勝手に鉄道車両開発/私鉄

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:1~3行程度の中身のない節の新設(「○○線に投入。」「○○鉄道のX000系を転用する。」など)
勝手に鉄道車両開発 > 私鉄
  • 「ぼくのかんがえたあたらしいれっしゃ」はこちらでお願いします。
    • 園児みたい。
  • 現存車両の改造でも構いません。
  • 一つの会社で複数の車両が考えられた場合は会社ごとに節項目化して下さい。
  • 他社から購入、譲受する場合は、勝手に鉄道車両購入・譲渡へお願いします。
  • 「私が考えた新形車両」こそこちらでお願いします。
  • 出来る限り具体的に書いて下さい。

分割済み[編集]

大手民鉄[編集]

西日本鉄道[編集]

1000形(2代目)[編集]

  1. 初代特急1000系のデザインをやや近鉄アーバンライナーに近い雰囲気にリメイク。
  2. 西鉄史上初の特急券導入により指定席は高速バス「はかた号」で培われたプレミアムシートを採用。
  3. 将来の鹿児島本線乗り入れに対応するためフリーゲージ構造。
  4. 西鉄特急の伝統、6両編成を維持。
  5. 西鉄初のトイレ(バリアフリー対応)導入。
  6. 普通席はフリーストップリクライニングシート。
  7. 九州の鉄道で始めてのWiMAX、無線LAN対応。(もちろん無料)
  8. フリーゲージ仕様の場合、熊本行き(ひのくに号)、おれんじ鉄道経由鹿児島中央行き(桜島号)とし熊本・鹿児島方面の高速バスから撤退か縮小。

2000形(2代目)[編集]

以下の記述はすべての駅を10両対応にする前提とする。

  1. 10両固定編成で製造。
  2. 加減速性能を高めるが、PMSMを使用するので4M6T編成。西鉄版ジェットカーにあたり、ダイヤが乱れぬ限り普通列車限定で運行。
  3. 自動放送は、下記の豊崎愛生ではなく、三森すずこを採用。ただし、優等運用時は西村文江。
    • 豊崎アンチなのか。俺的には豊崎愛生の声がいい。

8000形リニューアル[編集]

  1. 2代目1000形のプレミアム化に伴い8000系もプレミアムテイストに改良。
  2. 柔らかすぎるシートクッションの硬さを改良。2代目1000形同様フリーストップリクライニングシートを採用。
  3. 公衆電話跡にトイレを導入。
  4. 九州の鉄道で始めてのWiMAX、無線LAN対応。(もちろん無料)

5000形2ドア車[編集]

  1. 大牟田線通勤特急、甘木行観光特急用のためにロングシートの5000形の平成製造分を2ドアクロスシート化。
  2. 甘木行特急の名称は”コスモスライナー”。
  3. ビジネス特急の性格上、シートバックテーブル、PC電源を装備。


ED300形[編集]

  1. 西鉄としては72年ぶりに新製された電気機関車。
  2. 出力600kW、VVVFインバータ制御。

京阪電車[編集]

15000系[編集]

  1. すべて4両で京橋から守口市までの各駅停車用。
  2. 昼間の時間帯しか走っておらずそもそも4編成しか製造されていない。
  3. 車内はセミクロスシートで2ドア。
  4. ワンマン運転ができる機能がついている。
  5. 最高速度は90キロ(遅め、、、)

その他[編集]

北越急行[編集]

1000系[編集]

  1. 4両編成。
  2. 非ワンマン対応。
  3. 主に快速に使い、臨時に普通やシュプールに使われる。
  4. 普通の場合、2両編成で、ワンマン対応。
    • やはり、後ろ乗り前降り。
  5. フルカラーLED列車種別表示機、方向幕もフルカラーLED、車内案内表示器、ドア開閉予告ランプを各車両2つ設置。
  6. もちろん他社に乗り入れ可能。
  7. シュプール専用車両とまではいかないものの、シュプールに使われるときも珍しくない。
  8. 最高速度も向上130km/h
  9. デザインはJR西の223系ベース

HK200形[編集]

