新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

勝手に鉄道車両開発/近畿日本鉄道

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

勝手に鉄道車両開発 > 私鉄 > 関西私鉄 > 近畿日本鉄道

特急用[編集]

90000系[編集]

近鉄新幹線専用車両

  • 最高速度を160キロとし東海道新幹線に対抗し全席グランクラスレベルにする
    • 山陽電鉄直通をに対応し姫路名古屋間で新快速、新幹線に対抗料金は通常料金に全区間+500で乗れる

25000系[編集]

4代目ビスタカー

  • デザインは23000系に準ずる。
    • 22600系じゃなくて?
    • 増結車はそれも考えたが、やめた。
      • 中間運転台をやめて、貫通式の先頭車にしてしまえばそれもありかも、って増結車は不要か?
  • 運用は阪伊特急、名伊特急中心。
  • 22600系に続き、平成25年伊勢神宮式年遷宮までに10編成を新製。
  • 車両ラインナップ
    1. モ25100(伊勢方先頭車:パンタグラフ1基装備/WC)
    2. サ25200(ダブルデッカー車:自販機有)
    3. モ25300(中間車:大阪・名古屋側に中間運転台/喫煙室有)
    4. モ25400(中間車:伊勢側に中間運転台/WC)
    5. サ25500(ダブルデッカー車:自販機有)
    6. モ25600(大阪・名古屋方先頭車:パンタグラフ1基装備)
    • 増結車
      • 増結時はモ25300とモ25400の間に組み込む
      • 当初は単独走行は想定せず。
    1. モ25700(伊勢方に運転台:パンタグラフ1基装備/WC)
    2. モ25800(大阪・名古屋方に運転台)
  • 将来の阪神三宮乗り入れに配慮した準備工事を施工。
    • ついでに山陽電鉄への乗入れにも対応させてみる。

25020系[編集]

25000系のマイナーチェンジ車

  • 阪伊特急、京伊特急、またはその併結運用を想定。
    • 名古屋線へは間合い運用での乗り入れ程度
  • 非貫通先頭車は23000系の形状、貫通先頭車は22600系の形状に準じたものとする。
  • カラーリングは22600系を参考にする。
  • 車両ラインナップ
    • A編成
    1. モ25120(伊勢方非貫通先頭車:パンタグラフ1基装備/WC)
    2. サ25220(ダブルデッカー車:自販機有)
    3. モ25320(大阪・京都方貫通先頭車:喫煙室有)
    • B編成
    1. モ25420(伊勢方貫通先頭車:WC)
    2. サ25520(ダブルデッカー車:自販機有)
    3. モ25620(大阪・京都方非貫通先頭車:パンタグラフ1基装備)
    • 増結車
      • 増結時はモ25300とモ25400の間に組み込む
      • 30000系引退までは専用の増結車は用意せず、既存の特急車を使用する。

40000系[編集]

  • 22600系をベースに、老朽化が進んでいる現ビスタカー(30000系)に変わる新型車両。
  • 編成は30000系同様、Mc-DD-DD-Mcとする。
  • 将来の阪神乗り入れに備えて準備工事施工済。

50000系[編集]

  • なかなかFGT(フリーゲージトレイン)を完成させられないJR総研等に痺れを切らせた近鉄が独自に開発したFGT。
    • 本当にFGTを作ることになってしまった。あっちと違って在在直通だからハードルは低いかと。
  • そのために近鉄は、わざわざスペイン国鉄(レンフェ)の技術者を招聘して開発を行った。
  • 車体デザインは16400系と同等だが、他系列との連結は出来ない仕様になっている。
  • 2両固定編成と4両固定編成が存在する。
  • 車体にはPowered by Renfeとスペイン国旗のステッカーが貼られている。
  • 主な運用は京都~吉野、大阪阿部野橋~大和八木が中心。
  • 阪神方面への乗り入れは一応出来るようにはなっているが、まず殆ど乗り入れはしてこない。
  • スペインにゆかりのある車両ということで(スペイン村最寄りの)鵜方駅で報道陣に初公開。そのままそのまま報道陣を乗せて大阪阿部野橋駅まで運行。但し営業運転開始後は阪神方面同様志摩線にはまず殆ど乗り入れない。(極稀に団体列車で乗り入れる程度)
  • 製造元の近畿車輛から終電後の時間に片町線→大和路線→和歌山線と甲種輸送し吉野口駅で近鉄に引渡し。
  • 実車の50000はあの観光特急で出てきたのでこっちは56000系とかか?(狭軌用は千の位が6)

