勝手に新駅設置/JR

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

勝手に新駅設置JR

Ambox warning yellow.png 駅名と区間だけを羅列する行為はご遠慮お願い致します。
  • 既存路線でこの辺りに新駅が出来たら便利なのに、という駅をあげて下さい。
  • 駅名標テンプレートのご使用は最低5行以上を満たした場合にお願い致します。

分割済み[編集]

JR北海道[編集]

室蘭本線[編集]

東苫小牧
  1. 苫小牧~沼ノ端間に設置。(イオンSC付近)
  2. むしろ、駅名は新明野とかはどうでしょう?これに伴い、日高線との乗換駅になる。
富岸
  1. 鷲別~幌別間、富岸川付近に設置。付近にツタヤやサンワドーなど商業施設が多く、住宅も多い。
  2. 鷲別~幌別の距離が遠すぎるため、室蘭登別両市の要望により設置。

千歳線[編集]

もみじ台
  1. 新札幌〜上野幌間に設置
    • 住所は青葉町だが苫小牧の青葉との混同を避けるためもみじ台駅に決定。
  2. もみじ台団地周辺の交通利便性が向上
    • 開業によりもみじ台へのバスが再編される。
  3. 所在地の青葉町の利便性も向上。
西の里
  1. 北広島~上野幌間にある信号所を格上げ。

石勝線[編集]

駒里
  1. 南千歳~追分間に設置。
  2. 駒里中のアクセスにもつながる?

函館本線[編集]

万代・ガス会社前
  1. 函館〜五稜郭間の国道227号線付近に設置。
  2. 廃止になった函館市電ガス会社前の代替機能
昭和
  1. 五稜郭〜桔梗間の産業道路付近に設置。
  2. 函館蔦屋書店の最寄り駅
小樽花園
  1. 小樽〜南小樽間の旧手宮線の分岐点に設置。
  2. 市役所の最寄り駅になる。
  3. 手宮線散策の起点として観光客が集まる。
勝納
  1. 南小樽〜小樽築港間に設置。
  2. ウィングベイ小樽のもう一つの最寄り駅になり、空中回廊で接続。
  3. 港の業務地区に近く、通勤の利用が多くなる
  4. 新南樽市場が近く観光客の利用も増える。
張碓
  1. 海水浴シーズンのみに復活
    • 廃止にした際に駅舎はすべて撤去したため、プレハブでとりあえずしのぐ。
    • 海側に出るための跨線橋ができるが、これも臨時の物。
菊水
  1. 苗穂〜白石間の旧千歳線分岐点あたりに設置
  2. 地下鉄と名前がかぶるので、JR菊水駅になる。
  3. コンベンションセンターと連絡通路でむすぶ。
平和
  1. 千歳線との乗換駅になる。
    • そのおかげで旭川方面⇔空港方面の運賃が安くなる。
      • そうさせないのはJR北海道の陰謀
      • 岩見沢~追分~南千歳間の本数が低いのもJR北海道の陰謀
    • ぶっちゃけ乗り換え客しかいない可能性が否めない。
空知太
  1. 砂川〜滝川間に設置。
  2. 空知太の集落から遠く、早くも廃止の危機。
  3. 北菓楼の協力で製菓テーマパークを併設させる。
滝川黄金町
  1. 滝川~江部乙間に設置。
    • 自衛隊の見学者が伸びる。
      • そのため、男色な見物客でごった返す。
    • 駅舎はほしみ駅並みに簡素
旭川川端
  1. 近文〜旭川間に設置。
    • ウェスタン川端の付近に置かれる。
  2. 石狩川と忠別川の合流点が近く、ウォーターフロントとして賑わう。
  3. 西高校も近く、通学の高校生に利用される。
旭川一条
  1. 近文〜旭川間に設置。
  2. 旭川キャピタルホテルは駅直結のホテルとして人気が上がる。
  3. 病院、学校が近く需要が起こる。