  1. 最高運転速度160km/h対応車。
  2. 2両固定編成。
  3. ステンレス車体ではトンネル内での風圧の変化に耐えきれないということから、丈夫なアルミ車体を採用した日立製A-trainのダブルスキン構造。
  4. デザインは西武30000系2両編成の2扉バージョンといったところ。カラーリングはHK100形100番台と同じ。
  5. 車内は転換クロスシートが並び、LCDモニター各ドア上部に1基設置・大型ガラス貫通扉採用。
  6. 直江津-越後湯沢間で停車駅が十日町のみの超快速「スノーラビット」専用編成も作る。

富士急行3000系電車[編集]

第1案[編集]

  1. 富士急行忍野線(三島延伸)開業に備えて導入
    • JR乗り入れ対応。
  2. 313系1300番台をベースに設計。
  3. 自動放送搭載
    • 日本語は日笠陽子さん、英語はジーン・ウィルソンさん。
      • 一部は比嘉久美子さんによる自動放送を搭載(トーマスランド号)
  4. ワンマン運転対応。

第2案[編集]

  1. 既存の1000形・5000形の老朽化と、首都圏全線全駅全ホームにホームドア設置が義務化され、富士急もその対象となる事に伴い導入。
    • 4ドア4両編成。
  2. E235系ベースで設計。
    • 内装は一部ボックス席を導入。
  3. 自動放送搭載
  4. ワンマン運転対応。

富士山登山鉄道用車両(仮)[編集]

  1. 富士山登山鉄道鉄道線用の車両。
  2. 案1:2両編成2ドア(セミクロスシート)。アルミ製車体で耳ツン防止用に気密性の高い構造となっている。オールM車で急カーブを進むために連接車となっている。加えて高い加減速性能=登板性能を誇る。IGBT-VVVF搭載(東芝製)。ブレーキは回生併用電気指令式ユニットブレーキに加え、電磁吸着ブレーキ、抑速&回生失効対策用発電ブレーキ等も搭載(当然セラジェットなどの制動補助もある)。……という京阪800形を彷彿とさせる高性能車両降臨。

あおなみ線用1000系改造車[編集]

  1. 方向幕をLEDに変更。それだけ。
  2. 車体のシールは撤去。ついでに自動でブレーキのかかる装置も撤去。トイレは閉鎖。
  3. オールクロス化。
  4. 座席間のスタンションポールは撤去。
  5. カーテンを完備。

十和田観光電鉄1000系[編集]

  1. とりあえず高清水駅にすれ違い線を設ける工事も同時に行う。
    • 大曲駅にも交換設備がほしいところか?
  2. 前面は結構格好良いのがいいな・・・
  3. もちろん行先表示機はフルカラーLED。
  4. 車内には、次の駅やニュースを表示する表示機も設ける。
  5. 日本車輛製造製。
  6. 車体はアルミ製(または鋼製)で全塗装。アイボリーに赤と青の帯が入ったオリジナル塗装。

伊豆箱根鉄道9000系[編集]

第1案[編集]

伊豆箱根鉄道5例目の自社発注車両

  1. 駿豆線用0番台(3000系置き換え目的)・大雄山線用10番台(5000系置き換え目的)同時に導入
  2. 東京メトロ10000系をベースに製作。
  3. 伊豆箱根初のシングルアーム式パンタグラフを設置
  4. 座席は転換式クロスシート
  5. 天井にJRのE259系同様の大型LCDを、各車両5ユニットずつ設置
    • ただし、E259系と違って、1ユニットにつき1基である。
  6. ドアチャイムはJRのものを採用
  7. 行先案内表示はフルカラーLED
  8. 日本語の車内自動放送はなんとこの人

第2案[編集]

  1. 10-300形4次車をベースに製造。
  2. 3000系一次形と7000系第1編成を置き換え。
  3. 帯色は、青の他、赤も付ける。
  4. 3ドア3両編成4本,4両編成2本、ロングシート。
  5. 行先案内表示器はフルカラーLED,車内にLCD搭載。
  6. ドアチャイムも10-300形と同様。
  7. 自動放送は、東海道本線と文面もトーンも声優も同じ。
  8. VVVFは、SC88系列を採用。

伊豆急10000系[編集]

第1案[編集]