N10000系[編集]

  • 近鉄奈良・鈴鹿線亀山延伸に伴い登場する「アーバンライナー」の新型車両。
  • 最高速度160km/h。
  • フルアクティブサスペンション及び車体傾斜機構を備え、大阪難波~近鉄名古屋間を1時間30分台で運転。
  • 車内設備はデラックスシート車1両+レギュラーシート車5両を基本とし、多客時はレギュラーシート車2両を増結。
  • 各座席にパソコンの使用及び携帯電話の充電に対応したコンセントを設置。
  • 阪神及び山陽への乗り入れにも対応。

N30000系[編集]

21030系[編集]

  • 阪神三宮~名古屋間の名神特急「アーバンライナーKobe」用車両。
  • 編成は名古屋寄りからク21130-モ21230-モ21330-サ21430-モ21530-ク21630の6両編成。
  • 名古屋方先頭車(ク21130形)はデラックスシート車・他5両はレギュラーシート車。
    • デラックスシート車は現実の50000系「しまかぜ」のプレミアムシートと同じ革張りのものを使用。レギュラーシート車を含めパソコン用のコンセントを完備。
  • カフェは設置しない代わりにカップラーメンの自動販売機を設置。
  • 前面には地下線に乗り入れるため非常口を設置。

60000系[編集]

  1. 名鉄、阪神、山陽電鉄との4直運転に対応する。(近鉄名古屋駅/名鉄名古屋駅にある連絡線の復活)
    • 名鉄が狭軌線のため、FGT(フリーゲージトレイン)として開発
      • もちろん、南大阪線系統直通にも対応。
  2. 編成は2両編成、4両編成、6両編成を用意
  3. 2両編成
    • ク60100-モ60200
  4. 4両編成
    • ク60100-モ60200-サ60300-モ60400
  5. 6両編成
    • ク60100-モ60200-サ60300-モ60400-モ60500-ク60600
  6. 全車レギュラーシートとする。
  7. 基本的に、FGTであることを利用して名鉄豊橋-山陽電鉄山陽姫路の直通列車に使用する。
    • ただし、豊橋駅への乗り入れは名鉄独自の豊橋駅が完成してからの話、それまでは東岡崎-山陽姫路での運転とする。
    • 実現すれば、京都-吉野の直通特急も夢ではないかも・・・
    • いや、むしろ中部国際空港~宇治山田(または賢島)だろう。

2000系[編集]

  • 京急の2000形がモデルの通勤ライナー専用車
  • 姫路~奈良 姫路~名張間を朝夕走る姫奈ライナーと姫名ライナー。人の名前のようだ
  • クロスシート2ドア4両

2100系[編集]

  • 京急の2100形がモデルの通勤ライナー専用車
  • 姫路~奈良 姫路~名張間を朝夕走る姫奈ライナーと姫名ライナー。人の名前のようだ
  • クロスシート2ドア4両
  • 昼間は特急運用に入る姫奈間を2時間として9時~16時に運用が無い場合2往復半できる
  • LCカーにするのも手だが通勤車両と差がつかないのが問題

26000系JR乗り入れ改造車[編集]

  • おおさか東線・道明寺線を経由して新大阪-吉野を直通する特急列車に使用するため、さくらライナー26000系のリニューアルと同時にJR線用のATS・列車無線装置などの保安機器の取り付け改造も併せて実施した。
  • 車内のリニューアルについては史実とほぼ同じ内容だが、デラックスシート車についてはJR線ではグリーン車として使用するため、側扉横及び仕切り扉にJRグリーン車マークを貼り付けた。
  • おおさか東線の新大阪開業と同時にJR近鉄直通特急の運転を開始し、JR西日本の289系の一部を近鉄乗り入れ対応に改造した289系6000番台とともに相互乗り入れを行う。
  • 停車駅はJR線内は放出のみ、近鉄線内は阿部野橋発着の特急と同じとし、他に柏原にも乗務員交代のための運転停車をするが、近鉄線内での誤乗防止のために「よしのじ」という愛称と号数が設けられる。

17000系[編集]

  • 奈良線~けいはんな線直通用にパンタグラフとコレクターシュー(第三軌条用の集電装置)を両方装備した複電圧車。
    • パンタグラフとコレクターシューの両方搭載はアプト式時代の横軽ELがそうだった。
  • もちろん、地下鉄中央線の夢洲延伸が前提。
  • 大阪メトロでも構わず特急料金を取る。


通勤・近郊用[編集]