江差線[編集]

亀田港(北海道大学水産学部前)
  1. 五稜郭〜七重浜間の北大付近に設置。
  2. 青森・大間行きのフェリーターミナル最寄り駅


根室本線[編集]

滝川文京町
  1. 滝川~東滝川間に設置。
    • 通学の時間帯だけ停車し、あとは通過。
  2. 少し距離があるが、滝川高校前の副駅名がつく。
    • 函館本線を走る滝川止まりの気動車は当駅まで乗り入れる。
  3. 駅前のゼビオ、しまむら、ゲオは連携して駅ビル開発し、中核テナントとして入居。
    • 隣駅の駅前ビルのようにならないようアクロスプラザとの連携を強める。
  4. アクロスプラザの最寄駅にもなり、停車する列車が増える。
住友赤平
  1. 赤平~茂尻間に設置。
  2. 住友赤平鉱業所稼働時からの懸案事項。
  3. 対 滝川への交通。
    • 買い物・通院・通学需要。(芦別・上芦別までの、すべての区間に言える内容)
  4. 対 砂川への交通。
    • 中空知の高次救急を担うセンター病院~砂川市立病院への通院と、年金機構砂川年金事務所への交通需要。(芦別・上芦別までの、すべての区間に言える内容)
      • 北海道中央バスが、空知特急札幌-芦別線廃止時に砂川-芦別間の直通交通だけは遮断することができず、現在も砂芦線として存在し続けている。
  5. 対 美唄・岩見沢への交通。
    • じん肺治療のためのセンター病院としての労災病院の存在。
      • 現在は、治療対象者の減衰により、さほど重要な需要がない模様。
    • かつての岩見沢は、支庁/地域振興局所在地なばかりではなく「鉱山保安監督署」の所在地でもあり、鉱業所稼働時の対岩見沢への交通は、きわめて重要なものであった。(芦別・上芦別までの、すべての区間に言える内容)
  6. 対 札幌への交通。
    • 買い物・通院需要。
      • 現在でも、札幌への高速バスの本数が多いことが、交通需要の多さを現している。
  7. 設置予定地として、「スポーツセンター裏」や「旧・自動車学校裏」などが候補に挙がっていた。
    • 他地域から赤平山スキー場への交通確保の観点から、設置を望まれていたが、赤平市が旧・ニッショウ(赤平日本商事)~スキー場間に無料バスを走らせたことから設置話は立ち消え。
    • 結果、旧・国鉄時代から「北の都号」の運行や「フラノエクスプレス号」の停車など観光を喚起することに成功した国設芦別スキー場が現在も生き残り、管内でも屈指の規模を誇った赤平山スキー場が閉鎖となる。
渓水
  1. 平岸~芦別間に設置
    • 旧高根信号場よりもやや芦別寄りに新設。
    • 開業により、某バス会社より安い160円運賃が実現
    • 勤労者体育館の最寄駅になり、高齢者の利用が見込まれる。
なまこ山
  1. 芦別~上芦別間に設置。
    • 総合運動公園の最寄駅として、合宿客でにぎわう。
    • 合宿客でにぎわうので、道の駅以上に土産屋が繁盛する。
    • 近接する合宿施設と総合運動公園との中間に設け、利便性を訴える。
      • バスに対抗するように各種サービスを展開する。
  2. 快速列車は一部停車
    • こちらも某バス会社よりも安い160円運賃が実現し、客足を伸ばす。

富良野線[編集]

上川神社前
  1. 神楽岡〜旭川間に設置。
  2. 上川神社の最寄り駅として、大晦日の深夜営業を実施。
  3. 神楽地区の利便性が向上し、人口増加につながる。

宗谷本線[編集]

北彩都
  1. 旭川〜旭川四条間に設置。
  2. 科学館が近く子供の利用が多い。

石北本線[編集]