伊豆急高速化計画の一端。小田急50000系ベースに新製。

  1. 全車両のモーター出力を195kwに増強。ブレーキを発電ブレーキ、ディスクブレーキ併用とした。加減速性能を強力にする事により、乗り心地は悪化するが時間短縮ができる。
  2. 保安装置はATS-Pに換装。路線改造も同時に行う。
  3. 車内の照明はLED蛍光灯にし、ランニングコストを軽減する。
  4. 清掃回数削減の為、台車・電装品部分を抹茶色、車体全体をスカ色に薄黄色の帯を巻いた塗り分けに。
  5. コンパートメント部分はドア付き完全個室にし、グリーン車扱いにする。

第2案[編集]

  1. 10-300形2次車をベースに製造。
  2. 8000系全部を置き換え。
  3. 帯色は、緑と黄色に変更。
  4. 3ドア3両編成14本,6両編成2本。
  5. 車内と車外に3色LED表示器を設置。
  6. ドアチャイムも10-300形と同じ。
  7. 自動放送は、伊東線と同様の物。
  8. VVVFは、E231系500番台から流用。

第3案[編集]

  1. 2100系の後継車として製造
  2. 愛称はリゾートDXとする。
  3. 編成は8両とする。
  4. 編成
    • 1号車:展望席付き一般車
      • 夕方以降の特急の代わりに運転する快速運転時は、先頭車となる場合展望席閉鎖
    • 2号車:一般車
    • 3号車:セミコンパートメント車
      • 普通運用時は自由席車として運転、特急の代わりに運転する夕方以降の快速運転時は指定席車となる。
    • 4号車:ダブルデッカー車
      • 1階部は転換クロスシート、2階部は一般車と同じ
    • 5号車:トロッコ車
      • 木製ボックスシートを配置、冬季は連結なし
      • 雨天時は座席閉鎖としカーテンで締め切り通路専用とする。
        • トロッコ車のため空調の設置はなし
    • 6号車:一般車
    • 7号車:一般車
    • 8号車:展望席付き一般車
      • 1号車と同じく夕方以降の特急の代わりに運転する快速運転時は、先頭車となる場合展望席閉鎖
  5. 一般車の車内は海側窓向きロングシート、山側1人掛け転換クロスシートとする。
  6. 走行機器はVVVFを採用
  7. 行先表示機はフルカラーLEDとする。

第4案[編集]

8000系・2100系老朽化と首都圏全線全駅全ホームにホームドア設置が義務化された事に伴い、伊豆急とJR伊東線も対象となった事から全て置き換える。

  1. 東急田園都市線2020系をベースに製造。
    • リゾート性よりも混雑緩和とホームドアとの整合性を最優先とする。
  2. JRの付属編成に合わせ、5両編成。
    • 号車番号はJRに合わせ、11号車からスタート。
    • 14・15号車はボックスシート、その他はロングシート。
    • トイレは11号車に大型のものを設置(これもJRと同じ)。
  3. 外装は8000系を踏襲。
  4. ハンドルはT字型ではなく左手操作型を採用(JRでは左手操作型が主流の為)。

遠州鉄道3000形[編集]

第1案[編集]

  1. 外観は2000系とほぼ同等だが、ヘッドライトなどの灯火類は完全埋め込みとする。
    • 側窓は車端部を除き、1枚ものの熱線吸収ガラスにして、整備の手間を省く。
      • 名鉄100系のような横引き式カーテンを設置。
    • 思い切ってアルミ製車体(全塗装)というのも……
  2. 運転席の後ろ左側は4人がけボックスシート。新浜松寄り右側は一人がけシートを向かい合わせ、西鹿島寄り右側は車椅子コーナー。
  3. 車両中央の扉のうち、東側(西鹿島行きで進行方向右側)は収納式の腰掛けを設置し、朝ラッシュ以外に使用。
    • (特に込む第一通りと新浜松は西側(西鹿島行きで進行方向左側)にホームがあるため)
  4. 方向幕はLED化。経費削減のため2色タイプ。黄色(通常の行き先)、赤色(回送、試運転)、緑色(団体、貸切)。
  5. 一方で、車内案内表示装置はLCD化。次駅案内ではその駅から接続するバス・天浜線の時間も表示される。

第2案[編集]

