロアタムのフィルがドンドコ聴こえた瞬間に。
    2. ミリオンリトマス
      • こうれはもうお馴染み、冒頭に続いて、2曲目?を盛り上げました。
    3. Bye Bye Blue
      • あれ武士さんと、山田ッ!がダンスしてたの、この曲だっけ?w
    4. LOVE JOY FUN
      • 間違いなく今作、今ツアーで1番化けた曲。化けに化けた、というよりプレイヤー・アレンジ、そしてオーディエンスの力で、大きく成長した楽曲。MVPを1曲選べと言われたら、即答でこの曲を挙げます。当初の予想とは違って、ダンス曲かと思ったら、超参加型の合唱曲でしたね。いやこれはもう定番化でしょう。
    5. アンブレラ・アンブレラ
      • タイトルの通り、傘を用いた歌唱は可愛らしかった。
    6. I wanted to do
      • コーラス部分を合唱する人が多かったですが、男性にはキーが高いのと、手探り感があって、まだ余白のある曲。
    7. Candy Color Pop
      • シングル曲とはいえ、思ったより盛り上がったのは嬉しかったですね。横ノリの楽曲で、会場がさながらダンスフロアに。
    8. Sun Shower
      • まさかのOPナンバー。SEを兼ねた静かな立ち上がりのアレンジを加えて幕開け、イェーの合唱へ。
    9. black hole
      • これもお馴染み。『ミリオンリトマス』同上。
    10. “YES”
      • 予想通り、終盤の盛り上げどころで活躍。でもこの曲は、冒頭のギターサウンドといい、凄く雰囲気のある曲で、あくまで自分のイメージですが、冬の澄んだ冷たい空気な感じ。かつ時間でいうと、ちょうど陽が沈んだ頃、或いは夜明け前でしょうか。ライヴの流れを起承転結で言ったら、自分なら「承」の導入で使いたい曲ですね、案外。
    11. タイムカプセル
      • 今作の中ではある意味1番異端というか、逆にね。落ち着ける時間でした。
    12. feel in my heart
      • この曲はねー、凄いお気に入りだったんだけど、正直客席のレスポンスが悪くて、着席にしたのがいけなかったのかな。オクターブで男声コーラスが入ってるので準備はしていましたが、今度はちゃんと合唱とか、ワイパー揃うと良いですね。
    13. Another Wonderland
      • これももうお馴染み、『Ambitious map』同様、ガツガツ体力を削られて、もうどうしようもない。
    14. Piece of emotion
      • この曲でなんとギター演奏、弾き語りに挑戦。D→A→E→F#m(たぶん)という進行を弾きながら歌うという、どっちかならともかく、なかなか難易度高いですよね。
      • まだそんな余裕はないかもしれないけれど、ギターというのは、ストラップを下げれば下げる程、操作性は悪くなりますが、要するに弾き難くなるけどカッコ良くなるというね。バタヤンみたいに上げ切るか、ジミー・ペイジみたいに下げ切るか、或いはどこかで折り合いを付けるか。自分は段々下げていって欲しいと思いますが。
        • あと機種で似合うのは、絶対ファイヤーバード、重いけどね。特に以前みたいな、真ん中分けロングのストレートに戻してくれると尚似合います。あと愛生ちゃんも唯でレスポールのイメージがあるけど、ストラトも似合うかもね、あとPRSね。特にストラトは黄緑まず売ってないのがあれですが。
    • ツアーの感想としては、あんまり箱(ライブハウス)というのは、ロックやメタル以外で行きたいとは、正直思わないので・す・が、美菜ちゃんは合うよね。この間の360℃は、(アンフィ)シアターの名の通り、個人的に彩陽さんのホームだと思ったし、実際自分的にはあやひーが1番良かった、もちろんみんな良かったけどね。『君がいる場所』もメテオラもやらなかったけど、過去1番の公演だと思ったよ。『共鳴のうた』盛り上がったしね、ね?
      • 今回のまとめというか、美菜子は可愛いなと、寿美菜子は可愛いなと。何言ってんだ?w、いやいや、顔じゃなくて、いや顔も可愛いですよ?それより人間がね、健気ですよ。やっぱり好きになる、ファンになる切欠って色々あると思うんだけど、最終的には人間ですよね。何でもね。
    • めっちゃ話は逸れるんですけど、ダイバーシティじゃない方は、あんまり縁が無くて、前に来たのはこれもHELLOWEENで、ストラト(Stratovarius)連れて来た時じゃなかったかな?ストラトヴァリウスというバンド名は、恐らく見たまんま、「ストラトキャスター」(ギター)と「ストラディバリウス」(ヴァイオリン)の合成で、日本のバンドでガルネリウスさんっていらっしゃいますけれど、これもガルネリというヴァイオリンの名器をもじった名前ですよね(たぶん)?
      • で、奇しくも、このZEPPファイナルのすぐ翌々日、初台のオペラシティにチョン・キョンファさんという世界的なヴァイオリニストのコンサートに行ったんですけど、ここで使用したのが、このガルネリ。ストラディも所有しているらしいのですが、今回はガルネリを使用されたとかで、本当に楽器自体の音色に感動しましたね。キョンファさんはもう70になられるんですど、本当に凄いプレーヤーで、クラシックとヒップホップだけは目覚めていなかった自分を、クラシックの世界に引き寄せてくれました。もちろん終演後にサインも頂きましたよ。ミーハーなんです。

Cellar[編集]

Private Theater
Johnny Winter/Rock And Roll Hoochie Koo

  • ファイヤーバード。この人はちょっとストラップ位置高いけどね。
Sign
  • --[[利用者:I.T.Revolution|<span style="color:DarkTurquoise">'''I.T.Revolution'''</span>]] ~~~~~
Template
  • {{NetCafe}}
  • {{不特定多数|}}
  • {{Long article L}}
  • {{blocked proxy}}
  • {{Uncyclopedia L}}
  • {{Blocked Mobilephone|}}



関連記事