女満別空港
  1. 西女満別〜女満別間に設置。
  2. 空港ビルまで距離があり、空中回廊で連絡する。
  3. 飛行機の発着に合わせてダイヤを改正する。
網走大曲
  1. 呼人〜網走間に設置。
  2. 網走刑務所の最寄り駅で賑わう。

札沼線[編集]

札幌競馬場前
  1. 桑園〜八軒間に設置。
  2. 札沼線と環状通の交差するあたりに置かれる。
  3. 線形の関係で、1面1線の簡易的な駅構造になる。
安春
  1. 新川〜新琴似間に設置。
  2. ちょうど、安春川が出てくるあたりに設置。
  3. マンション直結で利便性向上。
屯田
  1. 新琴似〜太平間に設置。
  2. 将来、石狩市方面への新線設置に備え、2面3線で整備。将来は2面4線化が可能なつくりにする。

JR四国[編集]

本四備讃線[編集]

櫃石島
  1. 児島~宇多津間、櫃石島内に設置。
  2. 相対式ホーム2面2線、無人駅。
岩黒島
  1. 児島~宇多津間、岩黒島内に設置。
  2. 島式ホーム1面2線、無人駅。
与島
  1. 児島~宇多津間、与島内に設置。
  2. 相対式ホーム2面2線、無人駅。
  3. 開通当時は実際に設置する計画があったらしい。
    • 1990-91年頃の完成を見込んでいた模様。
番の州
  1. 児島~宇多津間、瀬戸大橋記念公園入口付近に設置。
  2. 相対式ホームになる気がする。
  3. おそらく普通しか止まらない。

予讃線[編集]

大野原
  1. 観音寺~豊浜間に設置。
  2. 旧大野原町内を通るのに駅が無いため。
湯ノ浦温泉
  1. 伊予三芳~伊予桜井間に設置。
  2. 両駅の中間付近にある湯ノ浦温泉へのアクセスのため。
    • 設置場所は線路のすぐ横にある道の駅「今治湯ノ浦温泉」の付近。
  3. この区間、予讃線の中でも駅間距離が長いので、特急待避用の交換設備も設ける。

土讃線[編集]

昼間
  1. 箸蔵~佃間に設置。
  2. 旧三好町の中心を通るのに駅が無いため。
  3. 隣に三好市があるため、「三好」駅は名乗れない。なので、受け狙いも兼ねて駅名は字名を採用。

高徳線[編集]

田宮矢三町

吉成~佐古間に設置。駅間距離が4.9kmと長く需要があるほか、周辺に県立高校が3校もあるので朝夕は学生で賑わうことだろう。

徳島線[編集]

加茂名
  1. 加茂名町の中心駅誕生。
    • 加茂名小学校の後ろら辺に、駅舎が出来る。
      • 中々立派だと、評判に。
阿波国府
  1. 府中駅のとなり。これで、国府町の中心駅はこの駅に。
    • 場所、悪そうです。
石井白鳥
  1. 昔、あったらしい。
    • 石井西駅でも可?
      • いや、不可。
    • 阿波白鳥だと、讃岐白鳥駅と間違える。
鴨島喜来
  1. 喜来という地名は、沢山ある。なので、鴨島にある喜来だから『鴨島喜来』
    • 『鴨島嫌い駅』と間違える人多発。住民、デモ起こす。
うだつ脇町
  1. 脇町だとシンプルすぎ。だからうだつをつけてみた。

牟岐線[編集]

論田
  1. 大神子に近い駅を建設。

JR九州[編集]

山陽本線[編集]

  1. 彦島
    • 下関市彦島支所付近に設置。
    • JR九州管轄駅で唯一の本州にある駅。

鹿児島本線[編集]