  1. ステンレス無塗装とする。
    • もちろん塗装不要のオールステンレスである。
    • 車体は日車式ブロック構造とする。
    • 前面は2000系と同様だが、前照灯にHIDを採用する。(後にLED化)
    • 側面は名鉄3150系に近い外観となる。(名鉄4000系の方が近いかも・・・)
    • 方向幕はLED化(ただし、3色LED)
      • 遠鉄初の銀電となる。
  2. 車内は3扉ロングシート
    • 座席は313系2500番台で使用している片持ち式座席とする。
  3. 着色ガラスを採用するが、カーテンはフリーストップ式のもので残す。
  4. 運転台は両手操作式のワンハンドルマスコンから左手操作式のワンハンドルマスコンに変更する。
    • ただし、片手ワンハンドル車に多いMBSA電気指令式ブレーキではなく、HRDA電気指令式ブレーキを採用。
    • 1000系、2000系と併結可能。
  5. 30形、1000系置き換え用
  6. 初期車は313系の床下機器と同一設計だが、直流750Vに対応するため少々改良する。
    • つまり、東芝IGBTとする。
      • 天積線を走行するため、複電圧対応とする。
    • 313系を元に設計をしているため、2000系のWN駆動ではなく、TDカルダン駆動を採用。
  7. 後期車は315系の床下機器を改良したものを使用する予定。
  8. 乗降促進音(313系と同じもの)を設置
  9. 車内案内標示機は初期車が313系と同様のLED式(2段表示対応)、後期車はLCDを採用。
    • 英語表示に対応
  10. 戸閉め減圧機構を設置。
  11. 自動放送の広告放送を廃止、代わりに英語放送設置。
    • 自動放送を一新する。(声優・放送内容変更を実施)
  12. ワンマン運転対応とする。(ただし運賃箱はなし)

京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)KTR100形[編集]

  1. 宮福線専用電車。
  2. MF100形気動車を置き換えるために開発。
  3. 基本的な仕様はJR西日本125系電車がベース。
  4. 外観はMF100形のイメージをそのまま継承。
  5. 内装は水戸岡鋭治が担当。

淡路急行[編集]

1000形[編集]

  1. 淡路急行についてはこちらを参照→勝手に鉄道建設/近畿~中国・四国・九州#淡路急行本線
  2. 淡路急行の一般型電車である。
  3. 20メートルの3扉塗装片運転車で2両単位、最大6両で運転する。
  4. 内装は運転台後ろから中間扉前まで転換クロスシートで、中間扉から車端部までロングシートである。
  5. 座席には厚めの低反発クッションを用いる
  6. 各扉上にフルカラーLED案内表示機を設ける
  7. 大阪側にトイレを、徳島側にパンタグラフを設置する、
  8. 台車や主要機器は特急型の100形と共用することでコストダウンと高性能を両立する。
  9. 電動機出力150KW、定格回転数3500回転クラスのオールMで歯車比は97:16→6.06、制御機器は東洋製IGBTのVVVFインバーター制御である。
  10. これにより起動加速度3.5㎞/h/s,設計最高速は140㎞/hとなり、0~130㎞/h加速は約1分!
  11. これにより最短2㎞の駅間を130㎞/hまで加速できるようにする。
  12. 海上を走ることを考慮し、車体は腐食を防ぐため塗装アルミ車体とする。

100系[編集]

  1. 淡路急行の特急型電車である。
  2. 20メートル塗装アルミ車体の1扉6両編成である
  3. 台車や主要機器類は一般型の1000形と共用するが、歯車比は94:19→4.95に変更する。
  4. 制御装置も基本はは1000形と同様だが、ソフトの編集により非同期音を音階化する。
  5. これにより起動加速度2㎞/h/s、設計最高速170㎞/hとなる。
  6. 先頭車は90年代に流行ったタイプの流線型で、160キロ走行におけるいわゆるトンネルドンを大幅に軽減する形状とする。
  7. 全指定席で1,2,5,6号車は普通席、3,4号車は特別席である。(名称未定)
  8. 普通席は4列回転リクライニングシートでシートピッチは1100mm、座席スライドも備える。(手動)
  9. 座席には低反発クッションを用い、背面テーブルと折り畳みテーブルの両方を備える
  10. 各扉上にフルカラーLED表示機を設置する。(1000形同じもの)表示内容は停車駅に加えニュースなども流す。
  11. 特別席は一人用個室2列でシートピッチは1600㎜、リクライニング、座面スライド、座面角度調節機能を備え、すべて電動式である。
  12. 電動オットマン、シートスライドも電動、ただしシート回転は手動。
  13. 前後にモニター設置、どっち向きでも全面展望動画を楽しめるうえ、録画して持ち帰ることもできる。しかも現在速度も出る
  14. 録画媒体はDVD、BD、USBである。
  15. 個室から車内販売を呼ぶことができ、ビュッフェの注文まで可能。
  16. ビュッフェは3号車にあり、弁当や菓子類、飲み物、冷凍食品、グッズなどをを販売、また持ち込み食品のレンジ加熱も可能。
  17. トイレ、洗面台は2号車、4号車、5号車にある。