5830・9050(2代目)・9830系[編集]

  • 現在のシリーズ21が登場して10年近く経過しているので、新型シリーズ21として登場させる。
    • 奈良線各停8連化用9820形中間車としても登場させる。
  • 5830系はL/Cカー(ロング・クロスシート転換可能座席装備)・他2系列はロングシート車。
  • 現在の9050系(9020系の大阪線用)は9010系に改番。
  • 車内は液晶モニターを装備し、次駅案内や扉開閉案内のほか、運行案内や最新ニュースも流す。
  • ロングシートはクッションの柔らかいものに変更する。
  • 車体は近鉄としては3000系以来のステンレス製。
  • 奈良線所属編成は阪神及び山陽乗り入れ対応。

3240系[編集]

  • ↑の地下鉄烏丸線乗り入れ版。
    • 3220系がベース.
  • しかし、計画を変更し、阪神5080系と同一設計で各停用10両固定編成とする。地下鉄・阪神にも各停で直通する。奈良方から、3140(Tc2)-3040(M2)-3240(M1´)-3340(T3)-3940(T2)-3440(M2´)-3540(T)-3640(M1´)-3840(M2)-3740(Tc1)とする。大阪線用は70番台とする。同時に烏丸線各駅と阪神各駅含む各駅を10両対応化させる。
  • 京都市営20系も同一設計に。

5220系[編集]

  • 5200系のシリーズ21+ステンレスver。
  • 上本町・名古屋寄りからク5120-モ5220-モ5270-ク5170の4両固定編成。
  • ク5120・ク5170形には車椅子対応トイレを設置。
  • 近鉄一般車では初の液晶式案内装置を天井に設置。
  • 登場後40年前後が経過している2610系の置き換え用。

N2000系[編集]

  • まさかの名古屋線用新車両。
  • 3連+セミクロスシートタイプのN2000系と4連+転換クロスシートのN2200系タイプの二種類。
  • どうせL/Cカーを導入される筈がないのでハナからいらないといっておく。
  • 運行区間は名古屋線大阪線名張~伊勢中川、山田線鳥羽線志摩線
  • なので必然的にステンレス。

6230系[編集]

  • 大阪阿部野橋~吉野間直通急行用。
  • 吉野側からク6330(Tc)-モ6230(M)-モ6280(M)-ク6380(Tc)の4両固定編成。
  • ク6380型にトイレを設置。
  • 座席は吉野側2両にデュアルシート装備。

5200系車端部ロングシート化[編集]

  • 5200系は現在、全面転換クロスシートなので混雑に対応できるよう、車端部をロングシート化。
  • 名古屋・大阪上本町寄りのトイレを撤去、その場所にロングシートを配置。
    • 残る伊勢寄りのトイレは車椅子対応に改造。
  • ロングシート化された部分の吊革は低いものにする。

5820系、6820系、9020系、9820系マイナーチェンジ車[編集]

  • シリーズ21を形式そのままマイナーチェンジ
  • 車内
    • 座席をクッション性のあるものとする。
    • 各扉上にLCD設置
  • 主要機器
    • 全密閉式主電動機を採用、これにより騒音を削減。
      • 三菱製VVVF搭載車は小田急4000形、日立製VVVF搭載車は西武30000系7次車以降と同じ走行音となる。
    • 純電気ブレーキ(日立製VVVF搭載車は全電気ブレーキ)を採用。
  • 車外
    • 行先表示機のフルカラーLED化
  • その他
    • 自動放送設置
      • 東京メトロなどと同じ組み合わせの自動放送とする。

団体用[編集]

18600系[編集]

  • 22600系Aceの19m級車バージョン。通称「あおぞらⅢ」
  • 当然、阪神及び山陽への乗り入れ対応。
  • ゆりかご型リクライニングシート採用。
  • 山陽5030系や阪神1000系との併結に対応し、一部指定席列車としても使える。
  • 各車両2扉とする事で乗降時間の短縮を図る。

58000系[編集]

  • 50000系をベースにした団体専用車両。通称「あおぞらX」「かぎろひX」
  • 車体にはPowered by Renfeとスペイン国旗のステッカーに加えてあおぞらのステッカー(かぎろひXはクラブツーリズムのステッカー)が張ってある。

15600系[編集]

  • 団体専用車両「あおぞらⅢ」。
  • 車両は12600系を改造。
  • 塗装は20100系初代「あおぞら」を復刻。
  • 車内には液晶モニターを設置。
  • 阪神乗り入れ対応。



関連記事