葛葉、富野、日明、桃園、則松
  1. それぞれ小森江~門司、門司~小倉、西小倉~九工大、八幡~黒崎、陣原~折尾の区間。旧西鉄北九州線沿線で駅が少ない区間に新駅を。小森江と陣原ぐらいしか新駅がないってのはちょっと少なすぎではないかと思って。
手向山公園(門司~小倉)
  1. この区間の距離が長いので。国道3号線沿いに設置。
西陣原(陣原~折尾)
  1. ちょっと位置的に駅があっても良いかな~と。
  2. 東折尾信号所を昇格。
宗像
  1. 赤間~東郷間。(町名の)東郷付近。宗像市役所、宗像高校の最寄駅。
新宮(ししぶ~福工大前)
  1. 新宮町にはJR駅がないので中心地に近い所に設置。
    • 2010年3月13日ダイヤ改正で場所は同じで「新宮中央」駅が誕生。実現しました。
笹原(移設)
  1. 西鉄と連絡するために春日方面に移転する、お互いに急行と快速は止める。
太宰府
  1. 早く駅に昇格を~。
    • 西鉄に同名の駅があるし、中心部から遠すぎるから名前は「向佐野」がいいと思う。
永岡
  1. 天拝山~原田間。住宅密集地にある。西鉄桜台駅に比較的近い。
新久留米(花畑)
  1. 互いに西鉄と交差しておきながら、連絡駅が無いのは嘆かわしい。
津福本町(または新津福)
  1. ↑の代案みたいなものだが、津福本町のドラモリ付近に新駅を設置。西鉄津福駅からは600m。
新栄町(銀水~大牟田)
  1. かつて計画があったがいつの間にかぽしゃった。
熊本新町(上熊本~熊本)
  1. 繁華街である下通や辛島町に近いところに新設。
  2. もともと熊本駅はそのあたりに作られる計画だったらしい。
  3. そしてこっちが熊本駅に。今の熊本駅は「新熊本駅」ならぬ「旧熊本駅」などに改名(肥後「春日駅」に戻るのか?)。
    • 新町地区の再開発が進み、フーゾク街化する。
    • バスターミナルも持って行かれる。
    • こうして、古きよき新町が失われていくのであった。
  4. ただ、その駅を建てる候補地に小学校があるぞ。
    • ・・・
力合
  1. 熊本~川尻間。島町・刈草付近。
    • 2016年春に「西熊本駅」として開業予定
宇土中央
  1. 宇土~松橋間に設置。
  2. 宇土駅から宇土市の中心街へは1km強あり、高齢者等が歩くには少々きついので設置。場所は境目町辺り。
松橋豊川
  1. 松橋~小川間に設置。
  2. 旧松橋町に駅が無い(松橋駅は旧不知火町)ので設置。
    • 松橋を冠しているのは、旧松橋町にない松橋駅の「宇城市」駅への改称を前提としているため。
  3. 場所は豊川小のある辺り。駅間距離も6kmありその中間辺りなので丁度いいかも。
氷川
  1. 小川~有佐間に設置。
  2. 氷川町内を通り抜けているのに駅が無いため。場所は役場近く。
鹿児島実業高校
かごしまじつぎょうこうこう
Kagoshima-Jitsugyo Highschool
鹿児島実業高校
 
かみいじゅういん
Kami-Ijuin
ひろき
Hiroki
  1. 上伊集院~広木間に設置。
  2. 駅は鹿児島実業高校の真裏にあたる踏切がある直線区間あたりに建設
  3. 名前は鹿児島実業高校(前ではない)駅か、川島学園駅?
    • ネームバリュー的には鹿児島実業高校だろう
  4. 鹿児島実業高校の学生数は多いので需要は見込めるが、生徒以外の利用があまり見込めない
    • 朝の通学時間帯はさすがに鹿児島実業高校生まで乗り始めると鹿児島本線もキャリーオーバになる可能性大
  5. 標高差的には問題なし、アクセス道路もかなり細いが改良すれば使用可能
    • 但し距離が割とあり、交通量もかなり少ないので治安的なものがどうかと・・・
  6. ホームを建設するのにピッタリな直線でかつ平坦区間にある
  7. 広木駅との距離がかなり近い
薩摩田上(広木~鹿児島中央)
さつまたがみ
Satsuma-Tagami
薩摩田上
 
