劇団

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

劇団の噂[編集]

  1. 普通の演劇と歌劇とではまるで雰囲気が違う。

主な劇団[編集]

演劇集団キャラメルボックス[編集]

  1. かつてJR東日本と共催で新幹線車内演劇を公演したことがある。
  2. 東京の劇団ではあるが、新潟市の劇場のこけら落とし公演を行なった。
    • とある公演の役名の苗字の殆どが新潟の地名だったこともある。
  3. 救心の西川夫妻や過去にはキャベジンコーワでの上川隆也など、なぜか薬関係のCM出演が多い。
  4. 横浜DeNAベイスターズの三浦の弟も在籍している。
  5. この人この作品を題材にした演劇もやったことがある。
  6. 有名になる前のthe brilliant greenがここの舞台音楽として英語の曲を出していた。

劇団四季[編集]

  1. 日本最大の劇団。
  2. キャッツとオペラ座の怪人は鉄板。
    • キャッツの主題歌の歌い出しが「Memory 仰ぎ見て月を~♪」だと最近知った。「目ー盛りー、当ててみて月を~♪」と、いろいろな方向に間違った理解のまま20年近く生きてきた。
  3. 大西ライオンの芸名とネタはここの某ライオンから。
  4. 長野五輪は黒歴史。
  5. JR東日本・西日本東急との関係が深い気がする。

劇団☆新感線[編集]

  1. といえば古田新太だがかつては羽野晶紀や渡辺いっけい、筧利夫、藤吉久美子などが在籍していた。
  2. アニメ作品の舞台化(犬夜叉)と舞台作品のアニメ化(大江戸ロケット)がある。

スーパー・エキセントリック・シアター[編集]

  1. 三宅裕司の本拠。
  2. 一番有名なのが芝居よりも「三宅裕司が賞金で勝手に自宅の冷蔵庫を買った」という話。

第三舞台[編集]

  1. 「朝日のような夕日をつれて'91」でクローズド・サーキット(=衛星を使ったライブビューイング)を初めて実施。
  2. フジテレビの深夜クイズ番組「IQエンジン」の出題パートに出演していた。
  3. このRPGはおそらく黒歴史。
  4. 挿入曲といえばロキシー・ミュージックの「MORE THAN THIS」や、Opusの「Live is Life」。
  5. 轟轟戦隊ボウケンジャーで大神官ガジャを演じた大高洋夫や、真田丸で真田信行の妻こうを演じた長野里美も所属していた。

ナイロン100℃[編集]

  1. 一番有名な人と言えばポケットモンスターニャース役の犬山イヌコ。
    • ケラでしょ。

俳優座[編集]

  1. 東野英治郎、小沢栄太郎、平幹二朗、加藤剛、原田芳雄、市原悦子など往年の名だたる名優を輩出。
  2. 意外と知られていないが24でジャック・バウアーの声を吹替えている声優小山力也もここの所属。

文学座[編集]

  1. 岸田今日子の父である岸田國士によって創立。
    • 「キシダコクシ」だと思ってた。
  2. シェイクスピアの翻訳で有名な福田恆存が劇団の発起、発展に多いに貢献したが、後にいざこざを起こし、座員が多勢脱退する原因を作った。
    • 脱退したメンバーを中心に劇団雲を結成したが、さらに紆余曲折があり現在の演劇集団円と劇団昴になった。
  3. 俳優の他、主に洋画吹替えで声優としても活躍する役者を多く抱えている。
  4. 主な座員は江守徹、角野卓造、渡辺徹、内野聖陽など

シアター・テレビジョンの噂[編集]

  1. CS放送のチャンネルの一つ。
    • 以前はパックに入っていないチャンネルだったが、今はパック内のチャンネルの一つ。
    • 110度放送では送信されていない。その点で他チャンネルより視聴へのハードルが高い。
  2. 演劇関係の心の拠り所の一つである。
  3. 以前はキャラメルボックスの演劇を週1回放送していた。
    • どうやらe2!スカパーの別チャンネル(194ch インターチャンネル)に移転のようだ。
    • 同じ物をこの放送局でも放送していた。
  4. いつの間にかDHCシアターに改称、全く別物の放送局と化してしまったようだ。
    • 公式サイトの番組一覧を見ても、舞台の番組がほとんどない。

関連項目[編集]




関連記事