能勢電鉄[編集]

1700系改良[編集]

  1. 自動放送の再更新。
    • 車内放送はすでに加藤純子さんになっているが、それに英語放送と男性の注意喚起放送、キャンペーン放送を追加。
      • 英語は東北新幹線と同じくジーンウィルソンさん、男性パートはここと同じく大橋俊夫さん。
        • 英語放送追加で外国人を妙見山に誘致させる。
          • Ladies and Gentlemen. We welcome to the Noseden-line.
      • 放送も「能勢電鉄」から「のせでん」に変更し、「阪急電鉄」の箇所も「阪急宝塚線」に変更し「JR福知山線(川西池田)」の案内も追加。
  2. 方向幕もフルカラーLED化
    • 英文対応。
  3. ドアブザーは変更しない。
  4. 片方の扉上にLEDスクロール表示を千鳥設置。
  5. 塗装はフルーツ牛乳色に復元。

智頭急行[編集]

広島電鉄5100x系[編集]

  1. 宮島線の急行運転用に製造。
  2. 基本的にはグリンムーバーMAXと同じだが、最高速度が120キロとなっている。
  3. 愛称はグリンムーバー×××。(下ネタゴメン)
  4. 宮島への観光客を配慮しカフェテリアなどを一部編成で設置。

南日本鉄道1000系[編集]

  1. 南日本鉄道についてはこちらを参照。→勝手に鉄道建設/鹿児島
  2. 車体は阪急8200系ベースの19m3扉車体。
  3. 内装は川内より先頭車がオールロングシートで、栗野/志布志より先頭車がロマンスシート。栗野/志布志寄り先頭車にトイレ、川内寄り先頭車にパンタグラフを設置。
  4. 2両編成の1M1T。

富士急行[編集]

9000系[編集]

  1. 三島延伸に備えて導入。同時に各駅11両対応に改良。
    • JR乗り入れ対応。東海道線・中央線どちらにも入る。
  2. 中央線甲府以東と東海道線島田以東は15連化させる。
  3. 東急5080系の10両編成ver。6ドア車も3両つなぎ、混雑の酷い中央線に対応。モーターは300kwに増強し、4M6Tで起動加速度3.5km/h/s以上を実現。
  4. 自動放送は自社線内は新田恵海、JR東海では南條愛乃、JR東日本では久保ユリカに担当させる。
  5. 大月折り返しは廃止。6000系は同一車体で元武蔵野線の6300系(1編成10両・うち6ドア車3両)に置き換え。

大井川鉄道[編集]

キハ600形[編集]

  1. 井川線向けに導入
  2. クハ600形と同型
  3. 井川線では初めての気動車

スロフ500形[編集]

  1. 井川線向けに導入
  2. スハフ500形と同型

E20形[編集]

  1. 大井川本線向けに導入。
  2. 大井川鉄道が62年ぶりに新製した電気機関車。
  3. D型電機。
  4. 出力820kW、VVVFインバータ制御。

豊橋鉄道1800系(3代目)[編集]

  1. 現行の元東急7200系の2代目1800系を置き換えるために導入。
  2. 親会社の銀電を3両にしただけのものを新製投入。ただしカラフルトレインはベース車と同じカラーリングにしつつ継続。
  3. 車内案内表示装置はLCDではなくLEDとする。
  4. 新車投入を機にワンマン化。

関連項目[編集]

  1. 勝手に鉄道車両開発/JR



関連記事