ひろき
Hiroki
かごしまちゅうおう
Kagoshima-Chuo
  1. 新潟県に田上駅があるので薩摩を冠称。
  2. 鹿児島中央駅にも広木駅にも少々遠い上に田上周辺は人口が多いので需要はある。
  3. 駅は田上五丁目の県道35号と星ヶ峯方面に向かう市道の交差点付近に建設。
    • 旧西武田村の中心市街地であるため、余りにも路地が狭すぎて周囲の土地区画整理事業と並行して行う必要がある。
  4. 但し、鹿児島中央駅付近のデッドセクションに近くなりすぎて出発後にセクションのために電車を惰行させたら停止してしまう。
    • デッドセクションを上伊集院~広木のどこかに移設した方がいいかもしれない。
      • 現在の変電所跡地を住宅地として売却すれば、移転費用位にはなるかもしれない。
  5. 前後の駅が近くなりすぎる。
    • 鹿児島中央~薩摩田上の距離は鹿児島中央~郡元とあまり変わらず。

佐世保線[編集]

  • 「武雄温泉」駅だけで十分だと思うが…。
    • どこが?
  • 同じ路線に代表駅3つも要らんだろ。
武雄駅
たけお
Takeo
武雄
 
たかはし
Takahashi
たけおおんせん
Takeo-onsen
  1. 最初に言っておくが、今のところこの駅はない。
  2. 武雄温泉~高橋(肥前山口・佐賀方面)間に設置し、みどりの窓口設置。
  3. 武雄温泉駅に変わり武雄市の中心駅となる。
  4. 北口、南口、武雄口(西口)、東口(すべて改札口)を設置し、自動改札は各改札口に4つずつ設置。
  5. 全列車停車駅。
    • 代わりに武雄温泉駅は普通しか止まらなくなる。
  6. 4面8線の島式ホーム。
  7. 高架駅。
武雄市駅
  1. こちらは武雄温泉~長尾(早岐・佐世保方面)に設置。
  2. 有人駅で北口、南口設置。
  3. 快速まで停車。
  4. 2面4線の待避線ありの対向式ホーム。
大和駅 (佐世保市)
  1. 佐世保~日宇の中間(福石トンネル出口 早岐方面)に設置。
  2. 無人駅で駅舎は国道側、単式ホームを設置。
  3. 特急以外全て停車。
  4. 周辺は住宅が密集しており利便さが増す。
  5. 駅周辺には郊外型の大型店、ショッピングモールが近く便利になる。

香椎線[編集]

粕屋江辻
  • 1面2線の駅。
西奈多
  • 雁ノ巣と海ノ中道間が長いので設置。海ノ中道への近道として機能するか。

日豊本線[編集]

堅町
  1. 西小倉~南小倉に設置。サンリブ西小倉店の横になる。
  2. 小倉車両センターへの入庫線を整理すれば用地はある。
  3. 小倉高校の最寄になる。
  4. 中央図書館や官庁街に近く需要は十分にある。
  5. 駅名は実は困る。なにせ西小倉、南小倉はすでにありその間であるから。
高崎山
  1. 東別府~西大分。高崎山動物園・うみたまご前に設置。平日はさっぱりだろうが休日には結構な乗客が見込めるであろう。
上浦中央
  1. 日代~浅海井間に設置。
  2. 旧上浦町の中心部(振興局のある辺り)に設置。浅海井駅から結構離れているし、線路が近くを通っているので。
川原木
  1. 川原木信号場(直川~重岡間)を駅に格上げ。
    • 周辺には人家は結構あり、福祉施設らしきものもある。少なくとも宗太郎駅よりは利用されそう。。
    • 横見浩彦氏を始めとする全駅利用達成者が悲鳴を上げながらタイトル防衛に訪れるため、一時的だが増収になる。
仙巌園前(竜ヶ水~鹿児島)
  1. 駅は異人館付近を通る海寄りの市道の踏切より鹿児島側に1面1線の駅として設置。
  2. 結構観光客が多い仙巌園へのアクセスが向上される。
    • 鹿児島市交通局の某観光シティービューの仙巌園ルートは規模縮小。
  3. 夏場は付近にある磯海水浴場の渋滞緩和に役立つ。
    • 但し、駅に停車している間踏切の遮断機は下りたままなので渋滞が起こる。
  4. 駅名は「磯」のほうがいいような。
    • 「旧集成館」もありえる。
  5. 竜ヶ水駅は土砂崩れと背中合わせなので、この駅ができたら信号場降格でもいいと思う。
  6. これ、本当に島津興業(仙巌園などを管理している会社)が設置を提言していたりする。
  7. 世界遺産エリアなので駅舎が凝った造りになる。

長崎本線[編集]

上峰
  1. 中原~吉野ケ里公園間に設置。上峰町内を通るのに駅が無いため。
夢咲
  1. 伊賀屋~佐賀間に設置。 兵庫北土地区画整理事業に伴い、宅地化が進み発展しつつあるものの佐賀駅までは徒歩15分ほど掛ることと、夢タウン利用客の利便性を向上させるため。 
    • 駅名は兵庫がいいな

唐津線[編集]

肥前三日月
  1. 久保田~小城間に設置。肥前を冠するのは姫新線との区別。
    • 近くを線路がかすめながらも、旧三日月町中心部に駅が無かったので。
厳木温泉
  1. 多久~厳木間に設置。
  2. 設置場所は車窓からもはっきり見える厳木温泉の建物のそば。勿論温泉入浴客を当て込んで。
  3. 実は温泉のある辺りが旧厳木町の中心部(厳木駅は中心街から2km程離れた街外れ)。なので中心部のアクセスも向上。
和多田(唐津線側新設)
  1. これまで筑肥線上にしかなかった和多田駅を向かいの唐津線上にも設置する。
  2. 筑肥線 和多田駅に連絡橋を儲け新駅を設置。
  3. これにより和多田駅から佐賀、伊万里方面への行き来が可能となり唐津線、筑肥線との乗り換えも可能となる。
  4. 同時に唐津線側の出口は西口 筑肥線側の出口は東口と改め駅周辺のロータリーも設置する。

筑豊本線[編集]

目尾(しゃかのお)
  1. 小竹~鯰田間の飯塚市南尾に設置。
  2. 晴れて難読駅名誕生。
穂波
  1. 飯塚~天道間。旧穂波町地区の中心部。

日田彦山線[編集]

田川
  1. 田川伊田~田川後藤寺間に設置。田川市の行政の中心である中央町付近に設置。そして伊田と後藤寺から田川を外す。

大村線[編集]

玖島
  1. 大村~岩松間。大村市役所、大村高校最寄駅。ちなみに、かつて「久原駅」の名で建設する計画が出ていたが、小泉政権でポシャッた。隣の県に同名の駅があるため、名前を変更。
広田駅 (佐世保市)
  1. 早岐~ハウステンボスの間(広田工業団地 東寄り)に設置。
  2. 無人駅で駅舎は高架式。早岐瀬戸側に設置。
  3. 広田~崎岡間を高架とし周辺の踏切撤去。
  4. 2面4線の待避線ありの対向式ホーム。
  5. 特急以外全て停車。
  6. 周辺はベッドタウン化しており利便さが増す。
  7. 駅周辺には温泉施設、ショッピングモールが近く便利となる。

豊肥本線[編集]

東熊本
  1. 産業道路の高架下に設置。



スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク